太東・堤防横-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 太東・堤防横


千葉北 太東・堤防横の波情報

ポイントガイド

国道128号線を南下して海岸沿いの道と合流し、左手にガストや九暑纓「ドライブインが見えたらそのあたり。
南ウネリが強いときには右側の岬と漁港とでウネリが抑えられ手頃なサイズでサーフィン可狽ニなる。普段は波も小さめでどちらかと言えばビギナーやロング向き。
この周辺には珍しく南よりの風に強い。

○トイレ:有り
○シャワー:無し
千葉北のサーフィンスポット太東・堤防横の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 中/南/サイドオフ

  • フェイス

    A 良好

  • 人数

    20 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    25.5℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    太東

    ワイド

    太東・堤防横

    定点

    太東・正面

    定点

    太東

    live

    ※ゴールド&プラチナ会員の方は特典として、通常は有料(220円/月)のライブストリーミングが無料でご利用可能です。

  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 太東・堤防横

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    太東・堤防横

    1. 00 >>>>>>>>>>>>>> 133
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>>>> 152
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>> 147
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>> 131
    6. 05 >>>>>>>>>>> 105
    7. 06 >>>>>>>> 73
    8. 07 >>>>> 41
    9. 08 >> 15
    10. 09 > 1
    11. 10 0
    12. 11 >> 17
    13. 12 >>>>> 43
    14. 13 >>>>>>>> 75
    15. 14 >>>>>>>>>>> 108
    16. 15 >>>>>>>>>>>>>> 133
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 148
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>>> 151
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>>> 142
    20. 19 >>>>>>>>>>>>> 127
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 111
    22. 21 >>>>>>>>>> 100
    23. 22 >>>>>>>>>> 97
    24. 23 >>>>>>>>>>> 104
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 119
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>> 137
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>>>> 152
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>>> 159
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>>>> 153
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>> 134
    7. 06 >>>>>>>>>>> 104
    8. 07 >>>>>>> 69
    9. 08 >>>> 35
    10. 09 > 10
    11. 10 -1
    12. 11 > 1
    13. 12 >>> 24
    14. 13 >>>>>> 54
    15. 14 >>>>>>>>> 89
    16. 15 >>>>>>>>>>>> 120
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>>> 143
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>>> 153
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>>>> 152
    20. 19 >>>>>>>>>>>>>> 135
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 116
    22. 21 >>>>>>>>>> 98
    23. 22 >>>>>>>>> 88
    24. 23 >>>>>>>>> 87
    1. 00 >>>>>>>>>> 100
    2. 01 >>>>>>>>>>>> 120
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>>> 141
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>>> 157
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>>>>> 163
    6. 05 >>>>>>>>>>>>>>>> 154
    7. 06 >>>>>>>>>>>>>> 132
    8. 07 >>>>>>>>>> 100
    9. 08 >>>>>>> 64
    10. 09 >>>> 32
    11. 10 > 10
    12. 11 > 4
    13. 12 >> 14
    14. 13 >>>> 38
    15. 14 >>>>>>> 70
    16. 15 >>>>>>>>>>> 105
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>> 133
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 150
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>>>> 153
    20. 19 >>>>>>>>>>>>>>> 142
    21. 20 >>>>>>>>>>>>> 123
    22. 21 >>>>>>>>>>> 101
    23. 22 >>>>>>>>> 84
    24. 23 >>>>>>>> 77
    潮回り

    大潮

    満潮

    02:47 17:22

    干潮

    10:07 / 22:26

    日出/日入

    04:55 / 18:33

    潮回り

    大潮

    満潮

    03:43 / 17:52

    干潮

    10:51 / 23:06

    日出/日入

    04:56 / 18:32

    潮回り

    大潮

    満潮

    04:34 / 18:21

    干潮

    11:32 / 23:44

    日出/日入

    04:56 / 18:31

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 太東・堤防横

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    1970/01/01 09:00

千葉北 エリア 波概況

明日は風の影響が小さい場所を選びたいところ。

[ビギナーアドバイス]


明日は風の影響が小さい場所を選びたいところ。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 11:00 / 18:45

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(8/5)の更新から北東コンディションからのスタートとなり、南西コンディションの変わり目になった月曜日(8/8)の午前中までウネリをキープし、短いチャンスでしたが潮時よりも風の弱い時間帯を重視すれば、サイズや波数を満喫できていたと思います。
それでは、地形レポートです!

一宮

8/10水曜日8時半頃の様子から地形を判断します。潮は干潮寸前です。前回の更新期間の北東コンディションから日曜日(8/7)までのサイズアップでピークは頭くらいの波を狙えるチャンスがありましたが、今回もその後に強まった南風で落ち着くのが早まってしまいました。
_1
月曜日(8/8)からは再び腰〜腹程度の控え目な状態が続き、フェイスにヨレが入った滑り難いブレイクが目立っていました。
_2
地形としては北東コンディションの期間にカレントの変化もあってインサイドでは多少砂が動いた雰囲気でしたが、海水浴場エリアやファミマ側はアウトの地形が離れたまま、ミドル〜インサイドは深い仕上がりで、干潮時や満タンのショアブレイクを狙っても波数等の条件を含めて対応が悪くなっています。
_3
これまでメインに使っていた正面右側の地形に対しても際立った変化はないので、この時のような潮の少ないタイミングはミドル〜アウトを広く使えつつ、前回とほとんど同じ反応だったように思えました。
インサイドのまとまりはイマイチな印象ながら、サイズに対しては地形を広く使える状態をキープして他よりも距離を乗れていたので、上げ際に手前に集まるブレイクも狙えそうですが、引き始めからの時間帯の方が地形に合った狙え目かもしれません。

サンライズ

8/10水曜日9時半頃の地形レポートです。干潮の潮止まりです。ここも前回の更新期間の北東コンディションからサイズを狙いやすく、週末(8/6・7)は風の影響も少なく素直な波質を狙えるチャンスはあったものの、地形の状態からは全体的にアウトの地形が離れているので中間のセクションでブレイクが厚くなる波が多く、インサイドまでつながるエリアが限られてしまい、楽しめるサイズはありながら癖の強いブレイクだった印象です
_1
今週(8/8W)からは強まった南風コンディションでウネリはリセットされ、急激なサイズダウンで以前の乏しい反応に戻っています。
_2
この日の様子からも干潮時でしたがアウトからのブレイクが少ないサイズでは距離を狙えず、ギリギリブレイクするような力の弱い波質ではスポンジボードがちょうどよく遊べるような雰囲気になっていました。
_3
北東コンディションの頃のサイズアップも地形に大きな変化はなく、今のところ潮が多くなってもカレントが集まってまとまるピークも復活していません。
最近の波質も潮が動いているタイミングは影響を受けて変化が激しく狙い目が安定してしないので、引き際の広範囲な反応に変わる時間帯が無難だと思います。

東浪見

水曜日(8/10)10時半頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。潮の引きが大きい期間なので前回と比べて同じサイズに対して広範囲な反応ながら、やはりこのタイミングに限られた力の弱いギリギリなブレイクでした。
_1
この時はアウトに離れた狭い地形をロングボードやスポンジボードで遊ぶのがちょうどいい波でしたが、全体的にはサイズに対して深いエリアが目立って反応は悪い状態です。
左側はこの先の干潮時の反応に期待できつつ地形としての復活には程遠く、ミドルエリアが深いので胸以上ないとほとんどの時間帯がサイズ不足になってしまい、波が上がっても条件付きな雰囲気です。
_2
以前からも正面エリアに砂が集まっていた傾向ですが、北東コンディションの影響もなく、ここでは唯一インサイドまで繋がる地形ではあるものの他よりも波数が少なく際立った反応はありませんでした。
_3
右側に関してもこの時はアウトの限られた地形でロングボード専用のブレイクがありましたが、基本的には最近のサイズに対してショアブレイクしか狙えない状態が続いているので、今週からは再びサイズ待ちな印象になっています。
全体的にショアブレイクがまとまる地形もなく、この先の干潮の大きさを利用した狙い方が無難そうです。

志田

8/10水曜日11時半頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。前回更新直後のサイズアップから一転し、今週(8/8W)から強まっている南風の影響を受けてサイズとしては一宮〜東浪見方面と比べてかなり乏しい様子になっていました。
_1
週末(8/6・7)の様子ではサイズ的にアウトからのブレイクを狙えていたものの、全体的にはスモールコンディションの仕上がりで地形が手前にまとまっていたので、ミドル〜アウトの形がハッキリせず潮の動きに影響されて反応が不安定になっていました。
_2
この日に関してもこれまでと同じく正面〜右側で反応するピークをメインに腰前後のサイズまで対応できていましたが、潮が引いてアウトの地形を使えても手前の地形でワイドなショアブレイクになるので、距離を狙えなければ手前の地形に波が集まる潮時の方が多少でも乗り心地がいいかもしれません。
_3
潮が多くなるほどボヨつきが気になる状況でもあり、サイズ不足な雰囲気からは引き始めからが無難そうですが、上げ際を狙えるようなしっかりしたウネリが届いてほしいところです。

太東

水曜日8/10の12時半頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かってハーフタイドに近い時間帯です。
_1
前回以降の北東ウネリで他のポイントと同じく反応が良くなり、海水浴エリアではあるものの久しぶりに堤防周辺のブレイクやガスト方面の広範囲なブレイクを狙えていました。スモールコンディション仕上げの地形に対しては形やフェイスが緩く、南風コンディションで日曜日(8/7)の夕方の時点ではインサイドをメインに使うサイズに落ち着いていました。
_2
地形は変わらずギリギリのスネ〜ヒザサイズに対応できるインサイドの癖のない地形が残っているので、干潮前後の時間帯に限られながらもロングボードやスポンジボードでデビューできるビギナー向けな易しいブレイクをキープしていました。
_3
潮が多くなるほど多少ウネリのまとまりを狙えていましたが、距離を乗れずにボヨつきが強まる傾向なので、ここも引き際を基準にする方が悪影響の少ない時間帯を無難に遊べると思います。
サイズの変化はあると思いますが南風の期間は極小サイズでも癖のない波を探せるコンディションが続きそうです。

夷隅

8/10水曜日13時半頃の地形チェックレポートとなります。潮は上げに向かって中間くらいの時間帯です。前回更新後の北東コンディションから南風が吹く前までは久しぶりにここを狙えるサイズとウネリの向きではありましたが、ポイント的には他よりもショアブレイク狙いな深い地形でした。
_1
以前の反応が悪い状態からもビーチに砂が集まる傾向で中途半端なサイズでは反応する手前の地形も狭かったので、形があってもピークのまとまりやフェイスのクオリティーが低くウネリの厚さに対して滑り難そうな印象がありました。
_2
日曜日(8/7)の南東の風が吹いてからはサイドオンショアの悪影響が強まって様子が悪くなり、一宮〜太東方面で楽しめていた週末の期間は既に癖のある波が気になり始め、今週(8/8W)に入ってウネリがリセットされてからは再び反応が悪く、潮が少ない時間帯に関してもショアブレイク狙いすら厳しい状況です。
_3
潮の動きが大きくなる期間でもありますが今のところここに合うコンディションはなさそうなので、干潮前後のタイミングでショアブレイクの範囲が拡がるかもしれませんが、南風の影響を受けてヨレが強まると形としてはあまり期待できないと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、サイズの期待はありましたが、ウネリのまとまりが遅かったので前回更新直後はヨレやボヨつきが気になる風波が続き、この期間は一宮〜サンライズ方面に関しても風を防げるエリアに地形がなく普段よりも対応が悪かった印象です。
また、地形の影響でポイントごとに癖のあるブレイクではあったものの、このタイミングはこのエリア全体で久しぶりにサイズのある整った波を楽しめていた様子です。
ここ数日は南西コンディションでウネリはリセットされ、サイズとともに水温も下がり傾向な雰囲気でした。

さて、この先の波は南西コンディションではこのエリアにとって反応が鈍くなりそうですが、予想されている台風の接近もあり、風が手伝って南ウネリが届くとその後に勢力が衰えたとしても先々週の熱低のサイズアップよりもしっかりした波質を狙えそうです。
潮の動きが大きい期間なので期待するサイズに足りなくても干潮時には反応が悪かったアウトの地形をメインに使える可能性があり、アウトにかけてハッキリと形になってる地形は確認できていませんが距離を狙える波を探せると思います。
通過後も南風のコンディションが続く予報からはクローズするようなサイズになってもこのエリアは右側の堤防で風とウネリを防げるポイントが多いので、潮の多い時間帯に合わせれば対応できる予想です。
サイズアップやカレントの働きで地形の変化にも期待したいですが、吹き返しの北東コンディションが来た場合は各ポイントで右側の地形に対して複雑なブレイクが目立ってしまうかもしれません。

最後に、水温ですが、今のところスプリングやタッパーで対応できているものの、この先の南西コンディションでシーガルが必要な冷たさになるかもしれません。

今回は以上となりますが、8/15週の更新はお休みをいただき、次回は8/22週の更新とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが予めご承知おきください。よろしくお願い致します。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(8/5)の更新から北東コンディションからのスタートとなり、南西コンディションの変わり目になった月曜日(8/8)の午前中までウネリをキープし、短いチャンスでしたが潮時よりも風の弱い時間帯を重視すれば、サイズや波数を満喫できていたと思います。
それでは、地形レポートです!

一宮

8/10水曜日8時半頃の様子から地形を判断します。潮は干潮寸前です。前回の更新期間の北東コンディションから日曜日(8/7)までのサイズアップでピークは頭くらいの波を狙えるチャンスがありましたが、今回もその後に強まった南風で落ち着くのが早まってしまいました。
_1
月曜日(8/8)からは再び腰〜腹程度の控え目な状態が続き、フェイスにヨレが入った滑り難いブレイクが目立っていました。
_2
地形としては北東コンディションの期間にカレントの変化もあってインサイドでは多少砂が動いた雰囲気でしたが、海水浴場エリアやファミマ側はアウトの地形が離れたまま、ミドル〜インサイドは深い仕上がりで、干潮時や満タンのショアブレイクを狙っても波数等の条件を含めて対応が悪くなっています。
_3
これまでメインに使っていた正面右側の地形に対しても際立った変化はないので、この時のような潮の少ないタイミングはミドル〜アウトを広く使えつつ、前回とほとんど同じ反応だったように思えました。
インサイドのまとまりはイマイチな印象ながら、サイズに対しては地形を広く使える状態をキープして他よりも距離を乗れていたので、上げ際に手前に集まるブレイクも狙えそうですが、引き始めからの時間帯の方が地形に合った狙え目かもしれません。

サンライズ

8/10水曜日9時半頃の地形レポートです。干潮の潮止まりです。ここも前回の更新期間の北東コンディションからサイズを狙いやすく、週末(8/6・7)は風の影響も少なく素直な波質を狙えるチャンスはあったものの、地形の状態からは全体的にアウトの地形が離れているので中間のセクションでブレイクが厚くなる波が多く、インサイドまでつながるエリアが限られてしまい、楽しめるサイズはありながら癖の強いブレイクだった印象です
_1
今週(8/8W)からは強まった南風コンディションでウネリはリセットされ、急激なサイズダウンで以前の乏しい反応に戻っています。
_2
この日の様子からも干潮時でしたがアウトからのブレイクが少ないサイズでは距離を狙えず、ギリギリブレイクするような力の弱い波質ではスポンジボードがちょうどよく遊べるような雰囲気になっていました。
_3
北東コンディションの頃のサイズアップも地形に大きな変化はなく、今のところ潮が多くなってもカレントが集まってまとまるピークも復活していません。
最近の波質も潮が動いているタイミングは影響を受けて変化が激しく狙い目が安定してしないので、引き際の広範囲な反応に変わる時間帯が無難だと思います。

東浪見

水曜日(8/10)10時半頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。潮の引きが大きい期間なので前回と比べて同じサイズに対して広範囲な反応ながら、やはりこのタイミングに限られた力の弱いギリギリなブレイクでした。
_1
この時はアウトに離れた狭い地形をロングボードやスポンジボードで遊ぶのがちょうどいい波でしたが、全体的にはサイズに対して深いエリアが目立って反応は悪い状態です。
左側はこの先の干潮時の反応に期待できつつ地形としての復活には程遠く、ミドルエリアが深いので胸以上ないとほとんどの時間帯がサイズ不足になってしまい、波が上がっても条件付きな雰囲気です。
_2
以前からも正面エリアに砂が集まっていた傾向ですが、北東コンディションの影響もなく、ここでは唯一インサイドまで繋がる地形ではあるものの他よりも波数が少なく際立った反応はありませんでした。
_3
右側に関してもこの時はアウトの限られた地形でロングボード専用のブレイクがありましたが、基本的には最近のサイズに対してショアブレイクしか狙えない状態が続いているので、今週からは再びサイズ待ちな印象になっています。
全体的にショアブレイクがまとまる地形もなく、この先の干潮の大きさを利用した狙い方が無難そうです。

志田

8/10水曜日11時半頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。前回更新直後のサイズアップから一転し、今週(8/8W)から強まっている南風の影響を受けてサイズとしては一宮〜東浪見方面と比べてかなり乏しい様子になっていました。
_1
週末(8/6・7)の様子ではサイズ的にアウトからのブレイクを狙えていたものの、全体的にはスモールコンディションの仕上がりで地形が手前にまとまっていたので、ミドル〜アウトの形がハッキリせず潮の動きに影響されて反応が不安定になっていました。
_2
この日に関してもこれまでと同じく正面〜右側で反応するピークをメインに腰前後のサイズまで対応できていましたが、潮が引いてアウトの地形を使えても手前の地形でワイドなショアブレイクになるので、距離を狙えなければ手前の地形に波が集まる潮時の方が多少でも乗り心地がいいかもしれません。
_3
潮が多くなるほどボヨつきが気になる状況でもあり、サイズ不足な雰囲気からは引き始めからが無難そうですが、上げ際を狙えるようなしっかりしたウネリが届いてほしいところです。

太東

水曜日8/10の12時半頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かってハーフタイドに近い時間帯です。
_1
前回以降の北東ウネリで他のポイントと同じく反応が良くなり、海水浴エリアではあるものの久しぶりに堤防周辺のブレイクやガスト方面の広範囲なブレイクを狙えていました。スモールコンディション仕上げの地形に対しては形やフェイスが緩く、南風コンディションで日曜日(8/7)の夕方の時点ではインサイドをメインに使うサイズに落ち着いていました。
_2
地形は変わらずギリギリのスネ〜ヒザサイズに対応できるインサイドの癖のない地形が残っているので、干潮前後の時間帯に限られながらもロングボードやスポンジボードでデビューできるビギナー向けな易しいブレイクをキープしていました。
_3
潮が多くなるほど多少ウネリのまとまりを狙えていましたが、距離を乗れずにボヨつきが強まる傾向なので、ここも引き際を基準にする方が悪影響の少ない時間帯を無難に遊べると思います。
サイズの変化はあると思いますが南風の期間は極小サイズでも癖のない波を探せるコンディションが続きそうです。

夷隅

8/10水曜日13時半頃の地形チェックレポートとなります。潮は上げに向かって中間くらいの時間帯です。前回更新後の北東コンディションから南風が吹く前までは久しぶりにここを狙えるサイズとウネリの向きではありましたが、ポイント的には他よりもショアブレイク狙いな深い地形でした。
_1
以前の反応が悪い状態からもビーチに砂が集まる傾向で中途半端なサイズでは反応する手前の地形も狭かったので、形があってもピークのまとまりやフェイスのクオリティーが低くウネリの厚さに対して滑り難そうな印象がありました。
_2
日曜日(8/7)の南東の風が吹いてからはサイドオンショアの悪影響が強まって様子が悪くなり、一宮〜太東方面で楽しめていた週末の期間は既に癖のある波が気になり始め、今週(8/8W)に入ってウネリがリセットされてからは再び反応が悪く、潮が少ない時間帯に関してもショアブレイク狙いすら厳しい状況です。
_3
潮の動きが大きくなる期間でもありますが今のところここに合うコンディションはなさそうなので、干潮前後のタイミングでショアブレイクの範囲が拡がるかもしれませんが、南風の影響を受けてヨレが強まると形としてはあまり期待できないと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、サイズの期待はありましたが、ウネリのまとまりが遅かったので前回更新直後はヨレやボヨつきが気になる風波が続き、この期間は一宮〜サンライズ方面に関しても風を防げるエリアに地形がなく普段よりも対応が悪かった印象です。
また、地形の影響でポイントごとに癖のあるブレイクではあったものの、このタイミングはこのエリア全体で久しぶりにサイズのある整った波を楽しめていた様子です。
ここ数日は南西コンディションでウネリはリセットされ、サイズとともに水温も下がり傾向な雰囲気でした。

さて、この先の波は南西コンディションではこのエリアにとって反応が鈍くなりそうですが、予想されている台風の接近もあり、風が手伝って南ウネリが届くとその後に勢力が衰えたとしても先々週の熱低のサイズアップよりもしっかりした波質を狙えそうです。
潮の動きが大きい期間なので期待するサイズに足りなくても干潮時には反応が悪かったアウトの地形をメインに使える可能性があり、アウトにかけてハッキリと形になってる地形は確認できていませんが距離を狙える波を探せると思います。
通過後も南風のコンディションが続く予報からはクローズするようなサイズになってもこのエリアは右側の堤防で風とウネリを防げるポイントが多いので、潮の多い時間帯に合わせれば対応できる予想です。
サイズアップやカレントの働きで地形の変化にも期待したいですが、吹き返しの北東コンディションが来た場合は各ポイントで右側の地形に対して複雑なブレイクが目立ってしまうかもしれません。

最後に、水温ですが、今のところスプリングやタッパーで対応できているものの、この先の南西コンディションでシーガルが必要な冷たさになるかもしれません。

今回は以上となりますが、8/15週の更新はお休みをいただき、次回は8/22週の更新とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが予めご承知おきください。よろしくお願い致します。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 太東・堤防横

11 11 11 11 11 11 11 12 12 12 12 12 12 12 12 13 13 13
時間 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06
天気
気温 25.7 26.3 30.4 31.0 31.3 29.4 27.9 27.3 27.4 27.5 30.3 31.9 31.4 29.5 28.1 27.6 27.6 28.2
波高
m
1.34 1.37 1.47 1.58 1.69 1.75 1.80 1.86 1.93 1.96 2.01 2.04 2.06 2.02 1.99 2.03 2.07 2.10
波向
風速
m/s
2.2 1.9 2.5 3.3 4.3 3.8 3.9 3.4 3.9 3.4 3.9 4.1 7.9 7.2 6.9 6.9 6.9 7.2
風向
潮位
cm
147 73 1 43 133 142 100 119 159 104 10 24 120 152 98 100 157 132
11 11 11 11 11 11 11 12 12 12 12 12 12 12 12 13 13 13
時間 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06
天気
気温 25.7 26.3 30.4 31.0 31.3 29.4 27.9 27.3 27.4 27.5 30.3 31.9 31.4 29.5 28.1 27.6 27.6 28.2
波高
m
1.34 1.37 1.47 1.58 1.69 1.75 1.80 1.86 1.93 1.96 2.01 2.04 2.06 2.02 1.99 2.03 2.07 2.10
波向
風速
m/s
2.2 1.9 2.5 3.3 4.3 3.8 3.9 3.4 3.9 3.4 3.9 4.1 7.9 7.2 6.9 6.9 6.9 7.2
風向
潮位
cm
147 73 1 43 133 142 100 119 159 104 10 24 120 152 98 100 157 132

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉北)

    グラフ 13 (土)
    グラフ 14 (日)
    グラフ 15 (月)
    グラフ 16 (火)
    グラフ 17 (水)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉北)

    グラフ 13 (土)
    グラフ 14 (日)
    グラフ 15 (月)
    グラフ 16 (火)
    グラフ 17 (水)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。