千葉南の無料波情報 &波予想・波予報・動画|各サーフポイントの波情報サーフィンBCM

TOP波情報 > 千葉南

千葉南の波情報

千葉南エリアの各サーフィンスポットをまとめて確認!BCM会員であれば、ライブカメラによる現地のコンディション確認の他、各スポットの詳細な波情報や千葉南エリアの波概要や週間予測をご覧いただけます。

平砂浦 ライブカメラ

live

波情報関連 気象情報

潮汐(タイド)、波向、波高、風向・風速、雨雲の動きや海水温、天気予測などサーフィンに必要な各種気象情報を無料でご覧いただけます。
  • ピンポイントSWELL

  • ピンポイントWIND

  • 雨雲シミュレーター

  • Waveシミュレーター

  • エリアウェザー

  • 天気図

千葉南 エリア波情報ポイント選択

ログインすると、全ての情報がご利用いただけます。
千葉南エリアの各サーフスポットの概要一覧。スポットを選択いただくことで、詳細情報をご覧いただけます。
BCM会員に登録していただけますと、ブレイクコンディションや波のサイズ、現地の波状況の分析・解説、初心者アドバイスがご覧いただけます。

千葉南 エリア 波概況

サーフィン出来るサイズは残る見込み。

[ビギナーアドバイス]


サーフィン出来るサイズは残る見込み。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

鈴木国雄

photo
皆さん、こんにちは!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。
_cid_D4983EB0-31C5-49C3-9E8F-FDFAEC2465AD





6/7(金)に関東地方も梅雨入りした様で、スッキリしない天気が続いていますが、雨が少なければ、稲の生育や夏の水不足にも影響が出て来てしまうので、これも自然の摂理という事で、受け入れるしか無いですが、天気が悪くてもせめて波だけは、と言うのが我々サーファーの本音でしょうか・・・。

と言う事で、「地形レポート(6/11火曜日チェック)」を、早速お届けしたいと思います。


それではいつも通り『千倉』から。
まずは監視所側。
前回(6/5)のレポートで地形の上向きをお伝えしましたが、僅か一週間足らずで元に戻ってしまった様です。
恐らく原因としては梅雨入りしてからの雨により、河口周辺のインサイド~ミドル手前が、また極浅になったのではと思います。
そんな中でもコンディションが上向くのは、潮の多目な時間帯となる様です・・・。
・6月11日(火)、ハイタイド約1時間前の監視所側。_1取材時は小潮周りの潮の多目な時間帯でしたが、かなりインサイド~ブレークポイント迄が浅目なのが伺えます。

そして教習所側。
こちら側には雨が降っても土砂が堆積しない様で、引き続きインサイド~ミドル手前が深目のままですねぇ・・・。
お勧めの潮回りとしては、潮の多目な時間帯を避けたロータイド前後となります。
・6月11日(火)、ハイタイド約1時間前の教習所側。_2ロングなので早目にテイクオフが出来ていますが、この後一気にワイドダンパーになってしまいます。


次はお隣『千歳』
前回(6/5)レポートでは「エクセレントコンディション」をお伝え出来ましたが、今回は逆に千歳の駄目なパターン(サイズが無く潮の多目な時間帯)に、当てはまってしまい厳しいコンディションでした。
それでも正面・左寄りは、厚目ながら1アクションは出来ていましたので、引き続き「肩以上のサイズで、潮の少な目な時間帯」を中心に楽しめる地形となっている様です!
・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の正面。_1・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の右寄り。_2・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の左寄り。_3
今回の取材時は、潮が多く露出はしていませんでしたが、前回(6/5更新)レポートでは怪我人続出で、救急車のお世話になる様な事案も有ったとの事でした(駐車場の管理人さん談)。_4_5引き続き全域に渡るインサイドのリーフには充分お気をつけ下さい。


そして和田方面『花籠』
前回(6/5)レポートでは「インサイド~ミドル手前が深目です」と、お伝えしましたが、今回の取材時は梅雨入り後の雨の恩恵を受けた様で、河口周辺は浅目な地形に変化していました。
ただし、潮の多目な時間帯でしたので厚目なブレークが目立ちましたので、お勧めの潮回りとしては、ミドル~ロータイド手前辺りとなる様です。
・6月11日(火)、ハイタイド約40分前の花籠。_

続いて『大原駐車場前』
潮の多目な時間帯でのチェックでしたが、引き続き程良い水深を保っている様で、アベレージサーファー向けのまずまずのコンディションでした!
・6月11日(火)、ハイタイド約30分前の大原駐車場前。_ここ最近は和田方面の中でも、一番地形が安定している様です・・・。


そして最後に『白渚』
まずは河口寄り。
取材時はすでに雨は上がっていましたが、上流からの水で河口周辺は茶色に変色する程でした。
そのせいか河口から右寄りには、良さそうなバンクがポコポコ出来ていました!
・6月11日(火)、ハイタイド約20分前の河口寄り。_1_2お勧めの潮回りとしては、ハイタイドを避けた潮の少な目な時間帯となる様です・・・。

そしてS&S寄り。
こちらは残念ながら雨の恩恵は受けてはいない様で、以前と変わらずインサイド~ミドル手前が深目な地形のままでした。
しかも取材時は潮の多目な時間帯でしたので、ファーストブレークでウネリに戻ってしまう波がほとんどでした・・・。
・6月11日(火)、ハイタイド約20分前のS&S寄り。_3今の地形ですとお勧めの潮回りは、ロータイド近辺ですね!

以上が、今週(6/11チェック)の当エリアの地形概況となります。


それでは最後に水温
天気の良い日は「シーガル」や「ロングスプリング」で問題無いのですが、雨や北寄りの冷たい風の時などは「3mmジャーフル」がお勧めですね・・・。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:鈴木国雄]
photo ・1958.7.27生

・ホームブレイク:千倉

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:BREWER/WEST/Turtoise/RONIN/東京動物医療センター/サザンコースト

・お気に入りの海外トリップ:フィリピンモナリザ

・趣味:バンド(ボーカル)

1995年にJPSAプロロングボーダーとしてデビューし、ルーキーオブザイヤーを獲得。

現在もコンペティターとしてプロの第一線で活躍し続けており、プライベートではショートボードも思いっきりこなす一方、JPSA公認サーフィンインストラクターとして若手の育成にも力を注いでいる。

生粋の千倉ローカルとして地元千倉でサーフショップ『SOUTHERN COAST』を経営。

※『SOUTHERN COAST』
URL:http://www15.plala.or.jp/SC727/site/TOP

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

鈴木国雄

photo
皆さん、こんにちは!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。
_cid_D4983EB0-31C5-49C3-9E8F-FDFAEC2465AD





6/7(金)に関東地方も梅雨入りした様で、スッキリしない天気が続いていますが、雨が少なければ、稲の生育や夏の水不足にも影響が出て来てしまうので、これも自然の摂理という事で、受け入れるしか無いですが、天気が悪くてもせめて波だけは、と言うのが我々サーファーの本音でしょうか・・・。

と言う事で、「地形レポート(6/11火曜日チェック)」を、早速お届けしたいと思います。


それではいつも通り『千倉』から。
まずは監視所側。
前回(6/5)のレポートで地形の上向きをお伝えしましたが、僅か一週間足らずで元に戻ってしまった様です。
恐らく原因としては梅雨入りしてからの雨により、河口周辺のインサイド~ミドル手前が、また極浅になったのではと思います。
そんな中でもコンディションが上向くのは、潮の多目な時間帯となる様です・・・。
・6月11日(火)、ハイタイド約1時間前の監視所側。_1取材時は小潮周りの潮の多目な時間帯でしたが、かなりインサイド~ブレークポイント迄が浅目なのが伺えます。

そして教習所側。
こちら側には雨が降っても土砂が堆積しない様で、引き続きインサイド~ミドル手前が深目のままですねぇ・・・。
お勧めの潮回りとしては、潮の多目な時間帯を避けたロータイド前後となります。
・6月11日(火)、ハイタイド約1時間前の教習所側。_2ロングなので早目にテイクオフが出来ていますが、この後一気にワイドダンパーになってしまいます。


次はお隣『千歳』
前回(6/5)レポートでは「エクセレントコンディション」をお伝え出来ましたが、今回は逆に千歳の駄目なパターン(サイズが無く潮の多目な時間帯)に、当てはまってしまい厳しいコンディションでした。
それでも正面・左寄りは、厚目ながら1アクションは出来ていましたので、引き続き「肩以上のサイズで、潮の少な目な時間帯」を中心に楽しめる地形となっている様です!
・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の正面。_1・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の右寄り。_2・6月11日(火)、ハイタイド約50分前の左寄り。_3
今回の取材時は、潮が多く露出はしていませんでしたが、前回(6/5更新)レポートでは怪我人続出で、救急車のお世話になる様な事案も有ったとの事でした(駐車場の管理人さん談)。_4_5引き続き全域に渡るインサイドのリーフには充分お気をつけ下さい。


そして和田方面『花籠』
前回(6/5)レポートでは「インサイド~ミドル手前が深目です」と、お伝えしましたが、今回の取材時は梅雨入り後の雨の恩恵を受けた様で、河口周辺は浅目な地形に変化していました。
ただし、潮の多目な時間帯でしたので厚目なブレークが目立ちましたので、お勧めの潮回りとしては、ミドル~ロータイド手前辺りとなる様です。
・6月11日(火)、ハイタイド約40分前の花籠。_

続いて『大原駐車場前』
潮の多目な時間帯でのチェックでしたが、引き続き程良い水深を保っている様で、アベレージサーファー向けのまずまずのコンディションでした!
・6月11日(火)、ハイタイド約30分前の大原駐車場前。_ここ最近は和田方面の中でも、一番地形が安定している様です・・・。


そして最後に『白渚』
まずは河口寄り。
取材時はすでに雨は上がっていましたが、上流からの水で河口周辺は茶色に変色する程でした。
そのせいか河口から右寄りには、良さそうなバンクがポコポコ出来ていました!
・6月11日(火)、ハイタイド約20分前の河口寄り。_1_2お勧めの潮回りとしては、ハイタイドを避けた潮の少な目な時間帯となる様です・・・。

そしてS&S寄り。
こちらは残念ながら雨の恩恵は受けてはいない様で、以前と変わらずインサイド~ミドル手前が深目な地形のままでした。
しかも取材時は潮の多目な時間帯でしたので、ファーストブレークでウネリに戻ってしまう波がほとんどでした・・・。
・6月11日(火)、ハイタイド約20分前のS&S寄り。_3今の地形ですとお勧めの潮回りは、ロータイド近辺ですね!

以上が、今週(6/11チェック)の当エリアの地形概況となります。


それでは最後に水温
天気の良い日は「シーガル」や「ロングスプリング」で問題無いのですが、雨や北寄りの冷たい風の時などは「3mmジャーフル」がお勧めですね・・・。

今回は以上となります。

[プロサーファー紹介:鈴木国雄] photo ・1958.7.27生

・ホームブレイク:千倉

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:BREWER/WEST/Turtoise/RONIN/東京動物医療センター/サザンコースト

・お気に入りの海外トリップ:フィリピンモナリザ

・趣味:バンド(ボーカル)

1995年にJPSAプロロングボーダーとしてデビューし、ルーキーオブザイヤーを獲得。

現在もコンペティターとしてプロの第一線で活躍し続けており、プライベートではショートボードも思いっきりこなす一方、JPSA公認サーフィンインストラクターとして若手の育成にも力を注いでいる。

生粋の千倉ローカルとして地元千倉でサーフショップ『SOUTHERN COAST』を経営。

※『SOUTHERN COAST』
URL:http://www15.plala.or.jp/SC727/site/TOP

千葉南 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
    グラフ 22 (土)
    グラフ 23 (日)
  •  
  • 週間予想
  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
    グラフ 22 (土)
    グラフ 23 (日)
  •  
  • 週間予想