志田下-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 志田下

千葉北 志田下の波情報

ポイントガイド

国道128号線が海岸沿いの道に合流するあたり。
別名「釣が崎」とも。千葉の「波乗り道場」と呼ばれるこのポイントは全国的にも有名で、アタマサイズを超えるとパワフルな上級者向けのブレイクとなる。こうなるとプロサーファーも多く集まるため、ビギナーはギャラリーに徹することをオススメする。
なお、このポイントはロングボード禁止が暗黙のルールとなっていることも覚えておこう。

○トイレ:有り
○シャワー:無し
千葉北のサーフィンスポット志田下の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

    霧雨

  • やや強/北北東/サイドオン

  • フェイス

    C 悪い

  • 人数

    0 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    24.9℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

  • 更新予定時刻

    03:20 / 05:40 / 07:40 / 09:40 / 11:40 / 13:40 / 15:40 / 17:40

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    志田下

    ワイド

    志田右側

    定点

    志田左側

    定点

    シダトラ右側

    定点

    志田中央

    定点

    志田下周辺

    live

    ※ゴールド&プラチナ会員の方は特典として、通常は有料(200円/月)のライブストリーミングが無料でご利用可能です。

    志田下

    携帯
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 志田下

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    志田下

    1. 00 >>>>>> 53
    2. 01 >>>>>>>> 79
    3. 02 >>>>>>>>>>> 107
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>> 132
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>>> 147
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>>> 149
    7. 06 >>>>>>>>>>>>>> 136
    8. 07 >>>>>>>>>>>> 115
    9. 08 >>>>>>>>>> 91
    10. 09 >>>>>>> 70
    11. 10 >>>>>> 58
    12. 11 >>>>>> 57
    13. 12 >>>>>>> 70
    14. 13 >>>>>>>>>> 91
    15. 14 >>>>>>>>>>>> 116
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>> 137
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 150
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>>> 151
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>> 134
    20. 19 >>>>>>>>>>> 109
    21. 20 >>>>>>>> 78
    22. 21 >>>>>> 51
    23. 22 >>>> 32
    24. 23 >>> 27
    1. 00 >>>> 38
    2. 01 >>>>>> 60
    3. 02 >>>>>>>>> 89
    4. 03 >>>>>>>>>>>> 117
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>> 138
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>>> 148
    7. 06 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    8. 07 >>>>>>>>>>>>> 128
    9. 08 >>>>>>>>>>> 107
    10. 09 >>>>>>>>> 86
    11. 10 >>>>>>> 70
    12. 11 >>>>>>> 64
    13. 12 >>>>>>>> 71
    14. 13 >>>>>>>>> 87
    15. 14 >>>>>>>>>>> 109
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 130
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 150
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>> 140
    20. 19 >>>>>>>>>>>> 118
    21. 20 >>>>>>>>> 89
    22. 21 >>>>>> 59
    23. 22 >>>> 35
    24. 23 >>> 23
    1. 00 >>> 27
    2. 01 >>>>> 43
    3. 02 >>>>>>> 69
    4. 03 >>>>>>>>>> 98
    5. 04 >>>>>>>>>>>>> 123
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>> 140
    7. 06 >>>>>>>>>>>>>>> 144
    8. 07 >>>>>>>>>>>>>> 136
    9. 08 >>>>>>>>>>>> 120
    10. 09 >>>>>>>>>>> 101
    11. 10 >>>>>>>>> 84
    12. 11 >>>>>>>> 75
    13. 12 >>>>>>>> 74
    14. 13 >>>>>>>>> 86
    15. 14 >>>>>>>>>>> 104
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 124
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>> 140
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 148
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>>> 143
    20. 19 >>>>>>>>>>>>> 126
    21. 20 >>>>>>>>>> 100
    22. 21 >>>>>>>> 71
    23. 22 >>>>> 44
    24. 23 >>> 27
    潮回り

    大潮

    満潮

    05:15 / 17:06

    干潮

    11:10 / 23:28

    日出/日入

    05:44 / 17:05

    潮回り

    中潮

    満潮

    05:51 / 17:27

    干潮

    11:38 / 23:58

    日出/日入

    05:45 / 17:04

    潮回り

    中潮

    満潮

    06:29 / 17:48

    干潮

    12:06

    日出/日入

    05:46 / 17:03

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 志田下

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2019/10/15 05:00

千葉北 エリア 波概況

北東よりの風の影響を受けにくい場所を選びたい。

[ビギナーアドバイス]


北東よりの風の影響を受けにくい場所を選びたい。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(10/3)の更新直後で東風の手頃なサイズをキープし、朝夕には整った波を狙えていたものの、週末(10/5・6)以降北東コンディションからは急激なサイズアップとなってしまい、このエリアは全体的にカレントが強まったオンショアの複雑なブレイクが増えていました。

北東ウネリだったので太東方面を含めてハードな雰囲気に変わり、潮の多いタイミングでショアブレイクを狙うにしてもクローズ気味たコンディションでウネリがまとまらない様子でしたが、強まった南風が影響して一気に落ち着き傾向に向かい、水曜日(10/9)の時点では腹前後の物足りないサイズになっていたので、地形に対して理想的なサイズは前日の一瞬で終わってしまいました。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
10/8火曜日の14時半頃。満タンの潮止まりで、北東コンディションのサイズアップが影響してカレントが強まり、これまでブレイクが途切れていたミドルエリアのヨブがより深くなり、アウトに広がった地形に関しても形がハッキリしているわけでもなく、胸以下のサイズになってしまうと潮の少ない時間帯を狙っても使える地形が狭くなってしまうと思います。_1しかし、今回の時化でビーチが削られていて、潮が多くなるとインサイドの地形が手前に広がる可能性があるので、 複雑な反応ながらショアブレイクに関しては狙いやすくなるかもしれません。_2肩以上のサイズがあれば、潮の多いタイミングでアウトとインサイドを同時に狙えそうですが、スモールコンディションにとっては干潮時のアウトと満タンのインサイドが別々になってしまいそうでした。


【サンライズ】
10/8火曜日の15時頃の様子から地形を判断します。潮は引きに切り替わるタイミングで、中央から右寄りのエリアのようにミドルエリアで反応が悪くなっていたヨブが残る所に関しては、カレントが悪影響となってブレイクが途切れる波が多く、胸以下のスモールコンディションになるとハッキリしない状態になってしまいそうでしたが、左側の堤防周辺では復活傾向だった地形をキープできているのでコンパクトなピーク選んで距離を乗れる波もあり、サイズ不足になりやすい右奥のレギュラーを含めて全体的にはサイズ次第ながらこれまでよりピークが定まった印象です。_1この日の様子からは頭以上のサイズでポイント全体が潮の多い時間帯を狙えていましたが、落ち着き傾向になると引き始めや中間のタイミングが無難な狙い目になりやすく、右奥レギュラーは反応するエリアが広がる干潮に合わせて多少波数が多くなるかもしれません。_2ショアブレイクを狙えるインサイドの地形はなくスムーズさには欠けるかもしれませんが、手前にも使える地形はあるので腰~腹サイズまでは対応できそうです。


【東浪見】
火曜日10/8の16時頃。潮は引き始めたばかりでの地形チェックレポートとなりますがこの時の肩前後のサイズに対しては左側~正面をメインにインサイドまでブレイクが繋がる地形となってピークやブレイクする形が安定していましたが、右側のレギュラーを含めて、胸以下になってしまうと上げに向かうタイミングでボヨつきが気になってしまう状態でもあり、スムーズに乗れるエリアも狭くなると、使える地形が限られて潮の時間帯が重要になりそうです。_1右側に関してはサイズ不足になりやすく、広がったアウトの地形ではピークが安定していましたが、中間のセクションで反応が悪いのでやはり干潮に合わせた時間帯が多少でも距離を狙えるかもしれません。_2胸~肩以上では気にならない様子ですが、全体的にそれ以下のコンディションでピークが分かれてくると潮の多い時間帯でフェイスがボヨつきやすいので引き始めや中間を基準に無難な波質となりそうです。


【志田】
ここからは水曜日のチェックとなります。
10/9水曜日の7時半頃。干潮の潮止まりでの地形レポートとなりますが、前日までの頭~頭以上のサイズは上げに向かうタイミングで形がまとまる傾向のようですが、胸以下の落ち着いたコンディションに対しても潮の少ない時間帯でスモールコンディション用として広く地形を使え、左右の堤防周辺や中央のエリアではカレントの目立った状態でしたが、ミドル~インサイドにかけてスムーズに乗れそうな雰囲気です。_1右側のミドル~インサイドにあるレギュラーをメインに左側半分にもワイドながら狙える地形があり、サイズに合わせた潮のタイミングで走り重視な形になると思います。_2中央のカレントが地形に影響しているので穏やかなコンディションであればピークとして狙えていましたが、風の影響を受けてヨレが入ると潮のタイミングに関係なくブレイクが複雑になっていました。


【太東】
10/9水曜日の8時頃。潮は上げに切り替わるタイミングで、膝~腰サイズまで落ち着いてしまったものの、前日までのようなショートボードで狙えるサイズになると堤防からのレギュラーが形になっていた様子です。_1ガスト方面にかけても特に目立つ深いセクションもなく、ビーチが削られて砂が出ている印象なのでスムーズに乗れる地形をキープできていると思います。_2胸以上のサイズからは上げに向かう時間帯を基準に中間の時間帯から形が安定していた印象で、膝~腰のスモールコンディションにとっても干潮に近い時間帯はロングボードならギリギリ対応できるブレイクあるかもしれません。


【夷隅】
10/9水曜日の8時半頃。干潮直後の上げ始めで、これまでと反応する形が変化している印象ですが、No.1~3・4にかけてピークがまとまる地形はキープできている様子なので、風向きやサイズ次第で十分遊べるブレイクがありそうです。特にNo.1では、このポイントの中でもスモールコンディションに対応できる地形があり、干潮に近いタイミングになると胸近いサイズからアウトにできるピークを狙えていたようです。_1比較するとインサイド寄りな印象ですが、この日の様子ではその他にも安定したコンパクトなピークが反応しスムーズなブレイクがあったので、胸~肩くらいのカレントが目立たないサイズで風の影響がない穏やかなコンディションになれば期待できるのでは?_2サイズによっては中途半端な時間帯にも意外なショアブレイクが見つかる可能性もあり、フェイスが整った情報があれば満タンに近い時間帯を除いてチェックする価値があると思います。_3
地形レポートは以上になります。


さて、水温は、20℃以上の温かい状態をキープしているので、北東コンディションの場合でもスプリング~ロンスプ・シーガルを基準に対応できていたと思います。


また、この先の波に関しては、今季最大の台風が影響する恐れがあり、今のところ予想されている台風の中心から東側に入るコースで通過すると15号以上の被害になる可能性が高く、来るまでの道路状況を含めても、このエリアは金~土曜日(10/11~12)にかけてサーフィンできる状態ではなくなってしまいそうです。

ウネリに関しては、通過後で天気が落ち着けばバックスウェルが届いた場合に狙えるコンディションがあるかもしれませんが、北東の風が続く予想からはクローズが長引いてしまいそうです。

ウネリのサイズ次第では、ビーチ沿いの駐車場やサンライズ~東浪見方面の土手まで影響する雰囲気もあり、地形にとってもどこまで荒れてしまうか予想できない状況です。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(10/3)の更新直後で東風の手頃なサイズをキープし、朝夕には整った波を狙えていたものの、週末(10/5・6)以降北東コンディションからは急激なサイズアップとなってしまい、このエリアは全体的にカレントが強まったオンショアの複雑なブレイクが増えていました。

北東ウネリだったので太東方面を含めてハードな雰囲気に変わり、潮の多いタイミングでショアブレイクを狙うにしてもクローズ気味たコンディションでウネリがまとまらない様子でしたが、強まった南風が影響して一気に落ち着き傾向に向かい、水曜日(10/9)の時点では腹前後の物足りないサイズになっていたので、地形に対して理想的なサイズは前日の一瞬で終わってしまいました。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
10/8火曜日の14時半頃。満タンの潮止まりで、北東コンディションのサイズアップが影響してカレントが強まり、これまでブレイクが途切れていたミドルエリアのヨブがより深くなり、アウトに広がった地形に関しても形がハッキリしているわけでもなく、胸以下のサイズになってしまうと潮の少ない時間帯を狙っても使える地形が狭くなってしまうと思います。_1しかし、今回の時化でビーチが削られていて、潮が多くなるとインサイドの地形が手前に広がる可能性があるので、 複雑な反応ながらショアブレイクに関しては狙いやすくなるかもしれません。_2肩以上のサイズがあれば、潮の多いタイミングでアウトとインサイドを同時に狙えそうですが、スモールコンディションにとっては干潮時のアウトと満タンのインサイドが別々になってしまいそうでした。


【サンライズ】
10/8火曜日の15時頃の様子から地形を判断します。潮は引きに切り替わるタイミングで、中央から右寄りのエリアのようにミドルエリアで反応が悪くなっていたヨブが残る所に関しては、カレントが悪影響となってブレイクが途切れる波が多く、胸以下のスモールコンディションになるとハッキリしない状態になってしまいそうでしたが、左側の堤防周辺では復活傾向だった地形をキープできているのでコンパクトなピーク選んで距離を乗れる波もあり、サイズ不足になりやすい右奥のレギュラーを含めて全体的にはサイズ次第ながらこれまでよりピークが定まった印象です。_1この日の様子からは頭以上のサイズでポイント全体が潮の多い時間帯を狙えていましたが、落ち着き傾向になると引き始めや中間のタイミングが無難な狙い目になりやすく、右奥レギュラーは反応するエリアが広がる干潮に合わせて多少波数が多くなるかもしれません。_2ショアブレイクを狙えるインサイドの地形はなくスムーズさには欠けるかもしれませんが、手前にも使える地形はあるので腰~腹サイズまでは対応できそうです。


【東浪見】
火曜日10/8の16時頃。潮は引き始めたばかりでの地形チェックレポートとなりますがこの時の肩前後のサイズに対しては左側~正面をメインにインサイドまでブレイクが繋がる地形となってピークやブレイクする形が安定していましたが、右側のレギュラーを含めて、胸以下になってしまうと上げに向かうタイミングでボヨつきが気になってしまう状態でもあり、スムーズに乗れるエリアも狭くなると、使える地形が限られて潮の時間帯が重要になりそうです。_1右側に関してはサイズ不足になりやすく、広がったアウトの地形ではピークが安定していましたが、中間のセクションで反応が悪いのでやはり干潮に合わせた時間帯が多少でも距離を狙えるかもしれません。_2胸~肩以上では気にならない様子ですが、全体的にそれ以下のコンディションでピークが分かれてくると潮の多い時間帯でフェイスがボヨつきやすいので引き始めや中間を基準に無難な波質となりそうです。


【志田】
ここからは水曜日のチェックとなります。
10/9水曜日の7時半頃。干潮の潮止まりでの地形レポートとなりますが、前日までの頭~頭以上のサイズは上げに向かうタイミングで形がまとまる傾向のようですが、胸以下の落ち着いたコンディションに対しても潮の少ない時間帯でスモールコンディション用として広く地形を使え、左右の堤防周辺や中央のエリアではカレントの目立った状態でしたが、ミドル~インサイドにかけてスムーズに乗れそうな雰囲気です。_1右側のミドル~インサイドにあるレギュラーをメインに左側半分にもワイドながら狙える地形があり、サイズに合わせた潮のタイミングで走り重視な形になると思います。_2中央のカレントが地形に影響しているので穏やかなコンディションであればピークとして狙えていましたが、風の影響を受けてヨレが入ると潮のタイミングに関係なくブレイクが複雑になっていました。


【太東】
10/9水曜日の8時頃。潮は上げに切り替わるタイミングで、膝~腰サイズまで落ち着いてしまったものの、前日までのようなショートボードで狙えるサイズになると堤防からのレギュラーが形になっていた様子です。_1ガスト方面にかけても特に目立つ深いセクションもなく、ビーチが削られて砂が出ている印象なのでスムーズに乗れる地形をキープできていると思います。_2胸以上のサイズからは上げに向かう時間帯を基準に中間の時間帯から形が安定していた印象で、膝~腰のスモールコンディションにとっても干潮に近い時間帯はロングボードならギリギリ対応できるブレイクあるかもしれません。


【夷隅】
10/9水曜日の8時半頃。干潮直後の上げ始めで、これまでと反応する形が変化している印象ですが、No.1~3・4にかけてピークがまとまる地形はキープできている様子なので、風向きやサイズ次第で十分遊べるブレイクがありそうです。特にNo.1では、このポイントの中でもスモールコンディションに対応できる地形があり、干潮に近いタイミングになると胸近いサイズからアウトにできるピークを狙えていたようです。_1比較するとインサイド寄りな印象ですが、この日の様子ではその他にも安定したコンパクトなピークが反応しスムーズなブレイクがあったので、胸~肩くらいのカレントが目立たないサイズで風の影響がない穏やかなコンディションになれば期待できるのでは?_2サイズによっては中途半端な時間帯にも意外なショアブレイクが見つかる可能性もあり、フェイスが整った情報があれば満タンに近い時間帯を除いてチェックする価値があると思います。_3
地形レポートは以上になります。


さて、水温は、20℃以上の温かい状態をキープしているので、北東コンディションの場合でもスプリング~ロンスプ・シーガルを基準に対応できていたと思います。


また、この先の波に関しては、今季最大の台風が影響する恐れがあり、今のところ予想されている台風の中心から東側に入るコースで通過すると15号以上の被害になる可能性が高く、来るまでの道路状況を含めても、このエリアは金~土曜日(10/11~12)にかけてサーフィンできる状態ではなくなってしまいそうです。

ウネリに関しては、通過後で天気が落ち着けばバックスウェルが届いた場合に狙えるコンディションがあるかもしれませんが、北東の風が続く予想からはクローズが長引いてしまいそうです。

ウネリのサイズ次第では、ビーチ沿いの駐車場やサンライズ~東浪見方面の土手まで影響する雰囲気もあり、地形にとってもどこまで荒れてしまうか予想できない状況です。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 志田下

15 15 15 15 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 17 17 17 17
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 17.5 19.8 20.4 20.4 19.0 18.1 17.6 16.6 16.1 18.8 19.7 19.2 18.3 17.0 16.4 16.1 15.8 21.1
波高
m
1.87 1.87 1.85 1.95 2.08 2.16 2.14 2.05 2.03 1.99 1.90 1.79 1.67 1.57 1.47 1.40 1.37 1.35
波向
風速
m/s
5.9 5.2 5.6 5.8 6.0 6.5 5.6 5.7 5.7 5.6 5.5 5.3 4.9 4.4 4.0 4.3 4.4 4.9
風向
潮位
cm
136 70 70 137 134 51 38 117 146 86 71 130 140 59 27 98 144 101
15 15 15 15 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 17 17 17 17
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 17.5 19.8 20.4 20.4 19.0 18.1 17.6 16.6 16.1 18.8 19.7 19.2 18.3 17.0 16.4 16.1 15.8 21.1
波高
m
1.87 1.87 1.85 1.95 2.08 2.16 2.14 2.05 2.03 1.99 1.90 1.79 1.67 1.57 1.47 1.40 1.37 1.35
波向
風速
m/s
5.9 5.2 5.6 5.8 6.0 6.5 5.6 5.7 5.7 5.6 5.5 5.3 4.9 4.4 4.0 4.3 4.4 4.9
風向
潮位
cm
136 70 70 137 134 51 38 117 146 86 71 130 140 59 27 98 144 101

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 17 (木)
    グラフ 18 (金)
    グラフ 19 (土)
    グラフ 20 (日)
    グラフ 21 (月)
  •  
  • 週間予想
  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 17 (木)
    グラフ 18 (金)
    グラフ 19 (土)
    グラフ 20 (日)
    グラフ 21 (月)
  •  
  • 週間予想