サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

コンテスト

CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』開幕!

フィリッペ・トレドPHOTO: © WSL/Dunbar今年2月に到来したサイクロン「Oma」の影響で地形が崩れたスナッパーロックスに変わり、サブ会場のデュランバーで全てのヒートが進行したCT開幕戦『Quiksilver Pro Gold Coast』&『Boost Mobile Pro』第2戦は同じオーストラリアでもゴールドコーストとは全く違う雰囲気のビクトリア州、ベルズが舞台の『Rip Cur…

続きを読む >

コラム特集

2019リップカール・プロ Day1 VIDEO(字幕付き)- F+エフプラス

2019リップカール・プロ@ベルズビーチ、ウインキーポップで開催された1日目のフッテージハイライトと、ジョーディ・スミスのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。2019bells_day1 from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

THE SURF NEWS

【東京2020五輪サーフィン】観戦チケット抽選申込は5/9~28の...

4月18日、東京2020組織委員会は、東京2020オリンピック観戦チケットの公式販売サイトをオープンした。
実際の観戦チケット抽選申込受付は、5月9日(木)から開始する。申込〆切は5月28日(火)の23時59分まで。6月20日(木) に抽選結果が発表され、当選者は、2019年7月2日までに購入手続を済ませる必要がある。
サーフィンのチケット
サーフィンのチケットは、 「オリ…

続きを読む >

WSM

2019年ボルコムパイププロの舞台裏動画!メイソン・ホーの真剣な姿も

毎年1月終わりから開催されているQS3,000イベント「Volcom Pipe Pro(ボルコム・パイプ・プロ)」。
QSイベントとしてのグレードは低いものの、パイプラインを貸し切れることからビッグネームも参戦し、QS3,000イベントとしては最も豪華なイベントと言えます。
今年は出場しなかったものの、例年であればケリー・スレーターやジョンジョン・フローレンスなんかも出場しますし。
今回の動画は、2019年ボルコムパイププロのヒート同様に熱狂した舞台裏映像をお届けします。

続きを読む >

カラーズマガジン

【BALI2019】バリ指折りのクラシカルブレイク、パダンパダンが...

歴代グランドチャンピオンのひとりであり、誰もが認める日本を代表するトッププロサーファーとして最前線で活躍する田中英義。プロの中でもずば抜けてクオリティーの高いターンの数々が彼の武器であるが、パダンパダンのようなチューブ波になっても、スタイリッシュなグラブレールでチューブを駆け抜ける術を知っている。Hideyoshi Tanaka.
本日4/19(金)よりいよいよコンテスト期間に突入となったJ…

続きを読む >

コラム特集

「ケリーは何とか2試合連続33位回避」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyウインキーポップあれでやるなら朝からやればよかったかな、と思う。ファーストコールから引っ張って昼スタートだけど、潮も引きに入ったけど風もオンショアになっちゃったし。画面で見てるとまだいい波に見えると思うけど、マジひどいよ。あれでやるってことは、この先まったくアウトなんだろうと思う。明日明後日は波なし、来週半ばに少しだけ上がる予報だけど、だいぶ…

続きを読む >

コラム特集

ウェイブプールの未来は各サーファー好みにカスタマイズ可能?(WSMコラム)

終わりなきレースに突入したかのようにバージョンアップが繰り返され、加熱している世界のウェイブプールシーン。いずれのウェイブプールも絵に描いたようなパーフェクトウェイブを追求しながら、サーフランチならばロングバレル、BSRサーフリゾートならばエアセクションと特徴があります。ただし、目玉となるタイプの人工波はあくまでもアピールといった感じで、実際にウェイブプールを訪れるサーファーはそれぞれにレベルが異…

続きを読む >

コンテスト

CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』グリフィン&シーバスが欠場...

グリフィン・コラピントPHOTO: © WSL4月17日からウェイティングピリオドに入ったオーストラリア・ベルズを舞台としたCT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』オフィシャルフォーキャストの「Surfline」によるとイースターサンデーの4月21日からスタート、もしくは4月18日から開幕する可能性があり、すでにイベントに参加するワイルドカードやリプレイスメントも前日のニュー…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第2戦直前:ケリー・スレーターインタビューVIDEO(字幕付き)- F+エフプラス

2019年のCT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』の開幕直前に収録されたケリー・スレーターのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。2019bells_kelly from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』ワイルドカードが決定!

コビー・エンライトPHOTO: © WSLバックアップ会場のデュランバーで行われたCT開幕戦『Quiksilver Pro Gold Coast』&『Boost Mobile Pro Gold Coast』から約1週間。次の舞台はオーストラリア南部のビクトリア州、グレートオーシャンロード沿いにあるベルズでのCT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』4月17日からの開幕を前にワイ…

続きを読む >

業界ニュース

足のケイレン、疲労を緩和する「グラファイトバンド」に新製品が登場

足や腕などに装着するだけで、手足の疲労や冷えを緩和し、サーフィン後の足攣りなどを予防する「グラファイトバンド」に新商品が登場。新色となる「colors(カラー)」は、デザインのみでなく海水を吸収しない素材にリニューアル。サーファーが、より海で使用しやすい商品となりました。発売から今年で11年、マラソンやサッカー、ゴルフや水泳など一般スポーツでも95%~の予防率で好評。近年は体力・筋力の衰えを実感し…

続きを読む >

業界ニュース

『SURFIN’LIFE』5月号 教えて!SURFのキホン

いよいよ春本番。気温も水温も徐々に高まるこの時期、いよいよサーフシーズン到来です。今号は、日本のいい波のグラビアあり、内容マシマシのハウツーもあり、バリ特集もあり、フィッシュの乗り比べもあり、インタビューもありと特に見応えのある1冊となっています。ぜひ、お手にとってご覧ください。JUST PADDLE OUT 2019 日本の波グラビア〜2019年も、波の狭間で夢を見る〜波から波へ。その間でサーフ…

続きを読む >

コラム特集

「コロヘとイタロのジャッジングは案の定論争」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyウイリアン・カルドソファイナルが終わってスナッパーでの表彰式までの間に、イスとかパラソルとか家に置いてからと思ってスナッパー近くのコンドによった時に、どこかの部屋からFワードに続いて、勝ったのはコロヘだ~みたいな絶叫の連続。どなたかコロヘサイドの人がいたらしく、だいぶ長いこと表彰式待ちのスナッパーに向けて叫びまくっていた。案の定論争になってい…

続きを読む >

コラム特集

「イタロとキャロラインが優勝。ジョンジョン真面目にV3狙ってそう」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy/WSL終わった~。いや~、時差がそんなにないとはいえ、4泊6日のパッケージツアーじゃないんだからさ、着いた翌日からぎっちり詰められてもね、蕁麻疹出ちゃうわよ。かゆいかゆい。う~ん、ライブ見ていた皆さんはどう思いました? 実際のところ、カリッサ、コロヘじゃなかったですか?? 私意見合わなかったなぁ、ジャッジと。キャロライン・マークス17歳、キ…

続きを読む >

コンテスト

オーストラリア・ゴールドコーストで開催された2019年CT開幕戦を制したのは?

PHOTO: © WSL/Dunbar現地時間4月8日、オーストラリア・ゴールドコーストで開催されていたCT開幕戦『Quiksilver Pro Gold Coast』&『Boost Mobile Pro Gold Coast』が終了。ファイナルデイもバックアップ会場のデュランバーで進行。公式2-4ftレンジのアベレージのビーチブレイク。日中は風の影響も入り、まるでQSのような勝負でしたが、それも…

続きを読む >