波情報 サーフィン BCM

  • 2019 BIGプレゼントキャンペーン開催中!

  • 「WSM」10月の人気記事トップ10ランキング

  • 「ジョンジョンのツアー復帰がもたらす関係各所への影響」- F+(エフプラス)

  • ケリーとジョン・ジョンも参加!37年目を迎えるトリプルクラウンがいよいよ始まる!

  • アメリカが金メダル!日本は銅メダルを獲得!『2019 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』最終日

  • オーストラリアのサーフ・ランチ建設は一般オープンもあり得るリゾート系?(WSMコラム)


WAVE REPORT

波情報TOPへ

■最新ビーチ画像

宍喰 ×5
11/19(火)17時

和田・墓下 ▽15
11/19(火)16時

和田・Js前 ▽25
11/19(火)16時

生コン前 ▽25
11/19(火)16時

業界ニュース

プロサーファー進藤晃のジャワ島トリップを特集『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版9.4号』

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版』の最新刊9.4号が11月15日より発売。今号の日本版オリジナルコンテンツは、1990年代から活躍をつづける西湘出身のプロサーファー進藤晃をフィーチャー。世界のトップサーファーたちがそうであるように、冬のハワイ、春のインドネシアを軸に旅をする進藤は近年、バリ島に住む仲間とともにジャワ島東部を開拓するのが楽しみとなっており、今年もまた19歳の若手サーファー、藤沼圭…

続きを読む >

コンテスト

タイラー・ライトが18ヶ月振りにツアー復帰!?

PHOTO:© WSL/Cestariウィメンズの常識を超えたパワーサーフィンで2016年、2017年と2年連続でワールドタイトルを獲得しながらも、2018年のバリ・ウルワツ戦を最後にツアーから姿を消していたオージーのタイラー・ライト。ことの発端は2018年、ミック・ファニングとの『The Search』の撮影で訪れたアフリカ。何かしらのウィルスに感染して直後のJ-Bay戦の欠場を余儀なくされ、現…

続きを読む >

THE SURF NEWS

欧州のサーフカルチャーを特集、BSフジ『Viaggio ポルトガル...

11月23日(土) 午前9時から、BSフジテレビで、欧州のサーフカルチャーを捉えた『Viaggio ポルトガル・サーフジャーニー』が放送される。
本番組は、欧州のサーフカルチャーと歴史ある文化・街並みなど、欧州のライフスタイルを捉えたドキュメンタリー番組。今回の舞台はポルトガル。
ナビゲーターを務めるのは、 プロロングボーダーであり、日本における欧州サーフカルチャーのパイオニア的存…

続きを読む >

WSM

2019/2020年シーズンのWOTWがスタート!ウイメンズ部門が新設など変化が

ハワイがサーフシーズン入りしたという事で、今季もスタートとなったイベント「WOTW(Wave of the Winter)」。
シーズン中のオアフ島ノースショアにて、一本のベストライディングを決めるというイベントです。
オアフ島ノースショア全域が対象エリアとなっているものの、基本的にメインステージとなるのはパイプライン、バックドア、オフザウォールで、ベストライディング=ベストバレルといった感じが定番。
今回の記事は、11月1日からWOTW期間に突入したということで、今季2019/2020年シーズンの新設部門などに関するニュースをお届けします。

続きを読む >

カラーズマガジン

【イメトレ】サーファーなら誰もが一度は憧れるレイバックをフォトジェ...

ゴールドコーストで最も認められる日本人サーファーであり、日本国内においても当たり前のごとくプロ資格を獲得してこれからの活躍がますます期待される飯田航太!
アマチュア時代からすでにプロをも凌ぐフォトジェニックなフリーサーファーとして注目を浴びてきたそんな彼が得意とする技のひとつであるレイバックをダイジェストで集めたショートクリップがHrsTVよりドロップされた!!
レイバックはサーファー…

続きを読む >

コンテスト

都筑有夢路の日本人ウィメンズ初のクオリファイは?ウィメンズQS6,000『Port Stephens Toyota Pro』終了!

PHOTO:© WSL/Smith思えば五十嵐カノアが2015年にQSランキング7位になり、2016年のクオリファイを決めた時、日本中のWSLファンが盛り上がっていましたが、当時のカノアはまだ国籍がアメリカで本人もハンティントンビーチの代表としての気持ちが強かったように思われます。2018年にアメリカ国籍から日本国籍に変更した後も半分はアメリカ、半分は日本という気持ちが捨て切れず、日本で生まれ、日…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 手作り弁当 マロ

    宮崎市内/飲食

    タルタル丼食べました。フライがいくつもあり楽しめました。クーポンは提携してないですと店員に言われました。

    続きを読む >

  • にこにこショップ

    宮崎日南エリア/飲食

    天むす、塩味きいて美味しいかった。
    残念なのはクーポンは今はしてない事です

    続きを読む >

  • LeiLeis Kitchen&Bar

    赤羽根・先端エリア/飲食

    パイチキンロコモコ
    どれを食べても味付けが美味しい!

    続きを読む >

  • 来来憲

    伊勢エリア/飲食

    はらぱんぱんなるから帰りがおすすめ(^^)

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

  • フィリピン

    GWにも行きましたBALEAに夏休み行ってきました。 GWのときはHOTEL前(サバンビーチ)も腰ぐらいで楽しめましたが、 今回は腿ぐらいと微妙なためリバーマウス、チャーリーズポイントで入水 サイズは胸肩で台風10号の影響なのかオフが強めでしたけど楽しめました。 ただコブラリーフは風も強く今回も入れなくて残念

    続きを読む >

  • タイ(プーケット)

    お盆にカタビーチの隣にある、カタノイビーチに行ってきました。やはり、風波でまとまりがなく、頭位の波がバンバン入ってました。アウトに出るのも大変でしたが、カレントを見つけると楽に出れました。セット、頭オーバーの波を狙って楽しく波乗り出来ました。波に乗っている間、波にパワーがあるので、何回も空中に飛ばされましたが、ワタシはボディボードなので、体制を立て直して乗れました。立つと厳しいかも。ただ、こういう波だったせいか、ほぼ、プライベートビーチでした。いても、3人位。

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >