サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「US OPEN」検索結果 42件
コンテスト

ヤゴ&セージが『Vans US Open of Surfing』初制覇!

PHOTO: © WSL/Morrisカリフォルニアの真夏の祭典、『Vans US Open of Surfing』が今年もピアが象徴的なハンティントンビーチで一週間に渡って開催。昨年は五十嵐カノア(JPN)がブレット・シンプソン以来の2連覇を達成、ローカルの偉業にビーチタウンが盛り上がり、今年も多くの人がカノアをサポートしたものの、残念ながらR4で敗退。メンズ優勝はヤゴ・ドラPHOTO: © W…

続きを読む >

コンテスト

Super Girl & US Open カリフォルニアの夏が始まった!

PHOTO: © VANS/Colin Mackay夏のカリフォルニアを代表するビッグイベントと言えばサーフィン、スケートボード、BMXがミックスされた『Vans US Open of Surfing』そして、前哨戦のウィメンズQS6,000『Nissan Super Girl Pro』ハンティントンビーチ、オーシャンサイド、どちらも沖に向かって長く延びるカリフォルニアを象徴するピアがあり、この人…

続きを読む >

コンテスト

五十嵐カノアが2連覇!ウィメンズはコートニーが優勝!『Vans US Open of Surfing』ファイナルデイ

PHOTO: © WSL/Rowland2015年に大原洋人が優勝してから日本人にとって特別なイベントになったカリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『Vans US Open of Surfing』2017年にはアメリカ国籍ながら日本人の両親を持つ五十嵐カノアが優勝してより濃いものになり、迎えた2018年の夏。今シーズンはカノアが2020年の東京オリンピックに日本代表として出場したいとい…

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Vans US Open of Surfing』五十嵐カノア2連覇達成!

現地時間8月5日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されていた『Vans US Open of Surfing』が終了!イベント期間中では最もサイズがあったファイナルデイ。ハンティントンビーチらしい波でテキストブックのような的確なサーフィンを続けた五十嵐カノア(JPN)がヒートアップしてきたグリフィン・コラピント(USA)とのファイナルで追い込まれながらもラスト2分を切ってテールハイ・エア…

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』ウィメンズCT第7戦&QS10,000共にファイナルデイを戦うベスト8が決定!

PHOTO: © WSL/Morris現地時間8月4日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催中の『Vans US Open of Surfing』はいよいよ大詰め。ウィメンズCT第7戦はR3、QS10,000はR5が進行、共にQFを戦うベスト8が決定。ウィメンズでは事実上、ステファニー・ギルモア(AUS)、レイキー・ピーターソン(USA)の二人に絞られてきた今年のワールドタイトル争い。イベン…

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT第7戦『Vans US Open of Surfing』開幕! QS10,000は五十嵐カノアがベスト16入り!

PHOTO: © WSL/Morrisカリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした真夏の祭典『Vans US Open of Surfing』が今年も開催!現地時間7月30日からスタートして連日同じようなスモールコンディションでメンズQS10,000は着々と進行。オンホールドが続いていたウィメンズCT第7戦の方は現地時間8月3日にようやく開幕して初日はR1とR2が終了しました。R1ではカレント…

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「USオープン:フィリッペのインターフェア分析」

今年のUSオープンは男女ともアメリカ人のウイナー。カノア・イガラシとサージ・エリクソンだった。フィリッペ絶好調だったんだけどね、カノアとのセミでブラジルとまるで同じミスを犯し、インターフェア負け。絡むなぁ、この二人。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 五十嵐カノアが優勝!

サーフィン、スケートボード、BMX。一週間に渡ってカリフォルニアのカルチャーを思う存分に楽しめる華やかな夏のビッグイベント『Vans US Open of Surfing』
サーフィンコンテストではCTよりもギャラリーが多く集まり、このタイトルを獲得することはコンペティターとしての誇り。
トム・カレン、オッキー、バートン・リンチ、サニー・ガルシア、アンディ・アイアンズ、ロブ・マチャド、ケリー・スレーターなどサーフィン界を代表するビッグスター達も名誉を手に入れたことがある歴史ある戦いが今年も開催され、現地時間8月6日に終了。

イベント前半に入ったトロピカルストームからの南よりのウネリはすっかり衰えてしまい、ファイナルデイは夏のアベレージのハンティントンビーチ。風の影響が入り、波数も少なく、限られたチャンスを活かした選手が勝ち上がる展開でした。

続きを読む >

コンテスト

<速報>五十嵐カノアが『Vans US Open of Surfing』で優勝!

現地時間8月6日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されていた『Vans US Open of Surfing』が終了!
QS10,000でローカルボーイの五十嵐カノアが優勝!
2年連続で3位に終わっていたカノアは三度目の正直でファイナル進出を果たし、圧倒的なリードで念願のタイトルを獲得。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 五十嵐カノアがQF進出!

いよいよクライマックスが迫ってきたカリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『Vans US Open of Surfing』
6日目の現地時間8月5日、サイズダウン傾向に早い時間帯から風の影響も入った状況の中、QS10,000のR5、ジュニアのメンズ、ウィメンズがファイナルまで行われました。

QS10,000のR5ではオープニングヒートに2015年のイベントチャンピオン、大原洋人(写真下)が登場して元CT選手のリカルド・クリスティ(NZL)と対戦。
主導権を握っていたのはリカルド。洋人は後半に6.33をスコアしてニード4.43まで追い上げますが、残念ながら時間切れで逆転はならず...。
それでもQSで最もグレードが高い10,000の9位はポイントが高く、3700を加算して現在の10位からランキングアップが期待出来ます。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 大原洋人&五十嵐カノアがベスト16入り!

現地時間8月4日、カリフォルニアで開催中の『Vans US Open of Surfing』はQFまで進んだウィンメンズCT第6戦がオフになった一方、公式3-5ftレンジのハンティントンビーチらしい波でQS10,000のR3の残りヒートとR4が進行。

4人ヒートから3人ヒートに変わったR4のオープニングヒートで大原洋人(写真最上部)、五十嵐カノア(USA)、ジェレミー・フローレス(FRA)のゴールデンカードが実現。CTのベテラン、ジェレミーを抑えて洋人&カノアがR5進出を決めました!

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 大原洋人&五十嵐カノアがR4進出!

カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催中の『Vans US Open of Surfing』は順調にスケジュールが進行。
現地時間8月3日にはウィメンズCT第6戦のQFが終了してベスト4が決定。
QS10,000はR3のH8まで行われ、2015年のイベントチャンピオン、大原洋人(写真下)を始め、五十嵐カノア(USA・写真最上部)がR4進出!

「サウスカリフォルニアは常に大きなウネリがあるわけではないけど、上がった時には最高の波になるんだ。ここではどの波が良いかの知識があるから、助かるよ。次はトラッセルズだし、3〜4週間はホームで過ごすことが出来る。普段は海外にいるので、この間だけは家族や友人と過ごせるのが嬉しいね。今はCTとQSの両方を楽しんでいる。今年は良い結果を残していないので、今回はベターな結果が欲しい。多くを学び、楽しんでいるよ」

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』開幕!

カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした真夏の祭典『Vans US Open of Surfing』が今年も開催!
トロピカルサイクロンのウネリで良い予報が出ている向こう一週間。
週末にジュニアイベントからスタートして西優司がQF進出を決め、週明けにはQS10,000のR1からR2の前半まで進行して大原洋人、五十嵐カノア(USA)がR3へ。
村上舜、新井洋人がR2進出を決めていました。

続きを読む >

コンテスト

2016年の『Vans US Open of Surfing』を制したのは?

昨年、大原洋人が日本人として初制覇を成し遂げた『Vans US Open of Surfing』が今年もカリフォルニア・ハンティントンビーチで開催。
1週間に渡って行われた真夏の祭典が現地時間7月31日に終了し、フィリッペ・トレド(BRA)&タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)の優勝で幕を閉じました!

「この1週間、素晴らしいサーファー達と対戦した後の特別な瞬間が自分に訪れたよ。素晴らしい観客に家族と友人の最高のサポートの元、ハンティントンで2つ目のタイトルを獲得出来てストークしている。波は全く違うけど、次のタヒチに向けて大きな自信になるね。コンテストで優勝する気持ちは最高なんだ」

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』ファイナルデイを戦う8名が決定!

カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催中の『Vans US Open of Surfing』はいよいよ大詰め。
現地時間7月30日、ウィメンズCT第6戦はオフ。QS10,000のR5がサーフィンステージのメインとなり、初のマンオンマンに選手達も白熱。
波はイベントを通してのアベレージ、2-3ftレンジ(コシ〜ムネ)でセット数も少なく、少しのミスも許されない展開でした。

前日のR4でディフェンディングチャンピオンの大原洋人がクロスゲームの末に姿を消したものの、五十嵐カノア(写真最上部)はこの日も良いリズムをキープ。ピアに向かってのレフトに狙いを定め、バックハンドで7.17を含むトータル13.27をマークしてコナー・コフィン(USA)に圧勝。
昨年と同じSFまであと1ヒート。そして、ハンティントンローカルとして獲得したい「US Open」のタイトルまで残り3ヒートに迫ってきました。

続きを読む >