椎名内-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 椎名内

千葉北 椎名内の波情報

ポイントガイド

飯岡河口Pからさらに海岸線を1kmあまり西に進んだあたり。
サイズが小さければファンウェイブでビギナーの練習にも適しているが、ひとたびサイズアップすると右に向かって強烈なカレントが発生するので注意が必要。飯岡方面よりも西よりの風に強い。
千葉北のサーフィンスポット椎名内の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 中/南南東/オンショア

  • フェイス

    B まぁまぁ

  • 人数

    0 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    20.4℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    椎名内・安太郎下

    椎名内・堤防横

    定点

    椎名内・中央

    定点

    椎名内・右側

    定点
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 椎名内

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    椎名内

    1. 00 >>>>>>>>> 85
    2. 01 >>>>>>>>> 81
    3. 02 >>>>>>>>> 81
    4. 03 >>>>>>>>> 86
    5. 04 >>>>>>>>>> 93
    6. 05 >>>>>>>>>> 99
    7. 06 >>>>>>>>>>> 104
    8. 07 >>>>>>>>>>> 105
    9. 08 >>>>>>>>>> 100
    10. 09 >>>>>>>>> 89
    11. 10 >>>>>>>> 75
    12. 11 >>>>>> 60
    13. 12 >>>>> 46
    14. 13 >>>> 36
    15. 14 >>>> 32
    16. 15 >>>> 36
    17. 16 >>>>> 46
    18. 17 >>>>>> 60
    19. 18 >>>>>>>> 76
    20. 19 >>>>>>>>> 90
    21. 20 >>>>>>>>>> 99
    22. 21 >>>>>>>>>>> 102
    23. 22 >>>>>>>>>> 100
    24. 23 >>>>>>>>>> 95
    1. 00 >>>>>>>>> 88
    2. 01 >>>>>>>>> 81
    3. 02 >>>>>>>> 77
    4. 03 >>>>>>>> 76
    5. 04 >>>>>>>> 79
    6. 05 >>>>>>>>> 84
    7. 06 >>>>>>>>> 89
    8. 07 >>>>>>>>>> 93
    9. 08 >>>>>>>>>> 94
    10. 09 >>>>>>>>> 90
    11. 10 >>>>>>>>> 83
    12. 11 >>>>>>>> 73
    13. 12 >>>>>>> 62
    14. 13 >>>>>> 51
    15. 14 >>>>> 44
    16. 15 >>>>> 42
    17. 16 >>>>> 47
    18. 17 >>>>>> 57
    19. 18 >>>>>>>> 71
    20. 19 >>>>>>>>> 84
    21. 20 >>>>>>>>>> 96
    22. 21 >>>>>>>>>>> 102
    23. 22 >>>>>>>>>>> 103
    24. 23 >>>>>>>>>> 99
    1. 00 >>>>>>>>>> 92
    2. 01 >>>>>>>>> 84
    3. 02 >>>>>>>> 75
    4. 03 >>>>>>> 70
    5. 04 >>>>>>> 67
    6. 05 >>>>>>> 69
    7. 06 >>>>>>>> 72
    8. 07 >>>>>>>> 77
    9. 08 >>>>>>>>> 82
    10. 09 >>>>>>>>> 84
    11. 10 >>>>>>>>> 85
    12. 11 >>>>>>>> 80
    13. 12 >>>>>>>> 74
    14. 13 >>>>>>> 66
    15. 14 >>>>>> 58
    16. 15 >>>>>> 53
    17. 16 >>>>>> 52
    18. 17 >>>>>> 58
    19. 18 >>>>>>> 68
    20. 19 >>>>>>>> 80
    21. 20 >>>>>>>>>> 92
    22. 21 >>>>>>>>>>> 101
    23. 22 >>>>>>>>>>> 105
    24. 23 >>>>>>>>>>> 104
    潮回り

    小潮

    満潮

    07:17 / 21:45

    干潮

    02:05 / 14:41

    日出/日入

    04:20 / 18:54

    潮回り

    小潮

    満潮

    08:22 / 22:20

    干潮

    03:20 / 15:24

    日出/日入

    04:20 / 18:54

    潮回り

    長潮

    満潮

    10:02 / 22:55

    干潮

    04:48 / 16:12

    日出/日入

    04:20 / 18:55

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 椎名内

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2024/06/13 04:20

千葉北 エリア 波概況

明日もウネリは続く傾向。

[ビギナーアドバイス]


明日もウネリは続く傾向。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 11:00 / 18:45

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


今週に入って潮が上げるタイミングのボリュームアップすらなくなっていましたが、控えめな低気圧が停滞しながら北東の沖に抜けてたので、火曜日(6/4)の夕方の時点でウネリの雰囲気を感じるフェイスや形のまとまりがあり、一時的だと思いますが水曜日(6/5)の朝や夕方の潮がある時間はボヨつきながらも頭以上のサイズまで狙えていました。

それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(6/5)10時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。日曜日(6/2)に予想していた南東コンディションがなくなって北東コンディションの強まりが続いてしまい、ここにとっては他のポイントよりも風向きとしては都合のいい雰囲気ではあったものの、控えめな台風の余波がリセットされてからは東ウネリの反応も遅れ、最近は風波の対応だった印象です。
一宮1
前日(6/4)の夕方からはバラついた風波ブレイクの中に乗りしろのあるフェイスやサイズ感のある波質が反応し始めていて、この日になってようやく胸〜肩のまとまりを狙えていた状況です。地形に対しても前回のようなサイズ不足な印象はなく、潮の少なさからはワイドなピークや形のバラつきが目立っていましたが、ミドル〜アウトをメインに使えるブレイクなので、インサイドの深いセクションや中間のボヨつきを回避できる波を選べていたと思います。
一宮2
正面右側で北東コンディションの悪影響が目立っていたものの、地形にとってのサイズは十分だったので、潮は少ないながらに堤防周辺の微妙なまとまりで距離を遊べる波を探せていて、比較的風を防げる左側やファミマ側を基準に無難な形を狙えたいた様子です。
一宮3
サイズが反応し始めたこの日のオンショアは、ボヨついたとしても上げ際のボリュームアップや形のまとまりに可能性があり、最低限のサイズのキープにも期待できる反応に思えました。

サンライズ

6/5水曜日11時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。南東コンディションの東ウネリで右側のレギュラーの出番かと思いましたが、週末以降も北東コンディションに影響されて風の変わり目を狙えず、台風のウネリが控えめになったり予想していた反応が遅れて風波のバラつきが気になるブレイクが増えていました。
サンライズ1
やはり、前日(6/4)から少しずつ波のまとまりを感じるサイズや乗りしろのあるフェイスが反応し始め、この日になってようやくハッキリしたブレイクが復活した印象です。地形としては中間の深さやカレントセクションが残っていたものの、左側半分を基準にすると以前よりインサイドのまとまりを取り戻していて、この時のような潮が少ない時間に関してはミドル〜アウトをメインにボヨつくエリアを回避しながら対応できていた様子です。
サンライズ2
北東コンディションがきっかけになったサイズアップなので、右側の地形に対しては予想していた南東と違って逆走する反応は距離を狙い難くなっていましたが、左側にとっては悪影響の少ないコンディションとなって遊べる形を探せていました。
サンライズ3
潮が多い時間のボヨつきはありつつ、この日の胸〜肩は左側を基準に潮が多い時間の対応をキープしていたので、上げ際のまとまりやボリュームアップで無難な形を狙えるかもしれません。風の影響がなかったり、乏しさを感じるサイズでは引きに向かう潮の変化が無難に思えますが、安定した肩以上のブレイクやオンショアの場合は上げ際のまとまりに可能性がありそうです。

東浪見

6/5水曜日12時頃の地形レポートです。潮は上げに向かってハーフタイドに近い時間帯です。前回以降の北東コンディションで風波が続いてしまい、地形としては一宮やサンライズよりもインサイド〜ミドルエリアの手前を重視した対応ながら、比較するとオンショアのヨレや不安定なピークは癖の悪さが際立ってしまい、カレントと重なるショアブレイク気味なフェイスが厄介な反応になっていました。
東浪見1
この日のサイズはアウトにできるピークをメインに変わらずポイントを広く使えていて、サンライズと同じく正面に残るカレントエリアに関してもサイズ不足でボヨつきが目立っていましたが、胸〜肩以上からは地形に沿ったブレイクで形を探せる状態になっていました。
東浪見2
全体的に地形のバラつきが解消しきれず、この時の潮の少なさは形のまとまりに期待できない印象ながら、サイズ的にはハーフタイドを基準にした上げに向かう変化でボヨつく前の形を狙えそうでした。
東浪見3
ここも右側の地形にとって余計なカレントが働くコンディションなので距離を狙い難くなっていましたが、風の弱まりと波向の変化があれば東〜南東の高気圧ウネリでレギュラーの可能性があり、胸〜肩あれば狙い目となる潮時や乗りしろのあるフェイスをキープできると思います。

志田

6/5火曜日13時頃の様子から地形を判断します。潮は上げに向かうハーフタイドの時間帯です。予想していた南東コンディションを狙えず、前回以降もオンショアの弱まりやサイズに期待できない状況が続き、週末に行われた支部予選の様子からもヨレや重なりに影響されたショアブレイク気味な反応に苦戦させられていた印象です。
志田1
台風の勢力からはオンショアながら風波が続いて余計なウネリの影響はなかったものの、カレントの働きで地形にとってはバラつきが気になる変化でもあり、右側〜正面エリアのレギュラーは雰囲気を残しつつ、3月後半や4月のような仕上がったばかりの頃と比べて素直なブレイクが減ったように思います。
志田2
この日のサイズアップに関してもオンショア続きな状況からはサイズ以上に余計なカレントが働いていて、この時の上げに向かう変化で波の形はまとまり傾向でしたが、変化の最中もカレントの強弱が激しくタイミングによって変わりやすい状況でした。
志田3
オフショアの期間は引き始めからの変化に狙い目がありましたが、オンショアに対しては上げ際が無難な傾向になっています。満タン前後のボヨりが気になりつつ、潮の変化の中に形のまとまりや比較的滑り易いフェイスに化ける時間帯がありました。

太東

水曜日6/5の15時頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かう満タン寸前の時間帯です。
太東1
前回以降のコンディションは以前のような面ツルを狙えなかったものの、サイズをキープするきっかけになっていたので、更新後に残った台風からのウネリや昨日(6/4)からのウネリの復活はオンショアながら意外や対応できる波を探せていた雰囲気です。
太東2
一時的に風が弱まった土曜日(6/1)の日中やこの日時の東風コンディションはブレイクに悪影響が少なく、比較すると他のポイントよりも安定している地形は堤防周辺のレギュラーを基準にガスト寄りにかけてピークを選べていて、ウネリがリセットされた月曜日(6/3)を除くと潮時によって距離も狙えていたと思います。
太東3
特にこの日のような腹〜胸サイズからは潮が多い時間にボヨついても形のまとまりを探しやすく、それでいて途切れずにインサイドまで乗れていたので、潮位の調節ができれば膝〜胸・肩範囲の対応が確保されそうです。ワイドなブレイクが目立つ頭以上にならなければ形もキープできると思います。

夷隅

6/5水曜日の16時頃の地形チェックレポートとなります。満タンの潮止まりです。前回の更新直後に反応した台風の余波もここにとってハッキリしたブレイクにならず、干潮前後の限られたタイミングの対応はできていたものの、以前から感じている地形が手前に集まる傾向はミドルエリアの仕上がりに対してサイズ不足な印象が強かったので、キープしているインサイドが基準になる状態では北東の風でリセットされた風波の反応も乗りしろのないショアブレイクとなってしまい、他のポイントよりも風を防げていながら潮の変化にも信用できない雰囲気でした。
いすみ1
この日のウネリの復活に関してはこの時の時間帯にヨレやボヨつきが強まってしまい波数や形も不安定な印象でしたが、潮の上げでボリュームアップした波が手前に集まると滑りのいいフェイスになっていて、ミドルエリアでシフトしてできるピークは距離を狙えなくても上級者が遊ぶには面白いブレイクに思えました。
いすみ2
干潮に向かう変化ならミドルエリアをメインに使うにも十分なサイズで、胸くらいのウネリをキープできればこの先の干潮の大きさで賞味期限が延びる可能性があると思います。
いすみ3
地形に働きかけるコンディションが少なくなり、アウトの広がりが悪い傾向からは形の複雑さも気になりつつ、この日は癖のあるブレイクの中に滑りのいい波を探せるサイズが届いていました。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、今年一発目となった台風の通過は勢力の衰えで特別なウネリは届かず、胸〜肩範囲のお手頃感はありましたが、期待していた日曜日の南東コンディションがなくなった事で東ウネリの反応や風向きの変化もありませんでした。落ち着きの早さと月〜火曜日にかけてリセット傾向だったサイズ感からは、オンショアの悪影響に負けたブレイクが目立ってしまい、潮が少なくなる時間帯は特に癖の強い反応が増えていたと思います。
このエリアで比較的風を防げる一宮方面の出番が増えていましたが、地形の状態を含めて風やヨレを防げるエリアが限られていて混雑しやすい様子でもありました。
深いセクションが気になるポイントにとっては手前のまとまりが解消傾向に働いていますが、全体的にミドル〜アウトの地形のバラつきと潮時の変化に影響されている雰囲気なので、サイズが復活しても安定した形や距離を狙えるブレイクが少ない印象でした。
さて、この先の波は木曜日(6/6)の朝の時点で胸・肩〜頭以上のサイズを狙えていて、カレントと重なるピークや普段狙えないアウトからのブレイク等、風の影響もなく形をキープするMaxコンディションを楽しめていました。
地形の様子からはバラつきや癖の強いセクションが各ポイントに点在しているので、潮の動きによって変化が激しい状態は変わらず、サイズによって狙い目の調整が必要だと思います。
今のところ沖から張り出す高気圧や低気圧の通過が予想されていて、ハッキリした反応にならなくもウネリのきっかけがあり、沖の東風コンディションをキープしながら週明け(6/10)にかけてお手軽な波質やサイズを届けてくれる雰囲気です。
風の弱さからも余計なカレントの悪影響が少なく狙い目になる潮位を合わせやすいので、予報通りなら癖のない波を乗り貯めができる期間かもしれません。
胸〜肩サイズが確保されればサンライズ・東浪見の右側でレギュラーの形を探しやすく、その他の地形に対しても距離を妥協すれば楽しめるセクションが見つかると思います。

最後に、水温ですが、南風のコンディションによって冷え込みが気になっていた水温も前回以降のオンショアで18℃前後に復活しているので、外気とのバランスによってはシーガルやスプリングの対応で問題なさそうです



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


今週に入って潮が上げるタイミングのボリュームアップすらなくなっていましたが、控えめな低気圧が停滞しながら北東の沖に抜けてたので、火曜日(6/4)の夕方の時点でウネリの雰囲気を感じるフェイスや形のまとまりがあり、一時的だと思いますが水曜日(6/5)の朝や夕方の潮がある時間はボヨつきながらも頭以上のサイズまで狙えていました。

それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(6/5)10時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。日曜日(6/2)に予想していた南東コンディションがなくなって北東コンディションの強まりが続いてしまい、ここにとっては他のポイントよりも風向きとしては都合のいい雰囲気ではあったものの、控えめな台風の余波がリセットされてからは東ウネリの反応も遅れ、最近は風波の対応だった印象です。
一宮1
前日(6/4)の夕方からはバラついた風波ブレイクの中に乗りしろのあるフェイスやサイズ感のある波質が反応し始めていて、この日になってようやく胸〜肩のまとまりを狙えていた状況です。地形に対しても前回のようなサイズ不足な印象はなく、潮の少なさからはワイドなピークや形のバラつきが目立っていましたが、ミドル〜アウトをメインに使えるブレイクなので、インサイドの深いセクションや中間のボヨつきを回避できる波を選べていたと思います。
一宮2
正面右側で北東コンディションの悪影響が目立っていたものの、地形にとってのサイズは十分だったので、潮は少ないながらに堤防周辺の微妙なまとまりで距離を遊べる波を探せていて、比較的風を防げる左側やファミマ側を基準に無難な形を狙えたいた様子です。
一宮3
サイズが反応し始めたこの日のオンショアは、ボヨついたとしても上げ際のボリュームアップや形のまとまりに可能性があり、最低限のサイズのキープにも期待できる反応に思えました。

サンライズ

6/5水曜日11時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。南東コンディションの東ウネリで右側のレギュラーの出番かと思いましたが、週末以降も北東コンディションに影響されて風の変わり目を狙えず、台風のウネリが控えめになったり予想していた反応が遅れて風波のバラつきが気になるブレイクが増えていました。
サンライズ1
やはり、前日(6/4)から少しずつ波のまとまりを感じるサイズや乗りしろのあるフェイスが反応し始め、この日になってようやくハッキリしたブレイクが復活した印象です。地形としては中間の深さやカレントセクションが残っていたものの、左側半分を基準にすると以前よりインサイドのまとまりを取り戻していて、この時のような潮が少ない時間に関してはミドル〜アウトをメインにボヨつくエリアを回避しながら対応できていた様子です。
サンライズ2
北東コンディションがきっかけになったサイズアップなので、右側の地形に対しては予想していた南東と違って逆走する反応は距離を狙い難くなっていましたが、左側にとっては悪影響の少ないコンディションとなって遊べる形を探せていました。
サンライズ3
潮が多い時間のボヨつきはありつつ、この日の胸〜肩は左側を基準に潮が多い時間の対応をキープしていたので、上げ際のまとまりやボリュームアップで無難な形を狙えるかもしれません。風の影響がなかったり、乏しさを感じるサイズでは引きに向かう潮の変化が無難に思えますが、安定した肩以上のブレイクやオンショアの場合は上げ際のまとまりに可能性がありそうです。

東浪見

6/5水曜日12時頃の地形レポートです。潮は上げに向かってハーフタイドに近い時間帯です。前回以降の北東コンディションで風波が続いてしまい、地形としては一宮やサンライズよりもインサイド〜ミドルエリアの手前を重視した対応ながら、比較するとオンショアのヨレや不安定なピークは癖の悪さが際立ってしまい、カレントと重なるショアブレイク気味なフェイスが厄介な反応になっていました。
東浪見1
この日のサイズはアウトにできるピークをメインに変わらずポイントを広く使えていて、サンライズと同じく正面に残るカレントエリアに関してもサイズ不足でボヨつきが目立っていましたが、胸〜肩以上からは地形に沿ったブレイクで形を探せる状態になっていました。
東浪見2
全体的に地形のバラつきが解消しきれず、この時の潮の少なさは形のまとまりに期待できない印象ながら、サイズ的にはハーフタイドを基準にした上げに向かう変化でボヨつく前の形を狙えそうでした。
東浪見3
ここも右側の地形にとって余計なカレントが働くコンディションなので距離を狙い難くなっていましたが、風の弱まりと波向の変化があれば東〜南東の高気圧ウネリでレギュラーの可能性があり、胸〜肩あれば狙い目となる潮時や乗りしろのあるフェイスをキープできると思います。

志田

6/5火曜日13時頃の様子から地形を判断します。潮は上げに向かうハーフタイドの時間帯です。予想していた南東コンディションを狙えず、前回以降もオンショアの弱まりやサイズに期待できない状況が続き、週末に行われた支部予選の様子からもヨレや重なりに影響されたショアブレイク気味な反応に苦戦させられていた印象です。
志田1
台風の勢力からはオンショアながら風波が続いて余計なウネリの影響はなかったものの、カレントの働きで地形にとってはバラつきが気になる変化でもあり、右側〜正面エリアのレギュラーは雰囲気を残しつつ、3月後半や4月のような仕上がったばかりの頃と比べて素直なブレイクが減ったように思います。
志田2
この日のサイズアップに関してもオンショア続きな状況からはサイズ以上に余計なカレントが働いていて、この時の上げに向かう変化で波の形はまとまり傾向でしたが、変化の最中もカレントの強弱が激しくタイミングによって変わりやすい状況でした。
志田3
オフショアの期間は引き始めからの変化に狙い目がありましたが、オンショアに対しては上げ際が無難な傾向になっています。満タン前後のボヨりが気になりつつ、潮の変化の中に形のまとまりや比較的滑り易いフェイスに化ける時間帯がありました。

太東

水曜日6/5の15時頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かう満タン寸前の時間帯です。
太東1
前回以降のコンディションは以前のような面ツルを狙えなかったものの、サイズをキープするきっかけになっていたので、更新後に残った台風からのウネリや昨日(6/4)からのウネリの復活はオンショアながら意外や対応できる波を探せていた雰囲気です。
太東2
一時的に風が弱まった土曜日(6/1)の日中やこの日時の東風コンディションはブレイクに悪影響が少なく、比較すると他のポイントよりも安定している地形は堤防周辺のレギュラーを基準にガスト寄りにかけてピークを選べていて、ウネリがリセットされた月曜日(6/3)を除くと潮時によって距離も狙えていたと思います。
太東3
特にこの日のような腹〜胸サイズからは潮が多い時間にボヨついても形のまとまりを探しやすく、それでいて途切れずにインサイドまで乗れていたので、潮位の調節ができれば膝〜胸・肩範囲の対応が確保されそうです。ワイドなブレイクが目立つ頭以上にならなければ形もキープできると思います。

夷隅

6/5水曜日の16時頃の地形チェックレポートとなります。満タンの潮止まりです。前回の更新直後に反応した台風の余波もここにとってハッキリしたブレイクにならず、干潮前後の限られたタイミングの対応はできていたものの、以前から感じている地形が手前に集まる傾向はミドルエリアの仕上がりに対してサイズ不足な印象が強かったので、キープしているインサイドが基準になる状態では北東の風でリセットされた風波の反応も乗りしろのないショアブレイクとなってしまい、他のポイントよりも風を防げていながら潮の変化にも信用できない雰囲気でした。
いすみ1
この日のウネリの復活に関してはこの時の時間帯にヨレやボヨつきが強まってしまい波数や形も不安定な印象でしたが、潮の上げでボリュームアップした波が手前に集まると滑りのいいフェイスになっていて、ミドルエリアでシフトしてできるピークは距離を狙えなくても上級者が遊ぶには面白いブレイクに思えました。
いすみ2
干潮に向かう変化ならミドルエリアをメインに使うにも十分なサイズで、胸くらいのウネリをキープできればこの先の干潮の大きさで賞味期限が延びる可能性があると思います。
いすみ3
地形に働きかけるコンディションが少なくなり、アウトの広がりが悪い傾向からは形の複雑さも気になりつつ、この日は癖のあるブレイクの中に滑りのいい波を探せるサイズが届いていました。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、今年一発目となった台風の通過は勢力の衰えで特別なウネリは届かず、胸〜肩範囲のお手頃感はありましたが、期待していた日曜日の南東コンディションがなくなった事で東ウネリの反応や風向きの変化もありませんでした。落ち着きの早さと月〜火曜日にかけてリセット傾向だったサイズ感からは、オンショアの悪影響に負けたブレイクが目立ってしまい、潮が少なくなる時間帯は特に癖の強い反応が増えていたと思います。
このエリアで比較的風を防げる一宮方面の出番が増えていましたが、地形の状態を含めて風やヨレを防げるエリアが限られていて混雑しやすい様子でもありました。
深いセクションが気になるポイントにとっては手前のまとまりが解消傾向に働いていますが、全体的にミドル〜アウトの地形のバラつきと潮時の変化に影響されている雰囲気なので、サイズが復活しても安定した形や距離を狙えるブレイクが少ない印象でした。
さて、この先の波は木曜日(6/6)の朝の時点で胸・肩〜頭以上のサイズを狙えていて、カレントと重なるピークや普段狙えないアウトからのブレイク等、風の影響もなく形をキープするMaxコンディションを楽しめていました。
地形の様子からはバラつきや癖の強いセクションが各ポイントに点在しているので、潮の動きによって変化が激しい状態は変わらず、サイズによって狙い目の調整が必要だと思います。
今のところ沖から張り出す高気圧や低気圧の通過が予想されていて、ハッキリした反応にならなくもウネリのきっかけがあり、沖の東風コンディションをキープしながら週明け(6/10)にかけてお手軽な波質やサイズを届けてくれる雰囲気です。
風の弱さからも余計なカレントの悪影響が少なく狙い目になる潮位を合わせやすいので、予報通りなら癖のない波を乗り貯めができる期間かもしれません。
胸〜肩サイズが確保されればサンライズ・東浪見の右側でレギュラーの形を探しやすく、その他の地形に対しても距離を妥協すれば楽しめるセクションが見つかると思います。

最後に、水温ですが、南風のコンディションによって冷え込みが気になっていた水温も前回以降のオンショアで18℃前後に復活しているので、外気とのバランスによってはシーガルやスプリングの対応で問題なさそうです



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 椎名内

13 13 13 13 13 13 14 14 14 14 14 14 14 14 15 15 15 15
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 20.3 23.8 24.8 24.6 23.3 21.3 19.1 18.5 20.3 26.0 27.9 27.7 23.7 22.2 20.8 19.4 20.7 24.7
波高
m
0.78 0.78 0.79 0.86 0.94 1.01 1.04 1.07 1.09 1.09 1.09 1.08 1.06 1.05 1.02 1.00 0.98 0.97
波向
風速
m/s
1.0 1.5 2.0 3.4 2.1 1.0 1.7 1.2 1.5 2.4 4.1 4.0 3.6 2.9 1.9 0.0 0.5 3.4
風向
潮位
cm
104 89 46 36 76 102 88 76 89 90 62 42 71 102 92 70 72 84
13 13 13 13 13 13 14 14 14 14 14 14 14 14 15 15 15 15
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 20.3 23.8 24.8 24.6 23.3 21.3 19.1 18.5 20.3 26.0 27.9 27.7 23.7 22.2 20.8 19.4 20.7 24.7
波高
m
0.78 0.78 0.79 0.86 0.94 1.01 1.04 1.07 1.09 1.09 1.09 1.08 1.06 1.05 1.02 1.00 0.98 0.97
波向
風速
m/s
1.0 1.5 2.0 3.4 2.1 1.0 1.7 1.2 1.5 2.4 4.1 4.0 3.6 2.9 1.9 0.0 0.5 3.4
風向
潮位
cm
104 89 46 36 76 102 88 76 89 90 62 42 71 102 92 70 72 84

千葉北 エリア 週間波予想
(fuji)

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 14 (金)
    グラフ 15 (土)
    グラフ 16 (日)
    グラフ 17 (月)
    グラフ 18 (火)
  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 14 (金)
    グラフ 15 (土)
    グラフ 16 (日)
    グラフ 17 (月)
    グラフ 18 (火)
  • 週間予想

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。