サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

コラム特集

『Tahiti Pro Teahupo’o』Final Dayハイライト&インタビュー(日本語字幕付き)- F+エフプラス

2018年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』、Final Dayのハイライト映像と、今大会では同じ南アフリカの大先輩でもあるジョーディ・スミスに勝利する活躍もみせたマイケル・フェブラリーのインタビューを日本語字幕付きでお届け。2018Tahiti Pro_Finalday from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られ…

続きを読む >

コラム特集

「CT前半戦終了。フィリッペぶっちぎりのリード、追うガブちゃん」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき / Photo by WSL Poullenotタヒチ、ガブちゃん優勝。あれをチョープーの波といわれても違和感はあるけど、こればっかりはしょうがないやね。ま、これで前半終了なわけだけど、フィリッペぶっちぎりのリード、追うガブちゃん、という展開。ジュリアンちょっとまずい感じ。勢いと安定感を考えると、今年はフィリッペなのかなぁ、と思う。ジョンジョンのいぬまにちゃっちゃと取っ…

続きを読む >

カラーズマガジン

【シークエンス・オブ・ザ8/20(月)台風19号】深いボトムターン...

Rider / Shino Matsuda. Photos by colorsmagyoge.日本のサーフシーンの歴史の中で未だかつてないネクストレネベルに達していると言って過言ではない現代の日本の10代のガールズプロサーファーたち。その代表的存在のひとりであり、2020年東京オリンピックの日本代表候補選手としても有力視される松田詩野が、台風19号のグランドスウェルで頭前後のグッドコンディションと…

続きを読む >

WSM

ニュージーランドで自作キャンピングカー生活を送るサーファー!その車とは?

サーフトリップ好きなサーファーならば憧れている方も多いはずのキャンピングカー。

移動はもちろんのこと、波の良いサーフスポット近くで寝泊まりできたりと快適なロードトリップを可能にしてくれますからね。

今回の動画は、ニュージーランドでキャンピングカー生活を送るジョニーというサーファーのストーリーをお届けします。

続きを読む >

THE SURF NEWS

ブラジリアン・ストームは通り過ぎた?!CT第7戦『Tahiti P...

キング・ケリーが怪我でツアーを離れ、ミック・ファニングがベルズ戦を最後に引退。更に2年連続ワールドチャンピオンに輝いたジョン・ジョン・フローレンスがバリ島での怪我で復帰の時期も不明と今年のワールドツアーはスターが次々と離脱。その一方でツアーの1/3を占めるブラジリアンが勢力を伸ばし、第2戦のベルズから全て優勝と前代未聞のシーズンになっている。ブラジリアンが台頭してきた約5年前に生まれた「ブラジリア…

続きを読む >

コンテスト

<速報>CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』ファイナル終了!

現地時間8月19日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』が終了。ファイナルデイも残念ながらリアルなチョープーは姿を現さなかったものの、世界のトップサーファーによる激しいバトルが繰り広げられ、ガブリエル・メディナ(BRA)がオーウェン・ライト(AUS)を土壇場で逆転して優勝。2014年以来、2度目のタヒチのタイトルを手に入れ、ランキングも3位から2位に浮…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』終了!ブラジリアンが6連勝!

PHOTO: © WSL/Poullenot開幕戦のジュリアン・ウィルソン(AUS)以降、第2戦のベルズから全てブラジリアンが優勝している今年のワールドツアー。南アフリカ「J-bay」での第6戦『Corona Open J-Bay』ではフィリッペ・トレド(BRA)が2連覇を成し遂げ、カレントリーダーの座も獲得。文字通り、ブラジリアンに支配された流れがタヒチでの第7戦『Tahiti Pro Teah…

続きを読む >

コラム特集

『Tahiti Pro Teahupo’o』Day3ハイライト&インタビュー(日本語字幕付き)- F+エフプラス

2018年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』、Day3のハイライト映像と、マイケル・フェブラリー&エゼキエル・ラウのインタビューを日本語字幕付きでお届け。2018Tahiti Pro_day3 from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

業界ニュース

『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』 波乗りジャパンの派遣選手12名が決定!

世界最大のアマチュアサーフィン団体であり、オリンピックにも関係している国際サーフィン連盟(ISA)昨年9月に宮崎県のお倉ヶ浜で開催された18歳以下の世界一を決める『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』では16歳以下のボーイズで安室丈が日本人として初の金メダルを獲得。更に上山キアヌ久里朱が同クラスで銅メダルを獲得。団体でも最高位の3位で…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』3日目 ベスト8が決定!

PHOTO: © WSL/Poullenot現地時間8月16日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』は2日間のレイデイを経てR3から再開。公式3-5ftレンジの新しい南西ウネリが入り、一気にR4まで進行してQFを戦うベスト8が決定しました!スモールコンディションが続く今年のチョープー、この日もバレルになる波は少なく、ターン中心の勝負。ゲームに勝つための…

続きを読む >

コラム特集

現在売り出し中のノースショアにあるジョン・ジョン・フローレンスの家(WSMコラム)

日本であれば一度住宅を購入すれば一生ものといったイメージが今なおありますが、欧米では購入時よりも高額で売却し、新たな住宅購入という話を耳にすることがあります。まさにそんな話の通り、2×ワールドチャンピオンであるジョン・ジョン・フローレンスがノースショアの住宅を売りに出しています。ビーチフロントに立ちパイプラインのラインナップを眺める事のできるジョン・ジョンの家は、広さ4,065平方フィート(114…

続きを読む >

お知らせ

NSA主催『第53回全日本サーフィン選手権大会』開催のお知らせ

8月20日〜25日に三重県志摩市国府の浜海岸でNSA主催『第53回全日本サーフィン選手権大会』が開催されます。アマチュアサーフィン最大の団体NSAが50年以上も全国各地で行ってきた歴史と伝統、権威があるイベント。NSAの約11,000人の会員によって各地域の支部予選から選抜された約1,000人の選手が集まり、アマチュアサーファーの全日本チャンピオンを決定します。競技はショートボード、ロングボード、…

続きを読む >

コラム特集

『Tahiti Pro Teahupo’o』Day2ハイライト&インタビュー(日本語字幕付き)- F+エフプラス

2018年CT第7戦、完全マニューバー勝負となっている『Tahiti Pro Teahupo'o』、Day2のハイライト映像と、ジェレミー・フローレス&五十嵐カノアのインタビューを日本語字幕付きでお届け。ちなみに、五十嵐カノアは日本語でインタビューに応えています!日本のファンへのメッセージも。2018Tahiti Pro_day2 from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語…

続きを読む >

コラム特集

『Tahiti Pro Teahupo’o』Day1ハイライト&インタビュー(日本語字幕付き)- F+エフプラス

2018年CT第7戦、『Tahiti Pro Teahupo'o』、Day1のハイライト映像と、フィリッペ・トレド&ジョエル・パーキンソンのインタビューを日本語字幕付きでお届け。2018Tahiti Pro_Day1 from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』2日目 五十嵐カノア、ライト兄弟がラウンドアップ!

PHOTO: © WSL/Cestari南太平洋に浮かぶ美しい島、タヒチのチョープーで開催中のCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』現地時間8月13日に2日目を迎え、R2のH4から再開してH12まで進行。R3を戦う24名が決定しました。前日に入った南よりのウネリがピークを過ぎてしまい、公式3-5ftレンジ。風の影響もあり、バレルになる波は極端に少なく、チョープーらしからぬターンやエア…

続きを読む >