サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「 Blue.」検索結果 24件
業界ニュース

『Blue.』最新号No.91ロンハーマンコラボカレンダー付きで11月10日発売!

2021年最後となる『Blue.』No.91の巻頭特集は「Living with Surfboards」と題して世界中のサーファーのサーフボードのある暮らしを拝見する永久保存版。自分のサーフボードをどのように家に置くかの参考にもなるし、見るだけでも楽しい!きっとあなたのサーフィンライフのプラスになるでしょう。『Blue.』No.91は毎年恒例のカレンダー付きで11月10日発売!サーフボードはサーフ…

続きを読む >

業界ニュース

9月10日発売 『Blue.』最新号No.90

HAWAII すべての答えはハワイにある旅ができなくなって久しい。すっかりカオスが日常化し、いまだ収束の見通しが立たないなか、どこか楽園への逃避を、ふと夢想してしまう。サーフィンの原風景を思い起こす南洋への回帰志向。真っ先に頭に浮かぶのは、ハワイだ。サーフィンにおいては発祥の地であり聖地である。楽園はいま、どうなっているのだろう? そこでハワイ在住のフォトグラファーたちから近々のハワイの様子を送っ…

続きを読む >

業界ニュース

7月9日発売!『Blue.』最新号No.89

水平線から太陽が顔を出し、おはようの合図。サーファーたちは、暑い季節ほど日中は海風が吹き込みやすいことを知っているし、潮の満ち引きに合わせて動いたりもするから、夜が明けきらぬうちに海へ到着している日も珍しくない。グラッシーなフェイスをきらきらと照らす朝陽、人生の宝だよね。僕たちはそんな自 然にまつわるアレコレを、机の上じゃなく、リアルな体験として学んできた。海に通う日々がこれほど人生を彩 ってくれ…

続きを読む >

業界ニュース

5月10日発売!『Blue.』最新号No.88

この夏、僕はこれで行くSURFBOARDS & BOARDSHORTS朝起きて、洋服をぜんぶ脱いで、お気に入りのボードショーツをさっと穿く。そして、愛してやまないサーフボードを抱えて、日の出とともに海へ繰り出す。そんな、サーファーとしていちばんシンプルになれる季節はすぐそこだ。サーファーの特権と言っていいのかわからないけれど、僕たちはたった一本でも最高の波に乗れたなら、その一日を気分よく過ごすこと…

続きを読む >

業界ニュース

3月10日発売!『Blue.』最新号No.87

「からだ」のこと。これまで数多くのリクエストをいただいていたにも関わらず、あえて一度も触れてこなかったテーマだ。だって、想像してみて。ジェリー・ロペス、ジョエル・チューダー、ロブ・マチャド、ラスタ、ライアン・バーチ、クレイグ・アンダーソン...。世代を問わず、スタイルを証明してきたサーファーたちはマッチョだろうか?舞台裏で汗を流す姿を発信してきただろうか?そう、どちらもノーだ。彼らのからだは一見し…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』最新号No.85 RHCコラボカレンダー付きで11月10日発売!

『Blue.』最新号No.85は毎年恒例のRHCコラボカレンダー付き。合計7組14名のサーファーが未来のことを語り合う特別企画を巻頭特集に息子アレックスのことを語るジェリー・ロペスのロングインタビューや、4人の魅力的なサーファーをピックアップした「磨き続ける独創の美学」、本格的な冬が訪れる前に参考にした「最新アウターでホットな冬を手に入れる」、ユニークな仕事場に潜入した「拝見、サーファーたちのワー…

続きを読む >

業界ニュース

9月10日発売!『Blue.』No.84 リノベ&スケートボーディング

『Blue.』No.84が9月10日に発売!2大特集、リノベ&スケートボーディングの内容とは...。SURFなリノベ! SURFなスケート!〜 新しいもの、旧いもの。どちらもそれぞれ魅力があるのはみんなが知るところ。たとえばサーフボード、カメラ、クルマやバイク。いろいろあるけど共通するのは多様なニーズに応えながら今に至る新しいものはやっぱり快適で、旧いものはたいてい不便で手間が掛かる、ってこと。ま…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.83 温故知新

サーフサイドスタイルマガジン『Blue.』No.83が6月10日に発売!今号は「スタンダードカリフォルニア」とのコラボサングラス、UV400レンズのボストンデザインが特別付録です。温故知新〜僕らは学び、進化する〜 なにが正しいのか、わからない日々が続いた。いや、いまも続いている。ひとりなら安全、でも、ひとりなら安全と考える人がたくさんいたら、危険。その境界線は人それぞれで、強すぎる正義感が脅威とな…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』別冊 「Surfing California 3」が3月30日に発売!

Blue.が長きにわたり取材を重ね続けてきた聖地、カリフォルニアの記事を一冊にまとめたスペシャル・エディション「Surfing California 3」3年振り、3冊目となる今作は「Blue.」本誌41~55号の記事を中心にピックア ップ。Blue.らしく、さまざまな角度からカリフォルニアとサーフィンの蜜月を見つめた秀作揃いです。私たちが大きな影響を受けてきたカリフォルニアにとって、サーフィンと…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.82 サーフィンはファッションか?

サーフィンはファッションか? サーフィンはファッションか? 答えはイエスであり、ノー。命懸けで波に挑むサーファーたちは、ファッションと捉えられるのは本意ではないだろう。ポリネシアン文化に由来す る歴史や伝統を重んじる人々にとっても同様にちがいない。一方で、いま私たちが等身大で楽しむサーフィンを支えてきたブランドの多くは、今も昔もファッションが軸にある。もしも、各時代のサーファーたちがその洋服を愛し…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.81 僕の旅じたく。

2020年はどこへ行く?そして、なにを持って行く? 2020年になりました!皆さんはもう次なるトリップ先は決めましたか? 旅=サーフトリップは人生を輝かせるために欠かせないもの。波に乗るだけじゃなく、異文化に触れたり、仲間と喜怒哀楽を共にしたり、新たな出会いもあれば、乗り越えなければならない予想外のアレコレに遭遇したり。そんなひとつひとつが、自分らしさのひと葉となり、幹となり、年輪になります。とい…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.80 父ちゃん、海へ行こうよ!

毎年恒例、RHC Ron Herman×Blue. コラボカレンダー2020付きの『Blue.』最新号が11月9日に発売!今回のテーマは「父ちゃん、海へ行こうよ!My dad is a surfer!」たくさんのかっこいいサーファーと出会ってきた。ユニークなサーファーにも。心に残っているサーファーたちは、みんなサーフィンが大好きで、自分なりの理想を追いかけていた。たまには競うこともあるけれど、いち…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.79 移住しようぜ!

『Blue.』No.79が9月10日に発売。今回のテーマは「移住しようぜ!〜Blue.的ぼくらの移住ガイド〜」そんなに簡単じゃない? そうかもしれない。でもさ、サーファーはいつの時代も心に抱き続けて きたんだ。波のある場所で、自然とともに生きていきたい、って。世界中にある素晴らしいサーフスポットは、その情熱によって拓かれてきた。仕事のこと、家族のこと、考えだしたらキリがない。ただ、すべての人に等し…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.78 フィンに愛を!

7月10日発売の『Blue.』No.78、巻頭特集は「フィンに愛を!知れば知るほど面白い、名脇役のAtoZ」と題してサーフボードの重要な役目となるフィンに徹底的にこだわった内容。「サーフボードの性能の50%はフィンが影響している」とは誰もが知るレジェンド・シェイパーのセリフ。同じく名のあるハンドメイド・フィンブランドの工房では「サーフボードだけが上等で、フィンにこだわらないなんて、フェラーリに安物…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.77 歴史はロマンだ

私たちは幾ばくかでも知っておくべきだろう。いま多くを与えてくれているサーフィンという文化が、時代時代を生きた若者たちがつむいできた、青春の結晶であるということを。ウッドのボードにフィンを付けて、 より自由に波を滑ろうと試みた若者がいた。ハワイから海を渡り、カリフォルニアやオーストラリアへサーフ ィンを伝えた若者がいた。1950 年代に入るとサーフィンはひとつの文化として確立されるまでになり、196…

続きを読む >