大原・海水浴場-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 大原・海水浴場

千葉北 大原・海水浴場の波情報

ポイントガイド

夷隅Pから約2kmほど南下。右端の河口から左側に延びた堤防の影響でスモールコンディションの日が多くなったが、反面、南ウネリで他がクローズアウトしてしまうような時に要チェックのポイントとなった。
長谷川荘前P、神社下Pと左側に続くが、それぞれ海水浴場よりはサイズ・ブレイクに期待が持てる。
なお、ビジター中心にマナーの悪さが目立っているとの報告も。特にテイクオフの早いロングはショートにも配慮し、譲り合いの気持ちを忘れずに。

○トイレ:有り
○シャワー:有り
千葉北のサーフィンスポット大原・海水浴場の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

    晴/曇

  • 中/北西/サイド

  • フェイス

    B まぁまぁ

  • 人数

    5 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    20.6℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    大原・海水浴場

    画像
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 大原・海水浴場

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    大原・海水浴場

    1. 00 >>> 26
    2. 01 >> 17
    3. 02 >> 18
    4. 03 >>>> 33
    5. 04 >>>>>> 54
    6. 05 >>>>>>>> 78
    7. 06 >>>>>>>>>>> 101
    8. 07 >>>>>>>>>>>> 119
    9. 08 >>>>>>>>>>>>> 129
    10. 09 >>>>>>>>>>>>>> 131
    11. 10 >>>>>>>>>>>>> 126
    12. 11 >>>>>>>>>>>> 117
    13. 12 >>>>>>>>>>> 108
    14. 13 >>>>>>>>>>> 103
    15. 14 >>>>>>>>>>> 102
    16. 15 >>>>>>>>>>> 106
    17. 16 >>>>>>>>>>>> 114
    18. 17 >>>>>>>>>>>>> 122
    19. 18 >>>>>>>>>>>>> 127
    20. 19 >>>>>>>>>>>>> 128
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 120
    22. 21 >>>>>>>>>>> 107
    23. 22 >>>>>>>>> 88
    24. 23 >>>>>>> 67
    1. 00 >>>>> 48
    2. 01 >>>> 33
    3. 02 >>> 27
    4. 03 >>>> 31
    5. 04 >>>>> 43
    6. 05 >>>>>>> 63
    7. 06 >>>>>>>>> 84
    8. 07 >>>>>>>>>>> 105
    9. 08 >>>>>>>>>>>> 120
    10. 09 >>>>>>>>>>>>> 129
    11. 10 >>>>>>>>>>>>> 130
    12. 11 >>>>>>>>>>>>> 124
    13. 12 >>>>>>>>>>>> 116
    14. 13 >>>>>>>>>>> 107
    15. 14 >>>>>>>>>>> 101
    16. 15 >>>>>>>>>> 99
    17. 16 >>>>>>>>>>> 102
    18. 17 >>>>>>>>>>> 107
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 113
    20. 19 >>>>>>>>>>>> 118
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 119
    22. 21 >>>>>>>>>>>> 114
    23. 22 >>>>>>>>>>> 104
    24. 23 >>>>>>>>> 90
    1. 00 >>>>>>>> 73
    2. 01 >>>>>> 57
    3. 02 >>>>> 44
    4. 03 >>>> 39
    5. 04 >>>>> 42
    6. 05 >>>>>> 53
    7. 06 >>>>>>> 70
    8. 07 >>>>>>>>> 90
    9. 08 >>>>>>>>>>> 109
    10. 09 >>>>>>>>>>>>> 123
    11. 10 >>>>>>>>>>>>> 130
    12. 11 >>>>>>>>>>>>>> 131
    13. 12 >>>>>>>>>>>>> 124
    14. 13 >>>>>>>>>>>> 115
    15. 14 >>>>>>>>>>> 104
    16. 15 >>>>>>>>>> 96
    17. 16 >>>>>>>>>> 91
    18. 17 >>>>>>>>> 90
    19. 18 >>>>>>>>>> 94
    20. 19 >>>>>>>>>> 100
    21. 20 >>>>>>>>>>> 107
    22. 21 >>>>>>>>>>>> 111
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 111
    24. 23 >>>>>>>>>>> 106
    潮回り

    小潮

    満潮

    09:21 / 19:11

    干潮

    01:55 / 14:17

    日出/日入

    06:33 / 16:27

    潮回り

    小潮

    満潮

    10:16 / 20:20

    干潮

    02:47 / 15:34

    日出/日入

    06:34 / 16:27

    潮回り

    小潮

    満潮

    11:11 / 22:11

    干潮

    03:48 / 17:12

    日出/日入

    06:35 / 16:27

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 大原・海水浴場

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2020/12/06 07:00

千葉北 エリア 波概況

日中もウネリは続く。

[ビギナーアドバイス]


日中もウネリは続く。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(11/20)の更新からは風向きや強さが予報よりも変わりやすいコンディションとなり、この時期としては珍しい北東コンディションもありました。

予想よりもサイズとしては控えめな印象があり、地形に対してはインサイドに砂が集まる傾向にもなっていて、手前の地形が複雑になっていたポイントでは、深いセクションやカレントが目立っていたエリアが多少ながら解消され、潮の多い時間帯やスモールコンディションを除いては、途切れる波も少なくなりました。

アウトに関しては形になっていた地形がハッキリしなくなってしまい、ボヨつきや反応の悪さが気になったものの、一宮のように堤防で風を防げていたピークでは安定した形の波があったようです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
水曜日12/2の9時半頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯で、インサイドのカレントが気になる雰囲気ではありましたが、潮の少ない時間帯もアウトからの無駄な反応がなくなり、ミドル~インサイドに関してはまとまりが悪く複雑なままですが、ブレイクが途切れていた深いセクションが解消傾向だった印象です。_1サイズと潮のタイミングによってはオンショア以外のコンディションに対応できる地形に復活してきていると思います。_2北風に対しては正面左側やファミマ下の出番が多く、潮が引きに向かうタイミングで胸前後のサイズがミドル~アウトの地形から頻繁に反応し、午後の上げに向かう頃になるとボヨつきはあるものの手前にまとまったショアブレイク気味な波をコンパクトに狙えていたようです。_3
【サンライズ】
12/2水曜日の10時頃の様子から地形を判断します。潮は引きに向かって干潮寸前で、一宮のようにミドル~インサイドの地形に砂が集まり、正面右側にあったレギュラーのピークはキープできていて、堤防周辺にかけてアウトからの反応がよくなっていました。_1潮が引きに向かう時間で最近のスモールコンディションに対応しやすく、 潮が上げ始めてボヨついてからも形のまとまりはあるので、手前の地形がメインになるサイズにとってもピークはいくつか選べそうでした。_2北風コンディションなので左側ほど風を防げるものの、アウトでの形の安定がないのでミドル~インサイドをメインに使うサイズや潮の時間帯を狙ってコンパクトな形の波を見つけたいですね。


【東浪見】
12/2水曜日の11時頃。干潮の潮止まりでの地形レポートとなりますが、このエリアの中ではインサイド~ミドルエリアが広くアウトが遠い印象で、正面の距離を狙えるレギュラーの地形が残り、右側の堤防周辺に関しても前回よりアウトでの反応がよくなっていたように思えます。_1ここではアウトからの反応が頻繁になり左側に北風を防げるピークがないので人気はありませんが、風の影響がなければポイントの中央寄りをメインに形の安定感があり、サイズとしては控えめなのでインサイド寄りのブレイクながら、右側のビギナー向けな波にも期待できそうでした。_2この日のような腹~胸サイズにとっては干潮に向かう時間帯で狙いやすく、潮が上げに向かっても他のポイントよりボヨつきが気にならない日もあったので、アウトの波数やピークのまとまりがあれば狙える状況です。以前よりショルダーの短い波が増えていましたが焦らずに滑れる形だったと思います。


【志田】
水曜日12/2の11時半頃。潮は干潮から上げに変わるタイミングでの地形チェックレポートとなりますが、他のポイントよりもミドル~インサイドに集まった地形の印象なので深いセクションの悪影響が少なくなっていました。_1潮の少ない時間にはスモールコンディションに対してもアウト寄りのブレイクを狙え、比較するとボヨついた雰囲気になるものの、上げに向かって手前にまとまるブレイクもあるので、オンショア以外のコンディションに対しては癖のない反応になりそうです。_2普段のような右側のレギュラーや左側のレフトが安定せず、中央寄りに無難な波が集まっていたが、アウトのブレイクにまとまりがなく、頭前後のサイズになると干潮に近い時間帯でワイドなブレイクが目立ちそうです。
北風を防げないのでこの先は風の影響を受けやすい状況ですが、その後のサイズと風次第ではカレントの働きで変化した地形に対して期待できるブレイクが見つかるかもしれません。


【太東】
12/2水曜日の12時頃。潮は上げ始めです。アウトからの反応はいい状態で、他よりもサイズの控えめな期間で手前に砂が集まっていたので、スモールコンディションに対して狙いやすい地形のように思えます。_1サイズのわりにカレントが強まっているので複雑な反応になりやすいものの、堤防の内側に安定したレギュラーの形が仕上がる可能性もあり、ワイドに反応する肩~頭以上のサイズにならなければロングボード用として楽しめるブレイクに期待できそうです。_2前回以降の様子からも腰前後のサイズで堤防周辺に形の安定したピークがあり、潮の少ない時間帯を基準にスムーズなブレイクで波数も十分な印象でした。
この先の予報からは荒れたコンディションが増えそうですが、サイズが上がった場合も潮の多い時間帯の形のまとまりを狙えばボヨついたフェイスに対しても滑れる波が見つかりそうです。


【夷隅】
12/2水曜日の14時半頃。潮は上げに向かって中間くらいの時間帯で、No.1のレフトの地形もなくなり、手前のブレイクも形になってればショートライドが可能な波質ながら、不規則なブレイクと複雑なヨレが影響するとまとまりがないので、他のポイントと比べても特別狙いに来る波ではなさそうです。_1この日から強まった北東コンディションでサイズアップもあると思いますが、地形ではなくカレント等に影響されたブレイクになるとアウトのボヨつきと手前の力のある波質の変化に見た目よりも苦戦しそうな雰囲気です。_2西~北西の風で整ったコンディションがあれば干潮を狙って試せる波になるかもしれませんが、この日の様子からはあまり期待できないかもしれません。

地形レポートは以上になります。


さて、水温は、北東コンディションが強まった後で前回よりも2℃以上冷たい潮が入っているので、外気の冷え込みを含めるとブーツやグローブの準備があっていいと思います。


また、この先の波に関しては、大陸からの高気圧が影響して週末(12/5・6)にかけて北~北西のコンディションが多くなりそうです。前線の通過で北東コンディションになる日もあるようですが、サイズアップしてもウネリと言うよりも風波になってしまいそうな雰囲気です。

北西コンディションでサイズダウンしやすいものの、午前か午後のどちらかで予報よりも風が弱まる可能性に期待できるので、このタイミングを当てれれば一宮以外のポイントを狙えるチャンスになるかもしれません。

風でカレントが強まってスモールコンディションで使う手前の地形に影響が大きくなると、ブレイクの癖が悪くなりそうな様子となっていて、アウトの形がハッキリしていないので、堤防よりアウトにピークができるサイズにとっては形のまとまりがあっても、スムーズに滑れる波を探すのが難しくなると思います。

今のところ来週(12/7W)前半で風の弱い予報となっているので、サイズが残れば今回の期間の中でも比較的楽しめる波があるかもしれません。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2
生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(11/20)の更新からは風向きや強さが予報よりも変わりやすいコンディションとなり、この時期としては珍しい北東コンディションもありました。

予想よりもサイズとしては控えめな印象があり、地形に対してはインサイドに砂が集まる傾向にもなっていて、手前の地形が複雑になっていたポイントでは、深いセクションやカレントが目立っていたエリアが多少ながら解消され、潮の多い時間帯やスモールコンディションを除いては、途切れる波も少なくなりました。

アウトに関しては形になっていた地形がハッキリしなくなってしまい、ボヨつきや反応の悪さが気になったものの、一宮のように堤防で風を防げていたピークでは安定した形の波があったようです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
水曜日12/2の9時半頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯で、インサイドのカレントが気になる雰囲気ではありましたが、潮の少ない時間帯もアウトからの無駄な反応がなくなり、ミドル~インサイドに関してはまとまりが悪く複雑なままですが、ブレイクが途切れていた深いセクションが解消傾向だった印象です。_1サイズと潮のタイミングによってはオンショア以外のコンディションに対応できる地形に復活してきていると思います。_2北風に対しては正面左側やファミマ下の出番が多く、潮が引きに向かうタイミングで胸前後のサイズがミドル~アウトの地形から頻繁に反応し、午後の上げに向かう頃になるとボヨつきはあるものの手前にまとまったショアブレイク気味な波をコンパクトに狙えていたようです。_3
【サンライズ】
12/2水曜日の10時頃の様子から地形を判断します。潮は引きに向かって干潮寸前で、一宮のようにミドル~インサイドの地形に砂が集まり、正面右側にあったレギュラーのピークはキープできていて、堤防周辺にかけてアウトからの反応がよくなっていました。_1潮が引きに向かう時間で最近のスモールコンディションに対応しやすく、 潮が上げ始めてボヨついてからも形のまとまりはあるので、手前の地形がメインになるサイズにとってもピークはいくつか選べそうでした。_2北風コンディションなので左側ほど風を防げるものの、アウトでの形の安定がないのでミドル~インサイドをメインに使うサイズや潮の時間帯を狙ってコンパクトな形の波を見つけたいですね。


【東浪見】
12/2水曜日の11時頃。干潮の潮止まりでの地形レポートとなりますが、このエリアの中ではインサイド~ミドルエリアが広くアウトが遠い印象で、正面の距離を狙えるレギュラーの地形が残り、右側の堤防周辺に関しても前回よりアウトでの反応がよくなっていたように思えます。_1ここではアウトからの反応が頻繁になり左側に北風を防げるピークがないので人気はありませんが、風の影響がなければポイントの中央寄りをメインに形の安定感があり、サイズとしては控えめなのでインサイド寄りのブレイクながら、右側のビギナー向けな波にも期待できそうでした。_2この日のような腹~胸サイズにとっては干潮に向かう時間帯で狙いやすく、潮が上げに向かっても他のポイントよりボヨつきが気にならない日もあったので、アウトの波数やピークのまとまりがあれば狙える状況です。以前よりショルダーの短い波が増えていましたが焦らずに滑れる形だったと思います。


【志田】
水曜日12/2の11時半頃。潮は干潮から上げに変わるタイミングでの地形チェックレポートとなりますが、他のポイントよりもミドル~インサイドに集まった地形の印象なので深いセクションの悪影響が少なくなっていました。_1潮の少ない時間にはスモールコンディションに対してもアウト寄りのブレイクを狙え、比較するとボヨついた雰囲気になるものの、上げに向かって手前にまとまるブレイクもあるので、オンショア以外のコンディションに対しては癖のない反応になりそうです。_2普段のような右側のレギュラーや左側のレフトが安定せず、中央寄りに無難な波が集まっていたが、アウトのブレイクにまとまりがなく、頭前後のサイズになると干潮に近い時間帯でワイドなブレイクが目立ちそうです。
北風を防げないのでこの先は風の影響を受けやすい状況ですが、その後のサイズと風次第ではカレントの働きで変化した地形に対して期待できるブレイクが見つかるかもしれません。


【太東】
12/2水曜日の12時頃。潮は上げ始めです。アウトからの反応はいい状態で、他よりもサイズの控えめな期間で手前に砂が集まっていたので、スモールコンディションに対して狙いやすい地形のように思えます。_1サイズのわりにカレントが強まっているので複雑な反応になりやすいものの、堤防の内側に安定したレギュラーの形が仕上がる可能性もあり、ワイドに反応する肩~頭以上のサイズにならなければロングボード用として楽しめるブレイクに期待できそうです。_2前回以降の様子からも腰前後のサイズで堤防周辺に形の安定したピークがあり、潮の少ない時間帯を基準にスムーズなブレイクで波数も十分な印象でした。
この先の予報からは荒れたコンディションが増えそうですが、サイズが上がった場合も潮の多い時間帯の形のまとまりを狙えばボヨついたフェイスに対しても滑れる波が見つかりそうです。


【夷隅】
12/2水曜日の14時半頃。潮は上げに向かって中間くらいの時間帯で、No.1のレフトの地形もなくなり、手前のブレイクも形になってればショートライドが可能な波質ながら、不規則なブレイクと複雑なヨレが影響するとまとまりがないので、他のポイントと比べても特別狙いに来る波ではなさそうです。_1この日から強まった北東コンディションでサイズアップもあると思いますが、地形ではなくカレント等に影響されたブレイクになるとアウトのボヨつきと手前の力のある波質の変化に見た目よりも苦戦しそうな雰囲気です。_2西~北西の風で整ったコンディションがあれば干潮を狙って試せる波になるかもしれませんが、この日の様子からはあまり期待できないかもしれません。

地形レポートは以上になります。


さて、水温は、北東コンディションが強まった後で前回よりも2℃以上冷たい潮が入っているので、外気の冷え込みを含めるとブーツやグローブの準備があっていいと思います。


また、この先の波に関しては、大陸からの高気圧が影響して週末(12/5・6)にかけて北~北西のコンディションが多くなりそうです。前線の通過で北東コンディションになる日もあるようですが、サイズアップしてもウネリと言うよりも風波になってしまいそうな雰囲気です。

北西コンディションでサイズダウンしやすいものの、午前か午後のどちらかで予報よりも風が弱まる可能性に期待できるので、このタイミングを当てれれば一宮以外のポイントを狙えるチャンスになるかもしれません。

風でカレントが強まってスモールコンディションで使う手前の地形に影響が大きくなると、ブレイクの癖が悪くなりそうな様子となっていて、アウトの形がハッキリしていないので、堤防よりアウトにピークができるサイズにとっては形のまとまりがあっても、スムーズに滑れる波を探すのが難しくなると思います。

今のところ来週(12/7W)前半で風の弱い予報となっているので、サイズが残れば今回の期間の中でも比較的楽しめる波があるかもしれません。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2
生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 大原・海水浴場

06 06 06 06 06 07 07 07 07 07 07 07 07 08 08 08 08 08
時間 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12
天気
気温 10.0 13.6 13.2 10.8 8.8 8.1 8.0 7.0 10.0 14.4 14.6 11.1 9.0 8.5 8.3 7.3 10.4 15.8
波高
m
1.29 1.23 1.13 1.05 0.99 0.95 0.90 0.86 0.84 0.82 0.79 0.75 0.72 0.69 0.69 0.68 0.65 0.61
波向
風速
m/s
5.1 4.1 3.7 2.7 1.6 2.0 2.2 2.5 2.6 1.9 1.2 0.3 2.0 2.7 3.9 3.1 2.6 3.6
風向
潮位
cm
131 108 106 127 107 48 31 84 129 116 99 113 114 73 39 70 123 124
06 06 06 06 06 07 07 07 07 07 07 07 07 08 08 08 08 08
時間 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12
天気
気温 10.0 13.6 13.2 10.8 8.8 8.1 8.0 7.0 10.0 14.4 14.6 11.1 9.0 8.5 8.3 7.3 10.4 15.8
波高
m
1.29 1.23 1.13 1.05 0.99 0.95 0.90 0.86 0.84 0.82 0.79 0.75 0.72 0.69 0.69 0.68 0.65 0.61
波向
風速
m/s
5.1 4.1 3.7 2.7 1.6 2.0 2.2 2.5 2.6 1.9 1.2 0.3 2.0 2.7 3.9 3.1 2.6 3.6
風向
潮位
cm
131 108 106 127 107 48 31 84 129 116 99 113 114 73 39 70 123 124

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 8 (火)
    グラフ 9 (水)
    グラフ 10 (木)
    グラフ 11 (金)
    グラフ 12 (土)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 8 (火)
    グラフ 9 (水)
    グラフ 10 (木)
    グラフ 11 (金)
    グラフ 12 (土)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。