飯岡・信号下-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 飯岡・信号下

千葉北 飯岡・信号下の波情報

ポイントガイド

飯岡漁港の西側に位置する飯岡海水浴場の左端。
飯岡周辺のブレイクの質はサンドバー次第で変わりやすいが、千葉の天敵、北東風をかわせるため、この風が吹くとサーファーが集中してポイントパニックになりやすい。サイズが上がると消波ブロック脇に強いカレントが発生するので注意が必要!
千葉北のサーフィンスポット飯岡・信号下の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 弱/東/サイド

  • フェイス

    A 良好

  • 人数

    22 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    25.7℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    飯岡周辺

    ワイド

    飯岡メイン(いいおか潮騒ホテル前)

    定点

    飯岡・信号下

    定点

    飯岡

    live

    ※ゴールド&プラチナ会員の方は特典として、通常は有料(200円/月)のライブストリーミングが無料でご利用可能です。

  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 飯岡・信号下

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    飯岡・信号下

    1. 00 >>>>>>>>>>> 108
    2. 01 >>>>>>>>>> 98
    3. 02 >>>>>>>>> 85
    4. 03 >>>>>>> 69
    5. 04 >>>>>> 53
    6. 05 >>>> 40
    7. 06 >>>> 32
    8. 07 >>> 30
    9. 08 >>>> 36
    10. 09 >>>>> 48
    11. 10 >>>>>>> 63
    12. 11 >>>>>>>> 78
    13. 12 >>>>>>>>>> 93
    14. 13 >>>>>>>>>>> 103
    15. 14 >>>>>>>>>>> 109
    16. 15 >>>>>>>>>>> 110
    17. 16 >>>>>>>>>>> 108
    18. 17 >>>>>>>>>>> 105
    19. 18 >>>>>>>>>>> 102
    20. 19 >>>>>>>>>>> 102
    21. 20 >>>>>>>>>>> 104
    22. 21 >>>>>>>>>>> 109
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 114
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 118
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 119
    2. 01 >>>>>>>>>>>> 114
    3. 02 >>>>>>>>>>> 103
    4. 03 >>>>>>>>> 86
    5. 04 >>>>>>> 66
    6. 05 >>>>> 47
    7. 06 >>>> 31
    8. 07 >>> 21
    9. 08 >> 19
    10. 09 >>> 29
    11. 10 >>>>> 44
    12. 11 >>>>>>> 64
    13. 12 >>>>>>>>> 84
    14. 13 >>>>>>>>>>> 102
    15. 14 >>>>>>>>>>>> 113
    16. 15 >>>>>>>>>>>> 118
    17. 16 >>>>>>>>>>>> 117
    18. 17 >>>>>>>>>>>> 111
    19. 18 >>>>>>>>>>> 105
    20. 19 >>>>>>>>>> 100
    21. 20 >>>>>>>>>> 99
    22. 21 >>>>>>>>>>> 102
    23. 22 >>>>>>>>>>> 109
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 118
    1. 00 >>>>>>>>>>>>> 124
    2. 01 >>>>>>>>>>>>> 126
    3. 02 >>>>>>>>>>>>> 121
    4. 03 >>>>>>>>>>> 107
    5. 04 >>>>>>>>> 86
    6. 05 >>>>>>> 62
    7. 06 >>>> 38
    8. 07 >> 20
    9. 08 >> 11
    10. 09 > 10
    11. 10 >>> 25
    12. 11 >>>>> 46
    13. 12 >>>>>>> 70
    14. 13 >>>>>>>>>> 93
    15. 14 >>>>>>>>>>>> 112
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 122
    17. 16 >>>>>>>>>>>>> 124
    18. 17 >>>>>>>>>>>> 118
    19. 18 >>>>>>>>>>> 109
    20. 19 >>>>>>>>>> 100
    21. 20 >>>>>>>>>> 94
    22. 21 >>>>>>>>>> 93
    23. 22 >>>>>>>>>>> 101
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 112
    潮回り

    若潮

    満潮

    15:26 / 19:20

    干潮

    07:21

    日出/日入

    04:55 / 18:26

    潮回り

    中潮

    満潮

    00:17 / 15:53

    干潮

    08:14 / 20:24

    日出/日入

    04:56 / 18:25

    潮回り

    中潮

    満潮

    01:29 / 16:20

    干潮

    09:00 / 21:08

    日出/日入

    04:56 / 18:24

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 飯岡・信号下

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2020/08/15 01:40

千葉北 エリア 波概況

明日もウネリは残りそう。

[ビギナーアドバイス]


明日もウネリは残りそう。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。

gatyapin_2
前回(8/7)の更新からも風の弱いコンディションで整ったフェイスを狙える状態ではありましたが、各ポイントでインサイドの地形に限られたショアブレイクしか狙えない状況が続いていました。

潮の動きが小さかったので干潮時のアウトの地形を狙う作戦もイマイチ発揮できず、サイズが足りない雰囲気からは大潮の期間だったとしてもウネリがペラペラになってしまうと簡単には滑れなくなっていたかもしれません。

インサイドに浅瀬ができているポイントが多いので、手前の地形に限られながらもスモールコンディションに対しては1日を通して大きな変化がなく、時間帯にも影響されず安定はしていたと思います。その中でも無難な潮が上げに向かう時間帯はサイズがあるような雰囲気になっていたようです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
8/12水曜日の16時頃。動きはほとんどありませんが干潮の潮止まりの時間帯で、地形にとってもピークがまとまるような状況でもなく、全体的に中間のセクションが深い状態でもあり、インサイドの不規則なショアブレイクの地形がメインになってしまいました。_1それでも手前の地形が多少ながら広がってはいたので、干潮の時間帯に腹~胸近いサイズが届くとミドルエリアからブレイクするピークもあり、潮の動きが小さいので特にウネリが痩せるような現象もなく狙えていたと思います。_2今回の期間は潮の動きが小さいので胸以上のサイズにならないとミドル~アウトの地形を使えるようにならない様子で、インサイドの浅い地形がメインなので、一般の海水浴している方に注意が必要かもしれません。


【サンライズ】
8/12水曜日の16時半頃の様子から地形を判断します。潮は上げ始めの時間帯で激浅な様子ながらも、インサイドでは腰~腹サイズで多少横に滑れる程度の地形はあって、潮の動きが小さいのでカレントに影響されたシャバシャバなブレイクにもならずにギリギリまとまりをキープした波だと思います。_1地形としてはミドルエリアのボヨつきは気になるものの、アウトには胸以上のサイズから反応するピークが堤防周辺や中央寄りに残ってそうなので、潮の変化にはあまり期待できませんが条件を満たすサイズになれば厚いフェイスが目立っても形が安定するピークがでてくると思います。_2最近の様子からは全体的にインサイドの地形がメインなので、潮が上げている最中や引き始めが無難ではあるものの、余計なカレントが目立たないので干潮の浅い時間帯を含めて悪影響は少ない波になっていました。


【東浪見】
8/12水曜日の18時頃。潮は上げ始めの時間帯での地形チェックで地形としては中央寄りのカレントに影響されたエリアで複雑な形になる波が目立っているものの、左右の堤防周辺には砂の集まったセクションがあり、特に左側の浅い地形に関しては最近のスモールコンディションにも対応できそうではありながら、特に際立ったピークがないので形としては楽しむには難しいブレイクのようです。_1整ったフェイスを狙えていましたが、カレントが働いていない雰囲気からは砂の集まったエリアも役にたたず、潮の動きに対しても大きな変化がないので、1日を通して波質は安定していますが、ピークの位置やブレイクに大きな変化もなく残念ながらサイズ待ちな状況です。_2潮の少ない時間帯を狙っても、ミドルエリアのボヨついた反応では距離を狙いにくく、右側でロングボードを使って対応するにしても腰~腹サイズでは見た目よりもピークを掴むのに苦戦するかもしれません。やはり腹~胸サイズのコンディションにならないと楽しめない様子でした。


【志田】
ここからは木曜日のチェックとなります。_1木曜日8/12の11時頃。潮は上げに向かって満タン寸前で、右側では長い間キープしているアウトの地形があるので、この時のような潮の多い時間帯も広い範囲で反応して潮があってもアウト寄りのブレイクを狙えていました。_2潮の動きは小さい期間ですが、干潮の時間帯で腹~胸サイズをキープしている日があれば、見た目よりも力の弱い波質だったとしても、アウトの地形で距離を狙える可能もあって正面から左側にかけてのミドルエリアにも楽しめるピークが増えそうでした。_3干潮のアウト狙いもありかもしれませんが、最近のサイズに対しては手前の地形にまとまった方がサイズ感を含めて滑れていたようです。サイズが足りないだけで全体的な地形は悪くない状態だと思います。


【太東】
8/12木曜日の12時頃。満タンの潮止まりで、1日の中でもほとんどの時間でウネリのみの状態が目立ち、干潮狙いなので力の弱い波だとロングボード専用になり、一宮と同じくサーファー以外にも海水浴の人が増えると普段より注意が必要ですね。_1地形に影響があるようなコンディションもなく、これまで通り堤防から少し離れたエリアをサイズと潮のタイミング次第で狙える地形ではありますが、今回は潮が動かない期間なのでサイズが必要になりそうです。_2

【夷隅】
8/12木曜日の13時頃。潮は引きに向かいますがほとんど動かない状況で、ここにとっては珍しいほどカレントが目立たない日が多く、普段のような反応がなくてもシフトしてピークの形になろうとする雰囲気も見ていて感じられないので、ミドルエリアのコンパクトな地形には期待できず、サイズが上がったとしてもブレイクはハッキリしない状態になっているかもしれません。_1ショアブレイクの様子からもインサイドの地形もなくビーチに砂が積もっている印象です。今回も特別なサイズアップがない限りチェックしなくてもいいと思います。_2
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、火曜日(8/11)に強まった南風で18℃まで下がりましたが、風とは逆に北からの潮の流れが強まる時間帯もあって普段の南風コンディションと比べて冷え方は抑えられているようです。木曜日(8/13)の時点ではフルスーツやシーガルがなくてもスプリングで対応できていて、外気の暑さからも冷たさを我慢できている状況です。


最後に、この先の波ですが、来週(8/17W)になってから北東コンディションが予想されていて、その後の大潮に近づくタイミングや気圧配置では、高気圧の縁で多少のサイズアップがあるかもしれませんが、今週末(8/15・16)にかけてはこのまま風の弱い状況ではあるものの、ウネリのきっかけになるような条件にはならず期待は薄い予想です。

オフショアの場合は風が強まって絶望的になるより、風の影響を受けず微妙でも沖のウネリが入る可能性があるコンディションではあるので、腰~腹サイズはギリギリキープして一宮~東浪見のショアブレイクは残ると思います。

潮の狙い目としては大きな変化はありませんが、満タン寸前~引き始めに1日の中で比較すると波数やサイズ感がある傾向ながら、前半の期間はサーフィンと言うより海水浴として楽しむ方が気がラクかもしれませんね。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。

gatyapin_2
前回(8/7)の更新からも風の弱いコンディションで整ったフェイスを狙える状態ではありましたが、各ポイントでインサイドの地形に限られたショアブレイクしか狙えない状況が続いていました。

潮の動きが小さかったので干潮時のアウトの地形を狙う作戦もイマイチ発揮できず、サイズが足りない雰囲気からは大潮の期間だったとしてもウネリがペラペラになってしまうと簡単には滑れなくなっていたかもしれません。

インサイドに浅瀬ができているポイントが多いので、手前の地形に限られながらもスモールコンディションに対しては1日を通して大きな変化がなく、時間帯にも影響されず安定はしていたと思います。その中でも無難な潮が上げに向かう時間帯はサイズがあるような雰囲気になっていたようです。

それでは、地形レポートです!


【一宮】
8/12水曜日の16時頃。動きはほとんどありませんが干潮の潮止まりの時間帯で、地形にとってもピークがまとまるような状況でもなく、全体的に中間のセクションが深い状態でもあり、インサイドの不規則なショアブレイクの地形がメインになってしまいました。_1それでも手前の地形が多少ながら広がってはいたので、干潮の時間帯に腹~胸近いサイズが届くとミドルエリアからブレイクするピークもあり、潮の動きが小さいので特にウネリが痩せるような現象もなく狙えていたと思います。_2今回の期間は潮の動きが小さいので胸以上のサイズにならないとミドル~アウトの地形を使えるようにならない様子で、インサイドの浅い地形がメインなので、一般の海水浴している方に注意が必要かもしれません。


【サンライズ】
8/12水曜日の16時半頃の様子から地形を判断します。潮は上げ始めの時間帯で激浅な様子ながらも、インサイドでは腰~腹サイズで多少横に滑れる程度の地形はあって、潮の動きが小さいのでカレントに影響されたシャバシャバなブレイクにもならずにギリギリまとまりをキープした波だと思います。_1地形としてはミドルエリアのボヨつきは気になるものの、アウトには胸以上のサイズから反応するピークが堤防周辺や中央寄りに残ってそうなので、潮の変化にはあまり期待できませんが条件を満たすサイズになれば厚いフェイスが目立っても形が安定するピークがでてくると思います。_2最近の様子からは全体的にインサイドの地形がメインなので、潮が上げている最中や引き始めが無難ではあるものの、余計なカレントが目立たないので干潮の浅い時間帯を含めて悪影響は少ない波になっていました。


【東浪見】
8/12水曜日の18時頃。潮は上げ始めの時間帯での地形チェックで地形としては中央寄りのカレントに影響されたエリアで複雑な形になる波が目立っているものの、左右の堤防周辺には砂の集まったセクションがあり、特に左側の浅い地形に関しては最近のスモールコンディションにも対応できそうではありながら、特に際立ったピークがないので形としては楽しむには難しいブレイクのようです。_1整ったフェイスを狙えていましたが、カレントが働いていない雰囲気からは砂の集まったエリアも役にたたず、潮の動きに対しても大きな変化がないので、1日を通して波質は安定していますが、ピークの位置やブレイクに大きな変化もなく残念ながらサイズ待ちな状況です。_2潮の少ない時間帯を狙っても、ミドルエリアのボヨついた反応では距離を狙いにくく、右側でロングボードを使って対応するにしても腰~腹サイズでは見た目よりもピークを掴むのに苦戦するかもしれません。やはり腹~胸サイズのコンディションにならないと楽しめない様子でした。


【志田】
ここからは木曜日のチェックとなります。_1木曜日8/12の11時頃。潮は上げに向かって満タン寸前で、右側では長い間キープしているアウトの地形があるので、この時のような潮の多い時間帯も広い範囲で反応して潮があってもアウト寄りのブレイクを狙えていました。_2潮の動きは小さい期間ですが、干潮の時間帯で腹~胸サイズをキープしている日があれば、見た目よりも力の弱い波質だったとしても、アウトの地形で距離を狙える可能もあって正面から左側にかけてのミドルエリアにも楽しめるピークが増えそうでした。_3干潮のアウト狙いもありかもしれませんが、最近のサイズに対しては手前の地形にまとまった方がサイズ感を含めて滑れていたようです。サイズが足りないだけで全体的な地形は悪くない状態だと思います。


【太東】
8/12木曜日の12時頃。満タンの潮止まりで、1日の中でもほとんどの時間でウネリのみの状態が目立ち、干潮狙いなので力の弱い波だとロングボード専用になり、一宮と同じくサーファー以外にも海水浴の人が増えると普段より注意が必要ですね。_1地形に影響があるようなコンディションもなく、これまで通り堤防から少し離れたエリアをサイズと潮のタイミング次第で狙える地形ではありますが、今回は潮が動かない期間なのでサイズが必要になりそうです。_2

【夷隅】
8/12木曜日の13時頃。潮は引きに向かいますがほとんど動かない状況で、ここにとっては珍しいほどカレントが目立たない日が多く、普段のような反応がなくてもシフトしてピークの形になろうとする雰囲気も見ていて感じられないので、ミドルエリアのコンパクトな地形には期待できず、サイズが上がったとしてもブレイクはハッキリしない状態になっているかもしれません。_1ショアブレイクの様子からもインサイドの地形もなくビーチに砂が積もっている印象です。今回も特別なサイズアップがない限りチェックしなくてもいいと思います。_2
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、火曜日(8/11)に強まった南風で18℃まで下がりましたが、風とは逆に北からの潮の流れが強まる時間帯もあって普段の南風コンディションと比べて冷え方は抑えられているようです。木曜日(8/13)の時点ではフルスーツやシーガルがなくてもスプリングで対応できていて、外気の暑さからも冷たさを我慢できている状況です。


最後に、この先の波ですが、来週(8/17W)になってから北東コンディションが予想されていて、その後の大潮に近づくタイミングや気圧配置では、高気圧の縁で多少のサイズアップがあるかもしれませんが、今週末(8/15・16)にかけてはこのまま風の弱い状況ではあるものの、ウネリのきっかけになるような条件にはならず期待は薄い予想です。

オフショアの場合は風が強まって絶望的になるより、風の影響を受けず微妙でも沖のウネリが入る可能性があるコンディションではあるので、腰~腹サイズはギリギリキープして一宮~東浪見のショアブレイクは残ると思います。

潮の狙い目としては大きな変化はありませんが、満タン寸前~引き始めに1日の中で比較すると波数やサイズ感がある傾向ながら、前半の期間はサーフィンと言うより海水浴として楽しむ方が気がラクかもしれませんね。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 飯岡・信号下

15 15 15 15 15 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 17 17 17
時間 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06
天気
気温 25.8 25.7 28.7 30.9 32.1 29.6 27.3 26.3 25.6 25.7 29.7 31.1 30.7 28.0 25.8 25.2 24.8 25.1
波高
m
0.59 0.59 0.57 0.57 0.68 0.66 0.59 0.58 0.59 0.59 0.58 0.57 0.56 0.56 0.56 0.56 0.55 0.54
波向
風速
m/s
2.1 2.9 1.5 2.7 4.2 3.9 3.3 2.5 0.9 1.1 0.9 2.8 3.6 2.5 2.5 2.8 1.8 2.2
風向
潮位
cm
69 32 48 93 110 102 109 119 86 31 29 84 118 105 102 124 107 38
15 15 15 15 15 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 17 17 17
時間 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06
天気
気温 25.8 25.7 28.7 30.9 32.1 29.6 27.3 26.3 25.6 25.7 29.7 31.1 30.7 28.0 25.8 25.2 24.8 25.1
波高
m
0.59 0.59 0.57 0.57 0.68 0.66 0.59 0.58 0.59 0.59 0.58 0.57 0.56 0.56 0.56 0.56 0.55 0.54
波向
風速
m/s
2.1 2.9 1.5 2.7 4.2 3.9 3.3 2.5 0.9 1.1 0.9 2.8 3.6 2.5 2.5 2.8 1.8 2.2
風向
潮位
cm
69 32 48 93 110 102 109 119 86 31 29 84 118 105 102 124 107 38

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 17 (月)
    グラフ 18 (火)
    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)

    グラフ 17 (月)
    グラフ 18 (火)
    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。