サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』2日目 コナー・コフィンがハイエストスコア!

コナー・コフィンPHOTO: © WSL/Dunbar全11戦で争われる2019年CTもいよいよ後半戦に突入。タイトル争いに加え、今年は2020年東京オリンピックの出場権も兼ねているため、一選手だけではなく、国も絡んだ緊迫した戦い。そんな人間同士の争いに関係なく南太平洋に浮かんだ楽園タヒチは前日よりも美しい波が姿を現し、現地時間8月25日には敗者復活戦のR2(Elimination Round)が…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』Day1ハイライトVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』Day1のハイライトフッテージと、コロヘ・アンディーノのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

THE SURF NEWS

『2019 ISA ワールドサーフィンゲームス(宮崎・木崎浜)』 ...

2019年9月7日(土)から15日(日)まで9日間にわたり、宮崎県宮崎市木崎浜海岸でサーフィンの世界選手権『2019 ISAワールドサーフィンゲームス Presented by VANS』が開催される。
本大会は、ISA(国際サーフィン連盟)が主催するサーフィンの世界チャンピオンと国のランキングを決定する世界選手権であり、2019年大会は2020年東京五輪の選考会も兼ねており世界各国から多…

続きを読む >

WSM

ラウンド2のみ開催された2019年メンズCT第7戦「タヒチプロ」二日目

現地時間2019年8月25日(タヒチ)、チョープーを会場とするメンズCT(チャンピオンシップツアー)第7戦「Tahiti Pro Teahupo'o(タヒチ・プロ・チョープー)」が開催。
イベント二日目となった本日は、ラウンド2の4ヒートのみが行われました。
今回の記事は、タヒチプロのイベントレポート、動画、今後の波予報などをお届けします。

続きを読む >

カラーズマガジン

【台風11号】飯田航太による、サイズアップしはじめた8/25(日)...

台風11号からのグランドスウェルがかすかに届きはじめ、オンショアながら胸肩前後までサイズアップを果たした8/25(日)の湘南エリア。
そんな中、オーストラリアを拠点とする注目のフリーサーファー飯田航太が到着したばかりのHammo surfboardsのテストモデルを片手に、スポンサーであるHRS湘南事務所の目の前のビーチでセッションを決行!
今回はツインスタビ設定で繰り広げたその模様を…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』開幕!

五十嵐カノアPHOTO: © WSL/Dunbar現地時間8月24日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』が開幕!イベント開始前に入った巨大なスウェルが去った後、穏やかなコンディションが続いていた南太平洋諸島。ようやく入ったウネリもチョープーを本来の波に覚醒させるほどではなく、公式3-5ftレンジで、チョープーらしからぬターンを中心とした勝負に...。…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』開幕直前インタビューVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』開幕直前に収録された、コロヘ・アンディーノのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

JPSAショートボード第3戦『ALL JAPAN PRO 新島』終了!

4月の開幕戦の後、3ヶ月のインターバルをあけて7月から10月にかけて一気に6イベントが行われる今年のJPSAショートボードシリーズ。田中英義、川瀬心那が優勝した7月下旬の田原戦の後、第3戦『ALL JAPAN PRO 新島』が新島の羽伏浦で8月17日〜19日に開催されました。超大型まで発達してお盆休みに大きな影響を与えた台風10号によって一日日程をずらして進行。大きなウネリによって地形が深かった羽…

続きを読む >

お知らせ

【復旧】アプリ内「カメラ」動画再生、「気象」「タイド」画像表示不良について

(2019/8/19)
一部のお客様でコンテンツ表示および動画が再生されないという事象が発生しておりましたが、

続きを読む >

コンテスト

2020年東京オリンピックよりも豪華!? 『ISA World Surfing Games』出場選手の続報!

Photo: WSL / Ed SloaneタヒチでのCTの後、9月7日〜15日に宮崎・木崎浜で開催される『ISA World Surfing Games』2020年東京オリンピックの選手選考の優先順位では下位ながら、指定されたCT選手は必ず参加しなければいけないというルールがあるため、各国最大6名(メンズ3名ウィメンズ3名)のCT選手が宮崎に揃うことになり、選手的には2020年東京オリンピックよ…

続きを読む >

お知らせ

【お詫び】アプリ内「カメラ」動画再生、「気象」「タイド」画像表示不良について

(2019/8/17)
現在、一部のお客様でコンテンツ表示および動画が再生されないという事象が発生しておりシステム調査を行っております。

続きを読む >

コラム特集

「思わせぶりなケリーはやっぱり出場。9月の宮崎は宮崎プロ以来の大騒ぎになりそう。」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyほ~ら、やっぱ出るんじゃん、と大ツッコミかましたいところ(笑)先ごろCT枠からのオリンピック出場の条件になる宮崎のワールドサーフィンゲームス(WSG)に、出る出ないで思わせぶりな引っ張りを見せたケリー、本日正式にISAから出場のアナウンスが出た。結局出るんだって。各国3人の選手枠で、アメリカはコロヘ、ケリー、コナー・コフィン、ブラジルはガブ、…

続きを読む >

お知らせ

第54回全日本サーフィン選手権大会開催のお知らせ

8月19日(月)〜24日(土)に高知県東洋町の生見でNSA主催『第54回全日本サーフィン選手権大会』が開催されます。全日本サーフィン選手権大会は日本で最も伝統と権威あるサーフィン大会として、過去50年以上にわたり全国各地で開催。約11,000人の会員が参加する各地域の支部予選大会で選抜された1,000名以上による選手によるアマチュアサーファーの全日本チャンピオンを決定する大会で、国際大会の日本代表…

続きを読む >

コラム特集

ボルコムがデニムジーンズ製造に取り入れた「WATER AWARE」プログラムとは?(WSMコラム)

via youtubeサーフブランドの中でも昨今のキーワードの一つとして取り上げられるサステイナビリティへの取り組み。各ブランドが独自の取り組みを行っている中、12年前からサステイナビリティに取り組むボルコムが、「WATER AWARE」というプログラムを2019年秋コレクションからスタートさせました。「水への意識」というプログラム名の通り、デニムジーンズの製造工程で大量の水を使うことから、仕上げ…

続きを読む >

コラム特集

「WSM」7月の人気記事トップ10ランキング

サーフィン動画の紹介を中心に、海外サーフィンの最新情報などを独自の視点で解説・配信する「World Surf Movies」より、月毎の人気記事をランキング形式でご紹介。先月2019年7月の人気記事トップ10※各画像をクリックするとWSMサイトへリンクします。BCMサイト内のアーカイブも併せてぜひチェックしてみてください。■No.1フロリダでシャークアタック:被害者サーファーが向かった先はバー!?…

続きを読む >