タヒチ 太平洋 海外&国内トリップガイド | 波情報 サーフィン BCM

TOP海外&国内トリップガイド太平洋 > タヒチ
TRIP GUIDE
タヒチ

タヒチ 太平洋

Tahiti(S・W)

メインシーズンは11〜3月の夏と4〜10月の冬。夏のウネリはハワイ・ノースショアと同様にアリューシャン沖で発達した低気圧からの北ウネリ。ビッグシーズンである冬のウネリは南極大陸やニュージーランド付近で形成された南からのウインターストームによる豊富なウネリが届く。夏は北東からの貿易風が午前中10時頃から強くなる傾向があるので朝イチサーフィンがおすすめ。

スウェルサイズ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2
フェイスコンディション
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
B B B A A A A A A A B B
サーフレベル
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6〜10 6〜10 6〜10 6〜10 7〜10 7〜10 7〜10 7〜10 7〜10 6〜10 6〜10 6〜10

太平洋 タヒチクチコミ数:5

タヒチのサーフシーズンは基本的に12〜3月の雨季と、4〜11月の乾季に大別できる。雨季のウネリは北からのもので、ハワイ・ノースショアと同様のウネリが届くこととなる。例えば、ノースショアに15フィートの波が届いた場合には3〜4日後にはタヒチのノースコーストで8フィートほどのビッグスウェルが届くといったイメージだ。したがってハワイ・ノースショアの情報を事前に確認しておけば、ある程度のサイズが予想できるともいえる。ただし、残念ながらノースコーストのポイントはそのほとんどがビーチブレイクとなるため、雨季はサウスコーストのポイントの波に比べクオリティーは落ちてしまう。通常、雨季の間に吹く北東からの貿易風は午前中10:00頃に強くなるため、朝イチのサーフィンがおすすめとなる。ビッグシーズンは乾季の南極大陸やニュージーランド付近で形成された、南からのウインターストームによる豊富なウネリが届く時期であり、そのウネリを受止めるサウスからサウスウエストコーストにかけてのポイントは主にリーフブレイクで、非常にパワフルかつホローなブレイクが特徴的となる。そのほとんどのポイントがアウトサイドリーフのブレイクでロングパドルが不可欠となるが、ウネリが正しい方向から入ってきている時にはそのロングパドルの価値は充分にある。潮位の変化はほんの2フィート内に限られるが、それでも非常にシャローなポイントでは潮の動きに注意が必要となってくる。ところで、一般的にタヒチではハワイほどのビッグスウェルに入ってしまうとサーフィン不可能となってしまう。これはハワイとタヒチのリーフの形状の違いにあり、タヒチではウネリが強烈な勢いでバリアリーフにぶつかるため、クローズアウトもしくはテイクオフ不可能なブレイクとなってしまうからだ。そこでグッドウエイブでサーフィンするキーポイントは、リーフ上に現われる水路を見つけること。その水路により切れた波がブレイクすることがある。ちなみに、小さい島であるにも関わらずタヒチにはかなりの数のサーファーがおり、特に週末はベストスポットとなるポイントは混雑を極めている。タヒチにおいてサーフィンは既にポピュラーなスポーツで、テレビや新聞でもカバーされているため海での競争も激しい。注意すべきは主にリーフだが、ウニやサメの危険性もわずかだが存在する。様々な条件から、基本的にこの島は上級者向けのエリアであるといえよう。また、タヒチ本島以外では乾季でも雨季でもサーフィン可能なフアヒネ島の波がクオリティーが高い事で知られている。かなりアウトにあるリーフのポイントなので、ロングパドルが必要となる上、シーズン中はエキスパートオンリーのコンディションとなる事が多いので、一般サーファーにはあまりおすすめできない。しかし、3月末からのシーズン終り以降をねらえば、わりとファンウエイブになりやすい。

☆ワンポイントメモ
タヒチの本島は物価も高く、交通の便も悪い上、レンタカー、食事なども高い。ビーチは黒い砂と今一つ。

基本情報太平洋 タヒチ

公用語
フランス語、タヒチ語
通過
フレンチ・パシフィック・フラン
経路
エールフランスや日本航空から直行便あり
時差
−19時間
注意
フレンドリーな人が多く、治安は比較的よいが、一般犯罪に注意。ビーチ沿いは比較的良いが、サーフボードを車に乗せっぱなしにするなどは避けたほうが良い。
外務省HP
タヒチ の危険情報・スポット情報・広域情報