「WSLのCEOに直撃インタビュー、日本国内のウェイブプール建設について。」- F+(エフプラス) | サーフィンニュース BCM | コラム特集

TOPNEWS > コラム特集
NEWS / BCMサーフィンニュース

コラム特集

「WSLのCEOに直撃インタビュー、日本国内のウェイブプール建設について。」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき / Photo by snowy

_3

ケリーのプール日本国内建設問題。

WSLが権利を買ったサーフランチに関してですけど、場所だの時期だの、私個人は建設スタートすればわかるのでどうでもいいと思うわけですが、どこにいつできるのか、的な興味を皆さんお持ちのようなので、権利を持っているWSLのトップオブトップ、CEOのソフィー・ゴールドシュミットを直撃。

3月18日時点でのトップからのオフィシャルコメントは、着工に向けての最終段階に入っているということ。

以下、ソフィーがインタビューに答えてくれた内容です。

---------

WSLにとって日本は重要なマーケットだし、2020年の東京オリンピックでサーフィン競技が初めてオリンピック種目になるということもエキサイティングなこと。そのオリンピックで使うか使わないかは別として、施設(サーフランチ)を建設するのを急いでいるところなのよ。
それによってこの先も日本とWSLが長期にわたって密な関係を持ち続けていけるしね。
ただ、まだまだ着工までにはやらなければならないことがいろいろあって、申請や許認可、地主との最終交渉など、乗り越えなければならない問題が多くあるのは事実。でもとにかくオリンピックに間に合うように、現在着工に向けて最大限急いでいるところなのよ。

もちろん開催地を千葉一宮としたIOC、JOCの決断には敬意を表しているし、一宮には素晴らしい波の立つことも理解している。でもオリンピックが開催される8月は一宮のベストシーズンとは言えないし、代替オプションのひとつとしての我々の施設があってもいいと思うし、サーファーたちはそれを期待していると思う。

場所はまだ最終決定はしていないのよ。さっきも言ったようにクリアしなければならない様々な問題の最終調整中。でもあと2週間ぐらいではっきりできると思うわ。
地主との最終的な合意やスポーツ政治団体との調整も必要だし。できればオリンピックに間に合うように完成できればといいと思ってるんだけどね。時間は刻々と迫ってるけど、着工すれば10か月で完成するから2019年には完成するだろうし。
ISAとも何度もミーティングをして、密に連絡を取り合ってるんだけど、とにかく今は早く着工にこぎつけて完成させることを目指してるところなのよ。

どこでやるにしても、サーフィンがオリンピック種目になるということは素晴らしいことだし、このスポーツを広める大きなチャンスだと思う。なにより私たちは日本が大好きだしね。だから東京オリンピックは本当に楽しみにしてるわ。

---------

とまぁ、WSLとしてはプール開催に意欲的。

このWSLのウエイブプール、サーフランチ、つまりケリーのウエイブプールに関しては、ウエイブプールではなく、「ウエイブレイク」という呼び方で、という指示が先のインタースタイルでの記者会見で出たのですが、その件に関しての公式リリースも届いていないし、CEOのソフィー自身もウエイブプールという言葉は一切使わなかったけど、ウエイブレイクという言葉も一切使わず、ファシリティ=施設、という単語に終始したので、それに従いました。

エフプラス





BCM の Facebook に「いいね!」をしよう

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

関連キーワードで他のニュースを探す

F+ エフプラス つのだゆき WSL オリンピック ウェイブプール