ビッグウェイブサーファー向けのインフレータブルベストが市販化へ(WSMコラム) | サーフィンニュース BCM

TOPNEWS > コラム特集

NEWS / BCMサーフィンニュース

コラム特集

ビッグウェイブサーファー向けのインフレータブルベストが市販化へ(WSMコラム)


(Peter Mel Highline Airlift)


モダンビッグウェイブサーフィンにおいて、今や欠かせないアイテムの一つとなっているのが「インフレータブルベスト」。

同ベストは長時間波に巻かれて溺死する危険性を考慮し、二酸化炭素カートリッジをベストにセットし、カートリッジのプルタブを引いたらベストが浮輪のように膨張することで、素早く海面に浮上することを可能にしたものです。

このようなアイテムが誕生するきっかけとなったのはシェーン・ドリアン。シェーンはビッグウェイブサーフィンによる溺死で仲間を失ったり、自身もマーヴェリックスで溺死寸前の経験をしたため。

そこでシェーンはスポンサーであるビラボンとインフレータブルウエットスーツを開発しました。ただ、同商品はあくまでも経験豊富なビッグウェイブサーファー向けであり、経験の浅いサーファーが道具に頼った危険なチャレンジをしないためにも市販化されてはいませんでした。

そんなインフレータブルベストが、ついに市販化されることに。市販化されることになったのは「クイックシルバー」と「アクアラング(世界最大スキューバギアカンパニー)」によるコラボ商品「Highline Airlift」。



(Highline Airlift)


ウエットスーツの上に重ね着またはベストのみでの着用となっている同商品。商品のコンセプトはシェーンによるものと同じで、二酸化炭素カートリッジを使う仕組みです。

ただし、4つ付けられたプルタグは、波に激しく巻かれたりと余裕のない時であっても、自然と手を伸ばしやすい位置にセットされたりと、より安全面を高めた作りになっているとのこと。

同商品は、アメリカ(ハワイを含む)、ヨーロッパ、オーストラリアの一部ディーラーでのみ10月15日から発売開始となりました。値段は990ドルだそうです。

一般サーファーにとっては無縁な商品であるものの、とても興味深かったのでピックアップしました。ただ、このインフレータブルベストがあればビッグウェイブも問題ないと、実力に見合わぬ無謀なチャレンジをするサーファーが出ないか一抹の不安を感じます・・。

Images courtesy of Quiksilver


World Surf Movies
http://world-surf-movies.com

★BCM限定コラムのバックナンバーはコチラ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

関連キーワードで他のニュースを探す

World Surf Movies Quiksilver