銚子マリーナ 波情報(無料)/動画&画像|波情報 サーフィン BCM

TOP波情報千葉北 > 銚子マリーナ

千葉北

データ波情報/ 千葉北 銚子マリーナ

29 29 30 30 30 30 30 30 30 30 31 31 31 31 31 31 31 31
時間 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21
天気
気温 10.1 9.0 8.5 8.0 7.3 12.2 14.4 16.4 14.0 11.7 10.6 8.3 6.9 10.6 12.1 12.1 10.8 9.5
波高
m
2.31 2.03 1.83 1.68 1.55 1.51 1.50 1.56 1.59 1.45 1.36 1.65 1.84 1.87 1.72 1.57 1.48 1.44
波向
風速
m/s
2.8 2.6 2.8 2.2 2.0 2.2 3.4 5.5 2.5 3.4 3.8 3.3 3.5 4.9 5.0 4.6 4.6 4.8
風向
潮位
cm
116 48 46 112 112 33 17 94 125 67 48 106 120 45 4 68 119 84
29 29 30 30 30 30 30 30 30 30 31 31 31 31 31 31 31 31
時間 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21
天気
気温 10.1 9.0 8.5 8.0 7.3 12.2 14.4 16.4 14.0 11.7 10.6 8.3 6.9 10.6 12.1 12.1 10.8 9.5
波高
m
2.31 2.03 1.83 1.68 1.55 1.51 1.50 1.56 1.59 1.45 1.36 1.65 1.84 1.87 1.72 1.57 1.48 1.44
波向
風速
m/s
2.8 2.6 2.8 2.2 2.0 2.2 3.4 5.5 2.5 3.4 3.8 3.3 3.5 4.9 5.0 4.6 4.6 4.8
風向
潮位
cm
116 48 46 112 112 33 17 94 125 67 48 106 120 45 4 68 119 84
  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 銚子マリーナ

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    銚子マリーナ

    1. 00 >>>>> 49
    2. 01 >>>>>>>> 74
    3. 02 >>>>>>>>>> 99
    4. 03 >>>>>>>>>>>> 118
    5. 04 >>>>>>>>>>>>> 126
    6. 05 >>>>>>>>>>>> 120
    7. 06 >>>>>>>>>>> 102
    8. 07 >>>>>>>> 77
    9. 08 >>>>> 50
    10. 09 >>> 28
    11. 10 >> 16
    12. 11 >> 17
    13. 12 >>>> 37
    14. 13 >>>>>>> 63
    15. 14 >>>>>>>>>> 91
    16. 15 >>>>>>>>>>>> 115
    17. 16 >>>>>>>>>>>>> 128
    18. 17 >>>>>>>>>>>>> 130
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 116
    20. 19 >>>>>>>>>> 94
    21. 20 >>>>>>> 70
    22. 21 >>>>> 48
    23. 22 >>>> 35
    24. 23 >>>> 33
    1. 00 >>>>> 46
    2. 01 >>>>>>> 67
    3. 02 >>>>>>>>>> 91
    4. 03 >>>>>>>>>>>> 112
    5. 04 >>>>>>>>>>>>> 125
    6. 05 >>>>>>>>>>>>> 127
    7. 06 >>>>>>>>>>>> 112
    8. 07 >>>>>>>>> 89
    9. 08 >>>>>> 60
    10. 09 >>>> 33
    11. 10 >> 14
    12. 11 > 8
    13. 12 >> 17
    14. 13 >>>> 38
    15. 14 >>>>>>> 66
    16. 15 >>>>>>>>>> 94
    17. 16 >>>>>>>>>>>> 115
    18. 17 >>>>>>>>>>>>> 126
    19. 18 >>>>>>>>>>>>> 125
    20. 19 >>>>>>>>>>> 109
    21. 20 >>>>>>>>> 88
    22. 21 >>>>>>> 67
    23. 22 >>>>>> 51
    24. 23 >>>>> 43
    1. 00 >>>>> 48
    2. 01 >>>>>>> 63
    3. 02 >>>>>>>>> 84
    4. 03 >>>>>>>>>>> 106
    5. 04 >>>>>>>>>>>>> 122
    6. 05 >>>>>>>>>>>>> 127
    7. 06 >>>>>>>>>>>> 120
    8. 07 >>>>>>>>>>> 101
    9. 08 >>>>>>>> 74
    10. 09 >>>>> 45
    11. 10 >>> 21
    12. 11 > 7
    13. 12 > 4
    14. 13 >> 18
    15. 14 >>>>> 41
    16. 15 >>>>>>> 68
    17. 16 >>>>>>>>>> 94
    18. 17 >>>>>>>>>>>> 112
    19. 18 >>>>>>>>>>>> 119
    20. 19 >>>>>>>>>>>> 115
    21. 20 >>>>>>>>>>> 101
    22. 21 >>>>>>>>> 84
    23. 22 >>>>>>> 68
    24. 23 >>>>>> 57
    潮回り

    大潮

    満潮

    04:46 / 17:11

    干潮

    10:56 / 23:14

    日出/日入

    05:28 / 17:56

    潮回り

    中潮

    満潮

    05:11 / 17:57

    干潮

    11:34 / 23:47

    日出/日入

    05:26 / 17:57

    潮回り

    中潮

    満潮

    05:37 / 18:45

    干潮

    12:14

    日出/日入

    05:25 / 17:58

  • PR
  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 銚子マリーナ

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • Waveシミュレーター

  • 雨雲シミュレーター

    2017/03/29 16:10

千葉北 エリア 波概況

場所によってはハードやクローズアウトが続く。

[ビギナーアドバイス]

場所によってはハードやクローズアウトが続く。

[ビギナーアドバイス]

更新予定時刻
07:00 / 10:00 / 18:00

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(3/16更新)からは、発達しながら沖を通過した低気圧のウネリが残り、金曜日(3/17)までクローズコンディションとなっていましたが、土曜日(3/18)の朝から風が弱まり、肩前後のお手頃サイズのファンな波が届いていました。

しかし、今回の時化の影響でカレントが強まり、一宮~東浪見の人気の区間は、インサイドの地形に悪影響となってしまい、狙い所がミドル~アウトの地形になってしまいました。

日曜日(3/19)のスモールコンディションには、この地形が深いため、、ほとんどのポイントは、腰~腹サイズで形は良くても、力の弱い乗り心地の物足りない波になっていたと思います。

月曜日(3/20)のサイズアップは予想外でしたが、アウトがメインの地形に変わったとは言え、落ち着いたばかりの地形は雑なので、複雑なブレイクになり、スムーズに乗れる波は少なかったようです。

3連休は午後から東風に変わり、整ったコンディションは昼すぎまでとなっていました。


それでは、各ポイント毎の地形レポートです!


【一宮】
3/21火曜日の11時頃、引き始めなので、未だ潮は多いタイミングでの地形レポートです。
先週(3/13週)の時化の影響で、カレントが強まってしまい、全体的にインサイド~ミドルエリアに深みが残り、まとまりに欠ける地形になっています。
特にインサイドは、サイズが落ち着いてしまうと、ボヨついてしまいそうな印象です。_1地形的には、ミドルからアウトがメインとなっている様子だったので、胸以上のサイズがないと、距離の乗れる波が少なくなってしまうかもれません。
比較的左側の方が、未だ波のまとまりは良さそうでしたが、_2アウトから反応する波も、右側より厚めでダラダラする波が目立っていたので、整ったコンディションになると、狙い所が堤防周辺の地形に限られてしまいそうです。
右側に関しては、カレントの悪影響で、_3チビ堤防周辺に今のところ狙える地形はありません。
右側の堤防からのカレントが強まっていたので、砂が沖に運ばれてしまいそうでしたが、_4この日の様子からは、中央方向に地形が広がり、ミドルエリアがメインになっていたので、これまでより広範囲で遊べるようになりそうです。
しかし、サイズが下がると、インサイド付近でボヨつやすいので、引き始めから狙って、タイミングを合わせる必要がありそうです。


【サンライズ】
火曜日3/21の12時頃、引きに向かっていますが、潮はまだ多いタイミングでした。
全体的にミドル~アウトに地形がまとまっていて、頭以上のサイズがあれば、アウトをメインに広範囲で遊べそうでしたが、肩以下からは、ミドルエリアの地形が狭くなり、それよりサイズが下がると、反応する波数が減少傾向のようです。_1一宮と比べても、サイズに関係なく地形が深い印象でした。
全体的にまとまった地形がないので、どうしても左右の堤防周辺に狙いが集中してしまうと思います。_2中央を含めてカレントが強まった所は、ミドル~アウトに地形が偏っていて、インサイドにかけては深みが残り、サイズが下がるほどボヨつきやすくなるようなので、スモールコンディションの場合は、潮が多くても引き始めからチェックするのが無難かと思います。_3これ以上手前が深くなると、サイズが落ち着いてからは、距離の乗れる地形がなくなってしまうかもしれません。


【東浪見】
3/21火曜日の13時頃、潮は引きに向かいミドルタイドくらいの時間帯です。
ここは全体的に、一宮やサンライズよりも地形が更にアウトに偏っている雰囲気ですが、これまでと大きく変化した印象はありませんでした。
荒れたコンディションが多めとなっているので、カレントが強まっています。
中央周辺からは、いつも通りの沖に出る流が目立ち、左右の地形を分けている様子です。_1中央から右側では、ミドル~インサイドに深くなっている所が残り、スムーズに乗れる波は少なくなっていましたが、ミドル~アウトにかけては、ここ数週間で少しずつレギュラーのブレイクが安定してきているので、肩以上からは距離も乗れていました。_2しかし、ハッキリとした地形があるわけではなく、ピークがワイドでトロ速いブレイクが目立っていて、潮が少なくなるほど、波の力が弱く、まとまりも悪くなっていた印象です。
左側から中央は前回(3/16更新)よりも、地形が沖にまとまり、ワイドになっていたので、肩~頭サイズで、アウトを中心に狙える地形に期待できそうでしたが、ミドルエリアから手前にかけては、これまでよりも地形の深い印象となりそうです。_3スモールコンディションでも、ピークはアウトにできそうですが、乗り繋いでいくと、ブレイクが厚くなり、距離が短いコンディションになる可能性があるので、引きに向かう頃や、上げのタイミングならミドルタイドより前から狙うのが良いかもしれません。


【志田】
火曜日3/21の14時頃、潮は引きに向かい、ミドルタイドをすぎた頃の地形チェックです。
やはり荒れたコンディションが多く、全体的にカレントの強い状態が続いて、地形が変化しやすい雰囲気です。
変わらずアウトまで地形が広がり、堤防や中央からのカレント周辺でウネリの切れ目が見つかるものの、基本的にはワイドで速い波ばかりでした。_1前回(3/16更新)からも、右側の堤防沖にできたレギュラーの地形や、中央周辺が狙い目になっていましたが、肩以上あると、ワイドな波が増え、腹前後のサイズから小さくなると、インサイドがサイズに対して深くなってしまい、スムーズに乗れる波が限られていました。_2左側を含めて、やはり潮が引きに向かうとカレントが強まり、ピークのまとまりが悪くなるので、狙うのであれば、上げのタイミングの方がコンディションは整うと思います。_3胸~肩くらいのサイズが、まとまりがよく形になりそうな地形です。


【太東】
3/21火曜日14時半頃の様子から地形を判断します。引きに向かい干潮に近づいて、潮が少ない印象に変わってきました。
前回更新時(3/16)よりもワイドな波が少なくなりましたが、地形が複雑な為、最近はブレイクが全く安定していません。_1やはり堤防のアウトまで広がった地形に反応してしまい、ワイドなピークが多く、手前で安定して形にまとまる波はありませんでした。_2胸~肩サイズで潮の多いタイミングを狙うと、ショルダーの切れる波がありつつも、その時間帯は、インサイドのボヨつきも気になり、ショートライドにさせられていました。
やはりスムーズに乗れる地形ではないようです。
時化の影響で、北東のウネリと風が強まり、ガスト方面には更に砂が集まって、アウトまで地形が広がっているので、最近の狙い所は、この周辺になっていました。_3トロ速いブレイクですが、レギュラーの雰囲気があり、胸~肩サイズで潮の上げるタイミングを狙うと、カレントに反応した質のいいフェイスが出現していましたよ。
全体的にカレントが強まっているので、ビギナーの方は充分注意してください。


【夷隅】
火曜日3/21の15時頃、引きに向かい干潮に近い時間帯なので、潮は少ないタイミングです。
先週からのサイズアップでカレントの激しい状態となり、今週(3/20週)からもサイズが上がり、日曜日(3/19)以外は落ち着いた様子はありませんでした。_1カレントによって前回よりもビーチが削られ、インサイドの砂もアウトに運ばれていたので、ミドル~アウトの地形が広がっていました。_2これまでミドルエリアにできていた地形は、更に浅くなっていて、ピークからパワーのあるブレイクでしたが、この時のように潮が少ない時間帯でも、サイズの割りにワイドな反応ではなく、意外と手前にまとまっていた雰囲気です。_3このままの状態なら、胸~肩サイズで形的に期待できそうですが、この先も時化模様なので、アウトの地形が広がりワイドな反応も予想されますね。。。
最近はピークのみでショルダーの安定しない波が多く、ショートライドが目立っていたので、ミドル~インサイドの地形がまとまり、一定に平らな状態になることを期待したいです。


今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、12~13℃で多少上がったものの、特に温かく感じる程ではありませんでした。
3連休中のような陽気なら、朝夕以外はグローブやヘッドキャップなしの人も多かったのですが、天気が崩れ、気温も下がる予報が出たらフル装備の準備も未だ必要そうです。。。


最後に、この先の波は、ウネリの残り具合は風次第になりそうです。
沖で低気圧が発達しても、北西の風が強まると急激にウネリが抑えられ、力の弱い波質になると思うので、早ければ木曜日(3/23)から狙えるようになるかもしれませんね。

サイズアップの影響で、カレントによって手前の地形が荒らされてしまうと、サイズが小さくなるほど狙える地形が狭くなる可能性があるので、できるだけサイズが残っているうちにやっておいた方が、広範囲で練習できて、混雑も回避できると思います。

スモールコンディションの場合でも、波のまとまりが悪くなるので、干潮に近いタイミングは避けてもよさそうです。


今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回(3/16更新)からは、発達しながら沖を通過した低気圧のウネリが残り、金曜日(3/17)までクローズコンディションとなっていましたが、土曜日(3/18)の朝から風が弱まり、肩前後のお手頃サイズのファンな波が届いていました。

しかし、今回の時化の影響でカレントが強まり、一宮~東浪見の人気の区間は、インサイドの地形に悪影響となってしまい、狙い所がミドル~アウトの地形になってしまいました。

日曜日(3/19)のスモールコンディションには、この地形が深いため、、ほとんどのポイントは、腰~腹サイズで形は良くても、力の弱い乗り心地の物足りない波になっていたと思います。

月曜日(3/20)のサイズアップは予想外でしたが、アウトがメインの地形に変わったとは言え、落ち着いたばかりの地形は雑なので、複雑なブレイクになり、スムーズに乗れる波は少なかったようです。

3連休は午後から東風に変わり、整ったコンディションは昼すぎまでとなっていました。


それでは、各ポイント毎の地形レポートです!


【一宮】
3/21火曜日の11時頃、引き始めなので、未だ潮は多いタイミングでの地形レポートです。
先週(3/13週)の時化の影響で、カレントが強まってしまい、全体的にインサイド~ミドルエリアに深みが残り、まとまりに欠ける地形になっています。
特にインサイドは、サイズが落ち着いてしまうと、ボヨついてしまいそうな印象です。_1地形的には、ミドルからアウトがメインとなっている様子だったので、胸以上のサイズがないと、距離の乗れる波が少なくなってしまうかもれません。
比較的左側の方が、未だ波のまとまりは良さそうでしたが、_2アウトから反応する波も、右側より厚めでダラダラする波が目立っていたので、整ったコンディションになると、狙い所が堤防周辺の地形に限られてしまいそうです。
右側に関しては、カレントの悪影響で、_3チビ堤防周辺に今のところ狙える地形はありません。
右側の堤防からのカレントが強まっていたので、砂が沖に運ばれてしまいそうでしたが、_4この日の様子からは、中央方向に地形が広がり、ミドルエリアがメインになっていたので、これまでより広範囲で遊べるようになりそうです。
しかし、サイズが下がると、インサイド付近でボヨつやすいので、引き始めから狙って、タイミングを合わせる必要がありそうです。


【サンライズ】
火曜日3/21の12時頃、引きに向かっていますが、潮はまだ多いタイミングでした。
全体的にミドル~アウトに地形がまとまっていて、頭以上のサイズがあれば、アウトをメインに広範囲で遊べそうでしたが、肩以下からは、ミドルエリアの地形が狭くなり、それよりサイズが下がると、反応する波数が減少傾向のようです。_1一宮と比べても、サイズに関係なく地形が深い印象でした。
全体的にまとまった地形がないので、どうしても左右の堤防周辺に狙いが集中してしまうと思います。_2中央を含めてカレントが強まった所は、ミドル~アウトに地形が偏っていて、インサイドにかけては深みが残り、サイズが下がるほどボヨつきやすくなるようなので、スモールコンディションの場合は、潮が多くても引き始めからチェックするのが無難かと思います。_3これ以上手前が深くなると、サイズが落ち着いてからは、距離の乗れる地形がなくなってしまうかもしれません。


【東浪見】
3/21火曜日の13時頃、潮は引きに向かいミドルタイドくらいの時間帯です。
ここは全体的に、一宮やサンライズよりも地形が更にアウトに偏っている雰囲気ですが、これまでと大きく変化した印象はありませんでした。
荒れたコンディションが多めとなっているので、カレントが強まっています。
中央周辺からは、いつも通りの沖に出る流が目立ち、左右の地形を分けている様子です。_1中央から右側では、ミドル~インサイドに深くなっている所が残り、スムーズに乗れる波は少なくなっていましたが、ミドル~アウトにかけては、ここ数週間で少しずつレギュラーのブレイクが安定してきているので、肩以上からは距離も乗れていました。_2しかし、ハッキリとした地形があるわけではなく、ピークがワイドでトロ速いブレイクが目立っていて、潮が少なくなるほど、波の力が弱く、まとまりも悪くなっていた印象です。
左側から中央は前回(3/16更新)よりも、地形が沖にまとまり、ワイドになっていたので、肩~頭サイズで、アウトを中心に狙える地形に期待できそうでしたが、ミドルエリアから手前にかけては、これまでよりも地形の深い印象となりそうです。_3スモールコンディションでも、ピークはアウトにできそうですが、乗り繋いでいくと、ブレイクが厚くなり、距離が短いコンディションになる可能性があるので、引きに向かう頃や、上げのタイミングならミドルタイドより前から狙うのが良いかもしれません。


【志田】
火曜日3/21の14時頃、潮は引きに向かい、ミドルタイドをすぎた頃の地形チェックです。
やはり荒れたコンディションが多く、全体的にカレントの強い状態が続いて、地形が変化しやすい雰囲気です。
変わらずアウトまで地形が広がり、堤防や中央からのカレント周辺でウネリの切れ目が見つかるものの、基本的にはワイドで速い波ばかりでした。_1前回(3/16更新)からも、右側の堤防沖にできたレギュラーの地形や、中央周辺が狙い目になっていましたが、肩以上あると、ワイドな波が増え、腹前後のサイズから小さくなると、インサイドがサイズに対して深くなってしまい、スムーズに乗れる波が限られていました。_2左側を含めて、やはり潮が引きに向かうとカレントが強まり、ピークのまとまりが悪くなるので、狙うのであれば、上げのタイミングの方がコンディションは整うと思います。_3胸~肩くらいのサイズが、まとまりがよく形になりそうな地形です。


【太東】
3/21火曜日14時半頃の様子から地形を判断します。引きに向かい干潮に近づいて、潮が少ない印象に変わってきました。
前回更新時(3/16)よりもワイドな波が少なくなりましたが、地形が複雑な為、最近はブレイクが全く安定していません。_1やはり堤防のアウトまで広がった地形に反応してしまい、ワイドなピークが多く、手前で安定して形にまとまる波はありませんでした。_2胸~肩サイズで潮の多いタイミングを狙うと、ショルダーの切れる波がありつつも、その時間帯は、インサイドのボヨつきも気になり、ショートライドにさせられていました。
やはりスムーズに乗れる地形ではないようです。
時化の影響で、北東のウネリと風が強まり、ガスト方面には更に砂が集まって、アウトまで地形が広がっているので、最近の狙い所は、この周辺になっていました。_3トロ速いブレイクですが、レギュラーの雰囲気があり、胸~肩サイズで潮の上げるタイミングを狙うと、カレントに反応した質のいいフェイスが出現していましたよ。
全体的にカレントが強まっているので、ビギナーの方は充分注意してください。


【夷隅】
火曜日3/21の15時頃、引きに向かい干潮に近い時間帯なので、潮は少ないタイミングです。
先週からのサイズアップでカレントの激しい状態となり、今週(3/20週)からもサイズが上がり、日曜日(3/19)以外は落ち着いた様子はありませんでした。_1カレントによって前回よりもビーチが削られ、インサイドの砂もアウトに運ばれていたので、ミドル~アウトの地形が広がっていました。_2これまでミドルエリアにできていた地形は、更に浅くなっていて、ピークからパワーのあるブレイクでしたが、この時のように潮が少ない時間帯でも、サイズの割りにワイドな反応ではなく、意外と手前にまとまっていた雰囲気です。_3このままの状態なら、胸~肩サイズで形的に期待できそうですが、この先も時化模様なので、アウトの地形が広がりワイドな反応も予想されますね。。。
最近はピークのみでショルダーの安定しない波が多く、ショートライドが目立っていたので、ミドル~インサイドの地形がまとまり、一定に平らな状態になることを期待したいです。


今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


さて、水温は、12~13℃で多少上がったものの、特に温かく感じる程ではありませんでした。
3連休中のような陽気なら、朝夕以外はグローブやヘッドキャップなしの人も多かったのですが、天気が崩れ、気温も下がる予報が出たらフル装備の準備も未だ必要そうです。。。


最後に、この先の波は、ウネリの残り具合は風次第になりそうです。
沖で低気圧が発達しても、北西の風が強まると急激にウネリが抑えられ、力の弱い波質になると思うので、早ければ木曜日(3/23)から狙えるようになるかもしれませんね。

サイズアップの影響で、カレントによって手前の地形が荒らされてしまうと、サイズが小さくなるほど狙える地形が狭くなる可能性があるので、できるだけサイズが残っているうちにやっておいた方が、広範囲で練習できて、混雑も回避できると思います。

スモールコンディションの場合でも、波のまとまりが悪くなるので、干潮に近いタイミングは避けてもよさそうです。


今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo ・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スタンス:グーフィー

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴17年の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として、毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

千葉北 エリア 週間波予想

  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 31 (金)
    グラフ 1 (土)
    グラフ 2 (日)
    グラフ 3 (月)
    グラフ 4 (火)
  •  
  • 週間予想
  • ウネリの期待度( 千葉全域)
    グラフ 31 (金)
    グラフ 1 (土)
    グラフ 2 (日)
    グラフ 3 (月)
    グラフ 4 (火)
  •  
  • 週間予想