本須賀-千葉北無料波情報&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

TOP波情報千葉北 > 本須賀

千葉北 本須賀の波情報

ポイントガイド

作田の北側にある海水浴場。国「物がない広いビーチのため風の影響を受けやすいが、正面付近をはずせば比較的混雑を避けてサーフィン可能
駐車場は夏場のみ有料となるが、広い駐車スペースとアクセスの良さから、訪れるサーファーは増加傾向。

※毎月第1日曜日、9:00よりビーチクリーンが行われているので、ぜひ参加しましょう。

○トイレ:有り
○シャワー:無し
千葉北のサーフィンスポット本須賀の最新波情報。
サーフィン経験の豊富なベテラン波専門スタッフがサーファー目線で波情報・波予想や注意事項、アドバイスなどを提供しています。 無料でもサーフィンに必要な情報を閲覧可能ですが、会員登録すれば、より詳細な情報や波専門スタッフによる分析・解析など全てのコンテンツをご覧いただけます。
  • サイズ

  • ブレイクコンディション

  • 天候

  • 微/西南西/サイドオフ

  • フェイス

    B まぁまぁ

  • 人数

    0 人

  • ウネリ状態

    うねりパターン

  • ウェット

  • 水温

    21.4℃
    [気象庁解析データ]

  • コンディション

    [位置]

    [波数]

    [初級者アドバイス]
  • PR
  • PR
  • 波動画&画像

    本須賀

    本須賀メイン

    定点

    本須賀左側

    定点
  • Waveシミュレーター

  • ピンポイントSWELL予測値(3H毎) 本須賀

    (m)
    矢印 波向き
    NOW
  • タイドグラフ

    本須賀

    1. 00 >>>>>>>>>>> 109
    2. 01 >>>>>>>>>>> 102
    3. 02 >>>>>>>>> 89
    4. 03 >>>>>>>> 73
    5. 04 >>>>>> 57
    6. 05 >>>>> 42
    7. 06 >>>> 31
    8. 07 >>> 28
    9. 08 >>>> 31
    10. 09 >>>> 40
    11. 10 >>>>>> 54
    12. 11 >>>>>>> 69
    13. 12 >>>>>>>>> 82
    14. 13 >>>>>>>>>> 92
    15. 14 >>>>>>>>>> 95
    16. 15 >>>>>>>>>> 93
    17. 16 >>>>>>>>> 88
    18. 17 >>>>>>>>> 82
    19. 18 >>>>>>>> 77
    20. 19 >>>>>>>> 77
    21. 20 >>>>>>>>> 82
    22. 21 >>>>>>>>>> 91
    23. 22 >>>>>>>>>>> 101
    24. 23 >>>>>>>>>>> 109
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 112
    2. 01 >>>>>>>>>>> 110
    3. 02 >>>>>>>>>> 99
    4. 03 >>>>>>>>> 83
    5. 04 >>>>>>> 63
    6. 05 >>>>> 43
    7. 06 >>> 27
    8. 07 >> 17
    9. 08 >> 15
    10. 09 >>> 22
    11. 10 >>>> 36
    12. 11 >>>>>> 54
    13. 12 >>>>>>>> 73
    14. 13 >>>>>>>>> 90
    15. 14 >>>>>>>>>> 100
    16. 15 >>>>>>>>>>> 103
    17. 16 >>>>>>>>>>> 101
    18. 17 >>>>>>>>>> 94
    19. 18 >>>>>>>>> 87
    20. 19 >>>>>>>>> 82
    21. 20 >>>>>>>>> 82
    22. 21 >>>>>>>>> 88
    23. 22 >>>>>>>>>> 97
    24. 23 >>>>>>>>>>> 107
    1. 00 >>>>>>>>>>>> 115
    2. 01 >>>>>>>>>>>> 117
    3. 02 >>>>>>>>>>> 110
    4. 03 >>>>>>>>>> 96
    5. 04 >>>>>>>> 75
    6. 05 >>>>>> 52
    7. 06 >>> 30
    8. 07 >> 13
    9. 08 > 4
    10. 09 > 5
    11. 10 >> 18
    12. 11 >>>> 37
    13. 12 >>>>>> 59
    14. 13 >>>>>>>>> 81
    15. 14 >>>>>>>>>> 98
    16. 15 >>>>>>>>>>> 108
    17. 16 >>>>>>>>>>> 110
    18. 17 >>>>>>>>>>> 106
    19. 18 >>>>>>>>>> 98
    20. 19 >>>>>>>>> 90
    21. 20 >>>>>>>>> 85
    22. 21 >>>>>>>>> 86
    23. 22 >>>>>>>>>> 94
    24. 23 >>>>>>>>>>> 104
    潮回り

    中潮

    満潮

    00:07 / 14:47

    干潮

    07:42 / 19:12

    日出/日入

    04:20 / 18:56

    潮回り

    大潮

    満潮

    00:45 / 15:39

    干潮

    08:21 / 20:09

    日出/日入

    04:20 / 18:56

    潮回り

    大潮

    満潮

    01:25 / 16:24

    干潮

    08:59 / 20:59

    日出/日入

    04:20 / 18:56

  • ピンポイントWIND予測値(1H毎) 本須賀

    (m)
    矢印 風向き
    NOW
  • 雨雲シミュレーター

    2024/06/18 05:50

千葉北 エリア 波概況

日中の北部~片貝方面は南~南西風の影響が大きくなる恐れがある。

[ビギナーアドバイス]


日中の北部~片貝方面は南~南西風の影響が大きくなる恐れがある。

[ビギナーアドバイス]

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。
更新予定時刻
07:00 / 11:00 / 18:45

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊

photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回以降は風向きの変化に合わせてポイント選びが忙しくなっていたと思いますが、低気圧の通過や高気圧の配置で沖にはウネリのきっかけがあったので、いれかわる北東コンディションのサイズアップや南東コンディションのウネリのキープは肩〜頭以上のブレイクを狙えたり、南〜南西の控えめなコンディションに対しても胸サイズを残してくれていて、各ポイントでアウトにかけて広範囲な地形の対応を遊べていました。

それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(6/12)の9時頃の地形チェックです。潮は引き始めです。前回の更新以降はここにとってもオンショア気味になる南東と北東のコンディションが交互に入れ替わっていましたが、ウネリをキープするには必要な条件でもあり、ポイントの中で風を防ぐエリアを使い分けるのが忙しくなっていながら、風が気になる時間帯からは他より癖の少ない波を探せていた印象です。
一宮 1
この日のように南西のコンディションの後で控えめなサイズになりつつ、東風が絡むコンディションでウネリが復活したり、平均すると胸以上のブレイクが確保されていたので、インサイド寄りに残るカレントの通り道で地形は分断されていますが、潮が多い時間を含めてもミドル〜アウトの波数からは複雑な地形に対しても十分な対応だったと思います。
一宮 2
大潮の期間でもあったので干満の変化が激しくなっていましたが、以前からも距離を乗り繫げるエリアが復活し始めていて、ボヨつきはありつつこの日の満タン時に関しても形のまとまりを探しやすく、正面右側の南風を防ぐエリアの対応が前回よりいい雰囲気でした。
一宮 3
引き始めからは全体的にアウトのピークがハッキリしていたのでフェイスの滑り易さも狙えていながら、干潮に近づくほど波のバラつきや風のヨレが強まってデメリットにもなっていた印象です。

サンライズ

水曜日(6/12)の10時頃の地形チェックです。潮は引きに向かってハーフタイドに近い時間帯です。ここにとってもコンディションの変化によってポイントの中で地形の使い分けが忙しくなっていましたが、北東コンディションに対する左側の対応や、その後のウネリの復活は南風を防ぎながら右側のレギュラーを狙える条件でもあったので、日中の風の影響は気になりながらもサイズを重視すると十分な期間でもあり、朝凪に合わせて整った波を狙い易くなっていました。
サンライズ1
地形の様子からは以前と比べてインサイドの砂の集まりが良くなって複雑さは解消傾向に思えましたが、全体的にミドルエリアに絡むカレントの影響で見た目以上に素直さに欠けたブレイクが多く、カレントの強弱と風のヨレが加わると干潮時の波のバラつきが強まり、波の痩せ具合いを含めると満タン時のボヨつきより癖が悪かったかもしれません。
サンライズ2
地形的にこの時既に引きすぎな印象があったので、この日の南風に対する右側狙いには都合がよさそうでしたが、サイズからは浮力の強いボードが必要そうです。
サンライズ3
左側の北東対応に関しても潮の上げ際にまとまりを狙える雰囲気があるので、スッキリする景色ではないものの最近の胸以上のサイズのキープは狙い目を選びながら遊べる波が確保されていました。

東浪見

水曜日(6/12)の11時頃の地形チェックです。潮は引きに向かうハーフタイドの時間帯です。東風が絡んで日中はオンショア気味たコンディションが増えていたものの、北東コンディションを除けば意外やピーク時の悪影響は少なく、朝イチの無風状態を狙いながら前回以降のウネリのキープや前半のサイズ感は楽しめる波を探せていた雰囲気です。
東浪見1
一宮〜サンライズと比べてや南や東風の影響が少ない分、キープしていた東ウネリの反応も比較的控えめな印象でしたが、安定して肩サイズが反応した日は干潮時の波の痩せ具合いに対しても十分なブレイクを保てていて、南風とウネリが重なる日は正面〜右側のレギュラーにとっての狙い目になっていました。
東浪見2
サンライズよりも正面エリアのカレントの働きが目立っているので、インサイド〜ミドルエリアの不安定な仕上がりが残りつつ、アウトを使える潮時やサイズの条件を満たせば形になる波が出現し、ワイドなブレイクは増えながら癖が解消された左側の地形にかけて最近の胸前後の対応をキープできていました。
東浪見3
潮の動きによる変化は激しい状況ですが、左側の上げ際や右側の引き始めなど狙い目を含めた地形の使い分けで遊べる波を探せていた状態です。

志田

水曜日(6/12)の12時頃の地形チェックです。潮はハーフタイドをすぎた時間帯です。
志田1
サイズを重視すると前回以降の東ウネリの反応は他よりも控えめになっていましたが、この日の様子からも東浪見より日中のオンショア気味た東風コンディションのヨレを防ぎ、干潮に向かうまとまりの悪さに対してもサイズ感やフェイスの乗りしろをキープしていたので、北東コンディションを除けば朝夕の風の弱まりに合わせて整った波を狙い易く、お手頃な胸前後のブレイクは地形に対しても易しいさと滑りを両立した反応に思えました。
志田2
他のポイントよりもインサイドの地形のまとまりが強く、平らな仕上がりも広いので控えめなサイズの対応はいい雰囲気ですが、 以前と比べて正面〜右側のレギュラーのクオリティーが崩れてしまい、ワイドなピークや短いフェイスが増えて波選びが難しくなった印象で、左側にかけて波を選べながら他よりも狙える距離が劣っている状況です。
志田3
干潮に近くなるほどの波の痩せ方やバラつきが目立ってもいるので、形のまとまりや乗り心地のお手軽さを求めるとウネリをキープした期間がチャンスとなり、引き始めや上げ際のタイミングが狙い目として安定していました。

太東

水曜日(6/12)の14時頃の地形チェックです。干潮の潮止まりです。北東コンディションのタイミングで癖の強さが際立っていましたが、前回以降の東ウネリの反応やサイズのキープはここにとって十分なブレイクを届けてくれていて、特に前半の期間はショートボードに対応する波や潮が多い時間の形のまとまりも狙い目になっていた印象です。
太東
混雑しやすい期間でもありましたが、サイズとしては控えめでも南や南東のコンディションに対しては日中を含めて他のポイントよりも整ったフェイスが確保されていたので、ロングボードを基準にすると引き始めから上げ際にかけて1日の中で変化を楽しめたと思います。
太東2
しかし、浅さや広い仕上がりは素直なブレイクをキープしているものの、ここもインサイドの地形のまとまりが強まってしまい、最近の穏やかさからはカレントが働きがなく、以前よりも形にならない状態にもなってきているようです。
太東3
潮位やサイズによって形の変化は違いますが、堤防周辺からの反応はミドルセクションのワイドなブレイクが目立ってしまい、やや手前に集まるピークの方がフェイスのある波になっていたので、引き始めを基準に、サイズによっては上げ始めを含めたまとまり重視なタイミングが無難そうでした。

夷隅

夷隅1
↑6/12(水)の15時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。本格的にウネリがリセットされたこの日の様子からは雰囲気を感じられませんでした。
夷隅5
↑6/6(木)8時頃の地形チェックになります。前回以降のウネリの反応は久しぶりにここの出番が増える期間となっていたので、各ポイントで北東コンディションに対応する地形が限られる中、大潮のタイミングと重なってNo.1〜3にかけてピークを選べる波が出現していました。
夷隅6
↑6/6(木)8時頃の地形チェックになります。潮位による変化は激しいものの、ハーフタイドから狙えるサイズは干潮直後にかけて形のまとまりやフェイスの滑走感がお手軽で、個人的にも距離よりコンパクトで力のあるブレイクに遊んでもらいました。しかし、ミドルエリアに以前ほどの素直さがなく、やはり地形がインサイドに集まる傾向からはピークのまとまりやその後の形がハッキリせず、ショアブレイク気味な雰囲気を含めて信じれるフェイスが減っていた印象です。
夷隅4
↑6/8(土曜日)10時頃の地形チェックになります。次のウネリやカレントの働きがなければ地形的にここの賞味期限もぼちぼち切れそうで、インサイドのみの対応ではNo.1,の仕上がりの広さに期待しても滑れる範囲は見た目以上に狭いと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、風の影響が気になりつつ、朝イチの無風の時間帯に整ったフェイスを滑れる日も多く、日中の風のピーク時に関しても一宮方面と太東方面の使い分けや堤防でブロックするヨレの少ない波を探せていたと思います。
しかしながら、大潮の期間と重なって潮位の変化も激しく、潮が足りない時間が目立っていた雰囲気からは満潮に向かうボヨつきよりも干潮前後の波のバラつきやヨレの強まりの方が厄介になっていた印象です。
ほとんどのポイントは引き始めからを基準に無難なタイミングを狙えていながら、浅さが一定の地形には上げに向かうウネリのまとまりを探せたり、サイズに余裕がある南寄りのコンディションに対しては東浪見・サンライズの右側でレギュラーの距離を楽しめていたので、ポイントごとに地形を活かせる狙い目もあったと思います。
さて、この先の波は沖でキープしていたウネリのきっかけがなくなり、水曜日(6/12)の南西コンディションによって今のところリセットされているものの、低気圧の通過で微妙な反応が復活するかもしれません。
しかし、その後の前線のブロックと週明けに予想されている南西コンディションの連続を考えると、反応すれば梅雨入り前の貴重なサイズになる雰囲気もあって、前回ほどのブレイクではなくても対応しておいた方がいいと思います。
潮汐からは影響が小さい期間ではあるので上げすぎや引きすぎの極端な変化はなく、余計なカレントの落ち着きを含めて地形に対して素直なブレイクを探せるものの、夷隅や東浪見・サンライズの右側のように干潮狙いの地形にとっては肩〜頭サイズがないと距離や滑りの良さを楽しめず、全体的に条件をクリアしてもボヨつきが気になる印象です。
カレントの働きが弱すぎてもピークやフェイスの立ち上がりがハッキリしないので、前回と同じ胸サイズのキープがあったとしても使える地形が狭くなる可能性が高く、引き始めからの変化が狙い目として外せなくなると思います。
ウネリの反応や浅さと広さを確保した地形は少ない様子ながら、安定したピークがあれば上げる途中にも波や形のまとまりが見つかるかもしれません。

最後に、水温ですが、水温も北東コンディションのウネリの反応とともに上昇傾向なタイミングがあったので、前半の肩〜頭サイズを狙えた期間はスプリングで問題ない温かさでしたが、後半の期間に関しては南西コンディションの強まりが加わってジャーフル〜シーガルが基準に戻っている状況です。


[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

BCM SurfPatrol プロサーファー週間エリア概況 - 最新記事

関田秀俊
photo
皆さん、お疲れ様です!
波情報BCM「プロサーファー週間地形レポート」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。


前回以降は風向きの変化に合わせてポイント選びが忙しくなっていたと思いますが、低気圧の通過や高気圧の配置で沖にはウネリのきっかけがあったので、いれかわる北東コンディションのサイズアップや南東コンディションのウネリのキープは肩〜頭以上のブレイクを狙えたり、南〜南西の控えめなコンディションに対しても胸サイズを残してくれていて、各ポイントでアウトにかけて広範囲な地形の対応を遊べていました。

それでは、地形レポートです!

一宮

水曜日(6/12)の9時頃の地形チェックです。潮は引き始めです。前回の更新以降はここにとってもオンショア気味になる南東と北東のコンディションが交互に入れ替わっていましたが、ウネリをキープするには必要な条件でもあり、ポイントの中で風を防ぐエリアを使い分けるのが忙しくなっていながら、風が気になる時間帯からは他より癖の少ない波を探せていた印象です。
一宮 1
この日のように南西のコンディションの後で控えめなサイズになりつつ、東風が絡むコンディションでウネリが復活したり、平均すると胸以上のブレイクが確保されていたので、インサイド寄りに残るカレントの通り道で地形は分断されていますが、潮が多い時間を含めてもミドル〜アウトの波数からは複雑な地形に対しても十分な対応だったと思います。
一宮 2
大潮の期間でもあったので干満の変化が激しくなっていましたが、以前からも距離を乗り繫げるエリアが復活し始めていて、ボヨつきはありつつこの日の満タン時に関しても形のまとまりを探しやすく、正面右側の南風を防ぐエリアの対応が前回よりいい雰囲気でした。
一宮 3
引き始めからは全体的にアウトのピークがハッキリしていたのでフェイスの滑り易さも狙えていながら、干潮に近づくほど波のバラつきや風のヨレが強まってデメリットにもなっていた印象です。

サンライズ

水曜日(6/12)の10時頃の地形チェックです。潮は引きに向かってハーフタイドに近い時間帯です。ここにとってもコンディションの変化によってポイントの中で地形の使い分けが忙しくなっていましたが、北東コンディションに対する左側の対応や、その後のウネリの復活は南風を防ぎながら右側のレギュラーを狙える条件でもあったので、日中の風の影響は気になりながらもサイズを重視すると十分な期間でもあり、朝凪に合わせて整った波を狙い易くなっていました。
サンライズ1
地形の様子からは以前と比べてインサイドの砂の集まりが良くなって複雑さは解消傾向に思えましたが、全体的にミドルエリアに絡むカレントの影響で見た目以上に素直さに欠けたブレイクが多く、カレントの強弱と風のヨレが加わると干潮時の波のバラつきが強まり、波の痩せ具合いを含めると満タン時のボヨつきより癖が悪かったかもしれません。
サンライズ2
地形的にこの時既に引きすぎな印象があったので、この日の南風に対する右側狙いには都合がよさそうでしたが、サイズからは浮力の強いボードが必要そうです。
サンライズ3
左側の北東対応に関しても潮の上げ際にまとまりを狙える雰囲気があるので、スッキリする景色ではないものの最近の胸以上のサイズのキープは狙い目を選びながら遊べる波が確保されていました。

東浪見

水曜日(6/12)の11時頃の地形チェックです。潮は引きに向かうハーフタイドの時間帯です。東風が絡んで日中はオンショア気味たコンディションが増えていたものの、北東コンディションを除けば意外やピーク時の悪影響は少なく、朝イチの無風状態を狙いながら前回以降のウネリのキープや前半のサイズ感は楽しめる波を探せていた雰囲気です。
東浪見1
一宮〜サンライズと比べてや南や東風の影響が少ない分、キープしていた東ウネリの反応も比較的控えめな印象でしたが、安定して肩サイズが反応した日は干潮時の波の痩せ具合いに対しても十分なブレイクを保てていて、南風とウネリが重なる日は正面〜右側のレギュラーにとっての狙い目になっていました。
東浪見2
サンライズよりも正面エリアのカレントの働きが目立っているので、インサイド〜ミドルエリアの不安定な仕上がりが残りつつ、アウトを使える潮時やサイズの条件を満たせば形になる波が出現し、ワイドなブレイクは増えながら癖が解消された左側の地形にかけて最近の胸前後の対応をキープできていました。
東浪見3
潮の動きによる変化は激しい状況ですが、左側の上げ際や右側の引き始めなど狙い目を含めた地形の使い分けで遊べる波を探せていた状態です。

志田

水曜日(6/12)の12時頃の地形チェックです。潮はハーフタイドをすぎた時間帯です。
志田1
サイズを重視すると前回以降の東ウネリの反応は他よりも控えめになっていましたが、この日の様子からも東浪見より日中のオンショア気味た東風コンディションのヨレを防ぎ、干潮に向かうまとまりの悪さに対してもサイズ感やフェイスの乗りしろをキープしていたので、北東コンディションを除けば朝夕の風の弱まりに合わせて整った波を狙い易く、お手頃な胸前後のブレイクは地形に対しても易しいさと滑りを両立した反応に思えました。
志田2
他のポイントよりもインサイドの地形のまとまりが強く、平らな仕上がりも広いので控えめなサイズの対応はいい雰囲気ですが、 以前と比べて正面〜右側のレギュラーのクオリティーが崩れてしまい、ワイドなピークや短いフェイスが増えて波選びが難しくなった印象で、左側にかけて波を選べながら他よりも狙える距離が劣っている状況です。
志田3
干潮に近くなるほどの波の痩せ方やバラつきが目立ってもいるので、形のまとまりや乗り心地のお手軽さを求めるとウネリをキープした期間がチャンスとなり、引き始めや上げ際のタイミングが狙い目として安定していました。

太東

水曜日(6/12)の14時頃の地形チェックです。干潮の潮止まりです。北東コンディションのタイミングで癖の強さが際立っていましたが、前回以降の東ウネリの反応やサイズのキープはここにとって十分なブレイクを届けてくれていて、特に前半の期間はショートボードに対応する波や潮が多い時間の形のまとまりも狙い目になっていた印象です。
太東
混雑しやすい期間でもありましたが、サイズとしては控えめでも南や南東のコンディションに対しては日中を含めて他のポイントよりも整ったフェイスが確保されていたので、ロングボードを基準にすると引き始めから上げ際にかけて1日の中で変化を楽しめたと思います。
太東2
しかし、浅さや広い仕上がりは素直なブレイクをキープしているものの、ここもインサイドの地形のまとまりが強まってしまい、最近の穏やかさからはカレントが働きがなく、以前よりも形にならない状態にもなってきているようです。
太東3
潮位やサイズによって形の変化は違いますが、堤防周辺からの反応はミドルセクションのワイドなブレイクが目立ってしまい、やや手前に集まるピークの方がフェイスのある波になっていたので、引き始めを基準に、サイズによっては上げ始めを含めたまとまり重視なタイミングが無難そうでした。

夷隅

夷隅1
↑6/12(水)の15時頃の地形チェックです。潮は上げ始めです。本格的にウネリがリセットされたこの日の様子からは雰囲気を感じられませんでした。
夷隅5
↑6/6(木)8時頃の地形チェックになります。前回以降のウネリの反応は久しぶりにここの出番が増える期間となっていたので、各ポイントで北東コンディションに対応する地形が限られる中、大潮のタイミングと重なってNo.1〜3にかけてピークを選べる波が出現していました。
夷隅6
↑6/6(木)8時頃の地形チェックになります。潮位による変化は激しいものの、ハーフタイドから狙えるサイズは干潮直後にかけて形のまとまりやフェイスの滑走感がお手軽で、個人的にも距離よりコンパクトで力のあるブレイクに遊んでもらいました。しかし、ミドルエリアに以前ほどの素直さがなく、やはり地形がインサイドに集まる傾向からはピークのまとまりやその後の形がハッキリせず、ショアブレイク気味な雰囲気を含めて信じれるフェイスが減っていた印象です。
夷隅4
↑6/8(土曜日)10時頃の地形チェックになります。次のウネリやカレントの働きがなければ地形的にここの賞味期限もぼちぼち切れそうで、インサイドのみの対応ではNo.1,の仕上がりの広さに期待しても滑れる範囲は見た目以上に狭いと思います。

今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。

上記の通り、風の影響が気になりつつ、朝イチの無風の時間帯に整ったフェイスを滑れる日も多く、日中の風のピーク時に関しても一宮方面と太東方面の使い分けや堤防でブロックするヨレの少ない波を探せていたと思います。
しかしながら、大潮の期間と重なって潮位の変化も激しく、潮が足りない時間が目立っていた雰囲気からは満潮に向かうボヨつきよりも干潮前後の波のバラつきやヨレの強まりの方が厄介になっていた印象です。
ほとんどのポイントは引き始めからを基準に無難なタイミングを狙えていながら、浅さが一定の地形には上げに向かうウネリのまとまりを探せたり、サイズに余裕がある南寄りのコンディションに対しては東浪見・サンライズの右側でレギュラーの距離を楽しめていたので、ポイントごとに地形を活かせる狙い目もあったと思います。
さて、この先の波は沖でキープしていたウネリのきっかけがなくなり、水曜日(6/12)の南西コンディションによって今のところリセットされているものの、低気圧の通過で微妙な反応が復活するかもしれません。
しかし、その後の前線のブロックと週明けに予想されている南西コンディションの連続を考えると、反応すれば梅雨入り前の貴重なサイズになる雰囲気もあって、前回ほどのブレイクではなくても対応しておいた方がいいと思います。
潮汐からは影響が小さい期間ではあるので上げすぎや引きすぎの極端な変化はなく、余計なカレントの落ち着きを含めて地形に対して素直なブレイクを探せるものの、夷隅や東浪見・サンライズの右側のように干潮狙いの地形にとっては肩〜頭サイズがないと距離や滑りの良さを楽しめず、全体的に条件をクリアしてもボヨつきが気になる印象です。
カレントの働きが弱すぎてもピークやフェイスの立ち上がりがハッキリしないので、前回と同じ胸サイズのキープがあったとしても使える地形が狭くなる可能性が高く、引き始めからの変化が狙い目として外せなくなると思います。
ウネリの反応や浅さと広さを確保した地形は少ない様子ながら、安定したピークがあれば上げる途中にも波や形のまとまりが見つかるかもしれません。

最後に、水温ですが、水温も北東コンディションのウネリの反応とともに上昇傾向なタイミングがあったので、前半の肩〜頭サイズを狙えた期間はスプリングで問題ない温かさでしたが、後半の期間に関しては南西コンディションの強まりが加わってジャーフル〜シーガルが基準に戻っている状況です。


[プロサーファー紹介:関田秀俊]
photo DSC_0045

・1986.03.02生

・ホームブレイク:太東~東浪見

・スポンサー:crystal dream surfboard / Holly wetsuits / gonzo surf / simple surf / ELECTRIC / DAKINE / LUMINOX / 波音

・お気に入りの海外トリップ:これからは知らないところに行ってみたい!

・趣味:フィッシング(ブラックバス/シーバス)
gatyapin_2

生まれも育ちも岬町太東の生粋のローカルサーファーとして、2006年にJPSA公認プロを取得。

スタイリッシュなサーフィンに加え、コンペよりもソウルフルにサーフィンを楽しむスタイルと、その人柄から「ガチャピン」の愛称で親しまれ人望も厚い。

サーフィン歴25年以上の波と地形の関係を読み取る眼力に加え、地元太東の漁師として毎日このエリアの海に接して来た経験値に裏付けられた、漁師ならではの「海」に関する知識も豊富。

エリアウェザー

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

  • 過去の風

  • 今後の風

  • 今後の天気

  • GPV波浪

データ波情報/ 千葉北 本須賀

18 18 18 18 18 18 19 19 19 19 19 19 19 19 20 20 20 20
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 20.7 20.0 20.9 23.6 19.5 18.5 18.9 18.6 19.4 24.6 26.7 26.4 24.6 21.5 20.1 20.1 21.4 26.0
波高
m
0.99 0.84 0.87 1.09 1.40 1.60 1.51 1.64 1.63 1.54 1.41 1.29 1.20 1.12 1.04 0.99 0.96 1.00
波向
風速
m/s
1.7 3.3 2.4 11.4 2.7 3.6 2.5 3.2 3.3 1.9 3.4 3.8 3.1 2.5 1.9 2.1 2.4 3.5
風向
潮位
cm
31 40 82 93 77 91 112 83 27 22 73 103 87 88 115 96 30 5
18 18 18 18 18 18 19 19 19 19 19 19 19 19 20 20 20 20
時間 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09 12 15 18 21 00 03 06 09
天気
気温 20.7 20.0 20.9 23.6 19.5 18.5 18.9 18.6 19.4 24.6 26.7 26.4 24.6 21.5 20.1 20.1 21.4 26.0
波高
m
0.99 0.84 0.87 1.09 1.40 1.60 1.51 1.64 1.63 1.54 1.41 1.29 1.20 1.12 1.04 0.99 0.96 1.00
波向
風速
m/s
1.7 3.3 2.4 11.4 2.7 3.6 2.5 3.2 3.3 1.9 3.4 3.8 3.1 2.5 1.9 2.1 2.4 3.5
風向
潮位
cm
31 40 82 93 77 91 112 83 27 22 73 103 87 88 115 96 30 5

千葉北 エリア 週間波予想
(fuji)

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
    グラフ 22 (土)
    グラフ 23 (日)
  • 週間予想

  • ウネリの期待度( 千葉北 )

    グラフ 19 (水)
    グラフ 20 (木)
    グラフ 21 (金)
    グラフ 22 (土)
    グラフ 23 (日)
  • 週間予想

  • 週間予想

BCM会員に登録していただけますと、現地の波状況の分析・解説や今後の予測、初心者向けのアドバイスがご覧いただけます。