波情報 サーフィン BCM

  • ケリー・スレーターのアパレルブランド「Outerknown」からウイメンズラインがスタート(WSMコラム)

  • QS6,000『Vissla Sydney Surf Pro』ケリーフィーバーに沸いた一日

  • 「最新号のF+の表紙はケリー・スレーター、47歳。」- F+(エフプラス)

  • 2018 BIGプレゼントキャンペーン当選発表!

  • 金沢呂偉が『Sunset Pro Junior』で優勝!

  • 『Da Hui Backdoor Shootout』で松岡慧斗がパーフェクト12!!

WAVE REPORT

波情報TOPへ
■最新ビーチ画像

花篭 ▽20
03/22(金)13時

大原駐車場前 ▽25
03/22(金)13時

和田・Js前 ▽20
03/22(金)12時

御宿・漁港 ▽20
03/22(金)12時

コラム特集
ケリー・スレーターのアパレルブランド「Outerknown」からウイメンズラインがスタート(WSMコラム)
2014年に長年のスポンサーであったクイックシルバーとの契約を解消し、翌2015年に自身のアパレルブランド「Outerknown(アウターノウン)」をスタートさせた11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター。クリエイティブディレクターには有名デザイナーのジョン・ムーアを据えスタートさせたアウターノウンは、ケリーブランドとあり当初はメンズラインのみの展開でしたが、2019年スプリングコレクション…

続きを読む >

コンテスト
QS6,000『Vissla Sydney Surf Pro』ケリーフィーバーに沸いた一日
PHOTO:© WSL/Bennett4月からのゴールドコーストでのCT開幕戦を前に2週連続で続くQSのハイグレード。ニューキャッスルはアレックス・リベイロ(BRA)、サリー・フィッツギボンズ(AUS)が優勝。翌日からは南下したシドニー近郊のサーフタウン、マンリー ビーチでQS6,000『Vissla Sydney Surf Pro』&ウィメンズQS6,000『Sydney Surf Pro』が開…

続きを読む >

THE SURF NEWS
サーフィン写真の撮り方や見方。その一、スマホで撮る...
photo by RiRyo (iphone) シリーズ「おいらはサーファーの味方」No.26 スマホからプロレベルに至るまでサーフィン写真はどう撮るのか、どう撮られているのか?その疑問や裏話を一挙に公開いたします。これでサーフィン写真の見方が変わります。 photo by RiRyo (iphone) さてサーファーならば、誰でもサーフィンの写真をスマホで撮ったこと…

続きを読む >

WSM
宮崎出身のスカイ・ブラウン!10歳でスケートボードの英国オリンピック代表候補に
これまでにも何度か当ブログでもフィーチャーしてきた宮崎出身プロスケートボーダーのスカイ・ブラウン「Sky Brown」(10歳)。

若手サーファーとしての注目度も高く、サーフィンのワールドツアーを運営するWSL(ワールドサーフリーグ)がスカイのSNSをリポストするほど。

そんなスカイは、これまでに2020年東京五輪の出場を目指していると公言していて、イギリスのオリンピック代表候補選手となることに。

今回の記事は、スカイ・ブラウンのここ最近のキャリアやイギリス代表としてオリンピック代表候補選手に選ばれた際のコメントなどをお届けします。

続きを読む >

カラーズマガジン
【WSL】五十嵐カノアをはじめ加藤嵐、仲村拓久未、森友二、上山キア...
Photo by WSL. Text by colorsmagyoge.五十嵐カノアがホーム・ハンティントで現地時間の3/22(金)から3/24(日)まで開催のQS1500″Jack’s surfboards Pro”に出場!2018年CTランキング10位、QSランキングトップでフィニッシュした彼にとって今シーズン開幕戦は、ホームであるハンティントンからスタート…

続きを読む >

業界ニュース
RVCAが関西最大級のポップアップストアを心斎橋スポタカにオープン!
カリフォルニアに拠点を置くライフスタイルブランドRVCA(ルーカ)は、大阪・心斎橋のスポーツタカハシ(通称 : スポタカ) にて、2019年3月16日(土)より関西最大級となるRVCAポップアップストアをオープン。スポタカは、「Something New—いつも楽しいことを!」コンセプトに、1922年の創業以来スポーツ用品の販売というワクを超えて、つねに人々とスポーツのよりよい関係づくりに取り組ん…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー ショップガイドレビュー一覧見る >
  • BESNUG

    平塚・大磯エリア/飲食

    パテのジューシーさと、ボリュームは最高
    サーフィンの映像が流れていて、白を基調にした店内は雰囲気たっぷり
    本当に美味しいので、休日のお昼等は少し並びますが
    待つだけの価値はあります!ぜひ

    続きを読む >

  • 那須食堂

    鹿島・波崎エリア/飲食

    あじ、カツオ定食と生姜ロース定食を頼みました。とても美味しく値段にも満足です

    続きを読む >

  • Del Mar

    鳥取県/飲食

    店内での雑貨なども販売していて飽きない。
    マスターもママさんも店内も良い雰囲気♪
    ママさんとは地元が同じやったのがびっくりでした。

    続きを読む >

  • 海鮮料理 岩沢

    飯岡・片貝エリア/飲食

    新鮮で、お手頃価格!
    お店の方は気さくで
    常連さんも、
    呑み始めると
    気軽に
    声をかけてくれたりする
    サーファー歓迎のようで
    素泊まりもオーケー!
    不思議な感じ!呑んじゃったら、泊まって翌日の朝入って帰る

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ 海外クチコミ一覧見る >
  • スンバワ
    30年の5月
    バリ島が朝から風が強く、現地で飛行機予約して、スンバワへ
    宿泊先はアマンガティ
    スーパーフルムーン(年1度)にあたってたので、底ぼれから、ファンな波まであり。
    シーズン中と言われバイクは1日5万ルピーが15万になってました。(一週間なら1日10万)
    レイキはオージーよりニュージーランドの人が多かったです。
    サイズは頭からダブルオーバー。(レイキ、ぺリスコープ共に)
    レイキは私が入った時間帯は、展望台までは歩いていけて、波に乗り切ると深さは1mなかったです。
    ダブルオーバーで、チューブですべてが覆い被さるような波ではなく、うねりの上の部分で頭位のチューブだったので、テイクオフ後にボトムに降りてしまうとチューブには入れず横に走る感じでした。
    ちなみにこの時レイキパイプはドチューブで3人入っているのがわかりました。
    ぺリスコープはバイクで移動して、バイク止めるところで、農家の子供がお金もらいにくるので、駐車料金渡してください。確か1万ルピー
    波はリーフのチューブなので、でかく見えます、とにかく日本の河口のチューブより、面が広くテイクオフは河口ほど癖はないがパワーがすごいので、スピードと言うかトルクと言うか押されてる感じがやばかったです。
    特に現地でややこしいのが、空港からレイキまでの車のチャーターです。
    ホテルで用意してもらいましょう。
    私はバリで知り合った2人と、オージー1人で車チャーターしましたが、とにかく空港出たら荷物をとって車まで運ぶと荷物の取り合いからのチップが大変でした。私は自分で運ぶと言い切り、通りましたが(100mほど)オージーは10万ルピー請求されてましたし、板を車にピックアップするときも、板が飛ばないようにと、紐でガンガン締めこんできますので、自分で車に縛ってください。案の定アマンガティで板が凹んで、顔もへこんでる人がいました。

    続きを読む >

  • バリ
    バリアン朝一潮上げに向けて、4ー5フィートありファンウェーブ5日目サイズ上がりクルトック日本人集まり混雑なのでジュンパイに3ー4たまにセット5で厚めだけどパワーありファンウェーブ午後はジャスリ腰セット腹たまに胸から肩ありファンウェーブここも日本人集合 7日は朝一ジュンパイ貸切 3ー4セット5たまに6ありファンウェーブカレント強く移動そのあとチュチュカン4ー5フィート巻き巻きチュービーでした

    続きを読む >

  • バリ
    年末年始クラマス、たまにチューブ発生!サイズは、セットで、オーバーヘッ
    年が明けてからは、チャングーへ!
    サイズは、いつも胸肩あるが、インサイドは、スクールだらけ!
    アウトは、ほぼ貸し切り状態

    余談ですが、タナロット観光した際、パッキンカップルが、サーフしてたけど、1173だったなー

    続きを読む >

  • 台湾東部
    11月7日から10日まで南台湾トリップ中
    ガイドは日本人のタカシさん!
    メッチャ楽しくて日本人の好みをガッツリ分かってくれているで最高です。

    ホテルも佳楽水Pointまで徒歩2分の【Summer Point】で部屋も綺麗でインスタ映え間違いなし。
    家族でもカップルでもヤローだけでも、テンション上がる宿ですよ。

    そして食事は毎日タカシさんオススメのお店にガイドしてくれるので、味も値段も間違いなし。

    波は今回は腰くらいとメローでしたが、これからの季節がベストならしいです。

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >