豊海-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 豊海

千葉北 豊海の波情報

ポイントガイド

片貝から九暑纓「道で2kmほど南に下った、不動堂ICの前あたり。
地形が変わりやすいが、一度決まると形良いブレイクを見せてくれる。
駐車場は7/1〜8/31の終日と土・日・祝日が有料(普通700-/中型1000-/大型1500/自動二輪200円)で100台近くの収容が可煤B

○トイレ:有り
○シャワー:有り
千葉北のサーフィンスポット豊海の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 中/南/サイドオン

  • フェイス

    B まぁまぁ

  • 人数

    10 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    17.7℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • ご案内

  • PR
  • PR
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 豊海

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    豊海

    1. 00 >>>>>>>>>>> 101
    2. 01 >>>>>>>>>> 97
    3. 02 >>>>>>>>>> 99
    4. 03 >>>>>>>>>>> 107
    5. 04 >>>>>>>>>>>> 118
    6. 05 >>>>>>>>>>>>> 129
    7. 06 >>>>>>>>>>>>>> 134
    8. 07 >>>>>>>>>>>>>> 133
    9. 08 >>>>>>>>>>>> 119
    10. 09 >>>>>>>>>> 99
    11. 10 >>>>>>>> 74
    12. 11 >>>>> 49
    13. 12 >>> 26
    14. 13 >> 12
    15. 14 > 8
    16. 15 >> 15
    17. 16 >>>> 31
    18. 17 >>>>>> 52
    19. 18 >>>>>>>> 76
    20. 19 >>>>>>>>>> 97
    21. 20 >>>>>>>>>>>> 113
    22. 21 >>>>>>>>>>>>> 121
    23. 22 >>>>>>>>>>>>> 122
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 117
    1. 00 >>>>>>>>>>> 109
    2. 01 >>>>>>>>>>> 102
    3. 02 >>>>>>>>>> 98
    4. 03 >>>>>>>>>> 99
    5. 04 >>>>>>>>>>> 105
    6. 05 >>>>>>>>>>>> 113
    7. 06 >>>>>>>>>>>> 120
    8. 07 >>>>>>>>>>>>> 123
    9. 08 >>>>>>>>>>>>> 121
    10. 09 >>>>>>>>>>>> 112
    11. 10 >>>>>>>>>> 96
    12. 11 >>>>>>>> 77
    13. 12 >>>>>> 57
    14. 13 >>>> 39
    15. 14 >>> 27
    16. 15 >>> 23
    17. 16 >>> 28
    18. 17 >>>> 40
    19. 18 >>>>>> 58
    20. 19 >>>>>>>> 78
    21. 20 >>>>>>>>>> 97
    22. 21 >>>>>>>>>>>> 111
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 119
    24. 23 >>>>>>>>>>>>> 121
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 117
    2. 01 >>>>>>>>>>> 109
    3. 02 >>>>>>>>>>> 102
    4. 03 >>>>>>>>>> 96
    5. 04 >>>>>>>>>> 95
    6. 05 >>>>>>>>>> 97
    7. 06 >>>>>>>>>>> 102
    8. 07 >>>>>>>>>>> 107
    9. 08 >>>>>>>>>>>> 111
    10. 09 >>>>>>>>>>>> 112
    11. 10 >>>>>>>>>>> 107
    12. 11 >>>>>>>>>> 97
    13. 12 >>>>>>>>> 84
    14. 13 >>>>>>> 68
    15. 14 >>>>>> 53
    16. 15 >>>>> 42
    17. 16 >>>> 36
    18. 17 >>>> 37
    19. 18 >>>>> 48
    20. 19 >>>>>>> 63
    21. 20 >>>>>>>>> 81
    22. 21 >>>>>>>>>> 99
    23. 22 >>>>>>>>>>>> 112
    24. 23 >>>>>>>>>>>> 120
    潮回り

    中潮

    満潮

    06:52 / 22:17

    干潮

    01:47 / 14:31

    日出/日入

    04:31 / 18:41

    潮回り

    小潮

    満潮

    07:48 / 23:25

    干潮

    02:56 / 15:37

    日出/日入

    04:30 / 18:41

    潮回り

    小潮

    満潮

    09:14 / 16:50

    干潮

    04:35

    日出/日入

    04:30 / 18:42

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 豊海

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2022/05/21 09:40

千葉北 エリア 波概況

後半は南東風の影響が大きくなりそう。

[ビギナーアドバイス]


後半は南東風の影響が大きくなりそう。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 11:00 / 18:45

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(5/11)の更新からは前半の期間でオフショアコンディションが狙いやすくなっていて、サイズとしても以前からの東ウネリをキープしていた頃に関しては十分な波数があり、手前の地形の複雑さは残っているもののカレントの悪影響が少ないブレイクを探せていたようです。
このエリアでは南風のコンディションでサンライズや東浪見の右側が、ピークは狭く混雑しやすかったものの潮が引き始めてからのタイミングをメインに、特等席から離れた周辺のレギュラーでも対応できていたと思います。
一宮や志田〜太東に関しても違った波質で形のまとまりがあったので、潮が上げに向かう時間帯を含めるとこのエリア全体でポイントやボードを変えて遊べていた印象です。
日〜月曜日(5/15~16)は北東コンディションが強まり、風のヨレやまとまりの悪さは目立ちながらサイズの変化は特になく、地形に対しての悪影響も少なく済んだので、大潮の動きと合せた狙い方で最近の落ち着いたサイズにも各ポイントで対応できている状況です。
それでは、地形レポートです!

【一宮】
火曜日5/17の10時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって干潮寸前の時間帯です。
_1
週末以降の北東コンディションが予想よりも強まらず、サイズとしては控えめな状態ではありましたが、復活傾向だった地形にとっては悪化することもなかったので、全体的にはアウト重視な仕上がりではありながら手前の深いセクションが少しずつ解消されています。この日のようなサイズと風が落ち着いたコンディションであれば潮が少ないタイミングも余計なカレントの影響がなく、腹前後のサイズに対してもミドル〜アウトからの素直な反応で意外や距離も乗れる波を狙えていたようです。
_2
堤防周辺の深いセクションは残りつつ、大潮のタイミングでもあったので左側を含めてサイズの割に反応のいいコンディションでもあり、中間の複雑な地形の影響が少ない様子からはスモールコンディションに十分対応できていたと思います。
_3
沖が遠いので潮が多くなるほどボヨつきやすくサイズが必要になる印象でしたが、控えめなサイズに対しては引きに向かう時間帯で無難な波を探せそうです。ハッキリしたウネリが届いた場合は上げのタイミングに合せてウネリと形のまとまりを楽しめるかもしれません。潮の条件はありつつ、以前よりも整ったコンディションに対して対応できる幅が増えている状況です。

【サンライズ】
5/17火曜日11時頃の様子から地形を判断します。干潮の潮止まりです。
_1
ここも予想していたより地形に対して悪影響になるようなコンディションはありませんでしたが、正面から左側のインサイド〜ミドルエリアに残るカレントに影響された深いセクションがあるので、広いポイントながら狙える地形が右側半分に限られてしまい、北東コンディションになると左側の波が不安定で風を防ぐ事ができなくなっています。
_2
この日に関してもサイズや風の様子からは余計なカレントのない素直な反応を狙えていて、大潮の動きもあって全体的にミドル〜アウトから広く反応がありながら、左側ではワイドなピークからブレイクが途切れてしまう波が多く、複雑な仕上がりなので右側半分が基準になってしまい、前回からも南風のコンディションで安定したレギュラーに人気がありつつ混雑はしやすい雰囲気でした。
_3
ここも沖が広く比較的中間が深いので潮が多くなるほどボヨつきやすく、腹〜胸以下のサイズに対しては狙える地形が狭くなってサイズがほしくなる印象です。右側の対応がいいので上げに向かっても狙える可能性はありますが、潮の動きで波の変化は激しい状況です。

【東浪見】
火曜日(5/17)11時半頃の地形チェックです。潮は上げに切り替わるタイミングです。ここも大潮の干潮と整ったコンディションが重なってスモールコンディションに対してもアウトをメインに比較的素直な反応を狙えるタイミングではありましたが、全体的にはサンライズと似た特徴ではあるので正面から左側は以前から強まっているカレントが残り、インサイド〜ミドルエリアにかけて横の流れと深いセクションが波の反応に対して悪影響となっているようです。
_1
この時もブレイクが途切れる波が多く、潮が上げに向かうとボヨつきも加わり反応する範囲が限られているので、潮とコンディションの変化を含めると安定した狙い目が定まらない状況です。
_2
前回から正面〜右側を基準に南風のコンディションの頃はレギュラーがメインになった反応を狙いやすく人気があり、この日も引きに向かう時間帯から風の影響がない波で遊べていた雰囲気です。
_3
インサイドの砂の集まりがいいのでサンライズと比べて形になった地形が短く、ピークが近いこともあって干潮に近くなるとワイドでショアブレイク気味な反応が目立っていた印象です。全体的にはワイドではあるものの大潮の期間は左側寄りのエリアを含めて乗れていたので、ポイントとしてはサンライズよりも広く対応できるかもしれません。

【志田】
5/17火曜日12時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。
_1
ここは一宮〜東浪見方面と比べて地形が途切れるようなセクションがないので、潮が多い時間帯は中間の比較的深いエリアでボヨつく傾向ではあるものの、ブレイクが途切れずに癖の少ない反応を探せると思います。
_2
この時のような潮の少ないタイミングも風やカレントのヨレがなければ狙える波はありますが、他のポイントと同じく大潮の干潮時はウネリと形のまとまりを重視すると引きすぎな雰囲気はありました。
_3
正面〜右側のレギュラーをメインに速めな左側のレフトにかけて地形を選べる仕上がりで、最近のサイズに対しても潮止まりを除いたタイミングで対応できつつ、頭近いサイズになっても潮がある時間帯の形をキープした波に期待できそうです。

【太東】
5/17火曜日12時半頃の地形レポートです。潮は上げ始めです。週末以降のオンショアに関しても控えめなサイズではあったので地形が大きく変化することはなく、堤防周辺では反応のいい状態で変わらずレギュラーの形も安定していました。
_1
オフショアコンディションの頃もサイズ的には厳しい雰囲気はありましたが、潮の多い時間帯は手前のコンパクトなブレイクにも波数があり、潮の動きに合わせてアウトからのピークが頻繁になると距離を乗れる変化があって楽しめていたようです。
_2
多少面の乱れは残りつつオンショア後のサイズアップもあって、この日もビギナー向けなサイズと形で十分遊べる波が見つかったと思います。
_3
サイズに合わせた潮の量が狙い目ながら、反応は良くなっていたものの大潮の干潮は引きすぎると形のまとまりに欠けていた様子です。

【夷隅】
5/17火曜日13時頃の地形チェックレポートとなります。潮は上げ始めです。前回以降、南風コンディションでは地形に対してウネリと風の向きが悪くここにとっては条件が合っていませんでしたが、更新時の北風や最近の北東コンディションで他のポイントよりも整ったフェイスを探せていて、この日に関してはサイズ不足な雰囲気ではあったものの余計なカレントがない整ったブレイクがありました。
_1
大潮の干潮ということもあって普段よりもサイズに対して比較的ハッキリ反応する素直な波で遊べていたと思います。
_2
カレントと重なってピークのまとまりと反応はしっかりしていながら、地形的には手前に集まったショアブレイクに適した仕上がりではあるので、距離は求められませんが胸以上のサイズの場合は多少潮の量がある方が癖の少ないブレイクのように思えます。
_3
コンディションの条件が合う場合には引きに向かう無難な狙い目の中で中間前からのチェックが必要かもしれません。
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温は北東コンディションで比較的温かい潮になっていましたが、先週の南風で再び冷えてしまい、ブーツはいらないものの入水時には刺激のある冷たさだと思います。

最後に、この先の波ですが、今のところハッキリしたウネリのきっかけになる気圧配置はありませんが、週末(5/21~22)にかけて南風のコンディションで安定する予報のようです。
サイズとしては落ち着きやすい雰囲気ではありつつ、風向きは特に影響されないものの離れて通過する沖の低気圧が予想されているので、無風や南東のコンディションの日があれば微妙な東ウネリが届くかもしれません。
控えめなサイズが増える予想なので、地形にとっては現時点でカレントに影響されているエリアの復活が進みそうです。
ピーク周辺のカレントが弱まってしまうとここ数日で対応できている地形に対しては反応が悪くなり、後半は潮の動きも小さくなるので、サイズによっては形がハッキリしなくなったり使えるエリアが狭くなりそうですね。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(5/11)の更新からは前半の期間でオフショアコンディションが狙いやすくなっていて、サイズとしても以前からの東ウネリをキープしていた頃に関しては十分な波数があり、手前の地形の複雑さは残っているもののカレントの悪影響が少ないブレイクを探せていたようです。
このエリアでは南風のコンディションでサンライズや東浪見の右側が、ピークは狭く混雑しやすかったものの潮が引き始めてからのタイミングをメインに、特等席から離れた周辺のレギュラーでも対応できていたと思います。
一宮や志田〜太東に関しても違った波質で形のまとまりがあったので、潮が上げに向かう時間帯を含めるとこのエリア全体でポイントやボードを変えて遊べていた印象です。
日〜月曜日(5/15~16)は北東コンディションが強まり、風のヨレやまとまりの悪さは目立ちながらサイズの変化は特になく、地形に対しての悪影響も少なく済んだので、大潮の動きと合せた狙い方で最近の落ち着いたサイズにも各ポイントで対応できている状況です。
それでは、地形レポートです!

【一宮】
火曜日5/17の10時頃の状況から地形をジャッジします。潮は引きに向かって干潮寸前の時間帯です。
_1
週末以降の北東コンディションが予想よりも強まらず、サイズとしては控えめな状態ではありましたが、復活傾向だった地形にとっては悪化することもなかったので、全体的にはアウト重視な仕上がりではありながら手前の深いセクションが少しずつ解消されています。この日のようなサイズと風が落ち着いたコンディションであれば潮が少ないタイミングも余計なカレントの影響がなく、腹前後のサイズに対してもミドル〜アウトからの素直な反応で意外や距離も乗れる波を狙えていたようです。
_2
堤防周辺の深いセクションは残りつつ、大潮のタイミングでもあったので左側を含めてサイズの割に反応のいいコンディションでもあり、中間の複雑な地形の影響が少ない様子からはスモールコンディションに十分対応できていたと思います。
_3
沖が遠いので潮が多くなるほどボヨつきやすくサイズが必要になる印象でしたが、控えめなサイズに対しては引きに向かう時間帯で無難な波を探せそうです。ハッキリしたウネリが届いた場合は上げのタイミングに合せてウネリと形のまとまりを楽しめるかもしれません。潮の条件はありつつ、以前よりも整ったコンディションに対して対応できる幅が増えている状況です。

【サンライズ】
5/17火曜日11時頃の様子から地形を判断します。干潮の潮止まりです。
_1
ここも予想していたより地形に対して悪影響になるようなコンディションはありませんでしたが、正面から左側のインサイド〜ミドルエリアに残るカレントに影響された深いセクションがあるので、広いポイントながら狙える地形が右側半分に限られてしまい、北東コンディションになると左側の波が不安定で風を防ぐ事ができなくなっています。
_2
この日に関してもサイズや風の様子からは余計なカレントのない素直な反応を狙えていて、大潮の動きもあって全体的にミドル〜アウトから広く反応がありながら、左側ではワイドなピークからブレイクが途切れてしまう波が多く、複雑な仕上がりなので右側半分が基準になってしまい、前回からも南風のコンディションで安定したレギュラーに人気がありつつ混雑はしやすい雰囲気でした。
_3
ここも沖が広く比較的中間が深いので潮が多くなるほどボヨつきやすく、腹〜胸以下のサイズに対しては狙える地形が狭くなってサイズがほしくなる印象です。右側の対応がいいので上げに向かっても狙える可能性はありますが、潮の動きで波の変化は激しい状況です。

【東浪見】
火曜日(5/17)11時半頃の地形チェックです。潮は上げに切り替わるタイミングです。ここも大潮の干潮と整ったコンディションが重なってスモールコンディションに対してもアウトをメインに比較的素直な反応を狙えるタイミングではありましたが、全体的にはサンライズと似た特徴ではあるので正面から左側は以前から強まっているカレントが残り、インサイド〜ミドルエリアにかけて横の流れと深いセクションが波の反応に対して悪影響となっているようです。
_1
この時もブレイクが途切れる波が多く、潮が上げに向かうとボヨつきも加わり反応する範囲が限られているので、潮とコンディションの変化を含めると安定した狙い目が定まらない状況です。
_2
前回から正面〜右側を基準に南風のコンディションの頃はレギュラーがメインになった反応を狙いやすく人気があり、この日も引きに向かう時間帯から風の影響がない波で遊べていた雰囲気です。
_3
インサイドの砂の集まりがいいのでサンライズと比べて形になった地形が短く、ピークが近いこともあって干潮に近くなるとワイドでショアブレイク気味な反応が目立っていた印象です。全体的にはワイドではあるものの大潮の期間は左側寄りのエリアを含めて乗れていたので、ポイントとしてはサンライズよりも広く対応できるかもしれません。

【志田】
5/17火曜日12時頃の様子から地形をレポートします。潮は上げ始めです。
_1
ここは一宮〜東浪見方面と比べて地形が途切れるようなセクションがないので、潮が多い時間帯は中間の比較的深いエリアでボヨつく傾向ではあるものの、ブレイクが途切れずに癖の少ない反応を探せると思います。
_2
この時のような潮の少ないタイミングも風やカレントのヨレがなければ狙える波はありますが、他のポイントと同じく大潮の干潮時はウネリと形のまとまりを重視すると引きすぎな雰囲気はありました。
_3
正面〜右側のレギュラーをメインに速めな左側のレフトにかけて地形を選べる仕上がりで、最近のサイズに対しても潮止まりを除いたタイミングで対応できつつ、頭近いサイズになっても潮がある時間帯の形をキープした波に期待できそうです。

【太東】
5/17火曜日12時半頃の地形レポートです。潮は上げ始めです。週末以降のオンショアに関しても控えめなサイズではあったので地形が大きく変化することはなく、堤防周辺では反応のいい状態で変わらずレギュラーの形も安定していました。
_1
オフショアコンディションの頃もサイズ的には厳しい雰囲気はありましたが、潮の多い時間帯は手前のコンパクトなブレイクにも波数があり、潮の動きに合わせてアウトからのピークが頻繁になると距離を乗れる変化があって楽しめていたようです。
_2
多少面の乱れは残りつつオンショア後のサイズアップもあって、この日もビギナー向けなサイズと形で十分遊べる波が見つかったと思います。
_3
サイズに合わせた潮の量が狙い目ながら、反応は良くなっていたものの大潮の干潮は引きすぎると形のまとまりに欠けていた様子です。

【夷隅】
5/17火曜日13時頃の地形チェックレポートとなります。潮は上げ始めです。前回以降、南風コンディションでは地形に対してウネリと風の向きが悪くここにとっては条件が合っていませんでしたが、更新時の北風や最近の北東コンディションで他のポイントよりも整ったフェイスを探せていて、この日に関してはサイズ不足な雰囲気ではあったものの余計なカレントがない整ったブレイクがありました。
_1
大潮の干潮ということもあって普段よりもサイズに対して比較的ハッキリ反応する素直な波で遊べていたと思います。
_2
カレントと重なってピークのまとまりと反応はしっかりしていながら、地形的には手前に集まったショアブレイクに適した仕上がりではあるので、距離は求められませんが胸以上のサイズの場合は多少潮の量がある方が癖の少ないブレイクのように思えます。
_3
コンディションの条件が合う場合には引きに向かう無難な狙い目の中で中間前からのチェックが必要かもしれません。
今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

さて、水温は北東コンディションで比較的温かい潮になっていましたが、先週の南風で再び冷えてしまい、ブーツはいらないものの入水時には刺激のある冷たさだと思います。

最後に、この先の波ですが、今のところハッキリしたウネリのきっかけになる気圧配置はありませんが、週末(5/21~22)にかけて南風のコンディションで安定する予報のようです。
サイズとしては落ち着きやすい雰囲気ではありつつ、風向きは特に影響されないものの離れて通過する沖の低気圧が予想されているので、無風や南東のコンディションの日があれば微妙な東ウネリが届くかもしれません。
控えめなサイズが増える予想なので、地形にとっては現時点でカレントに影響されているエリアの復活が進みそうです。
ピーク周辺のカレントが弱まってしまうとここ数日で対応できている地形に対しては反応が悪くなり、後半は潮の動きも小さくなるので、サイズによっては形がハッキリしなくなったり使えるエリアが狭くなりそうですね。



[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 豊海

21 21 21 21 22 22 22 22 22 22 22 22 23 23 23 23 23 23
時間 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15
天気
気温 21.5 20.6 18.6 17.1 17.3 16.0 16.5 18.3 20.8 22.3 18.9 17.2 17.1 16.0 16.3 21.4 24.2 25.0
波高
m
0.80 0.84 0.97 1.06 1.08 1.17 1.32 1.40 1.43 1.43 1.47 1.47 1.45 1.45 1.45 1.41 1.33 1.23
波向
風速
m/s
3.0 3.6 1.4 2.1 4.4 5.2 5.4 5.3 2.8 4.3 4.7 2.8 2.7 3.0 2.7 2.7 2.0 2.2
風向
潮位
cm
26 15 76 121 109 99 120 112 57 23 58 111 117 96 102 112 84 42
21 21 21 21 22 22 22 22 22 22 22 22 23 23 23 23 23 23
時間 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15
天気
気温 21.5 20.6 18.6 17.1 17.3 16.0 16.5 18.3 20.8 22.3 18.9 17.2 17.1 16.0 16.3 21.4 24.2 25.0
波高
m
0.80 0.84 0.97 1.06 1.08 1.17 1.32 1.40 1.43 1.43 1.47 1.47 1.45 1.45 1.45 1.41 1.33 1.23
波向
風速
m/s
3.0 3.6 1.4 2.1 4.4 5.2 5.4 5.3 2.8 4.3 4.7 2.8 2.7 3.0 2.7 2.7 2.0 2.2
風向
潮位
cm
26 15 76 121 109 99 120 112 57 23 58 111 117 96 102 112 84 42

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉北)

    グラフ 23 (月)
    グラフ 24 (火)
    グラフ 25 (水)
    グラフ 26 (木)
    グラフ 27 (金)
  •  

  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉北)

    グラフ 23 (月)
    グラフ 24 (火)
    グラフ 25 (水)
    グラフ 26 (木)
    グラフ 27 (金)
  •  

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。