波情報 サーフィン BCM

  • ご好評につき賞品倍増&期間延長!先着400名様にビーチコーミングマガジン&BCMオリジナルステッカーをプレゼント!

  • BCMプレミアムクーポン

  • 「WSM」6月の人気記事トップ10ランキング

  • 5タイトル - レジェンドシェイパーのベン・アイパが所有ボードをオークションへ(WSMコラム)

  • ビーチコーミングマガジン最新2020年版。全国で無料配布中!

  • WSLが6月末までの延長と来シーズンの変革を発表

WAVE REPORT

波情報TOPへ

■最新ビーチ画像

宮崎・子供の国 ▽15
07/05(日)09時

宮崎・加江田河口付近 ▽30
07/05(日)09時

宮崎・木崎浜・階段前 △40
07/05(日)09時

夷隅 ▽20
07/05(日)09時

THE SURF NEWS

蔵出し写真パート2:1989年新島・サイモン・ロウと大野薫

F+(エフプラス) 蔵出しシリーズ21989年6月、新島きちろん。この年の新島はポッツ(マーティン・ポッター)優勝で、シーズンスタートから3連勝、そのままワールドタイトルを取ったと記憶している。当時は確か、春の新島、秋の部原みたいな感じで、年に2回もワールドツアーが日本にやってきた。これもGORDINHOの写真。左から大野薫(おおのかおる)、私、オーストラリアのサイモン・ロウ。1年たっても…

続きを読む >

THE SURF NEWS

CAで未だ一人の世界チャンプ「トム・カレン」を再検証。

photo ; wsl, Channel islands surfboard シリーズ「サーフィン新世紀」24 CAで、未だ一人の世界チャンプは「運命の人」だったのか? キング・オブ・キングス、トム・カレン。伝説となったサーフセッションの数々、突然の引退からフランスでの隠遁生活、世界チャンピオンへの復活劇そしてロックミュージシャンと、どれもが映画のストーリーのようだ。 サ…

続きを読む >

THE SURF NEWS

コンテストサーフィンの未来はオールデジタル形式にある?

PHOTO:SURF OPEN LEAGUE Mariana Villela @marvillela メキシコのサーファー、グスタヴォ・ドゥッチーニが代表を務め、WSLにもコネクトしている『Surf Open League』が始めるオールデジタル形式のサーフィンコンテストツアー『Surf Web Series』コロナ禍の今、コンテストサーフィンの未来の形になる可能性を秘めている。 『Surf…

続きを読む >

THE SURF NEWS

たった一本の中古サーフボードが人生を変える? グダスカス三兄弟の壮...

Image: Vans(YouTube) カリフォルニアのデーン、パトリック、タナーのグダスカス三兄弟。 彼らはプロサーファーとして自らの活動を行う他、非営利団体「Positive Vibe Warriors」を2012年に立ち上げ、発展途上国での子供達のサーフィン普及と支援に力を注いでいる。困難な国の子供達にサーフィンを通じて生きることの素晴らしさを教え、将来の夢を与えるのが大きな目的だ。…

続きを読む >

WSM

ロサンゼルス郡以外もビーチ再閉鎖へ:制限が再導入されるカリフォルニ...

Photo: WSL / KENNETH MORRIS先日お届けしたロサンゼルス郡による独立記念日となる7月4日絡みの週末にビーチを再閉鎖するというニュース。カリフォルニア州における新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にあるためであり、ロサンゼルス郡の動きに南カリフォルニアの他の群も追随することに。さらには、カリフォルニア州知事からレストランなどの制限措置の再導入が発表されました。今回の記事…

続きを読む >

カラーズマガジン

【必見シークエンス】2×グランドチャンプ田岡なつみによるハングヒー...

Rider / Natsumi Taoka. Photos by yasushi photos.キュートなルックスからは想像つかないようなハイレベルなライディング・スタイルと持ち前のガッツを武器に2×グランドチャンプに輝いた経歴を持つ日本を代表するトッププロロングボーダー田岡なつみ!そんな彼女が千葉の綺麗なオフショアの小波で披露した華麗なハングヒールのシークエンス by yasushi photo…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 新江ノ島水族館

    藤沢・茅ヶ崎エリア/その他

    何度行っても子どもが目を輝かせます。大人も夢中になれる素晴らしい施設。最後のおみやげ選びも家族の楽しみです。

    続きを読む >

  • 手作り弁当 マロ

    宮崎市内/飲食

    タルタル丼食べました。フライがいくつもあり楽しめました。クーポンは提携してないですと店員に言われました。

    続きを読む >

  • にこにこショップ

    宮崎日南エリア/飲食

    天むす、塩味きいて美味しいかった。
    残念なのはクーポンは今はしてない事です

    続きを読む >

  • LeiLeis Kitchen&Bar

    赤羽根・先端エリア/飲食

    パイチキンロコモコ
    どれを食べても味付けが美味しい!

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

  • フィリピン

    GWにも行きましたBALEAに夏休み行ってきました。 GWのときはHOTEL前(サバンビーチ)も腰ぐらいで楽しめましたが、 今回は腿ぐらいと微妙なためリバーマウス、チャーリーズポイントで入水 サイズは胸肩で台風10号の影響なのかオフが強めでしたけど楽しめました。 ただコブラリーフは風も強く今回も入れなくて残念

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >