イースター島 太平洋 海外&国内トリップガイド | 波情報 サーフィン BCM

TOP海外&国内トリップガイド太平洋 > イースター島
TRIP GUIDE
イースター島

イースター島 太平洋

Easter Island

1年を通じて波はあるが、その中でもメインシーズンといえるのが3〜9月の冬。ウネリは 主に冬は南氷洋からの南ウネリ、夏は太平洋の赤道付近で発生した低気圧からの北ウネリ。 風は主に1年中南東からの貿易風が吹く。

スウェルサイズ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2

太平洋 イースター島クチコミ数:0

イースター島は火山島であり、そのため全てのポイントはリーフブレイクとなっているが、そのほとんどがディープなポイントで、シャローなポイントは稀にしかない。イースター島は南太平洋に位置し、ロケーション的にあらゆる方面からウネリを拾うため、年間を通じて常に波はあり、特にハンガロア湾は決してフラットにはならないと言っていい。基本的に冬は南からのウネリ、夏は北からのウネリがメインとなり、1年中コンスタントに入ってくるが、特に3〜9月の冬の期間は最もコンスタントな季節となる。そして混雑は全くといっていいほどみられない。南海岸の波は時々ノースショアの波と比較され、そのサイズとリーフなどの危険性から、サーフィンするにはかなりの経験が必要となる。また、強いウネリが必要とはなるが、ノースショアと違って1年を通じて波があることが多い。南の海岸線はおよそ10キロにも及ぶため、波をチェックして回るにはレンタカーなどが必要。西海岸も波は1年中コンスタントにあり、そして安全なブレイクとなっている。

☆ワンポイントメモ
南海岸を攻めるなら8'0以上のボードは必要となる。また、リーシュが切れるほどのパワーを誇るので、余計に持っていった方がベター。

基本情報太平洋 イースター島

公用語
スペイン語
通過
チリペソ 
経路
アメリカ経由でサンティアゴ空港へ。所要時間は26時間以上。そこからイースター島のマタべリ空港まで約5時間。タヒチを経由していく事も可能だが、出航数が少なく時間もかかる
時差
−16時間
注意
麻薬などの薬物所持は見つかり次第逮捕され、懲役刑が科せられる。絶対に麻薬の携行は避けること。観光の島なので、比較的治安は良い。
※常に情勢は変化するので外務省へのリンクを活用して下さい。
外務省HP
イースター島 の危険情報・スポット情報・広域情報