サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「F+」検索結果 358件
コラム特集

「サーフボードデザインに革命は起こるのか?」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき●質問1:近年サーフボードデザインに大きな変化はなく、結局、原点回帰しているように感じます。ユキさんは、今のサーフボードデザインが完成形だと考えますか?これね~、まさに世界中のあちこちでもう何十年にもわたってこういう会話がなされているのだと思うけど、結局何も変わらないのが現実ではある。今の形がサーフボードという道具の完成形なのかどうかはわからないし、完成形に興味はないけど…

続きを読む >

業界ニュース

国内初ボードライダースのコンセプトストアが、ラゾーナ川崎に10/29オープン

Boardriders 社が世界各国で展開するコンセプトストアである日本1号店「ボードライダーズ ラゾーナ」が、10 月29 日にJR川崎駅直結の大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」にオープンする。QUIKSILVER、BILLABONG、ROXY、RVCA、DC、ELEMENT、DAKINE など、同社を代表するブランドが一堂に会し、サーフボード・ウェットスーツからスノーウエアまで幅広いラインナッ…

続きを読む >

コラム特集

「ブラジリアンが席巻するWSL勢力図に日本は絡んでいけるのか」-F+

Text by つのだゆきPhoto: WSL/Nolan●質問: 近年、WSLをブラジリアンが席巻していますが、この先のWSL勢力図はどう変わっていくと考えますか? そこに日本は絡んでいけるのか、ジュニア世代の育成状況等、ユキさんの見解をお聞かせ下さい。まぁ、この先何年かはガブを先頭に、みんなしてそこに追いつけ追い越せという時代なんだろうと思う。シーンというのはいつもそうなんだけど、誰かが技術革…

続きを読む >

コラム特集

「WSLファイナルズのデメリット」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきPHOTO: WSL / Nolan●質問: WSLファイナルズが、WSL史上最高の視聴率を記録したようで、そうなるとWSLは当面この方式を続けることが考えられますが、来年度以降のこの方式のメリット・デメリットをお聞かせ下さい。また、ファイナルズに相応しい会場は、どこだと考えますか?あれ、WSL史上最高の視聴率を記録したの? 大盛りに盛ってるでしょwwまぁ、事実にしても盛…

続きを読む >

コラム特集

「サーフテクニックの進化と選手生命について」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきPhoto: BCM / Kenji Iida宿題となっておりました質問その3ここ数年のサーフテクニックの更なる向上により、ケガのリスクが上がっていますね。実際に、ジョンジョンは膝ボロボロだと思います。これからのサーフテクニックの進化および選手生命について、望ましい発展をユキさん独自の視点でお聞かせ下さい。2019年パイプでのジョンジョン。五輪直前に左膝もケガをして手術し…

続きを読む >

コラム特集

「日本からワールドチャンピオンが生まれるのはいつか」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきあけおめから瞬時にして2022年カレンダーの季節だなぁ。もう今年何があったかとか考えるまもなく過ぎてゆくのだよ。皆様におかれましても、質問、格言応募等でお忙しいところ失礼します(笑)Photo: WSL / Dizさて、質問その1ユキさんがブラジルトップ3がこの先数年間活躍すると記事にされています。そうなると五十嵐カノア選手はワールドチャンピオンになるっていうのはかなり厳…

続きを読む >

コラム特集

「AI対ケリー時代にWSLファイナルズがあったら流血必至」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき日本人のワールドタイトルの可能性、サーフィンにおけるジェンダーの平等についてと質問ふたつ来ていますが、これ書いてから質問に気がついちゃったので、次週必ずお答えします。お待たせしてすみません。新しいシステムでのワールドタイトルも無事に終了、来シーズンのスケジュールも出て、ワールドツアーは着々と進んでいる感じだ。ここ数年のスケジュールからちょっと変わったのはスナッパーとサーフ…

続きを読む >

コラム特集

「ガブリエルのサーフィンが別次元の理由」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきPhoto: WSL/Nolanう~ん、終わってみてもなんだかなぁ……なWSLファイナルズかな。まぁ、ガブとカリッサでめでたしめでたし。正直ホッとした感じ。順位も女子のほうはそのまま順当で、メンズのほうはフィリッペがイタロに勝ってガブとやったぐらいで、まぁ、この3人のブラジリアンはこの先数年シーンをけん引していく3人なので、順当かな。フィリッペにとってはロウワーはホームみ…

続きを読む >

コラム特集

「ウェイブプールビジネスの未来」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきPhoto: WSLWSLファイナルズのピリオドはスタートしているが、何とかいい波に恵まれそうで、現地時間の月曜火曜あたりが濃厚なので、日本の火曜水曜とかかね。男女合わせて最長でも12ヒートなので、ちょうどいい波の時間帯は選べそうだね。まぁ、年間のツアーの決着を一日で決めるのに、これでいい波が来なかったら洒落になんないし。なんかなぁ、やっぱり私は割り切れないな、このシステ…

続きを読む >

コラム特集

「タイトル獲得はガブとカリッサのビタ着をただただ祈る」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきまもなくWSLファイナルズだけど、なんかすごく遠くてどうでもいいような感じがするのは、私だけ?やっぱり何十年も年間ツアーの最終戦が終わったときのランキングで物事をはかってきたウォッチャーには、それがどうしてもエキサイティング、という形容詞になじまないんだよなぁ。魅力的でもないし。なんか余計な一日な感じがする。例えばガブとイタロが僅差で、タイトルの行方がキャンセルになった最…

続きを読む >

コラム特集

「WSLファイナルは結局誰が有利なのか?」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきもう8月も終わりですね。はやいなぁ、今年もあと残り4か月って……お気に入りの疑似リタイア生活は続いているので、毎日判で押したように正確なルーティンをこなしている。動物がいるとそういうことになりがちだ。朝明るくなったらお散歩、夕方は暗くなる前にお散歩、季節によって人間の決めた時刻での時間は変わるが、時計のない時代の明るくなったら起きて暗くなったら寝る生活に近い。春はあけぼの…

続きを読む >

コラム特集

「CTクオリファイの行方を考察」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき五輪開催直後(上)、現在(下)の志田下(いずれもBCMライブカメラより)オリンピックサーフィン会場は着々と解体が進み、すでにほぼ何もない感じ。志田トラに出る道のアスファルトもご丁寧にはがされ、原状復帰が進んでいる。その隣の雑草畑には今、テッポウユリがシーズンを迎え、群生しているところはかなりきれいだ。以前は志田の太東よりのほうにさびれちゃった自然公園的なものがあり、そこに…

続きを読む >

コラム特集

「カノアVSガブ準決勝スコアと都筑の銅について質問」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきいいね、質問。何書こうかなぁとか考えなくて済むから。●私からもユキさんにお答え頂きたい質問があります。「カノアVSガブの準決勝での、カノアのラストライドはオーバースコアと感じたか?」そして、「アムロちゃんの銅メダルは、あのジャンクコンディションだから成せる業」だったか。Photo: snowyお答えする前に、写真は終わるや否やあっという間に解体される五輪会場。ああいう仮設…

続きを読む >

コラム特集

「ケリーが東京五輪に出ていたら…ジョンジョンよりも結果を出せたか!?」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき上を向いて、歩けない。涙がこぼれそうでもなんでもなく、ただひたすら肩が痛くて上を向けない。身体バッキバキでマッサージの先生にお世話になる傍ら、ひどい寝違い的クビ肩周りの傷みも同時多発で、上体の状態は最悪、パソコンに向かっている場合ではない(笑)。場合ではないけど、読者の方からの質問があるというので、答えます。ハイよろこんで~!●スルーされると思うけど、どうしてもつのだ様に…

続きを読む >

コラム特集

「サーフィン史上初のオリンピックを終えて」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy大変ご無沙汰いたしています最近更新ないなぁ、と思ってた人、そういうことはよくあるので、考えないように。この間私が何をしていたのかというと、オリンピックのサーフィン会場に取材に来られる国内外のプレスの方々のお世話をしていたのです。普段はお世話される側ですが、今回はお世話する側。よく働くフィールドキャスト(ボランティア) さんたちにも助けられなが…

続きを読む >