サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

コラム特集

ほぼパドル要らずでライディングに専念できる電動フィン「Boost Surfing」(WSMコラム)

サーフィンは波に乗ってこそのスポーツですが、実際にはサーフィン中に行う動作の大半はパドリング。このパドリングがハードで挫折するサーファーがいたり、ベテランサーファーであってもパドリング疲れで海から上がって休憩をすることもしばしば。そんな悩みを解消しようと誕生したのが、今回紹介する電動サーフフィンなる「Boost Surfing(ブーストサーフィン)」。これまでにモーター搭載サーフボードなどもありま…

続きを読む >

THE SURF NEWS

投票開催中!松岡慧斗が『SURFER AWARDS』のベストバレル...

映像コンテストの最高峰と言われる『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』の2018/2019シーズンで日本人として初の総合優勝を成し遂げた松岡慧斗。
マーク・ヒーリー、カム・リチャーズなどの強豪を抑えて、ケリー・スレーター、リカルド・ドス・サントス、リーフ・マッキントッシュ、コア・ロスマン、JOB、カラニ・チャップマンなどと並ぶ栄光を手に入れていた。
すでに幕を開け…

続きを読む >

WSM

松岡慧斗もバレル部門にノミネート!2019年サーファーアワードの投票開始

2019年12月5日にハワイのオアフ島ノースショアで開催となる米サーファー誌主催イベントのサーファーアワード。
WSL(ワールドサーフリーグ)関連以外のイベントで、異例と言えるほど数多くのCT(チャンピオンシップツアー)サーファーが集まるビッグイベントですね。
今年も開催が近付いてきたということで、各部門のノミネート作品紹介やオンライン投票がスタートしました。
今回の記事は、今年で49周年目となる2019年サーファーアワードの部門紹介やオンライン投票方法などに関するニュースをお届けします。

続きを読む >

カラーズマガジン

【最新動画】ショートもロングも二刀流プロサーファー西口京佑がコンパ...

ショートもロングも二刀流でプロサーファーという肩書を持つ宮崎出身の西口京佑より待望の最新クリップがドロップされた!
最近はロングボードでのプロ活動が目立っていた彼であるが、今回は久しぶりにショートボードでコンパクトなパーフェクトレフトを攻めまくるライディングの数々を収録。
大きな体を活かしたダイナミックなライン取りは健在!
そして数本ばかり出てくるフロントサイドでは得意とするトリ…

続きを読む >

業界ニュース

プロサーファー進藤晃のジャワ島トリップを特集『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版9.4号』

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版』の最新刊9.4号が11月15日より発売。今号の日本版オリジナルコンテンツは、1990年代から活躍をつづける西湘出身のプロサーファー進藤晃をフィーチャー。世界のトップサーファーたちがそうであるように、冬のハワイ、春のインドネシアを軸に旅をする進藤は近年、バリ島に住む仲間とともにジャワ島東部を開拓するのが楽しみとなっており、今年もまた19歳の若手サーファー、藤沼圭…

続きを読む >

コンテスト

都筑有夢路の日本人ウィメンズ初のクオリファイは?ウィメンズQS6,000『Port Stephens Toyota Pro』終了!

PHOTO:© WSL/Smith思えば五十嵐カノアが2015年にQSランキング7位になり、2016年のクオリファイを決めた時、日本中のWSLファンが盛り上がっていましたが、当時のカノアはまだ国籍がアメリカで本人もハンティントンビーチの代表としての気持ちが強かったように思われます。2018年にアメリカ国籍から日本国籍に変更した後も半分はアメリカ、半分は日本という気持ちが捨て切れず、日本で生まれ、日…

続きを読む >

コンテスト

タイラー・ライトが18ヶ月振りにツアー復帰!?

PHOTO:© WSL/Cestariウィメンズの常識を超えたパワーサーフィンで2016年、2017年と2年連続でワールドタイトルを獲得しながらも、2018年のバリ・ウルワツ戦を最後にツアーから姿を消していたオージーのタイラー・ライト。ことの発端は2018年、ミック・ファニングとの『The Search』の撮影で訪れたアフリカ。何かしらのウィルスに感染して直後のJ-Bay戦の欠場を余儀なくされ、現…

続きを読む >

業界ニュース

海外旅行や越前がにがもらえる!? 福井・三国のNan’s Sea Cupが今年も開催

越前がにの解禁とともに、福井・三国で毎年開催されているサーフィンコンテスト、「THE BLUE & NAN’S SEA CUP」が今年も開催。第32回を迎える本大会では、今年も協力プロサーファーのサーフクリニックやエキシビジョンを開催。また、毎年恒例の大じゃんけん大会では、海外旅行や越前がになどをゲットできるチャンスあり。入賞賞品や参加賞でも、地元協力のもの様々な賞品が用意されています。日本海のシ…

続きを読む >

コラム特集

「WSM」10月の人気記事トップ10ランキング

サーフィン動画の紹介を中心に、海外サーフィンの最新情報などを独自の視点で解説・配信する「World Surf Movies」より、月毎の人気記事をランキング形式でご紹介。先月2019年10月の人気記事トップ10※各画像をクリックするとWSMサイトへリンクします。BCMサイト内のアーカイブも併せてぜひチェックしてみてください。■No.1飛行機でサーフボードがバキバキに:ジョエル・チューダーが怒りのS…

続きを読む >

業界ニュース

【11/16-17】VISSLAガレージセール開催、ウェットスーツなどが最大80%OFF!

VISSLAが年内最後のガレージセールを開催。11月16日(土)と17日(日)の2日間、横浜の元町・中華街駅から徒歩15分の『THE CLUB HOUSE YOKOHAMA BAY』で開催される。会場内VISSLA Tシャツ、ボードショーツ、シャツ、パーカー、フリース、キャップ、ウェットスーツなどの商品やサンプルが最大80%OFFとなるお得な機会。ぜひ足を運んでみては。VISSLA GARAGE …

続きを読む >

コラム特集

「ジョンジョンのツアー復帰がもたらす関係各所への影響」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき Photo by snowy、WSLヨーロッパレッグも終わり、タイトルレースの行方も何となく見えてきた……はずだったんだけど、ヨーロッパでは番狂わせがおこり、タイトルレースの行方はますます見えなくなってしまった。ガブリエル・メディーナがポルトガルで決めちゃう勢いだったのに、まさかのインターフェア負け。フランスも取りこぼしていて、2試合連続の9位。フィリッペは不運にもケガ…

続きを読む >

コンテスト

ケリーとジョン・ジョンも参加!37年目を迎えるトリプルクラウンがいよいよ始まる!

PHOTO:© WSL/Cestari今年で37年目を迎えるオアフ島・ノースショアを舞台としたトリプルクラウン。11月13日〜12月20日の間にハレイワ、サンセットビーチ、パイプラインで3イベントが行われ、トリプルクラウンとCTの二つのタイトルが決定。更に今年は2020年東京オリンピックの選手選考も兼ねており、残り6枠が確定することになります。シーズン初の巨大な10ftオーバーの北西ウネリが入った…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.80 父ちゃん、海へ行こうよ!

毎年恒例、RHC Ron Herman×Blue. コラボカレンダー2020付きの『Blue.』最新号が11月9日に発売!今回のテーマは「父ちゃん、海へ行こうよ!My dad is a surfer!」たくさんのかっこいいサーファーと出会ってきた。ユニークなサーファーにも。心に残っているサーファーたちは、みんなサーフィンが大好きで、自分なりの理想を追いかけていた。たまには競うこともあるけれど、いち…

続きを読む >

お知らせ

11/17(日) 伊良湖方面の交通規制のお知らせ

11/17(日)に第59回中部・第49回北陸実業団対抗駅伝競走大会が開催されるため、伊良湖方面に交通規制が入ります。規制予測時間は8:00〜14:00周辺の道路は混雑が予想され、海沿いの道路(国道42号)にも規制が入ります。波情報提供ポイントでは、新日、全日本、港、ロコへの出入りに影響が出ます。海に行く予定の方は十分に注意して下さい。詳細は以下の公式サイトにて確認してください。『中部実業団陸上競技…

続きを読む >