大原・海水浴場-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 大原・海水浴場

千葉北 大原・海水浴場の波情報

ポイントガイド

夷隅Pから約2kmほど南下。右端の河口から左側に延びた堤防の影響でスモールコンディションの日が多くなったが、反面、南ウネリで他がクローズアウトしてしまうような時に要チェックのポイントとなった。
長谷川荘前P、神社下Pと左側に続くが、それぞれ海水浴場よりはサイズ・ブレイクに期待が持てる。
なお、ビジター中心にマナーの悪さが目立っているとの報告も。特にテイクオフの早いロングはショートにも配慮し、譲り合いの気持ちを忘れずに。

○トイレ:有り
○シャワー:有り
千葉北のサーフィンスポット大原・海水浴場の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 微/北東/オンショア

  • フェイス

    A 良好

  • 人数

    15 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    21℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    大原・海水浴場

    画像
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 大原・海水浴場

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    大原・海水浴場

    1. 00 >>>>>>>>>>>>> 122
    2. 01 >>>>>>>>>>> 110
    3. 02 >>>>>>>>>> 96
    4. 03 >>>>>>>>> 83
    5. 04 >>>>>>>> 75
    6. 05 >>>>>>>> 72
    7. 06 >>>>>>>> 75
    8. 07 >>>>>>>>> 83
    9. 08 >>>>>>>>>> 93
    10. 09 >>>>>>>>>>> 102
    11. 10 >>>>>>>>>>> 108
    12. 11 >>>>>>>>>>> 110
    13. 12 >>>>>>>>>>> 105
    14. 13 >>>>>>>>>> 95
    15. 14 >>>>>>>>> 82
    16. 15 >>>>>>> 69
    17. 16 >>>>>>> 61
    18. 17 >>>>>> 58
    19. 18 >>>>>>> 65
    20. 19 >>>>>>>> 77
    21. 20 >>>>>>>>>> 94
    22. 21 >>>>>>>>>>>> 111
    23. 22 >>>>>>>>>>>>> 125
    24. 23 >>>>>>>>>>>>>> 132
    1. 00 >>>>>>>>>>>>>> 132
    2. 01 >>>>>>>>>>>>> 121
    3. 02 >>>>>>>>>>> 106
    4. 03 >>>>>>>>> 88
    5. 04 >>>>>>>> 72
    6. 05 >>>>>> 60
    7. 06 >>>>>> 55
    8. 07 >>>>>> 58
    9. 08 >>>>>>> 67
    10. 09 >>>>>>>>> 81
    11. 10 >>>>>>>>>> 96
    12. 11 >>>>>>>>>>> 108
    13. 12 >>>>>>>>>>>> 114
    14. 13 >>>>>>>>>>>> 114
    15. 14 >>>>>>>>>>> 106
    16. 15 >>>>>>>>>> 94
    17. 16 >>>>>>>>> 82
    18. 17 >>>>>>>> 73
    19. 18 >>>>>>> 70
    20. 19 >>>>>>>> 75
    21. 20 >>>>>>>>> 87
    22. 21 >>>>>>>>>>> 103
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 119
    24. 23 >>>>>>>>>>>>>> 132
    1. 00 >>>>>>>>>>>>>> 137
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>> 133
    3. 02 >>>>>>>>>>>> 120
    4. 03 >>>>>>>>>> 100
    5. 04 >>>>>>>> 77
    6. 05 >>>>>> 56
    7. 06 >>>>> 41
    8. 07 >>>> 36
    9. 08 >>>> 40
    10. 09 >>>>>> 53
    11. 10 >>>>>>>> 72
    12. 11 >>>>>>>>>> 92
    13. 12 >>>>>>>>>>> 110
    14. 13 >>>>>>>>>>>>> 121
    15. 14 >>>>>>>>>>>>> 124
    16. 15 >>>>>>>>>>>> 118
    17. 16 >>>>>>>>>>> 106
    18. 17 >>>>>>>>>> 93
    19. 18 >>>>>>>>> 83
    20. 19 >>>>>>>> 79
    21. 20 >>>>>>>>> 84
    22. 21 >>>>>>>>>> 95
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 111
    24. 23 >>>>>>>>>>>>> 127
    潮回り

    長潮

    満潮

    11:21 / 17:24

    干潮

    05:38

    日出/日入

    04:24 / 18:57

    潮回り

    若潮

    満潮

    / 13:04

    干潮

    06:47 / 18:32

    日出/日入

    04:24 / 18:57

    潮回り

    中潮

    満潮

    00:44 / 14:26

    干潮

    07:44 / 19:38

    日出/日入

    04:25 / 18:57

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 大原・海水浴場

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2021/06/19 08:10

千葉北 エリア 波概況

日中は南風の影響が大きくなる恐れもある。

[ビギナーアドバイス]


日中は南風の影響が大きくなる恐れもある。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(6/10)の更新からは地形に対しては特に影響はなく、反応のいい仕上がりながらサイズ待ちな状況が続いてしまいました。
 予想していた北東コンディションが遅れサイズに期待できなくなり、今週に入ってからは日中に吹いていた東風でサイズと反応の雰囲気はよくなっていたものの、干潮にかけて波が痩せて力が弱まり、潮が上げ始めると以前よりもボヨつきが強い印象でした。
 東浪見周辺で比較的滑れるブレイクがありましたが、全体的には波数を含めてこれまでの同じサイズより反応が悪くなっていたように思えました。
それでは、地形レポートです!
【一宮】
水曜日6/16の9時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引き始めで腰腹サイズをキープしているものの、地形的にはカレントが働かずに起伏や形の特徴もなくなってしまい、インサイドをメインに使う最近の波質ではスムーズに乗れるセクションがかなり限られている雰囲気です。
_1
潮のタイミングに関しても安定した狙い目がなく、波が痩せる干潮前後を除いた時間帯で無難な波が見つかると思いますが、ショアブレイクの地形にも期待ができない状況からは、引き始めや上げ際の特別ハッキリした変化もないようでした。
_2
腹~胸サイズになればピークを選べると思いますが、この日も堤防周辺のまとまったピークでなんとか対応している状態です。
【サンライズ】
水曜日6/16の10時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって中間に近い時間帯で、正面エリアはサイズに対して手前が深いのでフェイスが途切れる波が目立ってしまい、左右に別れて形がまとまった地形で対応できていても範囲が限られて距離を滑れる波は少ない状況です。
_1
やはり胸以上のサイズにならないとアウトからのブレイクに期待できず、全体的にハードなサイズにならなければ一宮よりもポイントを広く使えそうな様子なので、最近の状態では地形を活かせず残念なブレイクながら、多少のサイズアップがあれば可能性がありそうでした。
_2
狙い目としてはここもウネリが痩せる干潮前後を除き、ミドルタイドを基準に引きと上げで無難な時間帯があると思います。コンディションの割に正面から沖に出るカレントが強まって複雑になっていましたが、左右の堤防周りには素直なブレイクがありました。
【東浪見】
6/16水曜日11時頃の様子から地形をレポートします。潮は引きに向かって中間くらいの時間帯です。
_1
正面エリアのカレントが目立ち、最近のサイズでは手前でフェイスの途切れた波が多くなっていながら、潮が引きに向かう時間帯はミドルエリアから波数があり、左右の堤防周辺に関しても形が安定して対応できる状態をキープしています。
_2
サイズ不足でここのところ発揮できていませんが、余計な深みもなく砂の集まった状態なので、多少のサイズアップがあればアウトの地形から距離を狙える可能性も残り、他よりも複雑な波が多いように思えますが、形としては比較的走れるフェイスが多そうでした。
【志田】
オリンピック競技開催に伴う会場工事のため、志田は駐車場が利用禁止となり、周辺からも進入が難しいので週間地形レポートは休止となります。
現地の様子はライブカメラ動画もご参照ください。
【太東】
水曜日(6/16)12時頃の地形チェックです。潮は引きに向かってミドルタイドをすぎた時間帯で、南風コンディションが終わり東風が吹くようになってからは多少ながら反応する波数が増え、無難な引きに向かうタイミングを基準に遊べる波をキープしていました。
_1
潮の多い時間帯でブレイクするエリアは狭くなるものの、腰~腹サイズの日には堤防周辺からのピークがあって、朝の無風のコンディションでまとまりのいい波を狙えていたようです。
_2
砂の集まりがいいので変わらず堤防から離れたエリアにかけて地形が広がり、波数を重視するとワイドなブレイクが目立つタイミングではありましたが、ビキナーにとっては間隔をとって練習しやすい状態だったと思います。
【夷隅】
6/16水曜日13時頃の地形レポートです。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯です。
_1
No.1の堤防際にあるレフトの地形が残っていましたが、しばらくの間ウネリやカレントが働いていなかったので仕上がった頃よりも反応の良さは欠けてしまい、波数とピークの狭さからはオススメできない雰囲気です。
_2
地形さえあれば整った波を狙える時期ではありますが、今年の様子からは地形に対して狙える条件が揃い難く、サイズアップしても滑れる形にまとまる雰囲気はなさそうな印象です。
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温は北東コンディションでシーガルやスプリングの温かさになると思いますが、南風のコンディションになると例年よりも冷えやすい傾向のようなので、週末(6/19・20)にはフルスーツが必要になるかもしれません。
最後に、この先の波ですが、北東コンディションが遅れつつ、これまでの状況と比べると低気圧の影響でサイズに期待できそうな雰囲気なので、今のところオフショアに変わる土曜日(6/19)から整った波になると思いますが、金曜日(6/18)の時点で風が弱まればフェイスにヨレが残っても遊べる波が見つかるかもしれません。
 低気圧の移動が早いので残った風波狙いになるとサイズが落ち着くのも早そうですが、来週(6/21W)から再びオンショアコンディションになる予報からは沖の微妙なウネリが届きやすくなると思うので、これまでと違って複雑なブレイクが増えたとしても、潮が上げに向かう時間帯にボヨつきながらもまとまったウネリになるのでは?
 オフショアで狙えていた引きに向かうタイミングにヨレが強まりやすく、サイズのきっかけになる風波があれば上げの方がボリュームが増して滑れるセクションが見つかりそうです。
 地形に対しても風が影響したコンディションで堤防周辺をメインに形がハッキリすれば距離を狙いやすくなると思います。


[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(6/10)の更新からは地形に対しては特に影響はなく、反応のいい仕上がりながらサイズ待ちな状況が続いてしまいました。
 予想していた北東コンディションが遅れサイズに期待できなくなり、今週に入ってからは日中に吹いていた東風でサイズと反応の雰囲気はよくなっていたものの、干潮にかけて波が痩せて力が弱まり、潮が上げ始めると以前よりもボヨつきが強い印象でした。
 東浪見周辺で比較的滑れるブレイクがありましたが、全体的には波数を含めてこれまでの同じサイズより反応が悪くなっていたように思えました。
それでは、地形レポートです!
【一宮】
水曜日6/16の9時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引き始めで腰腹サイズをキープしているものの、地形的にはカレントが働かずに起伏や形の特徴もなくなってしまい、インサイドをメインに使う最近の波質ではスムーズに乗れるセクションがかなり限られている雰囲気です。
_1
潮のタイミングに関しても安定した狙い目がなく、波が痩せる干潮前後を除いた時間帯で無難な波が見つかると思いますが、ショアブレイクの地形にも期待ができない状況からは、引き始めや上げ際の特別ハッキリした変化もないようでした。
_2
腹~胸サイズになればピークを選べると思いますが、この日も堤防周辺のまとまったピークでなんとか対応している状態です。
【サンライズ】
水曜日6/16の10時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって中間に近い時間帯で、正面エリアはサイズに対して手前が深いのでフェイスが途切れる波が目立ってしまい、左右に別れて形がまとまった地形で対応できていても範囲が限られて距離を滑れる波は少ない状況です。
_1
やはり胸以上のサイズにならないとアウトからのブレイクに期待できず、全体的にハードなサイズにならなければ一宮よりもポイントを広く使えそうな様子なので、最近の状態では地形を活かせず残念なブレイクながら、多少のサイズアップがあれば可能性がありそうでした。
_2
狙い目としてはここもウネリが痩せる干潮前後を除き、ミドルタイドを基準に引きと上げで無難な時間帯があると思います。コンディションの割に正面から沖に出るカレントが強まって複雑になっていましたが、左右の堤防周りには素直なブレイクがありました。
【東浪見】
6/16水曜日11時頃の様子から地形をレポートします。潮は引きに向かって中間くらいの時間帯です。
_1
正面エリアのカレントが目立ち、最近のサイズでは手前でフェイスの途切れた波が多くなっていながら、潮が引きに向かう時間帯はミドルエリアから波数があり、左右の堤防周辺に関しても形が安定して対応できる状態をキープしています。
_2
サイズ不足でここのところ発揮できていませんが、余計な深みもなく砂の集まった状態なので、多少のサイズアップがあればアウトの地形から距離を狙える可能性も残り、他よりも複雑な波が多いように思えますが、形としては比較的走れるフェイスが多そうでした。
【志田】
オリンピック競技開催に伴う会場工事のため、志田は駐車場が利用禁止となり、周辺からも進入が難しいので週間地形レポートは休止となります。
現地の様子はライブカメラ動画もご参照ください。
【太東】
水曜日(6/16)12時頃の地形チェックです。潮は引きに向かってミドルタイドをすぎた時間帯で、南風コンディションが終わり東風が吹くようになってからは多少ながら反応する波数が増え、無難な引きに向かうタイミングを基準に遊べる波をキープしていました。
_1
潮の多い時間帯でブレイクするエリアは狭くなるものの、腰~腹サイズの日には堤防周辺からのピークがあって、朝の無風のコンディションでまとまりのいい波を狙えていたようです。
_2
砂の集まりがいいので変わらず堤防から離れたエリアにかけて地形が広がり、波数を重視するとワイドなブレイクが目立つタイミングではありましたが、ビキナーにとっては間隔をとって練習しやすい状態だったと思います。
【夷隅】
6/16水曜日13時頃の地形レポートです。潮は引きに向かって干潮に近い時間帯です。
_1
No.1の堤防際にあるレフトの地形が残っていましたが、しばらくの間ウネリやカレントが働いていなかったので仕上がった頃よりも反応の良さは欠けてしまい、波数とピークの狭さからはオススメできない雰囲気です。
_2
地形さえあれば整った波を狙える時期ではありますが、今年の様子からは地形に対して狙える条件が揃い難く、サイズアップしても滑れる形にまとまる雰囲気はなさそうな印象です。
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温は北東コンディションでシーガルやスプリングの温かさになると思いますが、南風のコンディションになると例年よりも冷えやすい傾向のようなので、週末(6/19・20)にはフルスーツが必要になるかもしれません。
最後に、この先の波ですが、北東コンディションが遅れつつ、これまでの状況と比べると低気圧の影響でサイズに期待できそうな雰囲気なので、今のところオフショアに変わる土曜日(6/19)から整った波になると思いますが、金曜日(6/18)の時点で風が弱まればフェイスにヨレが残っても遊べる波が見つかるかもしれません。
 低気圧の移動が早いので残った風波狙いになるとサイズが落ち着くのも早そうですが、来週(6/21W)から再びオンショアコンディションになる予報からは沖の微妙なウネリが届きやすくなると思うので、これまでと違って複雑なブレイクが増えたとしても、潮が上げに向かう時間帯にボヨつきながらもまとまったウネリになるのでは?
 オフショアで狙えていた引きに向かうタイミングにヨレが強まりやすく、サイズのきっかけになる風波があれば上げの方がボリュームが増して滑れるセクションが見つかりそうです。
 地形に対しても風が影響したコンディションで堤防周辺をメインに形がハッキリすれば距離を狙いやすくなると思います。


[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 大原・海水浴場

19 19 19 19 19 20 20 20 20 20 20 20 20 21 21 21 21 21
時間 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12
天気
気温 21.2 23.8 23.3 22.5 22.5 22.3 22.1 22.0 25.1 24.6 24.4 23.4 22.7 21.8 20.8 22.2 25.7 26.6
波高
m
1.26 1.22 1.33 1.48 1.59 1.73 1.99 2.21 2.07 1.75 1.58 1.45 1.34 1.24 1.18 1.19 1.39 1.74
波向
風速
m/s
2.1 3.8 4.8 5.0 5.0 5.7 4.7 5.2 2.5 3.2 2.9 1.6 2.5 2.2 2.7 5.1 5.3 7.1
風向
潮位
cm
102 105 69 65 111 132 88 55 81 114 94 70 103 137 100 41 53 110
19 19 19 19 19 20 20 20 20 20 20 20 20 21 21 21 21 21
時間 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12
天気
気温 21.2 23.8 23.3 22.5 22.5 22.3 22.1 22.0 25.1 24.6 24.4 23.4 22.7 21.8 20.8 22.2 25.7 26.6
波高
m
1.26 1.22 1.33 1.48 1.59 1.73 1.99 2.21 2.07 1.75 1.58 1.45 1.34 1.24 1.18 1.19 1.39 1.74
波向
風速
m/s
2.1 3.8 4.8 5.0 5.0 5.7 4.7 5.2 2.5 3.2 2.9 1.6 2.5 2.2 2.7 5.1 5.3 7.1
風向
潮位
cm
102 105 69 65 111 132 88 55 81 114 94 70 103 137 100 41 53 110

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 21 (月)
    グラフ 22 (火)
    グラフ 23 (水)
    グラフ 24 (木)
    グラフ 25 (金)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 21 (月)
    グラフ 22 (火)
    グラフ 23 (水)
    グラフ 24 (木)
    グラフ 25 (金)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。