夷隅 波情報(無料)/動画&画像|波情報 サーフィン BCM

TOP波情報千葉北 > 夷隅


千葉北 夷隅

  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

    曇/晴

  • やや強/東北東/サイドオン

  • フェイス

    B まぁまぁ

  • 人数

    14 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    25℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • スタッフのつぶやき

  • 更新予定時刻

    6:15 / 8:00 / 10:00 / 14:00 / 16:00

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    夷隅

    画像
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 夷隅

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    夷隅

    1. 00 >>>>>>>>>>>> 112
    2. 01 >>>>>>>>>>>>> 127
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>> 137
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>> 138
    5. 04 >>>>>>>>>>>>> 126
    6. 05 >>>>>>>>>>> 106
    7. 06 >>>>>>>>> 82
    8. 07 >>>>>> 59
    9. 08 >>>>> 42
    10. 09 >>>> 36
    11. 10 >>>>> 42
    12. 11 >>>>>> 59
    13. 12 >>>>>>>>> 83
    14. 13 >>>>>>>>>>> 109
    15. 14 >>>>>>>>>>>>> 130
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>>> 143
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 145
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>> 134
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 115
    20. 19 >>>>>>>>>> 94
    21. 20 >>>>>>>> 76
    22. 21 >>>>>>> 66
    23. 22 >>>>>>> 66
    24. 23 >>>>>>>> 80
    1. 00 >>>>>>>>>> 100
    2. 01 >>>>>>>>>>>>> 121
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>> 137
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>> 145
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>> 140
    6. 05 >>>>>>>>>>>>> 123
    7. 06 >>>>>>>>>> 99
    8. 07 >>>>>>>> 72
    9. 08 >>>>> 49
    10. 09 >>>> 36
    11. 10 >>>> 34
    12. 11 >>>>> 49
    13. 12 >>>>>>>> 71
    14. 13 >>>>>>>>>> 99
    15. 14 >>>>>>>>>>>>> 125
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>>> 143
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 149
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 142
    19. 18 >>>>>>>>>>>>> 124
    20. 19 >>>>>>>>>> 100
    21. 20 >>>>>>>> 76
    22. 21 >>>>>>> 61
    23. 22 >>>>>> 56
    24. 23 >>>>>>> 65
    1. 00 >>>>>>>>> 84
    2. 01 >>>>>>>>>>> 108
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>> 131
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>>> 149
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>> 138
    7. 06 >>>>>>>>>>>> 116
    8. 07 >>>>>>>>> 89
    9. 08 >>>>>>> 62
    10. 09 >>>>> 43
    11. 10 >>>> 36
    12. 11 >>>>> 43
    13. 12 >>>>>>> 62
    14. 13 >>>>>>>>> 88
    15. 14 >>>>>>>>>>>> 117
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>> 139
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>>> 151
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>>> 151
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>> 132
    20. 19 >>>>>>>>>>> 108
    21. 20 >>>>>>>>> 81
    22. 21 >>>>>> 59
    23. 22 >>>>> 47
    24. 23 >>>>> 48
    潮回り

    大潮

    満潮

    03:09 / 16:14

    干潮

    09:40 / 22:01

    日出/日入

    05:27 / 17:36

    潮回り

    大潮

    満潮

    03:46 / 16:37

    干潮

    10:11 / 22:29

    日出/日入

    05:28 / 17:34

    潮回り

    大潮

    満潮

    04:22 / 16:59

    干潮

    10:40 / 22:57

    日出/日入

    05:28 / 17:33

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 夷隅

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2018/09/23 10:20

千葉北 エリア 波概況

ウネリは続く見込みだが・・・

[ビギナーアドバイス]

ウネリは続く見込みだが・・・

[ビギナーアドバイス]

更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(9/12)の更新から北東コンディションが続いていたので、各ポイントでオフショアの頃とは違う形で反応し、アウトのピークからインサイドのショアブレイクまで不規則なブレイクとなってしまいました。
オンショアのわりにサイズとしてはイマイチ上がりきらず、カレントも中途半端な規模なので、なかなか北東ウネリ用に仕上がらないようでした。

3連休(9/15~17)の後半のように肩前後のサイズであれば、ミドル~アウトの地形をメインにポイントを広く使えていて、午前中の最も潮が動く時間帯が狙い目になっていた印象です。

腹~胸程度では、午後の潮の多いタイミングになるとボヨついて波数も減ってしまい、一宮方面を含めてもショアブレイクとしてまとまる雰囲気はありませんでした。
その中でも荒れた様子ながら夷隅ではコンパクトな波を見つけやすそうです。

それでは、各ポイント毎の地形レポートです!

【一宮】
9/19水曜日の10時頃、潮は上げに向かいミドルタイドくらいですが、全体的にミドルエリアの深い状態のままとなっているので、アウトとインサイドの地形が分かれてしまい、距離を狙えるブレイクはなく、胸前後のサイズに対してもインサイドで反応するショアブレイクがメインだと思います。_1前回(9/12更新)の北東コンディションからは正面右側もそれまでのような形になる反応がなくなってしまい、ヨレの目立ったフェイスでスムーズさに欠けるブレイクが続き、ショルダーの短い風波ということもあり力の弱い波質です。_2サイズ次第ではアウトにできるピークを狙えるようですが、今のところ手前まで繋がる地形がないのでブレイクも厚くなり途中で途切れる波になっていました。_3左側に関してもアウトで反応する範囲が狭く、インサイドも形になる地形がないので、変わらず正面右側に限られた印象でした。
_4【サンライズ】
9/19水曜日の10時半頃、潮は上げに向かいミドルタイドをすぎたタイミングです。_1正面~左側に関しては、これまでよりもアウト寄りの地形が広がった雰囲気なので、堤防周辺でこの日のサイズに対してもミドルエリアにかけて乗れる範囲が伸びた印象はありましたが、中央では沖に出るカレントが悪影響となって地形がまとまらない日が続き、右側のレギュラーにとって風波に対してショルダーの短い形に反応し、サイズ不足で波数も少なく狙い所が定まらない様子でした。_2全体ではサイズと波数は減少していながらも反応する地形は変わらずですが、ここもミドルエリアの深い状態はそのままなので基本的にはショートライドになってしまう波が目立っています。_3週末(9/15~)のような肩~頭サイズに関してはポイントを広く狙えていて右側のレギュラーもありましたが、やはり南風コンディションの頃とは違う形で反応し、前回(9/12更新)からは波質も変わっているので基準になるブレイクはなくなってしまいました。_4オンショアコンディションなのでカレントが邪魔してサイズ次第で形が変わりやすくなってはいましたが、最近の様子からは左側の方が反応が頻繁になっている印象です。

【東浪見】
9/19水曜日の11時半頃、潮は上げに向かい満タンに近い時間帯ですが、全体的にこれまでと変わった雰囲気はありませんでした。_1一宮~サンライズと比べてもミドルエリアの地形を広く使えているのでコンディションに対する安定感はありましたが、腹~胸サイズにとって深めな雰囲気なので、サイズ次第でショルダーの形が変わりやすく、この日のような胸以下のサイズでは反応も控え目でフェイスの厚い波質になってしまうようです。_2ここの右側に関してもサイズ不足でレギュラーが短く、ミドル~アウトの地形が限れているので連休(9/15~)中の頭サイズの様子からも形はキープできても力が弱くスムーズさに欠ける反応だったと思います。_3中央周辺にかけては癖のない反応でこのポイントでは安定していたものの、前回(9/12更新)からの北東の風波コンディションでは形のまとまらない日が増えてしまいました。_4左側のアウトには普段反応しないレフトが隠れていますが、サイズと潮のタイミングで形が変わりやすいので期待は薄いものの、風向きやウネリの質によってはファンなブレイクになる可能性がありそうです。

【志田】
9/19水曜日の12時頃、潮は上げに向かい満タン寸前の時間帯での地形チェックレポートとなります。_1前回(9/12更新)からの北東コンディションでカレントが目立つようになり、所々でこれまでよりも形のきっかけになるような地形がありましたが、他のポイントと比べてミドル~インサイドに砂が集まった状態で、ショアブレイク気味な走りやすい波質ながら、基本的に距離は望めず素早いブレイクが目立ってしまいそうです。_2中央~左側にかけては形としては狙える様子ですが、オンショアでは形の安定感がなく、カレントが悪影響となってまとまりが悪いので、やはりオフショアにならないとピークを探しにくいかもしれません。_3右側のレギュラーを含めて、ここも南風コンディションの方が乗りやすい形に反応すると思います。_4全体的な地形も変わらずピークからワイドな波が多い印象です。

【太東】
9/19水曜日の12時半頃の様子から地形を判断します。潮は満タンになって動きが止まる時間帯です。_1この日の様子からは潮のタイミングを含めてもサイズのわりに十分な反応があったので、一定に砂の集まった印象ではありました。_2前回(9/12更新)からの北東コンディションが影響し、見た目よりもカレントが強まってしまいミドルエリアの広い範囲で堤防に向かう流れがレギュラーのブレイクを邪魔している様子です。_3北東コンディションでファンなレギュラーに期待していましたが、意外や堤防付近に関して周りより深い状態で反応が鈍くなってしまった様子です。しかし、サイズ不足ながら形としてまとまる雰囲気はあるので、潮の少ない時間帯で波数を含めて狙いやすくなるかもれません。_4オンショアで他のポイントではビギナーにとって抵抗のある様子ですが、ここは安心できる波質だと思います。

【夷隅】
水曜日9/19の14時頃、潮は満タンから引きに変わる時間帯です。_1全体的な雰囲気は変わりなく、No.1~3・4にかけては、このタイミングに関しても反応する地形をキープしていました。_2しかしながら、ここも前回(9/12更新)からの北東コンディションが影響し、これまでと違うカレントが働いているので、フェイスがヨレたり形が変化する波が増えた様子で、インサイドや堤防・テトラ周辺を中心に地形も変化している傾向だと思います。_3サイズ的にはこの日のような胸前後にも十分な反応だったので、潮のタイミングを合わせれば遊べるブレイクが見つかるかもしれません。_4頭近くなるとピークからワイドに反応する波が目立つので胸~肩くらいが楽しめるサイズだと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温はオンショア続きで23~25℃をキープし、朝夕で外気と比べて温かく感じる日もありましたが、シーガル・ロンスプを基準にスプリングまでの準備があれば対応できると思います。

また、この先の波に関しては、天気が崩れたりその後でオフショアに変わるなど期待の持てる雰囲気がありますが、前線が停滞して単純に天気が変わりやすいだけの状況となってしまうと、地形がウネリの向きの変化に対応できず、サイズアップしても形にまとまる波としては可能性が低い予想です。

サイズの上がらないオンショアコンディションはできるだけ外したいところですね。

この先もこのエリアにとってはハッキリしないコンディションとなりそうなので、午前中~の潮が動く時間帯をメインに狙い、潮に対して波の変化を楽しみながら、1日の中でも一瞬あるかどうかのラッキータイムを探るのが無難そうです。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

それでは、また来週レポートをお届けします。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
gatyapin_2







前回(9/12)の更新から北東コンディションが続いていたので、各ポイントでオフショアの頃とは違う形で反応し、アウトのピークからインサイドのショアブレイクまで不規則なブレイクとなってしまいました。
オンショアのわりにサイズとしてはイマイチ上がりきらず、カレントも中途半端な規模なので、なかなか北東ウネリ用に仕上がらないようでした。

3連休(9/15~17)の後半のように肩前後のサイズであれば、ミドル~アウトの地形をメインにポイントを広く使えていて、午前中の最も潮が動く時間帯が狙い目になっていた印象です。

腹~胸程度では、午後の潮の多いタイミングになるとボヨついて波数も減ってしまい、一宮方面を含めてもショアブレイクとしてまとまる雰囲気はありませんでした。
その中でも荒れた様子ながら夷隅ではコンパクトな波を見つけやすそうです。

それでは、各ポイント毎の地形レポートです!

【一宮】
9/19水曜日の10時頃、潮は上げに向かいミドルタイドくらいですが、全体的にミドルエリアの深い状態のままとなっているので、アウトとインサイドの地形が分かれてしまい、距離を狙えるブレイクはなく、胸前後のサイズに対してもインサイドで反応するショアブレイクがメインだと思います。_1前回(9/12更新)の北東コンディションからは正面右側もそれまでのような形になる反応がなくなってしまい、ヨレの目立ったフェイスでスムーズさに欠けるブレイクが続き、ショルダーの短い風波ということもあり力の弱い波質です。_2サイズ次第ではアウトにできるピークを狙えるようですが、今のところ手前まで繋がる地形がないのでブレイクも厚くなり途中で途切れる波になっていました。_3左側に関してもアウトで反応する範囲が狭く、インサイドも形になる地形がないので、変わらず正面右側に限られた印象でした。
_4【サンライズ】
9/19水曜日の10時半頃、潮は上げに向かいミドルタイドをすぎたタイミングです。_1正面~左側に関しては、これまでよりもアウト寄りの地形が広がった雰囲気なので、堤防周辺でこの日のサイズに対してもミドルエリアにかけて乗れる範囲が伸びた印象はありましたが、中央では沖に出るカレントが悪影響となって地形がまとまらない日が続き、右側のレギュラーにとって風波に対してショルダーの短い形に反応し、サイズ不足で波数も少なく狙い所が定まらない様子でした。_2全体ではサイズと波数は減少していながらも反応する地形は変わらずですが、ここもミドルエリアの深い状態はそのままなので基本的にはショートライドになってしまう波が目立っています。_3週末(9/15~)のような肩~頭サイズに関してはポイントを広く狙えていて右側のレギュラーもありましたが、やはり南風コンディションの頃とは違う形で反応し、前回(9/12更新)からは波質も変わっているので基準になるブレイクはなくなってしまいました。_4オンショアコンディションなのでカレントが邪魔してサイズ次第で形が変わりやすくなってはいましたが、最近の様子からは左側の方が反応が頻繁になっている印象です。

【東浪見】
9/19水曜日の11時半頃、潮は上げに向かい満タンに近い時間帯ですが、全体的にこれまでと変わった雰囲気はありませんでした。_1一宮~サンライズと比べてもミドルエリアの地形を広く使えているのでコンディションに対する安定感はありましたが、腹~胸サイズにとって深めな雰囲気なので、サイズ次第でショルダーの形が変わりやすく、この日のような胸以下のサイズでは反応も控え目でフェイスの厚い波質になってしまうようです。_2ここの右側に関してもサイズ不足でレギュラーが短く、ミドル~アウトの地形が限れているので連休(9/15~)中の頭サイズの様子からも形はキープできても力が弱くスムーズさに欠ける反応だったと思います。_3中央周辺にかけては癖のない反応でこのポイントでは安定していたものの、前回(9/12更新)からの北東の風波コンディションでは形のまとまらない日が増えてしまいました。_4左側のアウトには普段反応しないレフトが隠れていますが、サイズと潮のタイミングで形が変わりやすいので期待は薄いものの、風向きやウネリの質によってはファンなブレイクになる可能性がありそうです。

【志田】
9/19水曜日の12時頃、潮は上げに向かい満タン寸前の時間帯での地形チェックレポートとなります。_1前回(9/12更新)からの北東コンディションでカレントが目立つようになり、所々でこれまでよりも形のきっかけになるような地形がありましたが、他のポイントと比べてミドル~インサイドに砂が集まった状態で、ショアブレイク気味な走りやすい波質ながら、基本的に距離は望めず素早いブレイクが目立ってしまいそうです。_2中央~左側にかけては形としては狙える様子ですが、オンショアでは形の安定感がなく、カレントが悪影響となってまとまりが悪いので、やはりオフショアにならないとピークを探しにくいかもしれません。_3右側のレギュラーを含めて、ここも南風コンディションの方が乗りやすい形に反応すると思います。_4全体的な地形も変わらずピークからワイドな波が多い印象です。

【太東】
9/19水曜日の12時半頃の様子から地形を判断します。潮は満タンになって動きが止まる時間帯です。_1この日の様子からは潮のタイミングを含めてもサイズのわりに十分な反応があったので、一定に砂の集まった印象ではありました。_2前回(9/12更新)からの北東コンディションが影響し、見た目よりもカレントが強まってしまいミドルエリアの広い範囲で堤防に向かう流れがレギュラーのブレイクを邪魔している様子です。_3北東コンディションでファンなレギュラーに期待していましたが、意外や堤防付近に関して周りより深い状態で反応が鈍くなってしまった様子です。しかし、サイズ不足ながら形としてまとまる雰囲気はあるので、潮の少ない時間帯で波数を含めて狙いやすくなるかもれません。_4オンショアで他のポイントではビギナーにとって抵抗のある様子ですが、ここは安心できる波質だと思います。

【夷隅】
水曜日9/19の14時頃、潮は満タンから引きに変わる時間帯です。_1全体的な雰囲気は変わりなく、No.1~3・4にかけては、このタイミングに関しても反応する地形をキープしていました。_2しかしながら、ここも前回(9/12更新)からの北東コンディションが影響し、これまでと違うカレントが働いているので、フェイスがヨレたり形が変化する波が増えた様子で、インサイドや堤防・テトラ周辺を中心に地形も変化している傾向だと思います。_3サイズ的にはこの日のような胸前後にも十分な反応だったので、潮のタイミングを合わせれば遊べるブレイクが見つかるかもしれません。_4頭近くなるとピークからワイドに反応する波が目立つので胸~肩くらいが楽しめるサイズだと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温はオンショア続きで23~25℃をキープし、朝夕で外気と比べて温かく感じる日もありましたが、シーガル・ロンスプを基準にスプリングまでの準備があれば対応できると思います。

また、この先の波に関しては、天気が崩れたりその後でオフショアに変わるなど期待の持てる雰囲気がありますが、前線が停滞して単純に天気が変わりやすいだけの状況となってしまうと、地形がウネリの向きの変化に対応できず、サイズアップしても形にまとまる波としては可能性が低い予想です。

サイズの上がらないオンショアコンディションはできるだけ外したいところですね。

この先もこのエリアにとってはハッキリしないコンディションとなりそうなので、午前中~の潮が動く時間帯をメインに狙い、潮に対して波の変化を楽しみながら、1日の中でも一瞬あるかどうかのラッキータイムを探るのが無難そうです。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

それでは、また来週レポートをお届けします。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 夷隅

23 23 23 23 24 24 24 24 24 24 24 24 25 25 25 25 25 25
時間 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15
天気
気温 26.5 25.5 24.2 23.4 22.6 22.8 22.4 23.0 24.6 24.9 23.3 22.1 21.8 21.3 21.3 22.6 23.4 20.8
波高
m
1.64 1.56 1.49 1.44 1.41 1.40 1.38 1.28 1.21 1.20 1.20 1.19 1.18 1.18 1.18 1.19 1.22 1.32
波向
風速
m/s
3.6 2.9 2.3 1.9 1.5 1.0 1.3 1.9 0.9 0.8 0.8 0.9 0.7 0.7 1.3 1.5 2.4 3.2
風向
潮位
cm
83 143 115 66 100 145 99 36 71 143 124 61 84 146 116 43 62 139
23 23 23 23 24 24 24 24 24 24 24 24 25 25 25 25 25 25
時間 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15
天気
気温 26.5 25.5 24.2 23.4 22.6 22.8 22.4 23.0 24.6 24.9 23.3 22.1 21.8 21.3 21.3 22.6 23.4 20.8
波高
m
1.64 1.56 1.49 1.44 1.41 1.40 1.38 1.28 1.21 1.20 1.20 1.19 1.18 1.18 1.18 1.19 1.22 1.32
波向
風速
m/s
3.6 2.9 2.3 1.9 1.5 1.0 1.3 1.9 0.9 0.8 0.8 0.9 0.7 0.7 1.3 1.5 2.4 3.2
風向
潮位
cm
83 143 115 66 100 145 99 36 71 143 124 61 84 146 116 43 62 139

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 25 (火)
    グラフ 26 (水)
    グラフ 27 (木)
    グラフ 28 (金)
    グラフ 29 (土)
  •  
  • 週間予想
  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 25 (火)
    グラフ 26 (水)
    グラフ 27 (木)
    グラフ 28 (金)
    グラフ 29 (土)
  •  
  • 週間予想