東浪見-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 東浪見

千葉北 東浪見の波情報

ポイントガイド

JR外房線・東浪見駅から約1kmほど東の海岸。過去にもASPコンテストなどをはじめとする数多くの大会の会場となり、全国的にも有名。
ブレイクは地形次第だが東ウネリを拾ってコンスタントに波がある。
近年は台風の影響などでビーチの砂が持っていかれ、駐車スペースが無くなっているので注意が必要。

○トイレ:無し
○シャワー:無し
千葉北のサーフィンスポット東浪見の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

    晴/うす曇

  • 中/西南西/オフショア

  • フェイス

    A 良好

  • 人数

    24 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    25℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    東浪見

    東浪見左側

    定点

    シダトラ左側

    定点

    東浪見右側

    定点

    東浪見(手撮り)

    携帯
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 東浪見

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    東浪見

    1. 00 >>>>>>>>>>>>>> 131
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>> 133
    3. 02 >>>>>>>>>>>>> 128
    4. 03 >>>>>>>>>>>> 116
    5. 04 >>>>>>>>>> 95
    6. 05 >>>>>>>> 71
    7. 06 >>>>> 46
    8. 07 >>> 26
    9. 08 >> 15
    10. 09 >> 13
    11. 10 >>> 24
    12. 11 >>>>> 43
    13. 12 >>>>>>> 68
    14. 13 >>>>>>>>>> 93
    15. 14 >>>>>>>>>>>> 115
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 130
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>> 136
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>> 135
    19. 18 >>>>>>>>>>>>> 126
    20. 19 >>>>>>>>>>>> 116
    21. 20 >>>>>>>>>>> 109
    22. 21 >>>>>>>>>>> 106
    23. 22 >>>>>>>>>>> 109
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 118
    1. 00 >>>>>>>>>>>>> 128
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>> 137
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>> 140
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>> 133
    5. 04 >>>>>>>>>>>> 117
    6. 05 >>>>>>>>>> 92
    7. 06 >>>>>>> 63
    8. 07 >>>> 35
    9. 08 >> 14
    10. 09 > 3
    11. 10 > 4
    12. 11 >>> 21
    13. 12 >>>>> 45
    14. 13 >>>>>>>> 75
    15. 14 >>>>>>>>>>> 103
    16. 15 >>>>>>>>>>>>> 126
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>> 139
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 142
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>> 136
    20. 19 >>>>>>>>>>>>> 124
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 112
    22. 21 >>>>>>>>>>> 104
    23. 22 >>>>>>>>>>> 102
    24. 23 >>>>>>>>>>> 109
    1. 00 >>>>>>>>>>>>> 121
    2. 01 >>>>>>>>>>>>>> 134
    3. 02 >>>>>>>>>>>>>>> 144
    4. 03 >>>>>>>>>>>>>>> 147
    5. 04 >>>>>>>>>>>>>> 137
    6. 05 >>>>>>>>>>>> 116
    7. 06 >>>>>>>>> 87
    8. 07 >>>>>> 54
    9. 08 >>> 24
    10. 09 > 4
    11. 10 -4
    12. 11 > 3
    13. 12 >>> 24
    14. 13 >>>>>> 53
    15. 14 >>>>>>>>> 85
    16. 15 >>>>>>>>>>>> 115
    17. 16 >>>>>>>>>>>>>> 136
    18. 17 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    19. 18 >>>>>>>>>>>>>>> 146
    20. 19 >>>>>>>>>>>>>> 133
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 118
    22. 21 >>>>>>>>>>> 105
    23. 22 >>>>>>>>>> 97
    24. 23 >>>>>>>>>> 97
    潮回り

    大潮

    満潮

    01:33 / 16:53

    干潮

    09:14 / 21:37

    日出/日入

    04:38 / 18:52

    潮回り

    大潮

    満潮

    02:29 / 17:27

    干潮

    09:58 / 22:20

    日出/日入

    04:39 / 18:51

    潮回り

    大潮

    満潮

    03:20 / 17:59

    干潮

    10:40 / 22:59

    日出/日入

    04:40 / 18:51

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 東浪見

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2024/07/19 16:50

千葉北 エリア 波概況

一宮周辺は今ひとつながらサーフィン出来ている。

[ビギナーアドバイス]


一宮周辺は今ひとつながらサーフィン出来ている。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 11:00 / 18:45

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


胸サイズが安定していた一宮〜東浪見区間はミドルエリアの形のまとまりが良く、潮位の変化を狙えた午前中の干潮前後からハーフタイドまでのタイミングを基準に滑りやすいフェイスやハッキリしたピークがあったと思います。
それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(7/17)9時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。前回の更新頃のサイズが一時的だったので再び乏しいサイズからスタートしたものの、週末(7/13~14)に安定した腰〜腹ブレイクが復活し始め、弱い北東コンディションが絡んでいる今週(7/15W)からは腹〜胸サイズの波数も増えてポイント全域の対応がよくなっていました。
一宮1
規制はありつつ砂を入れた海水浴場エリアやファミマ側に関しては比較的インサイドの癖が少なく、地形を広く使えるこの時のような時間帯にスムーズなセクションを探せていたと思います。
一宮2
正面(中央)エリアも最近のサイズに対してはミドルエリアの反応が広がって十分な距離を楽しめていた雰囲気ですが、解消傾向ながらインサイドに残るカレントセクションが今回もブレイクを複雑にしていて、フェイスをキープした形が安定していても手前に来るほどボヨつきやヨレ等のトラップが目立ってしまい、この時の潮時でまとまる波のボリュームアップも両隣のエリアと比べて厚いブレイクが多かった印象です。
一宮3
形のまとまりとサイズ感はお手頃ですがウネリの質としては力の弱い波なので、変わらず潮の動きに影響されて変化は激しいものの、引きにの時間帯に限らず上げ始めにかけて狙い目も広がっていました。満タンに近い時間帯の対応の狭さは気になりつつ、ショアブレイクも前回と比べれば遊べる本数が増えていたと思います。

サンライズ

7/17水曜日10時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。ここも更新直後の落ち着いたサイズに対しては対応する地形や狙い目の狭さに影響され、波数を含めて以前のような乏しい様子になっていましたが、週末(7/13~14)からの腰〜腹ブレイクの復活でウネリの雰囲気を取り戻し、力の弱い波質ながらサイズなりに距離感を楽しめる波になっていました。
サンライズ1
今週(7/15W)に入ってからは北東コンディションの絡みで一宮と同じく胸サイズのセットが増えて波数が安定しているので、見た目よりもフェイスの厚みが気になる乗り心地ながら形やピークのまとまりを探しやすく、ビジター向けなお手軽ブレイクが続いている状況です。
サンライズ2
上げに向かう時間帯のボヨつきや対応の狭さからはショアブレイクの癖の強さが気になりつつ、前回の期間と比べると波がバラけたり痩せたりするような干潮時の極端な変化はなく、引きの時間帯を基準に上げ際のウネリのまとまりに関しても狙い目になるサイズをキープし、干潮〜ハーフタイドの潮位で無難なブレイクを探せていたと思います。
サンライズ3
左右の堤防周辺では潮の動きに影響されて形の変化が激しくなっているものの、胸サイズのセットが届くようになってからは正面エリアをメインに広範囲な対応でピークを選べていました。

東浪見

7/17水曜日11時頃の地形レポートです。潮は上げに向かうハーフタイドくらいの時間帯です。
東浪見1
いつも通り、一宮やサンライズと比べるとサイズや波数がやや控えめな反応となっていて、木〜金曜日(7/11~12)の対応の狭さやブレイクの力の弱さは浮力の強いボードがないと厳しい雰囲気がありましたが、ここも週末(7/13~14)からのウネリの復活や今週(7/15W)に入っての安定した胸セットのキープでミドルエリアの対応を取り戻し、セットの数は控えめでしたが距離を遊べる波になっていたようです。
東浪見2
しかし、地形で比較すると今回も一宮やサンライズよりインサイドに砂が集まっていて、同じサイズが反応してもピークが手前な印象があり、アウト寄りのブレイクや形がハッキリせず、スムーズなセクションが分散しているように思えました。ミドルエリアとインサイドでもブレイクの質が違って複雑さが目立ち、ピーク周辺のお手軽な反応からインサイドのショアブレイクに差し掛かるセクションは見た目以上に滑りが悪そうです。
東浪見3
干潮前後から上げ始めのまとまりで形とサイズのバランスをとれた狙い目がありますが、上げ際のボヨつきが始まると距離を乗れる波が激変し、手前に集まる複雑なフェイスがメインになるので、ここもハーフタイドが変わり目になるタイミングのようでした。左右の堤防周辺のブレイクは特徴や条件が異なる波になっているものの、正面エリアを基準にポイント全体を使える反応をキープしています。

志田

水曜日7/17の12時頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かってハーフタイドをすぎた時間帯です。週末(7/13~14)からのウネリの復活や今週(7/15W)に入っての微妙なサイズアップはあるものの、一宮〜東浪見方面と比べてサイズが控えめな様子からは距離の短さが気になっている状況です。
志田下1
この日の胸セットもかなり少なくなっていて、腰〜腹サイズの勝負では他よりも滑り重視な波を選べているものの、ワイドなピークとコンパクトな形が極端な反応となり、スムーズなセクションがあっても乗り心地としては忙しそうな印象でした。
志田下2
地形からは素直さに期待できる広がりや浅さをキープしていながら、胸以下のサイズでは形が歪んだようなハッキリしないブレイクが増えてしまい、この時の上げ際のまとまりに対しても波はボリュームアップしつつ、ボヨつき始めたショアブレイクはインサイドに集まって癖の強い変化になっていたと思います。
志田下3
どちらかと言うとミドルエリアの対応を狙える干潮に近い時間帯や引きの変化の方がピークを探しやすく、復活したウネリの反応は力が弱まっても比較的素直な形を保てていたので、ハーフタイドにかけての上げのまとまりやボヨつきが解消される引き始めからの変化で無難な波を探せていた雰囲気です。

太東

7/17水曜日13時頃の様子から地形を判断します。潮は上げに向かう満タン寸前の時間帯です。前回の更新時には再びフラットのような雰囲気に戻ってしまい、潮時を合わせたりロングボードを使っても乗りしろのないブレイクに対しては対応が難しかった様子ですが、他のポイントほどハッキリした変化はないもののここにとってもウネリの復活に助けられ、膝〜腰範囲のセットがやっとな印象ながら今週(7/15W)からは安定してサーフィンできていました。
太東1
ウネリの反応は干潮前後のフェイスをキープできていて、満タン前後に強まるボヨつきに対しても波のまとまりで手前のブレイクは確保され、変化はありつつサイズ以上に狙い目の幅が残されていたと思います。
太東2
堤防周辺にピークができるサイズには足りていませんが、インサイドをメインにミドルエリアにかけて広がるブレイクは以前と比べて波数もあった様子です。
太東3
穏やかなコンディションが続いて地形が手前に片寄っているのか、サイズの状態を含めても以前よりアウトのブレイクが鈍くなっている印象があり、距離の長さが復活するにはもうワンサイズ必要な状態です。

夷隅

7/17水曜日の14時頃の地形チェックレポートとなります。満タンの潮止まりです。
いすみ1
前回の頃のサイズや今週(7/15W)に入ってからのウネリの復活もここにとっては条件を満たせず、ショアブレイクのフェイスも探せない状況です。
いすみ2
ウネリやカレントの働きがなくなってからは他のポイントよりも地形の変化が早まり、広がっていたインサイドに砂が集って小高いビーチが仕上がってしまい、No.1を含めた全域のショアブレイクセクションがリセットされ、ミドル〜アウトの深さでウネリのみの景色が続いています。
いすみ3
大潮の動きと重なったとしても狙える変化は見込めない様子で、沖の低気圧か台風の接近でもない限り特にチェックする波もありませんでした。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、前回の更新時に久しぶりの胸サイズのセットが復活しながら、その後の南西コンディションの強まりは期待があやしい雰囲気もありましたが、土曜日からは余計な風の影響がなくなり、前線も解消されて再び胸近いセットが反応したので、安定した腰〜腹サイズのおかげで波数も増えてショートボードにとっても楽しめる波を確保できていました。
今週に入ってからの北東コンディションで一時的にオンショア気味たタイミングはありましたが、カレントの強まりがなく穏やかな状態を保ちながらウネリを届けるきっかけになってくれたので、力の弱い波質ではあったものの素直な形のピークやブレイクが見つかり、サイズなりに広がったミドルエリアの対応で遊べる距離感を取り戻していました。
潮回りも極端な干満の変化がなかったので、ボヨつきながらも潮が多い時間帯の対応に可能性が残り、干潮時に関しても地形が干上がる事なくほどよい潮位をキープしていた様子です。
さて、この先の波は次回までの期間に台風の存在がハッキリしてくる雰囲気ながら、高気圧に弾かれてこのエリアに影響するコースではない予報となっていて、今のところ沖の様子を含めて基本的には高気圧からの南西コンディションが続く状況でもあるので、最近のウネリもそろそろ賞味期限が近い予想です。
前線が復活し、日本海側を通る低気圧をきっかけに南西コンディションが始まり、後半になるとサーフエリアの悪影響は少なくなるものの前半ほどウネリのリセットを早める印象があるので、波の復活には期待できずサイズと水温の低下が進むかもしれません。最近のサイズ感で多少のカレントは働いていますが、傾向としては全体的に地形が手前に集まっているように思えるので、サンライズや東浪見に関してもミドルエリアにできるピークの形やブレイクがハッキリしない波が増えて距離を楽しみ難い変化になりそうです。
潮汐としては朝の干潮が遅れながら動きは大きくなるので、スモールコンディションにとってミドルエリアを使える狙い目は残されつつ、地形が干上がると波がペラペラになったり形がバラける現象が目立つと思います。サイズによる対応の変化はありつつ、最近はハーフタイドを基準に干潮前後の潮の動きで無難な波を探せていました。
最後に、水温ですが、北東コンディションや最近の東風で夏らしい水温を取り戻しているので、ここ数日はスプリングやタッパーが基準になっていますが、波数が豊富な時間帯はトランクスで問題なさそうな状態です。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


胸サイズが安定していた一宮〜東浪見区間はミドルエリアの形のまとまりが良く、潮位の変化を狙えた午前中の干潮前後からハーフタイドまでのタイミングを基準に滑りやすいフェイスやハッキリしたピークがあったと思います。
それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(7/17)9時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。前回の更新頃のサイズが一時的だったので再び乏しいサイズからスタートしたものの、週末(7/13~14)に安定した腰〜腹ブレイクが復活し始め、弱い北東コンディションが絡んでいる今週(7/15W)からは腹〜胸サイズの波数も増えてポイント全域の対応がよくなっていました。
一宮1
規制はありつつ砂を入れた海水浴場エリアやファミマ側に関しては比較的インサイドの癖が少なく、地形を広く使えるこの時のような時間帯にスムーズなセクションを探せていたと思います。
一宮2
正面(中央)エリアも最近のサイズに対してはミドルエリアの反応が広がって十分な距離を楽しめていた雰囲気ですが、解消傾向ながらインサイドに残るカレントセクションが今回もブレイクを複雑にしていて、フェイスをキープした形が安定していても手前に来るほどボヨつきやヨレ等のトラップが目立ってしまい、この時の潮時でまとまる波のボリュームアップも両隣のエリアと比べて厚いブレイクが多かった印象です。
一宮3
形のまとまりとサイズ感はお手頃ですがウネリの質としては力の弱い波なので、変わらず潮の動きに影響されて変化は激しいものの、引きにの時間帯に限らず上げ始めにかけて狙い目も広がっていました。満タンに近い時間帯の対応の狭さは気になりつつ、ショアブレイクも前回と比べれば遊べる本数が増えていたと思います。

サンライズ

7/17水曜日10時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。ここも更新直後の落ち着いたサイズに対しては対応する地形や狙い目の狭さに影響され、波数を含めて以前のような乏しい様子になっていましたが、週末(7/13~14)からの腰〜腹ブレイクの復活でウネリの雰囲気を取り戻し、力の弱い波質ながらサイズなりに距離感を楽しめる波になっていました。
サンライズ1
今週(7/15W)に入ってからは北東コンディションの絡みで一宮と同じく胸サイズのセットが増えて波数が安定しているので、見た目よりもフェイスの厚みが気になる乗り心地ながら形やピークのまとまりを探しやすく、ビジター向けなお手軽ブレイクが続いている状況です。
サンライズ2
上げに向かう時間帯のボヨつきや対応の狭さからはショアブレイクの癖の強さが気になりつつ、前回の期間と比べると波がバラけたり痩せたりするような干潮時の極端な変化はなく、引きの時間帯を基準に上げ際のウネリのまとまりに関しても狙い目になるサイズをキープし、干潮〜ハーフタイドの潮位で無難なブレイクを探せていたと思います。
サンライズ3
左右の堤防周辺では潮の動きに影響されて形の変化が激しくなっているものの、胸サイズのセットが届くようになってからは正面エリアをメインに広範囲な対応でピークを選べていました。

東浪見

7/17水曜日11時頃の地形レポートです。潮は上げに向かうハーフタイドくらいの時間帯です。
東浪見1
いつも通り、一宮やサンライズと比べるとサイズや波数がやや控えめな反応となっていて、木〜金曜日(7/11~12)の対応の狭さやブレイクの力の弱さは浮力の強いボードがないと厳しい雰囲気がありましたが、ここも週末(7/13~14)からのウネリの復活や今週(7/15W)に入っての安定した胸セットのキープでミドルエリアの対応を取り戻し、セットの数は控えめでしたが距離を遊べる波になっていたようです。
東浪見2
しかし、地形で比較すると今回も一宮やサンライズよりインサイドに砂が集まっていて、同じサイズが反応してもピークが手前な印象があり、アウト寄りのブレイクや形がハッキリせず、スムーズなセクションが分散しているように思えました。ミドルエリアとインサイドでもブレイクの質が違って複雑さが目立ち、ピーク周辺のお手軽な反応からインサイドのショアブレイクに差し掛かるセクションは見た目以上に滑りが悪そうです。
東浪見3
干潮前後から上げ始めのまとまりで形とサイズのバランスをとれた狙い目がありますが、上げ際のボヨつきが始まると距離を乗れる波が激変し、手前に集まる複雑なフェイスがメインになるので、ここもハーフタイドが変わり目になるタイミングのようでした。左右の堤防周辺のブレイクは特徴や条件が異なる波になっているものの、正面エリアを基準にポイント全体を使える反応をキープしています。

志田

水曜日7/17の12時頃の状況から地形をジャッジします。潮は上げに向かってハーフタイドをすぎた時間帯です。週末(7/13~14)からのウネリの復活や今週(7/15W)に入っての微妙なサイズアップはあるものの、一宮〜東浪見方面と比べてサイズが控えめな様子からは距離の短さが気になっている状況です。
志田下1
この日の胸セットもかなり少なくなっていて、腰〜腹サイズの勝負では他よりも滑り重視な波を選べているものの、ワイドなピークとコンパクトな形が極端な反応となり、スムーズなセクションがあっても乗り心地としては忙しそうな印象でした。
志田下2
地形からは素直さに期待できる広がりや浅さをキープしていながら、胸以下のサイズでは形が歪んだようなハッキリしないブレイクが増えてしまい、この時の上げ際のまとまりに対しても波はボリュームアップしつつ、ボヨつき始めたショアブレイクはインサイドに集まって癖の強い変化になっていたと思います。
志田下3
どちらかと言うとミドルエリアの対応を狙える干潮に近い時間帯や引きの変化の方がピークを探しやすく、復活したウネリの反応は力が弱まっても比較的素直な形を保てていたので、ハーフタイドにかけての上げのまとまりやボヨつきが解消される引き始めからの変化で無難な波を探せていた雰囲気です。

太東

7/17水曜日13時頃の様子から地形を判断します。潮は上げに向かう満タン寸前の時間帯です。前回の更新時には再びフラットのような雰囲気に戻ってしまい、潮時を合わせたりロングボードを使っても乗りしろのないブレイクに対しては対応が難しかった様子ですが、他のポイントほどハッキリした変化はないもののここにとってもウネリの復活に助けられ、膝〜腰範囲のセットがやっとな印象ながら今週(7/15W)からは安定してサーフィンできていました。
太東1
ウネリの反応は干潮前後のフェイスをキープできていて、満タン前後に強まるボヨつきに対しても波のまとまりで手前のブレイクは確保され、変化はありつつサイズ以上に狙い目の幅が残されていたと思います。
太東2
堤防周辺にピークができるサイズには足りていませんが、インサイドをメインにミドルエリアにかけて広がるブレイクは以前と比べて波数もあった様子です。
太東3
穏やかなコンディションが続いて地形が手前に片寄っているのか、サイズの状態を含めても以前よりアウトのブレイクが鈍くなっている印象があり、距離の長さが復活するにはもうワンサイズ必要な状態です。

夷隅

7/17水曜日の14時頃の地形チェックレポートとなります。満タンの潮止まりです。
いすみ1
前回の頃のサイズや今週(7/15W)に入ってからのウネリの復活もここにとっては条件を満たせず、ショアブレイクのフェイスも探せない状況です。
いすみ2
ウネリやカレントの働きがなくなってからは他のポイントよりも地形の変化が早まり、広がっていたインサイドに砂が集って小高いビーチが仕上がってしまい、No.1を含めた全域のショアブレイクセクションがリセットされ、ミドル〜アウトの深さでウネリのみの景色が続いています。
いすみ3
大潮の動きと重なったとしても狙える変化は見込めない様子で、沖の低気圧か台風の接近でもない限り特にチェックする波もありませんでした。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、前回の更新時に久しぶりの胸サイズのセットが復活しながら、その後の南西コンディションの強まりは期待があやしい雰囲気もありましたが、土曜日からは余計な風の影響がなくなり、前線も解消されて再び胸近いセットが反応したので、安定した腰〜腹サイズのおかげで波数も増えてショートボードにとっても楽しめる波を確保できていました。
今週に入ってからの北東コンディションで一時的にオンショア気味たタイミングはありましたが、カレントの強まりがなく穏やかな状態を保ちながらウネリを届けるきっかけになってくれたので、力の弱い波質ではあったものの素直な形のピークやブレイクが見つかり、サイズなりに広がったミドルエリアの対応で遊べる距離感を取り戻していました。
潮回りも極端な干満の変化がなかったので、ボヨつきながらも潮が多い時間帯の対応に可能性が残り、干潮時に関しても地形が干上がる事なくほどよい潮位をキープしていた様子です。
さて、この先の波は次回までの期間に台風の存在がハッキリしてくる雰囲気ながら、高気圧に弾かれてこのエリアに影響するコースではない予報となっていて、今のところ沖の様子を含めて基本的には高気圧からの南西コンディションが続く状況でもあるので、最近のウネリもそろそろ賞味期限が近い予想です。
前線が復活し、日本海側を通る低気圧をきっかけに南西コンディションが始まり、後半になるとサーフエリアの悪影響は少なくなるものの前半ほどウネリのリセットを早める印象があるので、波の復活には期待できずサイズと水温の低下が進むかもしれません。最近のサイズ感で多少のカレントは働いていますが、傾向としては全体的に地形が手前に集まっているように思えるので、サンライズや東浪見に関してもミドルエリアにできるピークの形やブレイクがハッキリしない波が増えて距離を楽しみ難い変化になりそうです。
潮汐としては朝の干潮が遅れながら動きは大きくなるので、スモールコンディションにとってミドルエリアを使える狙い目は残されつつ、地形が干上がると波がペラペラになったり形がバラける現象が目立つと思います。サイズによる対応の変化はありつつ、最近はハーフタイドを基準に干潮前後の潮の動きで無難な波を探せていました。
最後に、水温ですが、北東コンディションや最近の東風で夏らしい水温を取り戻しているので、ここ数日はスプリングやタッパーが基準になっていますが、波数が豊富な時間帯はトランクスで問題なさそうな状態です。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 東浪見

19 19 20 20 20 20 20 20 20 20 21 21 21 21 21 21 21 21
時間 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21
天気
気温 29.6 28.3 27.4 27.2 27.5 30.3 33.5 34.3 31.2 28.8 27.4 26.5 26.3 29.5 32.8 31.7 30.1 27.8
波高
m
1.19 1.20 1.20 1.18 1.14 1.11 1.06 1.05 1.03 0.99 0.95 0.92 0.90 0.87 0.82 0.79 0.77 0.76
波向
風速
m/s
3.8 3.9 4.3 4.1 3.1 3.2 2.3 2.3 2.5 1.2 0.9 2.3 3.7 1.8 1.9 3.5 3.1 3.1
風向
潮位
cm
126 106 128 133 63 3 45 126 136 104 121 147 87 4 24 115 146 105
19 19 20 20 20 20 20 20 20 20 21 21 21 21 21 21 21 21
時間 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21
天気
気温 29.6 28.3 27.4 27.2 27.5 30.3 33.5 34.3 31.2 28.8 27.4 26.5 26.3 29.5 32.8 31.7 30.1 27.8
波高
m
1.19 1.20 1.20 1.18 1.14 1.11 1.06 1.05 1.03 0.99 0.95 0.92 0.90 0.87 0.82 0.79 0.77 0.76
波向
風速
m/s
3.8 3.9 4.3 4.1 3.1 3.2 2.3 2.3 2.5 1.2 0.9 2.3 3.7 1.8 1.9 3.5 3.1 3.1
風向
潮位
cm
126 106 128 133 63 3 45 126 136 104 121 147 87 4 24 115 146 105

千葉北 エリア 週間波予想
(TK)

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 21 (日)
    グラフ 22 (月)
    グラフ 23 (火)
    グラフ 24 (水)
    グラフ 25 (木)
  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 21 (日)
    グラフ 22 (月)
    グラフ 23 (火)
    グラフ 24 (水)
    グラフ 25 (木)
  • 週間予想

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。