波情報 サーフィン BCM

  • 「ローカルモーションのヒストリーブック」- F+コラム

  • 航空会社へのコロナ制限解除から1か月!海外サーフトリップに向けての空港の現状(WSMコラム)

  • 2022年版ビーチコーミング・マガジン全国配布スタート!

WAVE REPORT

波情報TOPへ
THE SURF NEWS

第10回『フロリダ・サーフ・フィルム・フェスティバル』の10の受賞...

PHOTO: © /floridasurffilmfestival 11月下旬、ハリケーン「ニコル」が東海岸にビッグスウェルをもたらした後、フロリダの「Atlantic Center for the Arts」で第10回目となるフロリダ・サーフ・フィルム・フェスティバルが開催された。 今年のイベントはYoutuberとしても有名なベン・グレーヴィー監督の『For The Dream』でワー…

続きを読む >

WSM

型破りなダックダイブが衝撃的!ディラン・ウィルコクソンのフリーサー...

via youtubeインドネシアのメンタワイ諸島をホームブレイクとするスーパーグロムのディラン・ウィルコクソン「Dylan Wilcoxen」(13歳)。世界中のトッププロサーファーたちがインドネシアのサーフシーズンになると、こぞって訪れるメンタワイ諸島と言う最強のホームブレイクで育ったと言うバックグランドも後押しし、若手エリートサーファーに成り上がったと言えますね。今回の動画は、ディラン・ウィ…

続きを読む >

カラーズマガジン

【未来のワールドチャンプ】お気に入りのマジックボードが真っ二つに!...

Movie by Jackson Dorian. Text by colorsmagyoge.ビッグウェイブ・ワールドチャンプであり、Italo Ferreiraをワールドタイトル獲得へと導いたスーパーコーチでもあり、未だその人気は衰えることを知らないオールド・サーフスターShane Dorianの息子で、未来のワールドチャンプとして有力視されるJackson Dorianより最新クリップがドロッ…

続きを読む >

コラム特集

「ローカルモーションのヒストリーブック」- F+コラム

Text by つのだゆきあれだけ飛行機に乗っていたのに、最後に乗ったのはいつだったかなぁ、と思い出せないぐらいの年月が経ってしまった。最後に飛行機に乗って外国に行ったのは、コロナで海外渡航の規制がかかる直前のことだった。2020年の3月、ローカルモーションのヒストリーブック制作の取材のためにハワイに行ったのが最後だ。現地ではカメラマンと共にファウンダーのロブ・バーンズを取材した。ローカルモーショ…

続きを読む >

カラーズマガジン

【oceanpeople最新動画】大橋海人と小林直海によるミッドレ...

Movie by oceanpeople. Text by colorsmagyoge.大橋海人のoceanpeopleより最新クリップがドロップ!!今回の作品では小林直海と1DAY TRIPを決行した先で繰り広げられたミッドレングス・セッションの模様を収録。世界に認められるスタイルマスターである指折りの日本人プロサーファー2名が魅せるスタイル全開なライディングの数々は必見!!また、12/4(日)…

続きを読む >

THE SURF NEWS

井上楓&福田カポノ瑳介がAPP主催のSUPワールドチャンピオンシッ...

11月19日〜27日にアフリカ北西部のグラン・カナリア島で3年ぶりに開催されたAPP主催のSUPワールドチャンピオンシップツアー『Gran Canaria Pro-Am』に日本の井上鷹、妹の楓、桜が参加。 18歳以下のジュニアでは楓、桜がファイナルで対決して楓が優勝。ウィメンズでも楓はファイナル進出を果たし、アルゼンチンのルシア・コゾレートを倒して優勝。見事にダブルタイトル獲得を果たした。…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • B7 East Shop & Skate Board Park

    伊勢エリア/その他

    波の小さい時やイメージトレーニングに最適。パーク・ショップの雰囲気も良く、初心者でも丁寧に教えてもらえるスクールもあった。初めてでも利用しやすい。

    続きを読む >

  • 三日月シーパーク勝浦ホテル

    勝浦・鴨川エリア/入浴

    子供が喜ぶ事間違いない!

    続きを読む >

  • 魚作(ぎょさく)

    和田・千倉エリア/飲食

    しばらく行ってませんでしてが、店主が代わり、メニューも一新されたようですね。
    引き続きの海鮮メニュー中心で料理もボリュームあり美味しかったです。
    やっぱり店の雰囲気はサイコーですね!

    続きを読む >

  • 本格中華あまからや

    勝浦・鴨川エリア/飲食

    2022年1月に行きました。 初めてなので駐車場がわかりにくく、お店のおばちゃんに聞いたら、裏の駐車場の何番〜何番に止めてと言われました。その番号に「あまからや」と書いてあるので行けばすぐ分かります。あいにく駐車場が満車だったので待っていたら、おばちゃんが外まで来て空いてないから、ここ止めていいよ(多分、知り合い契約)と親切に教えて頂きました。お店はごく普通の町の中華料理屋って感じです。スーラータンメン(酸辣湯麺)が一番美味しかったですね。海上がりに温まる感じ。特に女性におすすめ。勝浦坦々麺は独特で自分は好みではなかったですが、普通に美味しかった。胡麻とかクリーミーな坦々麺とは全く違い、あっさりした味です。チャーハンは正統派。量も多かったです。なんだかんだ美味しかったし、おばちゃんも気さくな感じなのでまた行きたいです。

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • スリランカ

    1週間の滞在。

    宿前のメインポイントは頭〜頭半で始まり
    最終日までパワフルな胸を維持。
    ミリッサまで南下チェックも滞在中は終始モモ。
    途中のsahanaで腹胸のライトも〇でした。
    どのポイントも混雑は少なく
    朝夕に風が整うので2Rで昼間は観光も出来ます。

    ヒッカのオススメはhomegrownのカレー。
    1番通ったお店となりました。
    どのメニューもとても優しく美味しい。
    カレーに飽きたらhello burgerもオススメです。
    紅茶文化の国なので1R前に朝食がてら朝に珈琲を飲みたい方は場所が限られます。トゥクトゥクドライバーに聴いてみると連れて行ってくれます。

    治安に関してはバケーションで訪れる
    ヨーロッパの方も多いので怖い雰囲気は無いです。

    日本円に対し物価も安く
    ご飯も美味しくて海も綺麗。
    人々もフレンドリーで良い国でした

    続きを読む >

  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >