波情報 サーフィン BCM

  • BCMプレミアムクーポン

  • 「1991年、日本ビッグウエイブ開拓元年。」- F+(エフプラス)

  • コロナ禍でビジネスが上向いたハワイのサーフショップストーリー(WSMコラム)

  • 『Boost Mobile Pro Gold Coast』はイザベラ&マイキーが優勝!

  • ビーチコーミングマガジン最新2020年版。全国で無料配布中!


WAVE REPORT

波情報TOPへ
カラーズマガジン

【必見シークエンス】リップを粉砕するパワフルなフロントサイド・レイ...

Rider / Takumi Nakamura. Photos by colorsmagyoge.昨日お届けしたcolorsTVでフィーチャーした2015年グランドチャンプである日本指折りのトッププロサーファー仲村拓久未による台風10号通過直後セッション。【台風10号】通過直後でジャンクと化した湘南での歴代グランドチャンプ仲村拓久未によるCaboセッションその中より、colorsmag的ベストムー…

続きを読む >

THE SURF NEWS

ナザレを舞台にしたドキュメンタリー「GOING DEEPER」無料...

近年、ビッグウェーブの聖地と呼ばれているポルトガルのナザレを舞台としたドキュメンタリー「GOING DEEPER」が10月16日に無料公開を開始した。 「GOING DEEPER」はニュージランド出身で日本在住の映画監督ルーク・ハクスハムによる自主制作作品。単なるサーフィンムービーではなく、世界最大級の波に挑戦する人々の人生を追ったシリアスなヒューマンドキュメンタリーだ。 巨大なナザ…

続きを読む >

THE SURF NEWS

カリスマ、ジョエル・チューダーも出場!『クエルボ・サーフランチ・ク...

(ジョエル・チューダー)PHOTO: © WSL/Morris コロナ禍でWSLイベントの大半がキャンセルされた2020年。ショートボードはスペシャルイベント「WSLカウントダウン」がオーストラリア、フランス、ポルトガル、ブラジルで開催され、残すところマーガレットリバーの1戦のみとなっているが、ロングボードでも動きがあり、2019年にツアーディレクターに就任したデヴォン・ハワードの元、世界最高のロ…

続きを読む >

WSM

サーフィンにおけるステップバックの有用性と慣れるための練習方法動画

via youtubeサーフィンのボードコントロールにおいて重要な要素の一つとなるのが後ろ足のポジショニング。プロサーファーのポジショニングをじっくり見ていると気付くと思いますが、後ろ足のポジショニングはターンを狙う時と狙わない時で異なります。特にデッキパッドを貼っているサーファーのポジショニングは見ていて分かりやすいですね。今回の記事は、後ろ足のポジショニングを変える理由やステップバック練習方法…

続きを読む >

THE SURF NEWS

韓国の「Wavegarden」が正式オープン!セレモニー&最新映像...

Wavegarden 韓国の首都ソウルから南に1時間ほどの距離にある埋立地「タートルアイランド」に10月8日オープンと告知されていた「Wavegarden」が正式にオープン。セレモニーの模様とテストサーフィンのセッション映像が公式サイトで公開された。 この「Wavegarden」は次世代ウェイブプールの先駆けと言われているスペインのウェイブガーデン社の造波装置「ザ・コーヴ」を用いた商業施設。…

続きを読む >

コンテスト

サーランチ初のナイターイベント『Cuervo Surf Ranch Classic』を制したのは?

PHOTO: © WSL/Morrisロングボードではコロナ後初となるWSLのスペシャルイベント、『Cuervo Surf Ranch Classic』がケリー・スレーターのウェーブプール「サーフランチ」で現地時間10月2日に開催。サーランチ初のナイターとなった今イベントは男女各6名による個人戦の他、最長のノーズライドを競う「Timed Noseride」、ウェイン・リッチ、ブリット・メリックが削…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 民宿 はまなす

    福島県/宿泊

    建物は新築でどこも綺麗でした!
    夕食は美味しくて食べきれないほど出てきて、翌日の近辺の波情報を教えて頂き良い波に当たりました。
    朝食の時間も調整して頂き、朝一海に入ってから朝食を頂いてチェックアウトさせて頂きました。
    大満足でした、また行きたいと思います!

    続きを読む >

  • 新江ノ島水族館

    藤沢・茅ヶ崎エリア/その他

    何度行っても子どもが目を輝かせます。大人も夢中になれる素晴らしい施設。最後のおみやげ選びも家族の楽しみです。

    続きを読む >

  • 手作り弁当 マロ

    宮崎市内/飲食

    タルタル丼食べました。フライがいくつもあり楽しめました。クーポンは提携してないですと店員に言われました。

    続きを読む >

  • にこにこショップ

    宮崎日南エリア/飲食

    天むす、塩味きいて美味しいかった。
    残念なのはクーポンは今はしてない事です

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

  • フィリピン

    GWにも行きましたBALEAに夏休み行ってきました。 GWのときはHOTEL前(サバンビーチ)も腰ぐらいで楽しめましたが、 今回は腿ぐらいと微妙なためリバーマウス、チャーリーズポイントで入水 サイズは胸肩で台風10号の影響なのかオフが強めでしたけど楽しめました。 ただコブラリーフは風も強く今回も入れなくて残念

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >