モーリシャス インド洋 海外&国内トリップガイド | 波情報 サーフィン BCM

TOP海外&国内トリップガイドインド洋 > モーリシャス

TRIP GUIDE
モーリシャス

モーリシャス インド洋

Mauritius

メインシーズンは11〜2月の夏(南半球)で、北東からの風によりオフショアのクリー ンコンディションとなることが多い。ウネリは主に南氷洋からのストームによるもの。 他の季節の主な風は南東〜東。5〜9月の冬はビッグシーズン。

スウェルサイズ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2
フェイスコンディション
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
A A B C D D D D C B A A

インド洋 モーリシャスクチコミ数:1

南半球にあり、南氷洋からのストームによりサイズアップするため、基本的に島の南岸がより大きな波に出会えるモーリシャス。波は荒く、かなり大きくなることが多い。ウネリのほとんどが南スウェルとなり、グーフィーのブレイクがほとんど。11〜2月の夏の間は北東からの緩やかな貿易風が吹き、南端のポイントでグッドコンディションとなる。タマリンに向かって北に進むほど、その囲まれた海岸線によりウネリはきれいにシェイプされ、タマリンにウネリが届く頃にはほぼ完璧となり、その囲まれた海岸線により整ったラインナップが姿を現わす。ポイントによっては分厚いリップを伴ったホローな波がブレイクするが、ほとんどのポイントでは薄いリップの速めの波となる。ちなみに5〜9月の冬の間が1番大きな波となる。

☆ワンポイントメモ
入国審査の時にステイ場所を聞かれるので、初日のステイ先はあらかじめ確保しておくと良い。リーフ対策としてブーツとウエットは必要。

基本情報インド洋 モーリシャス

公用語
英語 ただし、日常会話はフランス語、クレオール語が主流。他にボジュブリー語、中国語、ヒンディー語など
通過
モーリシャスルピー。補助単位はセント
経路
キャセイパシフィック航空、シンガポール航空にて、東南アジアの主要都市を経由。所要時間は13〜16時間
時差
−5時間
注意
麻薬などで違法行為があった場合には、直ちに送検されて罰金・留置される。治安は他の周辺諸国に比べるとかなり良い。空き巣、車上狙いなどはあるが、凶悪犯罪は少なめ。
※常に情勢は変化するので外務省へのリンクを活用して下さい。
外務省HP
モーリシャス の危険情報・スポット情報・広域情報