波情報 サーフィン BCM

  • 2017BIGプレゼントキャンペーン

  • 『Hawaiian Pro』3日目 ベスト32が決定!

  • 『Pe’ahi Challenge』は今年もロコボーイ&ガールが制した!

  • ビッグウェイブサーファー向けのインフレータブルベストが市販化へ(WSMコラム)

  • 「JPSAはグラチャン決定。CTワールドタイトルの行方は?」F+(エフプラス)コラム

  • 「ISA世界ジュニア」注目ヒート&ハイスコアライディング映像まとめ



WAVE REPORT 波情報TOPへ
■最新ビーチ画像

東浪見 ▽35
11/21(火)13時

花篭 ▽30
11/21(火)13時

大原駐車場前 ▽20
11/21(火)13時

和田・Js前 ▽30
11/21(火)12時

コンテスト
『Hawaiian Pro』3日目 ベスト32が決定!
例年より早いシーズン到来となった今年のハワイ・ノースショアですが、皮肉にもトリプルクラウンのウェイティングピリオドに入ってからはコンディションに恵まれず、初戦『Hawaiian Pro』もイベント前半はスモール。

現地時間11月19日、3日のレイデイを経てハレイワ・アリイビーチパークで再開された3日目は公式4-6ftレンジのノースよりのウネリが入りながらも、北よりの風が強く、普段ならサーファーが避けてしまうようなバンピーで難しい波。
しかし、それが自然を相手にしているサーフィンコンテストの宿命であり、R3から登場したトップシードの面々は来るべきファイナルデイに向けてひたむきに仕事をこなしていました。

続きを読む >

コンテスト
QS3,000『Jeep International Hainan Cup』終了!
毎年、中国・海南島の「日月湾」で開催されていたロングボードのワールドチャンピオンを決めるWLTが今年は台湾の台東へ舞台を移動。
変わって今年は海南島・陵水の清水湾のビーチブレイクでQS3,000『Jeep International Hainan Cup』が開催され、現地時間11月19日に終了。

続きを読む >

カラーズマガジン
【最新動画】SeabassことSebastian Zietz最新作...
Movie by Happily Stoked. Text by colorsmagyoge.永遠のサーフヒーローAndy Ironsと同じハワイのカウアイ島出身であり、Ironsブラザーズのバイブスを継承する現役CTサーファーとして活躍するSeabassことSebastian Zietzによる動画連載シリーズ”Happily Stoked”の最新作となエピソード5がドロップされた!今回の作品では…

続きを読む >

WSM
2018年CTスケジュールが発表!来年はイベント会場に大きな変化が
11月ということで、ようやく来年2018年シーズンのWSL(ワールドサーフリーグ)によるCT(チャンピオンシップツアー)スケジュールが発表されました。

2018年は大きな変化はないと言われていましたが、すでにお伝えした通り、ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でのCTイベント追加が発表されたりと十分サプライズがあります。

今回の記事は、ここ数年の中ではかなりの変化があったと言える2018年CTイベントスケジュールに関するニュースをお届けします。

続きを読む >

業界ニュース
2017年CTルーキーで生き残れるのは誰?
元JPSAプロの柄沢明美さんの長男、コナー・オレアリー(AUS)を始め、オーストラリアのジュニアタイトルを総なめした18歳のイーサン・ユーイング(AUS)、ワイルドカード時代の活躍が強烈な印象を残していたフレデリコ・モライス(PRT)などシーズン前から粒揃いと言われていた2017年のCTルーキー。
イベントによって上位に入った選手はいたものの、コンスタントに結果を重ねるのは難しく、現在クオリファイ圏内の22位以内にいるのは3名のみ。
残るは最終戦のパイプライン、そして、QSサイドでは『Hawaiian Pro』、『Vans World Cup』の2戦。

続きを読む >

業界ニュース
2018年にサーフランチでCTが開催される!?
9月に行われたカリフォルニアのトラッセルズ戦の後、ケリー・スレーターのウェーブプール「サーフランチ」で招待されたCT選手によって特別なフォーマットで試験的に開催された『Future Classic』
自然の波とは違う動きをする人工的な波に乗る選手をどうやってカメラに収めるか、全て同じ波にどのようにしてスコアを出すかなど、実際にCTイベントを想定して行われていました。

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 御宿ビーチサイド

    勝浦・鴨川エリア/宿泊

    素泊り3300と明記してありますが駐車場が別に1000円(驚)
    他の御宿の民宿は素泊り4000〜4500だから割安感全く無し
    オープン当初に良く利用しましたが駐車場代なんか取られなかった。
    騙された感があるので最初から明記しておいて欲しい。

    続きを読む >

  • 海鮮料理 岩沢

    飯岡・片貝エリア/飲食

    座敷も駐車場もたっぷり有るし海も近いわ!親方が独立しちゃっている倅がやってます、味付けは甘しょっぱいお婆ちゃんの味っぽい的な定食と寿司、刺身物がメインです。はまれば楽しめます!でもハイボールやサワー系は要注意です、是非頼んで下さいね!

    続きを読む >

  • みなと食堂

    小田原・湯河原エリア/飲食

    心細くなる様な細い道を抜けると、木造の店がありました!オープン時間に、それも平日にもかかわらずお客様が並んでる!
    僕には少々高い価格設定だが、せっかくだから刺し身定食を注文。出てきたら参りました!
    刺し身が新鮮で、一切れがデカく5種盛りで、追加のアジ、イワシのフライは一尾100円
    連れはしらす丼注文したのだが、更にカサゴの一匹唐揚げやイワシのフライ
    参りました…

    続きを読む >

  • ファミリーロッジ旅籠屋・水戸大洗店

    阿字ヶ浦・大貫エリア/宿泊

    気を使わずに、泊まれ、
    部屋も清潔、お風呂、トイレも
    持ち込みオーケーで、朝には宿からパンとコーヒーが。
    いいね

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ 海外クチコミ一覧見る >
  • ロンボク
    間違ってバリ島の方へ投稿してしまったので、多少の訂正をして投稿しなおしました。 10月後半からロンボク島のグルプックにあるスピアビーチハウスに宿泊しました。窓からは湾になった海が眺められます。隣にグルプックのポイントまでのボートの船着き場があり、宿のレセプションでボートを頼みました。アウトサイド、アウトサイドレフト、カメ、コドモ、インサイドの5ポイントにレベルに合わせてアクセス出来ます。各ポイントまではボートで10から15分位です。料金は2時間の入水で日本円換算で約1500円、2人で乗船したので750円ずつ払いました。サーフィン中、ボートは海上で待機してくれています。日本では1R,3から4時間程入水するんですが、波がコンスタントにあったので、本数も乗れて2時間で丁度良い感じでした。インサイドポイントでの入水が多かったんですが、メローでムネから 頭オーバーでロングライド出来る波でした。ただ、スクールやガイドを付けたビギナーヨーロピアンサーファーが多く、ドロップインも当たり前のようにしてきます。ガイドもドロップインとわかっていても、ボードをプッシュしてスクール生を波に乗せようとしてきます。海での優先順位は 1、誰もが認めるローカルサーファー、2、ガイドを付けたビジターサーファー、ローカルサーファーが同順な感じ 3、ガイド無しのビジターサーファーという感じです。ビギナーサーファーを避けれる技量が無いと、ロングライドは難しいです。サーフィンガイドについてですが、1R2時間1500円です。ボートと両方で3000円て事になりますね。良い波に数多く乗りたいのであれば、お願いした方が良いと思います。色んな情報を教えてくれるし、地元のローカルサーファーはガイドを仕事にしている人が多いのでローカルとも仲良くなる事が出来ます。ボート、ガイドの料金はグルプックのコミュニティーで決められているらしく、どこも同料金らしいです。 私はロング乗りで今回、レンタルボードを1日500円で借りられました。ボードの種類は初心者やスクール用のモールボード、エポキシの7から8フィートの板が多く取り揃えてありました。レンタルショップが 何件かあるので、見て回って、自分に合う板を探す事も出来る感じです。クオリティーは思ったほど悪くはありませんが、私が借りた9フィートのエポキシはリペアを繰り返し、水を吸っているのか、かなり重くて、慣れるまではリップに際で当てると、重さで板がスッポ抜けて、プルアウト状態に何度かなってしまいました。 他のポイントへのアクセスはガイドを頼むか原付を借りて自分で行くかって感じです。原付にボードラックが付いているものもありました。ヨーロピアンサーファーは原付を借りて自分で移動してる人が多かったです。安くポイントまでアクセスしたい方におススメですが、舗装されていない道もあるので運転に自信の無い方はちょっと危ないかもしれません。 宿はサーファー向けの安宿が多いですが、ホテル予約サイトに載っていない宿も何件かありました。繁忙期でなければ、予約無しでも泊まれると思います。サーフィンどっぷりの毎日ならグルプックに宿泊、他の楽しみも求めるならクタに宿泊をおススメします。グルプック宿泊だと車のトランスポートが必要無いので安くサーフィンする事が出来ます。ちなみに私が宿泊した宿はクタとタンジュアンビーチまでは宿泊者は無料で送迎してくれるサービスがあったのでクタに簡単に買い物や食事に行く事が出来ました。このサービスはかなり、ありがたかったです。 食事はグルプックではスピアビーチハウスの隣のグルプックサーフカフェ、オージーホームステイの裏の食堂、オンバックカフェが美味しかったです。どのお店も22時頃には閉店します。 何となく私が前もって知っていたら…的な事を書かせてもらいました。 最後にグルプックでお世話になった方々、フレンドリーローカルサーファー達のおかげで本当に楽しいトリップになりました。また、絶対に行きたいと思う、ロンボクでした。

    続きを読む >

  • バリ
    ロンボク島、グルプックのスピアビーチハウスに宿泊しました。窓からは湾になった海が眺められます。隣にグルプックのポイントまでのボートの船着き場があり、宿のレセプションでボートを頼みました。アウトサイド、アウトサイドレフト、カメ、コドモの4ポイントにレベルに合わせてアクセス出来ます。各ポイントまではボートで10?15分位です。料金は2時間の入水で日本円換算で約1500円、2人で乗船したので750円ずつ払いました。サーフィン中、ボートは海上で待機してくれています。日本では1R,3?4時間程入水するんですが、波がコンスタントにあったので、本数も乗れて2時間で丁度良い感じでした。インサイドポイントでの入水が多かったんですが、メローでムネ?頭オーバーでロングライド出来る波でした。ただ、スクールやガイドを付けたビギナーヨーロピアンサーファーが多く、ドロップインも当たり前のようにしてきます。ガイドもドロップインとわかっていてっも、ボードをプッシュしてスクール生を波に乗せようとしてきます。海での優先順位は 1、誰もが認めるローカルサーファー、2、ガイドを付けたビジターサーファー、2、ローカルサーファー、3、ガイド無しのビジターサーファーという感じです。ビギナーサーファーを避けれる技量が無いと、ロングライドは難しいです。サーフィンガイドについてですが、1R2時間1500円です。ボートと両方で3000円て事になりますね。良い波に数多く乗りたいのであれば、お願いした方が良いと思います。あと色んな情報も教えてくれるし、地元のローカルサーファーはガイドを仕事にしている人が多いのでローカルとも仲良くなる事が出来ます。ボート、ガイドの料金はグルプックのコミュニティーで決められているらしく、どこも同料金らしいです。 私はロング乗りで今回、レンタルボードを1日500円で借りられました。ボードの種類は初心者やスクール用のモールボード、エポキシの7?8フィートの板が多く取り揃えてありました。レンタルショップが 何件かあるので、見て回って、自分に合う板を探す事も出来る感じです。クオリティーは思ったほど悪くはありませんが、私が借りた9フィートのエポキシはリペアを繰り返し、水を吸っているのか、かなり重くて、慣れるまではリップに際で当てると、重さで板がスッポ抜けて、プルアウト状態に何度かなってしまいました。 宿はサーファー向けの安宿が多いですが、ホテル予約サイトに載っていない宿も何件かありました。繁忙期でなければ、予約無しでも泊まれると思います。サーフィンどっぷりの毎日ならグルプックに宿泊、他の楽しみも求めるならクタに宿泊をおススメします。グルプック宿泊だと車のトランスポートが必要無いので安くサーフィンする事が出来ます。ちなみに私が宿泊した宿はクタとタンジュアンビーチまでは宿泊者は無料で送迎してくれるサービスがあったのでクタに簡単に買い物や食事に行く事が出来ました。このサービスはかなり、ありがたかったです。 食事はグルプックではスピアビーチハウスの隣のグルプックサーフカフェ、オージーホームステイの裏の食堂、オンバックカフェが美味しかったです。どのお店も22時頃には閉店します。 何となく私が前もって知っていたら…的な事を書かせてもらいました。 最後にグルプックでお世話になった方々、フレンドリーローカルサーファー達のおかげで本当に楽しいトリップになりました。また、絶対に行きたいと思う、ロンボクでした。

    続きを読む >

  • バリ
    香港に隣接する深市の西沖海岸に行きました。
    深市へは香港から入国し、市内からタクシーで東へ約1時間半(片道300〜350元、1元=17円)のリゾート地です。波は台風が日本の南海上にある時でしたが腹〜胸位で割れていました。波がない日もあるとのことです。外国人もいて人は多いですがサーファーは10人位、2時間ほど入りました。海岸線も長く広い範囲でブレイクしています。10月でも海水浴シーズンのためエリア規制があり、ここでサーフィンして良いか監視員に聞いてから入ると良いです。水温は高くボードショーツだけでも充分でが、タッパー着て入りました。海岸入場料13元、レンタル200元、ボードロッカー20元、帰りのタクシーは拾いにくそうだったので、行きの運転手に迎えに来てもらえるよう約束取り交わし、会話は翻訳アプリを駆使しました。砂浜も海も綺麗でした。

    続きを読む >

  • モルディブ
    2017.9.16〜9.24でモルディブのアダーランセレクトフドゥランフシに宿泊。ホテルのサーフポイント「ロヒス」、ボートトリップで「サルタン」「ニンジャ」「コークス」、の計4箇所でサーフィンしてきました。「ロヒス」はロングライド出来る早めのレフトブレイク。滞在中はスモール〜ミドルサイズでしたが日本人には全然良い波です。ゲットも思っていたより、リーフや岩は気になりません。ピークから乗れればかなりの距離・ターン入れて乗れます。滞在中、ロヒスにはアジア人がいなかったので、初日からスグ皆と話をするようになり、とてもフレンドリーな雰囲気で出来ました。「サルタン」には2回、「ニンジャ」「コークス」は1回づつ。いずれもライトブレイクで、ニンジャは他と比べるとメローな感じ。サルタンはちょっと混んでてピークは結構なパドルバトル。セットは頭半〜ダブルで捕まえられれば、ターンもチューブとある波。ミドルで待っていても全然良い波捕まえられます。コークスは行った3つのライトブレイクの中では一番ホローで自分好みでした。こちらもサイズによってはリップもチューブもあります。行った時は頭半〜ダブル位なので、コークスにしてはメローだったかと思います。ここも混むポイントらしいですが、幸いに空いてました。毎日2〜3Rサーフィンして、アフターサーフィンには仲間(現地で知り合ったいろんな国のサーファー)とビアタイム!夜も呑んだり踊ったり。遠いですが行く価値アリアリです!
    ホテルへの支払いがオールインクルーシブ(飲食代もすべて混み)なので、細かい支払いは気になりません。基本ビュッフェ(オーシャンビラのみ朝食はコースセレクト)ですが、私は飽きずに楽しめました。wifi等の通信環境もまあまあです。ザ・リゾートですが朝焼け夕焼けも楽しめるし、シュノーケリングも出来て、サーファー以外でも十分に楽しめます!

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >