波情報 サーフィン BCM

  • ビーチコーミングマガジンの最新2021年版が完成。全国で無料配布中!

  • 五十嵐カノア『US Open of Surfing』3度目のタイトルまで残り3ヒート!_2

  • 「AI対ケリー時代にWSLファイナルズがあったら流血必至」- F+(エフプラス)

  • 「WSM」8月の人気記事トップ10ランキング

  • BCMプレミアムクーポン


WAVE REPORT

波情報TOPへ
カラーズマガジン

【キング・オブ・サーフィン】Kelly Slaterがツインフィン...

Movie by プロサーファー河村カイサ Text by colorsmagyoge.日本指折りの人気プロサーfーあYoutuberとして大活躍中の河村海沙より最新クリップがドロップ!!今回の作品は黒川日菜子とのカリフォルニアトリップ編の一部となっており、世界一プログレッシブな波と評され、今シーズンはワールドタイトル決定戦であるWSL Finalsの会場ともなったロウワー・トラッセルズでのセッシ…

続きを読む >

WSM

【必見】レパートリー豊富な14歳!エリン・ブルックスのエアリアル動...

via youtubeエアリアルやビッグバレルチャージと言った新たな動きが進んでいる次世代サーファーガール。そんなサーファーガールの筆頭の一人と言えるのが、ハワイのオアフ島ノースショアをホームとするエリン・ブルックス「Erin Brooks」(14歳)ですね。今年のスタブハイではガールズのエアリアルとしては過去最高と言われるほどのエアリバースをメイクして優勝しましたし。今回の動画は、エリン・ブルッ…

続きを読む >

コンテスト

『US Open of Surfing Huntington Beach presented by Shiseido』を制したのは?

PHOTO: © WSL/Morris現地時間9月26日、パンデミックで中止になった2020年を経て2年ぶりに開催された『US Open of Surfing Huntington Beach presented by Shiseido』が終了!今シーズンは2022年のCTクオリファイを決めるCS(チャレンジ・シリーズ)の初戦となり、開催期間も夏からCT終了後の秋に移動。野外イベントでのマスク着用…

続きを読む >

コラム特集

「日本からワールドチャンピオンが生まれるのはいつか」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきあけおめから瞬時にして2022年カレンダーの季節だなぁ。もう今年何があったかとか考えるまもなく過ぎてゆくのだよ。皆様におかれましても、質問、格言応募等でお忙しいところ失礼します(笑)Photo: WSL / Dizさて、質問その1ユキさんがブラジルトップ3がこの先数年間活躍すると記事にされています。そうなると五十嵐カノア選手はワールドチャンピオンになるっていうのはかなり厳…

続きを読む >

THE SURF NEWS

「WSLファイナル」はWSL史上最多の視聴数を記録

Photo: WSL ワールド・サーフ・リーグ(WSL)は、9月14日にカリフォルニアで開催された初めての「WSLファイナル」が、WSL史上最高の視聴率を記録したと発表した。 1日限りで世界チャンピオンを決める「WSLファイナル」では、今季圧倒的な成績でトップを独走していたカリッサ・ムーアとガブリエル・メディナが文句なしのワールドタイトルを獲得。WSLファイナルは世界中のWSLの放送パートナ…

続きを読む >

コンテスト

五十嵐カノア『US Open of Surfing』3度目のタイトルまで残り3ヒート!

(五十嵐カノア)PHOTO: © WSL/Morris2019年までの真夏の祭典からパンデミックでの中止を経て『US Open of Surfing』が秋に移動して復活!現地時間9月25日に大会6日目を迎え、いよいよファイナルデイを戦うメンバーが決定しました。この日のカリフォルニア・ハンティントンビーチは公式3-4ftレンジの南南西ウネリ。イベント期間中、一貫して朝は風が弱く、クリーンなフェイス。…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 民宿 志保

    青森県/宿泊

    種差海岸の目の前、ここを拠点にするとポイントの移動が便利

    続きを読む >

  • 和食 朱鷺(とき)

    一宮・大原エリア/飲食

    地元の野菜を使った丁寧な和食です。
    落ち着いていて、ゆっくり食事ができます。

    続きを読む >

  • グリルダイバーnut’710

    鳥取県/飲食

    オーナーもサーファーであり、食材に関しても細かなこだわりを持っておられ、特にお肉料理が美味しい!最近はテイクアウトメニューも豊富でお弁当が人気!Instagramも日々更新されており、チェックしてから行くのも良し!鳥取の名産梨の梨っこ館の施設内にあり、観光も兼ねて立ち寄りたいお店です。おススメです!

    続きを読む >

  • fato.

    一宮・大原エリア/飲食

    ヴィーガン食なので、動物性食品を控えている方におすすめです。
    味もしっかりしていてとても美味しいです。

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

  • フィリピン

    GWにも行きましたBALEAに夏休み行ってきました。 GWのときはHOTEL前(サバンビーチ)も腰ぐらいで楽しめましたが、 今回は腿ぐらいと微妙なためリバーマウス、チャーリーズポイントで入水 サイズは胸肩で台風10号の影響なのかオフが強めでしたけど楽しめました。 ただコブラリーフは風も強く今回も入れなくて残念

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >