「マーガレット・リバーでのレイデイオフショット。バリは男女ともセミファイナリスト決定」- F+(エフプラス) | サーフィンニュース BCM

TOPNEWS > コラム特集
NEWS / BCMサーフィンニュース

コラム特集

「マーガレット・リバーでのレイデイオフショット。バリは男女ともセミファイナリスト決定」- F+(エフプラス)

Text by Joli、つのだゆき / Photo by Joli、snowy

エフプラス

コンテスト全体がキャンセルになる前のレイデー。オンショアでスモール。あちこちのメディアでシャークアタックのことが報道されていることもあったけど、それよりなにより波がまるでアウトだったので、誰も会場ではサーフしなかった。
サーファーたちはこのエリアの観光に出かけたり、近くのワイナリー巡りをしたりしてレイデーを楽しんだ。

エフプラス

ウエスタンオーストラリアのマーガレットリバーは、いいワインの産地として有名で、コンテスト会場の近くには有名ワイナリーも多く、それらのワイナリーでは各種ワインの試飲や、ランチとワインを楽しむコースなど、ちょっといい感じの半日ツアーができる。

エフプラス
エフプラス
エフプラス

この日はスポンサーが主催するBBQランチとワイナリーツアーにカリッサ・ムーア、レイキー・ピーターソン、ジョアンヌ・デファイが参加。Stella Bellaワイナリーでワインを楽しむ彼女たちを見ていると、とても美しいお年頃の普通の女の子で、あのビッグウエイブのノースポイントで太いラインのカービングを見せたアスリートの姿とは程遠いイメージだった。

エフプラス



■バリ・クラマス
男女ともセミファイナリストが出そろった。波が小さく、波数が少なく、朝イチのヒートは4人ヒートを開催するに足りる波数があったとは到底思えず、スケジュール的には余裕があったので、ヒート時間を延ばすとか、もう少しスタートを遅くするとか、したほうがよかったと思う。あのヒートがヒートとして成立するのかどうか、ずっと疑問に思いながら見ていた。喜納海人とか、超気の毒。

エフプラス
加藤嵐

JPSAには独立したルールブックはなく、WSLのルール、ジャッジクライテリアに準ずるわけだけど、今シーズンのWSLのジャッジの変化には今のところまだ対応できてないと思う。セットじゃなくても点出るし、横のターンでも点出るし、エアーなんてよほど高さがなければポイントにならないけど、結構なるし。

エフプラス
安井拓海

サーフィンはレールという両刃の剣で波を深く切っていく、えぐっていくものであって、テールという面をトップで回すものではない、という基本的なところをもっとポイントに反映してもいいだろう。ターンの時にどこがどう、どのタイミングまで沈んでいるかはスプレーの出方でよくわかるはずだ。止まらない流れも重要だと思うんだけどなぁ。だって、WSLに準ずるわけでしょ? 


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。