夷隅-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 夷隅

千葉北 夷隅の波情報

ポイントガイド

国道128号を南下し夷隅川を渡って約200mほど行ったところを左折、岬海洋センターの横を通って到達する海岸。
かつて「ドカリ」と呼ばれたパワフルなバレルのポイントだったが、消波ブロックの影響で波質はだいぶ変化した。しかし中・上級向けのよくホレた波は健在。地形が深めで潮が上げるとバックウォッシュが目立つ。

○トイレ:アリ
○シャワー:アリ
千葉北のサーフィンスポット夷隅の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • やや強/北北西/サイドオフ

  • フェイス

    A 良好

  • 人数

    0 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    24.8℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    夷隅

    画像
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 夷隅

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    夷隅

    1. 00 >>>>>>>>> 87
    2. 01 >>>>>>>> 71
    3. 02 >>>>>> 58
    4. 03 >>>>> 49
    5. 04 >>>>> 47
    6. 05 >>>>> 50
    7. 06 >>>>>> 58
    8. 07 >>>>>>> 69
    9. 08 >>>>>>>>> 82
    10. 09 >>>>>>>>>> 95
    11. 10 >>>>>>>>>>> 106
    12. 11 >>>>>>>>>>>> 114
    13. 12 >>>>>>>>>>>> 119
    14. 13 >>>>>>>>>>>>> 121
    15. 14 >>>>>>>>>>>>> 121
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 121
    17. 16 >>>>>>>>>>>>> 121
    18. 17 >>>>>>>>>>>>> 122
    19. 18 >>>>>>>>>>>>> 124
    20. 19 >>>>>>>>>>>>> 126
    21. 20 >>>>>>>>>>>>> 128
    22. 21 >>>>>>>>>>>>> 128
    23. 22 >>>>>>>>>>>>> 124
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 117
    1. 00 >>>>>>>>>>> 107
    2. 01 >>>>>>>>>> 94
    3. 02 >>>>>>>> 80
    4. 03 >>>>>>> 67
    5. 04 >>>>>> 56
    6. 05 >>>>> 50
    7. 06 >>>>> 48
    8. 07 >>>>>> 53
    9. 08 >>>>>>> 62
    10. 09 >>>>>>>> 76
    11. 10 >>>>>>>>>> 91
    12. 11 >>>>>>>>>>> 105
    13. 12 >>>>>>>>>>>> 117
    14. 13 >>>>>>>>>>>>> 125
    15. 14 >>>>>>>>>>>>> 129
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 128
    17. 16 >>>>>>>>>>>>> 124
    18. 17 >>>>>>>>>>>> 120
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 117
    20. 19 >>>>>>>>>>>> 115
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 115
    22. 21 >>>>>>>>>>>> 118
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 120
    24. 23 >>>>>>>>>>>>> 121
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 120
    2. 01 >>>>>>>>>>>> 114
    3. 02 >>>>>>>>>>> 103
    4. 03 >>>>>>>>> 89
    5. 04 >>>>>>>> 74
    6. 05 >>>>>> 59
    7. 06 >>>>> 49
    8. 07 >>>>> 45
    9. 08 >>>>> 48
    10. 09 >>>>>> 58
    11. 10 >>>>>>>> 74
    12. 11 >>>>>>>>>> 93
    13. 12 >>>>>>>>>>>> 111
    14. 13 >>>>>>>>>>>>> 125
    15. 14 >>>>>>>>>>>>>> 133
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>> 134
    17. 16 >>>>>>>>>>>>> 129
    18. 17 >>>>>>>>>>>> 120
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 111
    20. 19 >>>>>>>>>>> 105
    21. 20 >>>>>>>>>>> 102
    22. 21 >>>>>>>>>>> 104
    23. 22 >>>>>>>>>>> 110
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 118
    潮回り

    小潮

    満潮

    14:11 / 20:55

    干潮

    04:35

    日出/日入

    05:29 / 17:32

    潮回り

    長潮

    満潮

    14:55 / 23:39

    干潮

    06:24 / 19:54

    日出/日入

    05:30 / 17:30

    潮回り

    若潮

    満潮

    15:18 / 20:41

    干潮

    07:44

    日出/日入

    05:30 / 17:29

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 夷隅

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2020/09/25 20:10

千葉北 エリア 波概況

明日はウネリが落ち着く傾向。

[ビギナーアドバイス]


明日はウネリが落ち着く傾向。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。

gatyapin_2

前回(9/18)の更新後に強まった南風の影響で、それまでサイズをキープしていた北東からの風波が一瞬でリセットされてしまい、インサイドの限られた地形でしか反応しなくなっていました。

しかし、水曜日(9/23)の時点でクローズ寸前なサイズにまで上がり、堤防で陰になるエリアでは比較的形がまとまる潮の多い時間帯を狙ってショアブレイクで遊べていたようです。

今回のオンショアのサイズアップはこれまでと違ってカレントが強まっていたので、このエリアの地形にとって大きな変化がありそうです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
水曜日9/23の10時半頃。潮は引き始めで、堤防周辺をメインにアウトに地形が広がったエリアもあったので、胸前後のサイズに対しては距離を乗れる反応がありましたが、全体的にカレントも目立ち、平らだったミドル~インサイドの地形にも悪影響が残りそうなので、アウトの地形を使えないサイズになると深いセクションが邪魔してスムーズに乗れる波が少なくなるかもしれません。_1台風の勢力とコース次第では通過後の落ち着き具合も変わりますが、アウトをメインに形になる地形が仕上がればいいものの、ハードな状態が続くと落ち着いてからのコンディションに対しては荒れた地形になる可能性もありそうです。_2オフショア等で落ち着き傾向になれば引き始めからの時間帯で無難な波が見つかると思いますが、サイズが残っていると潮が多くないとウネリがまとまらないかもしれません。


【サンライズ】
9/23水曜日の11時半頃。潮は引き始めの時間帯で、この日は急激な北東の風のサイズアップでこれまで狙っていた地形よりもアウトで反応するコンディションに変わり、右側の堤防をメインに中央寄りにかけてはアウトの広いエリアにカレントが出ている所もあって、落ち着き始めてから距離を狙えるピークができそうにも思えます。_1ただ、ミドル~インサイドの横向きのカレントも目立っているので、ブレイクが途切れるような深いセクションが残ると、アウトでの反応が悪いサイズになってから、スムーズに滑れる波がなくなってしまうかもしれません。_2北東コンディションでは右側半分の悪影響が大きくなっているので、余計なカレントが邪魔すると台風後のオフショア狙いに関しても複雑なフェイスが残ってしまいそうです。悪影響がほどほどで済んでくれればビーチが削られた分、新しい地形が仕上がる可能性もあると思います。


【東浪見】
9/23水曜日の12時半頃。潮の動きは小さいですが引きに向かって中間くらいの時間帯で、アウトからのブレイクは一切まとまりはなく、中央周辺や右側では特に流れが強く、沖に出るカレントがメインになって地形がアウトに出そうな雰囲気もありますが、全体でミドルエリアの横向きのカレントが気になり、まともなセクションはありませんでした。_1他のポイントより地形を広く使えていながらも、深いセクションが残ると中間のセクションでボヨつきやすく、頭前後のサイズがあればアウトをメインに狙えるブレイクがありそうですが、胸以下のミドルより手前がメインになるサイズになるとスムーズなブレイクが少なくなり、潮の時間帯で形の変化も激しくなると思います。_2右側のレギュラーの仕上がりも気になりますが、今のところアウト重視な印象でミドルから手前の地形でボヨつくセクションが目立っていました。


【志田】
9/23水曜日の13時半頃の様子から地形を判断します。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯で、この日の時点ではビーチが削られている段階で他のポイントのような深いセクションは気にならず、波質としてはまとまりが悪いので形になる波は少ないものの、ボヨつくより掘れたフェイスが目立ち、全体的なバランスでは手前に砂の集まった状態をキープできているようでした。_1右側をメインにアウトの地形があるエリアではコンディションが落ち着くタイミングで距離を狙えるピークにも期待できそうです。_2地形が荒れ始めているのでスムーズにブレイクする仕上がりになるかわかりませんが、中央エリアのように新しく砂が集まっている地形もあるので、余計な深いセクションが残らなければこれまでとは違う形で楽しめる地形ができるかもしれませんね。


【太東】
9/23水曜日の14時半頃。干潮の潮止まりの時間帯での地形チェックで、インサイドで横に流れるカレントも強まり、堤防周辺にも砂が集まっていて、反応するエリアがこれまでの地形とつながってアウトの狙える範囲が広がったように思えます。_1サイズがあるので頻繁にブレイクしてハードな様子ながら、レギュラーの形は普段の太東に戻った印象もあり、アウトを使うサイズではトロ早いショルダーのブレイクがメインになりますが、落ち着いてから手前でまとまるサイズに対しては堤防の内側でコンパクトに反応するピークが復活する可能性がありそうです。_2堤防周辺をメインにアウトに砂が集まっている状況からは来週(9/28W)まで距離を狙える地形とブレイクが残るかもしれませんね。


【夷隅】
9/23水曜日の15時半頃。潮は上げ始めで、これまでほとんど反応がない状態が続いていましたが、この日のサイズアップは風波ながらも強まったカレントと重なってアウトから頻繁にブレイクし、サイズとカレントの影響もあってビーチが削られてミドルエリアに地形が広がりそうな雰囲気です。_1まだインサイド重視な様子でしたが、落ち着いたタイミングにテトラの内側でシフトするピークもあったので、狙えるサイズになった場合はこれまでよりも反応がよくなる可能性もありそうでした。_2この日のような荒れたコンディションが続くと台風の通過後に急激に復活した地形が仕上がるかもしれません。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、最近の外気の低下でスプリングやシーガル・ロンスプがあったほうが安心ですが、南風が強まった日がありながらも24℃前後あるので晴れていればタッパーでも問題ないです。


最後に、この先の波ですが、東ウネリが続いている状況からは、台風のウネリよりオンショアの風波がベースになっている雰囲気もあり、このエリアの地形にとっては、新しい仕上がりに期待しつつ悪影響が残りそうです。

夷隅のように全く対応できていなかったポイントに対しては復活のきっかけになると思いますが、一宮~太東区間に関しては前回(9/18更新分)までキープしていたインサイド~ミドルエリアの平らな地形にカレントの影響で深いセクションができてしまうかもしれません。

地形がアウトに広がると、落ち着き始めてからも頭前後のサイズで距離を狙える波があると思いますが、胸以下に下がってミドルエリアよりも手前の地形をメインに使うサイズに対しては、潮が多い時間帯で深いエリアが目立ってしまうとスムーズに滑れる波が限られてしまいそうです。

来週(9/28W)から潮の動きが大きくなるので、多少でもウネリが残れば対応できるポイントがあると思いますが、台風の通過後も前線がのびて追いかけるように次の低気圧が近づく予報からは北東コンディションが続いてウネリが長引く可能性も。。。

アウトの地形に砂が集まると無駄に沖が遠くなり、手前に余計なカレントが残ると面倒なコンディションが続いてしまうかもしれません。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。

gatyapin_2

前回(9/18)の更新後に強まった南風の影響で、それまでサイズをキープしていた北東からの風波が一瞬でリセットされてしまい、インサイドの限られた地形でしか反応しなくなっていました。

しかし、水曜日(9/23)の時点でクローズ寸前なサイズにまで上がり、堤防で陰になるエリアでは比較的形がまとまる潮の多い時間帯を狙ってショアブレイクで遊べていたようです。

今回のオンショアのサイズアップはこれまでと違ってカレントが強まっていたので、このエリアの地形にとって大きな変化がありそうです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
水曜日9/23の10時半頃。潮は引き始めで、堤防周辺をメインにアウトに地形が広がったエリアもあったので、胸前後のサイズに対しては距離を乗れる反応がありましたが、全体的にカレントも目立ち、平らだったミドル~インサイドの地形にも悪影響が残りそうなので、アウトの地形を使えないサイズになると深いセクションが邪魔してスムーズに乗れる波が少なくなるかもしれません。_1台風の勢力とコース次第では通過後の落ち着き具合も変わりますが、アウトをメインに形になる地形が仕上がればいいものの、ハードな状態が続くと落ち着いてからのコンディションに対しては荒れた地形になる可能性もありそうです。_2オフショア等で落ち着き傾向になれば引き始めからの時間帯で無難な波が見つかると思いますが、サイズが残っていると潮が多くないとウネリがまとまらないかもしれません。


【サンライズ】
9/23水曜日の11時半頃。潮は引き始めの時間帯で、この日は急激な北東の風のサイズアップでこれまで狙っていた地形よりもアウトで反応するコンディションに変わり、右側の堤防をメインに中央寄りにかけてはアウトの広いエリアにカレントが出ている所もあって、落ち着き始めてから距離を狙えるピークができそうにも思えます。_1ただ、ミドル~インサイドの横向きのカレントも目立っているので、ブレイクが途切れるような深いセクションが残ると、アウトでの反応が悪いサイズになってから、スムーズに滑れる波がなくなってしまうかもしれません。_2北東コンディションでは右側半分の悪影響が大きくなっているので、余計なカレントが邪魔すると台風後のオフショア狙いに関しても複雑なフェイスが残ってしまいそうです。悪影響がほどほどで済んでくれればビーチが削られた分、新しい地形が仕上がる可能性もあると思います。


【東浪見】
9/23水曜日の12時半頃。潮の動きは小さいですが引きに向かって中間くらいの時間帯で、アウトからのブレイクは一切まとまりはなく、中央周辺や右側では特に流れが強く、沖に出るカレントがメインになって地形がアウトに出そうな雰囲気もありますが、全体でミドルエリアの横向きのカレントが気になり、まともなセクションはありませんでした。_1他のポイントより地形を広く使えていながらも、深いセクションが残ると中間のセクションでボヨつきやすく、頭前後のサイズがあればアウトをメインに狙えるブレイクがありそうですが、胸以下のミドルより手前がメインになるサイズになるとスムーズなブレイクが少なくなり、潮の時間帯で形の変化も激しくなると思います。_2右側のレギュラーの仕上がりも気になりますが、今のところアウト重視な印象でミドルから手前の地形でボヨつくセクションが目立っていました。


【志田】
9/23水曜日の13時半頃の様子から地形を判断します。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯で、この日の時点ではビーチが削られている段階で他のポイントのような深いセクションは気にならず、波質としてはまとまりが悪いので形になる波は少ないものの、ボヨつくより掘れたフェイスが目立ち、全体的なバランスでは手前に砂の集まった状態をキープできているようでした。_1右側をメインにアウトの地形があるエリアではコンディションが落ち着くタイミングで距離を狙えるピークにも期待できそうです。_2地形が荒れ始めているのでスムーズにブレイクする仕上がりになるかわかりませんが、中央エリアのように新しく砂が集まっている地形もあるので、余計な深いセクションが残らなければこれまでとは違う形で楽しめる地形ができるかもしれませんね。


【太東】
9/23水曜日の14時半頃。干潮の潮止まりの時間帯での地形チェックで、インサイドで横に流れるカレントも強まり、堤防周辺にも砂が集まっていて、反応するエリアがこれまでの地形とつながってアウトの狙える範囲が広がったように思えます。_1サイズがあるので頻繁にブレイクしてハードな様子ながら、レギュラーの形は普段の太東に戻った印象もあり、アウトを使うサイズではトロ早いショルダーのブレイクがメインになりますが、落ち着いてから手前でまとまるサイズに対しては堤防の内側でコンパクトに反応するピークが復活する可能性がありそうです。_2堤防周辺をメインにアウトに砂が集まっている状況からは来週(9/28W)まで距離を狙える地形とブレイクが残るかもしれませんね。


【夷隅】
9/23水曜日の15時半頃。潮は上げ始めで、これまでほとんど反応がない状態が続いていましたが、この日のサイズアップは風波ながらも強まったカレントと重なってアウトから頻繁にブレイクし、サイズとカレントの影響もあってビーチが削られてミドルエリアに地形が広がりそうな雰囲気です。_1まだインサイド重視な様子でしたが、落ち着いたタイミングにテトラの内側でシフトするピークもあったので、狙えるサイズになった場合はこれまでよりも反応がよくなる可能性もありそうでした。_2この日のような荒れたコンディションが続くと台風の通過後に急激に復活した地形が仕上がるかもしれません。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、最近の外気の低下でスプリングやシーガル・ロンスプがあったほうが安心ですが、南風が強まった日がありながらも24℃前後あるので晴れていればタッパーでも問題ないです。


最後に、この先の波ですが、東ウネリが続いている状況からは、台風のウネリよりオンショアの風波がベースになっている雰囲気もあり、このエリアの地形にとっては、新しい仕上がりに期待しつつ悪影響が残りそうです。

夷隅のように全く対応できていなかったポイントに対しては復活のきっかけになると思いますが、一宮~太東区間に関しては前回(9/18更新分)までキープしていたインサイド~ミドルエリアの平らな地形にカレントの影響で深いセクションができてしまうかもしれません。

地形がアウトに広がると、落ち着き始めてからも頭前後のサイズで距離を狙える波があると思いますが、胸以下に下がってミドルエリアよりも手前の地形をメインに使うサイズに対しては、潮が多い時間帯で深いエリアが目立ってしまうとスムーズに滑れる波が限られてしまいそうです。

来週(9/28W)から潮の動きが大きくなるので、多少でもウネリが残れば対応できるポイントがあると思いますが、台風の通過後も前線がのびて追いかけるように次の低気圧が近づく予報からは北東コンディションが続いてウネリが長引く可能性も。。。

アウトの地形に砂が集まると無駄に沖が遠くなり、手前に余計なカレントが残ると面倒なコンディションが続いてしまうかもしれません。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 夷隅

25 26 26 26 26 26 26 26 26 27 27 27 27 27 27 27 27 28
時間 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00
天気
気温 20.6 20.1 19.8 20.5 23.4 24.3 23.9 21.7 20.7 20.6 20.2 20.1 22.2 23.3 24.2 22.3 20.2 18.9
波高
m
2.36 2.27 2.15 2.02 1.91 1.85 1.80 1.75 1.68 1.62 1.56 1.51 1.51 1.53 1.48 1.45 1.42 1.41
波向
風速
m/s
1.1 2.0 2.2 3.6 4.7 4.5 4.6 4.0 2.7 3.1 3.0 2.6 6.3 5.7 5.1 5.0 5.2 6.5
風向
潮位
cm
128 107 67 48 76 117 128 117 118 120 89 49 58 111 134 111 104 125
25 26 26 26 26 26 26 26 26 27 27 27 27 27 27 27 27 28
時間 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00
天気
気温 20.6 20.1 19.8 20.5 23.4 24.3 23.9 21.7 20.7 20.6 20.2 20.1 22.2 23.3 24.2 22.3 20.2 18.9
波高
m
2.36 2.27 2.15 2.02 1.91 1.85 1.80 1.75 1.68 1.62 1.56 1.51 1.51 1.53 1.48 1.45 1.42 1.41
波向
風速
m/s
1.1 2.0 2.2 3.6 4.7 4.5 4.6 4.0 2.7 3.1 3.0 2.6 6.3 5.7 5.1 5.0 5.2 6.5
風向
潮位
cm
128 107 67 48 76 117 128 117 118 120 89 49 58 111 134 111 104 125

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 27 (日)
    グラフ 28 (月)
    グラフ 29 (火)
    グラフ 30 (水)
    グラフ 1 (木)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 27 (日)
    グラフ 28 (月)
    グラフ 29 (火)
    グラフ 30 (水)
    グラフ 1 (木)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。