メキシコ 中米 海外&国内トリップガイド | 波情報 サーフィン BCM

TOP海外&国内トリップガイド中米 > メキシコ

TRIP GUIDE
メキシコ

メキシコ 中米

Baha(N)

12〜3月のアリューシャンスウェルによる北ウネリが届いた時に最もサイズアップする。 ただし、6〜9月のペルー沖やニュージーランド沖の発達した低気圧からの南ウネリも 届く上、沖合の弱い東ウネリによるスモールサイズでもサーフィン可能なビーチブレイ クが存在するので、1年中コンスタントにサーフィンでき、オフシーズンはない。南・ 北のウネリの向きによってそれぞれの向きに合ったポイントが点在するため、時期によっ てそれらのポイントを使い分ければ1年中メインシーズンといえる。風向きは、気圧配 置によっては西よりのオンショアが吹くケースもあるが、おおよそ1年を通して北東貿 易風がメインとなるため、オフショアで安定することが多い。

スウェルサイズ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2 スウェルサイズ 3 スウェルサイズ 4 スウェルサイズ 5 スウェルサイズ 1 スウェルサイズ 2
フェイスコンディション
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
B B B B B B B B B B B B
サーフレベル
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7〜10 7〜10 7〜10 4〜10 4〜10 4〜10 4〜10 4〜10 4〜10 5〜10 7〜10 7〜10

中米 メキシコクチコミ数:14

昼夜の気温差が大きく、年間90%以上が晴天で強烈な陽射しが照りつける砂漠気候のため、それに備えた準備が必要となるメキシコへのサーフトリップ。1年を通じてコンスタントにウネリが届く太平洋側がメジャーとなっている。中でもバハカリフォルニアとプエルトエスコンディードが有名で、バハカリフォルニア北部ヘは、アメリカとの国境を車で通過してのアクセスが一般的である。かなり治安が悪く、日本人だけでのトリップは危険とされているが、コンスタントに波があり、10フィートまでサーフィン可能なホロービーチブレイクのバハマリブや、冬場の北ウネリで30フィートまでサーフィン可能なブレイクが現れると言われ、ビッグウェイブコンテストでも有名なトドスサントス諸島など波の宝庫といえよう。ただし水温は低く、真夏でもシーガル程度のウェットスーツが必要な場合も多い。さらに、この辺りから南に延々と続くバハカリフォルニアの太平洋側コーストラインには、冬場のアリューシャンスウェルを初めとした北ウネリと、夏場の南太平洋で発達するストームからの南ウネリが届き、1年を通してコンスタントにサーフィン可能なポイントが無数に点在する。バハカリフォルニア最南端には高級リゾート地としても有名なカボサンルーカスがあり、物価は高い(カリフォルニアとほぼ同等)がこの国で最も治安が良いことでも知られている。メジャーポイントもそのリゾート地に隣接しているため、ポイント間の移動用にレンタカーさえ手配しておけば全く不自由は感じないだろう。このエリアは、南半球のニュージーランド沖で猛烈に発達したストーム、そしてペルー沖から発達しながら北上してくるストームからの南ウネリが頻繁に届く4〜11月の夏場がメインシーズンとなる。また、この時期の風は1日中オフショアとなり、コンディションが整うことが多いが、全ポイントがロック・玉石ボトムのポイントブレイクのため、週末は気の荒いローカルで混雑し、ピリピリとした雰囲気になることもある。しかし平日なら、グーフィーオンリーのモニュメンツ、レギュラーオンリーのコスタアズールエリアなどの各ポイントで3〜6フィートくらいまでは、かなりのロングライドが可能なホロー&パワフルのパーフェクトブレイクが混雑とは無縁な環境で堪能できる。なお、このエリアに波がない場合は、太平洋側を車で約3時間程北上し、通年コンスタントに波があり、かつ無人のポイントが無数に点在するトドスサントス村周辺でのサーフィンをおすすめする。ただし、日中にオンショアとなり、朝のみのサーフィンに限られることも多い。また、南からのグランドスウェルでのクローズアウト時は、ウネリが回り込み、アタマ半位のファンウエイブが現れるカリフォルニア湾側(東側)が要チェックとなる。なお、このエリアの水温は暖かくトランクスで充分だが、朝イチだけはかなり涼しい事と、水温が2〜3度低い太平洋側を北上する事も考慮して、スプリングの持参が懸命だ。一般的なアクセスは、ロサンゼルスまたはサンフランシスコ経由でロスカボスまで飛行機を利用し、空港からレンタカーを使う方法となる。もう1つのメキシコを代表するサーフエリアは、南部に位置し、強烈にホレ上がるビーチブレイクとして世界最大級のチューブを誇り、メキシカンパ イプラインと呼ばれるシカテラビーチを有するプエルトエスコンディード周辺である。波は1年中コンスタントにあるが、やはりカボサンルーカス周辺と同様、冬の南半球からの南ウネリが頻繁に届く夏場にビッグデーが集中し、12〜3月の冬場は比較的イージーブレイクの日が多い。朝は90%以上の確率でオフショアとなるが、日中はオンショアに変わるケースがほとんどのため、午前中のサーフィンがメインとなる。また、水温は暖かくトランクスで充分。メインポイントのシカテラビーチは、サンドボトムながら10〜12フィートまでサーフィン可能なことと、メキシカンパイプラインと呼ばれる程のホレ方ゆえに、長めの板も必要となる。また、ロックボトムでグーフィーオンリーのハードブレイクが楽しめるラプンタのほか、シカテラビーチやラプンタなどで波が大き過ぎる時に逃げられるカリサリオビーチがある。なお、シカテラビーチ周辺にはトリップに必要となるものがほとんど揃っており、ここを拠点にすれば不自由はないが、治安はバハカリフォルニア北部同様かなり悪く、盗難にあうのは当たり前なくらいとなっている。また、ハイレベルであると同時にマナーの悪いローカルサーファーも多い上、非常に団結力が強いので、海の中でのルールとマナーには細心の注意を払う必要がある。何回か通ってローカルと顔馴染みになっている人と一緒に行かない限り、エンジョイサーフィンはなかなか難しいエリアともいえよう。その他、この辺りはサソリやタランチュラ(毒グモ)、そして大トカゲが頻繁に出るので注意。なお、アクセスはロサンゼルス やサンフランシスコ経由でメキシコシティーに入り、エスコンディード行きの国内線を使うのが一般的である。

☆ワンポイントメモ
一度街から出てしまうと、数百キロに渡りサボテン以外何もないような砂漠が続くケースが多いので、ポイントへのアクセスには、事前に地図で確認すると共に念入りな準備が必要となる。その上、道路事情は悪く、レンタカーは4WD車がベストと言える。また、死亡事故も非常に多く、運転には充分注意が必要。医療施設が充実していないため、医療費はかなり高額である。その上、トラベラーにおいては瀕死の重傷者でも保険に加入している事が証明できないと診療を受けられない事があるので、保険には必ず入り、病気・ケガには充分な注意を。物価は、食費がカボサンルーカスでおよそ日本の50%位。その他でおよそ25%位。

基本情報中米 メキシコ

公用語
スペイン語、英語
通過
ペソ、ドル
経路
ロスかサンフランシスコで乗り換え。所要時間は約13〜15時間
時差
−16時間
注意
麻薬の取締りが厳しく、特に中南米からの旅行者の荷物は念入りにチェック。麻薬の密輸は禁固7〜15年、または1万〜100万ペソの罰金。保釈対象とならないくらいの重罪なのだ。麻薬はもちろん、コーヒーやチョコレートも国内産業保護のため通関が困難なので気をつけよう。また路上や公園でビールを飲んでいたり、酔っぱらって大声で歌を歌っていたりすると逮捕される。治安は、バハカリフォルニア北部とプエルトエスコンディードに関しては非常に悪い。万一被害に遭っても、死傷しないために抵抗は絶対にしないこと。ただし、バハカリフォルニア南部はリゾート中心の田舎町なのでさほど悪くはない。
※常に情勢は変化するので外務省へのリンクを活用して下さい。
外務省HP
メキシコ の危険情報・スポット情報・広域情報