サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「QS」検索結果 138件
コンテスト

『Vissla NSW Pro Surf Series』最終戦は強豪選手が優勝!

PHOTO:© WSL/SmithWSLのコンテストが行われる全世界で最も新型コロナウイルスの感染拡大を抑え、プロスポーツ開催にも前向きなオーストラリア。その中でもニューキャッスル、ノーズナラビーンで2戦のCT開催が決定したNSW州は積極的で、2月〜3月にかけてCTに先駆けてQSを4戦開催。『Vissla NSW Pro Surf Series』の名称でブーメランビーチから始まり、バーウビビーチ、…

続きを読む >

コンテスト

QS1,000『Mad Mex Maroubra Pro』はダークホースが制した!

PHOTO:© WSL/Smith現地時間2月28日、オーストラリア・NSW州のマルーブラで開催されていたQS1,000『Mad Mex Maroubra Pro』が終了!イベント期間中は初日が最もサイズがあり、その後サイズダウン傾向。ファイナルデイは公式1ftのスモールコンディション、難しい波で優勝候補が次々と敗れる中、ダークホースのディラン・モファット(AUS)、インディア・ロビンソン(AUS…

続きを読む >

コンテスト

オーストラリア2戦目となるQS1,000『Port Stephens Pro』を制したのは?

PHOTO:© WSL/SmithNSW州のみで4戦、『2021 Vissla NSW Pro Surf Series』と名付けられたオーストラリアのQSシリーズ。コロナ禍でまだ未定ながら2021年は国内でのQSがこのシリーズだけで決まってしまう可能性があり、今年から分かれた1ステップ上のCS(チャンレジャーシリーズ)の出場権をかけて1戦1戦が見逃せない戦い。選手にとってはCTに繋がる大事な1ヶ月…

続きを読む >

コンテスト

オーストラリアで開催されたQS初戦『Great Lakes Pro』を制したのは?

PHOTO:© WSL/Smith他国に比べて新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられており、CTでは異例の4イベントが組まれたオーストラリア。QSも世界に先駆けて開幕してまずは2月19日に初戦QS1,000『Great Lakes Pro』が終了しました。なお、2021年からQSはQSとCS(チャンレジャーシリーズ)に分かれ、1月から7月までに行われるQSの結果に基づいて、8月から12月に実施され…

続きを読む >

コンテスト

【CT&QS】オーストラリアレッグ最新情報

PHOTO:© WSL / Bennettコロナ禍においても他国と比べて感染が抑えられて国内サーキットが行われているオーストラリア。国際大会でもテニスの全豪オープンが行われており、CTも今年はこの国を中心とした戦いになりそうです。今後、状況によって予定変更になる可能性はありますが、現時点でのWSLオーストラリアレッグのスケジュールをお伝えします。CTは伝統のベルズが消え、ニューキャッスルで開催(M…

続きを読む >

コンテスト

【QS・ジュニア・ロングボードツアー】2021年イベントカレンダー

(2020年のQSは『Corona Open China』で幕を開けたが...)PHOTO: © WSL/Hain12月4日から開幕する2021年CTシーズンを前にWSLは各リージョナルのQSとジュニア、ロングボードツアーのスケジュールを公表。QSは各リージョナルがメインとなり、1,000、3,000、5,000のグレードで構成。CTへのクオリファイはポイントが高いCSことチャレンジシリーズに重点…

続きを読む >

コンテスト

WSLが6月末までの延長と来シーズンの変革を発表

PHOTO: © WSL/Sloane現地時間4月28日、カリフォルニア・LAに拠点を置くWSLはCOVID-19(新型コロナウイルス)のパンデミックが継続している影響で6月末までのイベント延長を決定。6月1日に今後の動向を改めて報告すると発表しています。CEO エリック・ローガンの声明PHOTO: © WSL私達はWSLイベントを6月末まで延期します。6月に予定されているブラジルの『Oi Rio…

続きを読む >

コンテスト

『Sydney Surf Pro』終了!村上舜がQSランキング4位に浮上!

PHOTO:© WSL/Dunbar現地時間3月13日、マンリービーチを舞台としたQSチャレンジシリーズ『Sydney Surf Pro』がファイナルデイを迎えました。昨シーズンまでの10,000グレードに相当するチャレンジシリーズには多くのCT選手が参加。イベント期間中はスモールコンディションが続き、ニューキャッスルのQS5,000で優勝したジュリアン・ウィルソン(AUS)や、オーウェン・ライト…

続きを読む >

コンテスト

ジュリアン・ウィルソンが優勝!QS5,000『Surfest Newcastle Pro』

PHOTO:© WSL/Bennettいよいよ大詰めを迎えたQSのオーストラリアレッグ。ブーメランビーチはブレット・ワーナーの息子、カイ・ワーナー、アヴォカビーチはマット・バンティングが優勝とオージーの連勝が続いていましたが、現地時間3月8日に終了したニューキャッスルのミアウェザーを舞台とした5,000『Surfest Newcastle Pro』でもオージーが強く、ファイナルでジュリアン・ウィル…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』ブラジリアンが初制覇!

PHOTO:© WSL/Saguibo現地時間2月1日、11回目を迎える年初のビッグイベント『Volcom Pipe Pro』が終了。今年はウェイティングピリオド初日から3日間ノンストップでグッドコンディションが続き、特にファイナルデイの前日は一日を通して理想的な風に新しい西北西ウネリによってパイプライン、バックドアの両サイドがパーフェクト。コナー・コフィン(USA)が10ポイントを出すなど最高の…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』3日目 安室丈がファイナルデイに残る!

セス・モニーツPHOTO:© WSL/Keokiオアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台としたQS5,000『Volcom Pipe Pro』は3日続けて進行。現地時間1月31日は新しい西北西ウネリによって公式8-10ftレンジまでサイズアップ、一日を通して理想的な風でパイプライン、バックドアの両方がパーフェクトなバレルを形成。コンテストでなければ異常なまでに混雑しそうなパーフェクトなラインナッ…

続きを読む >

コンテスト

QS5,000『Volcom Pipe Pro』クライマックス間近!

松岡慧斗PHOTO:© WSL/Heffジョン・ジョン・フローレンス(HAW)が4度、ケリー・スレーター(USA)が2度も優勝経験があり、昨年はジャック・ロビンソン(AUS)が優勝した『Volcom Pipe Pro』が今年もパイプラインで開催。現地時間1月30日にコンテスト2日目を迎え、公式6-8ftレンジのグッドコンディションでR3のH13まで進行しました。日本人選手は3名がラウンドアップ今イ…

続きを読む >

コンテスト

巨大なサンセットビーチでビリー・ケンパーが優勝!『Sunset Open』終了!

PHOTO: © WSL/Chlala村上舜のQS優勝で始まった2020年、オリンピックイヤーのWSL。1月下旬はオアフ島・ノースショア、サンセットビーチを舞台としたQS1,000『Sunset Open』、モロッコ南部のタガズートベイを舞台としたQS5,000『Pro Taghazout Bay』2月上旬にかけてはパイプラインでQS5,000『Volcom Pipe Pro』が開催されます。まず…

続きを読む >

コンテスト

村上舜がQSハイグレードで初優勝!

PHOTO: © WSL/Hain2020年はサーフィンの新たな歴史が刻まれるオリンピックイヤーであると共にWSLの改革がまた一歩進む年。QSが従来の10,000、6,000、3,000、1,500、1,000の5グレードから変わり、一番上の10,000がチャンレジシリーズ、通称CSに分かれて8戦開催。6,000が5,000に変わり、3,000、1,500、1,000の4グレードに分かれます。つま…

続きを読む >

コンテスト

<速報>村上舜が優勝!QS5,000『Corona Open China hosted by Wanning』

現地時間1月12日、中国・海南島「日月湾」を舞台としたQS5,000『Corona Open China hosted by Wanning』が終了。今イベントには多くの日本人選手が参加。海外からもジョアン・ドゥルー(FRA)、パトリック・グダスカス(USA)、カイ・レニー(HAW)などのスター選手がクレジットされていました。期間後半はスモールコンディションが続く中、『2019 ISA World…

続きを読む >