サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「CT」検索結果 520件
コラム特集

「クリス・デビッドソンの訃報」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by snowyデーヴォの愛称で知られるクリス・デビッドソンが45歳でなくなった。酔って殴られて倒れたときに頭を強打して、病院に運ばれた時にはすでに意識がなかったようだ。殴ったほうもつかまっていて、42歳にして傷害致死ってことになるんだろう。まぁ、デーヴォなら酔ってけんかはあるかもな、と思う。不運な死といえば不運な死だ。2時間ドラマじゃあるまいに、殴られて、…

続きを読む >

コラム特集

「今後のツアーでは3Dエアーが必要不可欠になるか?」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by WSLCTは早くも2023年のスケジュールが出て、Gランドがサーフランチに変わっただけで試合数、会場、時期等ほぼ同じ、ファイナルズもまたトラッスルズと変わらず。まぁ、そんなにコロコロ変わるのも大変だし、各ポイントによって波のいい時期も限られるので、基本ツアーというのは永遠のマンネリ的な、似たりよったりでやってきたわけだ。ここ数年の大きなシステム変更でス…

続きを読む >

コラム特集

「ジョーディ・スミスにチャンスが巡ってくるか!?」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by snowy前半後半を通して1年間のツアーの中で、一度もポイントリーダーになったことのない、イエロージャージーを一度も身につけていない選手が年間ワールドチャンピオン、という現実に対する違和感がまだ消化しきれない。獲得したトータルポイントもカリッサより10000ポイント近く少ないにもかかわらず、だ。なんかこうなっちゃうと、ポイントとかイエローとか関係ない感…

続きを読む >

コラム特集

「1日でワールドチャンピンを決めることの賛否」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by WSL、日本プロサーフィン連盟(JPSA)2022ワールドチャンピオン、フィリッペ・トリードとステファニー・ギルモア。何がびっくりって、あの波でピリオド初日にやっちゃうんだ、だったかな。フィリッペはもう今シーズン最初から最後まで集中して安定した強さを誇っていたので、勝つべくして勝った感じだ。最後の相手は5位から上がってきたイタロ・フェレイラ。ブラジリア…

続きを読む >

コンテスト

2022年ワールドタイトルはフィリッペ・トレド&ステファニー・ギルモアが獲得!

PHOTO: © WSL/Pat Nolanパンデミック後の2021年からフォーマットの変更を進めてきたCTが今年は更に変わり、10戦中の折り返し地点となる第5戦終了後にミッドシーズンカットを行い、メンズ24名、ウィメンズ12名で後半戦へ。これによりイベントの進行速度が格段に上がり、1スウェル3日間でメンズ・ウィメンズのスケジュールを終えることが可能になりました。レギュラーシーズンのトップ5がロー…

続きを読む >

コラム特集

「今シーズンのCTで印象に残った選手」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by WSL質問CTのレギュラーシーズンは終わり、ファイナルズを残すのみとなりましたが、ユキさんが今シーズン印象に残った選手とその理由を聞かせてください。ジョンジョンとガブのツートップを欠いた今シーズンは、けっこう特殊なシーズンと言えると思う。いろんな方向で印象に残る選手はいるけど、そうだね、メンズはジャック・ロビンソン、ウイメンズはブリッサ・ヘネシーかな。…

続きを読む >

コラム特集

「デーン・レイノルズはCT選手としてどうだったの?」- F+コラム

Text by つのだゆき、Photo by snowy質問最近、改めてテイラー・スティールの「campaign2」を観ていて考えたのが、もし、デーン・レイノルズがザ・コンペティターだったら……ということです。やっぱり、彼のポテンシャルはスゴいものがあるし、当時のマニューバーが今観ても色褪せていない。ケリーの11×までは、無理だったにしても、ジョンジョンやガブを今だに抑える存在だったかもと思ったの…

続きを読む >

コラム特集

「コンペティターに必要な3大要素の一つ、それは運」- F+コラム

Text by つのだゆき タヒチ終了。ミギュエル・プポCT初優勝、女子はコートニー・コンローグ。最終戦だけに、この試合に関しては結果よりその他のニュースのようなものがたくさんあったし、ファイナルデー前日のコンディションがずっと続けば、もっとすごいニュースがいろいろあったと思う。ネーザン・ヘッジ PHOTO: © WSL/Damien…

続きを読む >

コンテスト

CT最終戦『Outerknown Tahiti Pro』を制したのは?

(ファイナリスト)PHOTO: © WSL/Damien Poullenotツアーで最も危険ながら大迫力のバレルで多くの人を魅了するタヒチ・チョープーのイベント。コロナ禍で3年ぶりの開催となった今年は素晴らしいコンディションに恵まれ、ローカルワイルドカードの活躍や、50歳のケリーの復活、日本の五十嵐カノアの「Rip Curl WSL Finals」確定など連日様々なニュースが生まれながら現地時間8…

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Tahiti Pro』3日目はエピックコンディションでベスト8決定!

(The GOAT is back!)PHOTO: © WSL/Damien Poullenot7月に2011年8月のコードレッド以来の巨大なサウススウェルが入るなど今夏のタヒチ・チョープーは波に恵まれていますが、タイミング良くCT開催時にもウネリがヒット!現地時間8月18日、『Outerknown Tahiti Pro』は公式6-8ft、セットはそれ以上のサイズでハイスコア量産のエピックコンディ…

続きを読む >

コンテスト

遂にチョープーが目覚め始めた『Outerknown Tahiti Pro』2日目

(ロボの9ポイントライド)PHOTO: © WSL/Beatriz Ryder2024年パリ五輪の会場でもあるタヒチ・チョープーを舞台としたCT最終戦『Outerknown Tahiti Pro』は現地時間8月17日に2日目を迎え、ウィメンズの敗者復活戦Elimination Roundの後、メンズが開幕してOpening Roundの3ヒートのみ進行。前日に入った南南西ウネリが更に強まり、公式5…

続きを読む >

コンテスト

CT最終戦『Outerknown Tahiti Pro』開幕!

PHOTO: © WSL/Damien Poullenot現地時間8月16日、キングケリーのブランド「Outerknown」がメインスポンサーとなったCT最終戦『Outerknown Tahiti Pro』がウェイティングピリオドから6日目に入り始めた南南西ウネリでようやく開幕。初日は公式3-4ftレンジとツアーで最も危険なタヒチ・チョープーの称号にはそぐわないスモールコンディションでウィメンズの…

続きを読む >

コンテスト

WLT第2戦『Vans Duct Tape Invitational』を制したのは?

(優勝した二人)PHOTO: © WSL/Kenny Morrisオーストラリア、シドニー近郊のマンリービーチで5月に開催された開幕戦『Sydney Surf Pro WLT』から2ヶ月。WSLロングボードツアーの第2戦『Vans Duct Tape Invitational』がカリフォルニアのハンティントンビーチで開催され、現地時間8月7日に終了しました。以前からUS Openとの併催でダクトテ…

続きを読む >

コンテスト

WLT第2戦『Vans Duct Tape Invitational』ベスト4が決定!

(トッシュ・チューダー)PHOTO: © WSL/Kenny Morris現地時間8月5日、カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台としたロングボードツアー第2戦『Vans Duct Tape Invitational』は2日目を迎え、ウィメンズの敗者復活戦R3とメンズはQFまで進行。『Vans US Open of Surfing』を含めて残り2日、ファイナルデイを戦うメンバーが絞られてきまし…

続きを読む >

コンテスト

『Vans Duct Tape Invitational』開幕!『Vans US Open of Surfing』はベスト8が決定!

(田岡なつみ)PHOTO: © WSL/Beatriz Ryderカリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『Vans US Open of Surfing』は週末のクライマックに向けて着々と進行中。現地時間8月4日はメキシコ沖から北上してきたハリケーン「Frank」の南南西ウネリで公式4-6ftレンジのサイズ。風の影響が入った難しいコンディションでウィメンズのベスト8が決定。その後、ロング…

続きを読む >