トンガ 太平洋 海外&国内トリップガイド | 波情報 サーフィン BCM

TOP海外&国内トリップガイド太平洋 > トンガ

TRIP GUIDE
トンガ

トンガ 太平洋

Tonga

基本的にメインシーズンは5〜9月。主にタスマン海沖の低気圧からのウネリが5〜7 月に届き、南氷洋からの南ウネリが7〜9月に届く。そして1〜3月の雨季にも、アリュー シャン沖の低気圧から北ウネリが届いたり、陸近くの熱帯性サイクロンからの風波のウ ネリが届く。風は、雨季に北東からも吹くこともあるが、南東からの貿易風がメイン。

スウェルサイズ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2

太平洋 トンガクチコミ数:1

トンガでは南からのウネリは冬の早い時期にタスマン海沖の低気圧から届き、さらに遠い南氷洋からのウネリは7〜9月までの冬の乾季に届く。また、ハワイにビッグウエイブをもたらすアリューシャン沖の低気圧からの北ウネリも、その低気圧がちょうど日付変更線の辺りで勢力を増した時にベストなアングルとなり、遠くトンガにまで到達する。さらに雨季のシーズンには、陸近くで発生した熱帯性のサイクロンも、ポイントのほとんどが点在する島の北部に北東からのオンショアによる風波を届ける。基本的に南東からの貿易風がメインではあるが、前述したサイクロンによるオンショア時以外にも、オーストラリアから北東に向けて移動する冬の高気圧がトンガに到達した時に、短期間だがオンショアの風をもたらすこともある。そして、トンガの気温は高いが、風とリーフがあるので、ショートジョンくらいのウエットを持参することをおすすめする。地理的にトンガは低緯度に位置するため、潮位の変化が激しく、干潮時にはリーフが水面上に出てくることがあり、サーフィンが不可能となってしまうことも多い。なお、コンディション的にみてベストシーズンは5〜9月といえよう。ただし、低気圧がトンガの南に位置するニュージーランドの真上、もしくは南を通過した時は、ウネリが発生したとしても、そのアングルからのウネリがトンガに届きにくいため、波が全く上がらないこととなる。トンガの地形的特徴は、コロバイから弓なりに曲がったコーストラインにあり、リーフとビーチが入り交じったこのエリアが南西の方向を向いているため、南東からの貿易風をオフショア気味にかわす。ウネリが回り込んで入ってくるためにサイズが小さくなってしまうが、そのかわりシェイプされたきれいなウネリが入ってくることとなる。

☆ワンポイントメモ
蚊が多いので、かゆみ止め、虫よけスプレーなどを持っていくことをおすすめする。気温は他のポリネシアの島と比べても少し涼しく、過ごしやすい。

基本情報太平洋 トンガ

公用語
トンガ語。英語も通じる。
通過
プアアンガ(=トンガドル)
経路
エア・パシフィック航空、ニュージーランド航空でフィジーのナンディを経由しトンガタプへ。所要時間はナンディまで約8時間30分。ナンディからトンガタプへは約1時間30分
時差
+4時間
注意
麻薬の不法所持者は厳しく罰せられる。量刑は裁判によって決められ、外国人に関しても例外はない。売買には一切かかわらないこと。また、盗難が多発しているため、ホテルなどに多額の現金を置かないこと。置き引きにも注意!
外務省HP
トンガ の危険情報・スポット情報・広域情報