波情報 サーフィン BCM

  • BCM波情報 春の新規入会キャンペーン第2弾 先着順でBCMオリジナルエコバッグ・ビーチコーミングマガジン2022・BCMオリジナルステッカーsetがもらえる!

  • 2022年版ビーチコーミング・マガジン全国配布スタート!

  • 「日本のサーフィン業界がどうなればいいと思う?」- F+コラム

  • 「WSM」7月の人気記事トップ10ランキング

  • 『Vans US Open of Surfing』はハワイアンが完全制覇!

  • タティアナ&イーサンが優勝!CT第9戦『Corona Open J-Bay』最終日

WAVE REPORT

波情報TOPへ

■最新ビーチ画像

鮫島 ▽15
08/16(火)16時

和田・Js前 ▽20
08/15(月)16時

西浜 ▽15
08/16(火)16時

大原駐車場前 ▽15
08/15(月)16時

THE SURF NEWS

若干9歳でインドネシアのバレルにチャージ!イタリアのロッコ・リギア...

via youtube ヨーロッパにおいて内海となり風波がメインと言う事で、サーフィンの環境としては決して恵まれているとは言えないイタリア。 そんなイタリアのイメージを一変させたのは、イタリア人サーファーとして2017年に初のCTサーファーとなったレオナルド・フィオラヴァンティの存在。 その後のレオは東京五輪にイタリア代表として出場し、イタリア人サーファーの存在を知らしめましたからね。…

続きを読む >

THE SURF NEWS

ケリー・スレーター、現役最後の優勝なるか?チョープーでの記録を振り...

(2016年に5度目のタヒチ戦優勝を決めたケリー)PHOTO: © WSL/Cestari すでにウェイティングピリオドに入っているCT最終戦『Outerknown Tahiti Pro』 会場のタヒチ・チョープーには今週の前半〜中盤にかけて10ftクラスのウネリが入る予想となっており、一気にイベントが進行する可能性もある。 今イベントはワールドタイトルを決める『Rip Curl W…

続きを読む >

コラム特集

「日本のサーフィン業界がどうなればいいと思う?」- F+コラム

Text by つのだゆき、WSLタヒチのほうはスウェル待ちで、しばらく始まりそうもない。もう2年以上パスポートを手にしていないので、なんかツアーとか海外とかものすごく遠くにあるような気がしてならない。飛行機に乗る、というのが一大イベントのように感じている今日この頃、ようやく普通の人の感覚になってきたのかな、と思う。だからと言って、ハワイ行きた~い、とかならないから、普通の人の感覚とは遠いのかも。…

続きを読む >

THE SURF NEWS

伊東李安琉がタヒチのチョープーに挑んだリアル映像とは?

Image: FUNRIDE Surfing Miyazaki(YouTube) 2年後に迫った2024年パリオリンピックのサーフィン競技の会場がタヒチのチョープーに決まったことで、選手選考も東京五輪とは違う基準になっている。 NSAでは’ビックウェーブでの経験が豊かな選手等を、提出いただいたビデオ及び書類、国際大会の実績等を踏まえ厳正に審査し、 基準点以上を獲得した下記を特定強化指定選手に…

続きを読む >

カラーズマガジン

【日本が世界に誇るサーフスター】ハンティントでのフリーセッションも...

Movie by CCC. Text by colorsmagyoge.US OPEN出場のためにホームであるハンティントンに帰省を果たした五十嵐カノア。そんな彼の束の間の10日間に密着した最新クリップがドロップされた!US OPENやエンゼルス戦での始球式での裏側はもちろん、スポンサーの資生堂とのビーチクリーン・イベントの様子、さらにはハンティントンでのフリーセッションと、見どころ満載となった必…

続きを読む >

THE SURF NEWS

WSLが2023年CSのフォーマット変更を発表

PHOTO: © WSL 今までのQSからCTへのクオリファイの形を変えてCS(チャレンジャー・シリーズ)というステップが加わり、2年目。今年はフルスケールで世界中を回る最初のシーズンになるが、選手のフィードバックを元に早くも2023年CSをより良いシリーズにするためにアップデートが発表された。 主な改善点は賞金額の引き上げ、選手数の縮小、CT選手の2大会出場義務撤廃の3つ。このアップデート…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 三日月シーパーク勝浦ホテル

    勝浦・鴨川エリア/入浴

    子供が喜ぶ事間違いない!

    続きを読む >

  • 魚作(ぎょさく)

    和田・千倉エリア/飲食

    しばらく行ってませんでしてが、店主が代わり、メニューも一新されたようですね。
    引き続きの海鮮メニュー中心で料理もボリュームあり美味しかったです。
    やっぱり店の雰囲気はサイコーですね!

    続きを読む >

  • 本格中華あまからや

    勝浦・鴨川エリア/飲食

    2022年1月に行きました。 初めてなので駐車場がわかりにくく、お店のおばちゃんに聞いたら、裏の駐車場の何番〜何番に止めてと言われました。その番号に「あまからや」と書いてあるので行けばすぐ分かります。あいにく駐車場が満車だったので待っていたら、おばちゃんが外まで来て空いてないから、ここ止めていいよ(多分、知り合い契約)と親切に教えて頂きました。お店はごく普通の町の中華料理屋って感じです。スーラータンメン(酸辣湯麺)が一番美味しかったですね。海上がりに温まる感じ。特に女性におすすめ。勝浦坦々麺は独特で自分は好みではなかったですが、普通に美味しかった。胡麻とかクリーミーな坦々麺とは全く違い、あっさりした味です。チャーハンは正統派。量も多かったです。なんだかんだ美味しかったし、おばちゃんも気さくな感じなのでまた行きたいです。

    続きを読む >

  • ひろ屋

    一宮・大原エリア/飲食

    一宮のローソンの先、一宮川沿いにあります。
    ランチはご飯、サラダ、スープまでついています。メニューもたくさんあり、リーズナブルです。元マリンスタジアムで行列が出来た有名店です。味もバッチリ。マスターをはじめ、スタッフもとてもイイです。サーフィン後の疲れた身体も、ひろ屋さんのお肉を食べたら、元気回復間違いなし。アフターサーフにおススメです!

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • スリランカ

    1週間の滞在。

    宿前のメインポイントは頭〜頭半で始まり
    最終日までパワフルな胸を維持。
    ミリッサまで南下チェックも滞在中は終始モモ。
    途中のsahanaで腹胸のライトも〇でした。
    どのポイントも混雑は少なく
    朝夕に風が整うので2Rで昼間は観光も出来ます。

    ヒッカのオススメはhomegrownのカレー。
    1番通ったお店となりました。
    どのメニューもとても優しく美味しい。
    カレーに飽きたらhello burgerもオススメです。
    紅茶文化の国なので1R前に朝食がてら朝に珈琲を飲みたい方は場所が限られます。トゥクトゥクドライバーに聴いてみると連れて行ってくれます。

    治安に関してはバケーションで訪れる
    ヨーロッパの方も多いので怖い雰囲気は無いです。

    日本円に対し物価も安く
    ご飯も美味しくて海も綺麗。
    人々もフレンドリーで良い国でした

    続きを読む >

  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >