波情報 サーフィン BCM

  • 2021 BIGプレゼントキャンペーン開催中!

  • CS最終戦『Haleiwa Challenger』2日目 脇田紗良が1位通過!

  • 「コンペティターとして“頭の良い”サーファーは誰か?」- F+

  • 誰でも参加可能なウェイブプールイベントがスイスで来月開催(WSMコラム)


WAVE REPORT

波情報TOPへ

■最新ビーチ画像

御宿・漁港 ▽30
12/02(木)12時

花篭 ▽25
12/02(木)12時

大原駐車場前 ▽25
12/02(木)12時

部原・メイン ▽30
12/02(木)12時

THE SURF NEWS

五十嵐カノア自身初のフォトエッセイが12/16発売!『FREEDO...

五十嵐カノアの軌跡をまとめた自身初のフォトエッセイが12月16日に発売される。 両親は日本人ながらカリフォルニアで生まれ育ち、3歳でサーフィンを始めた五十嵐カノア。NSSA年間最多優勝回数30勝達成、最年少9歳でUSAチームに入りなど、幼い頃からサーファーとして数々の偉業を成し遂げてきた。 プロサーフィンの世界最高峰ツアーへの参戦、そして東京2020オリンピックでは銀メダルを獲得する…

続きを読む >

THE SURF NEWS

「グリーンルームフェスティバル 2022」5/28・29に開催決定

ミュージックとアートのカルチャーフェスティバル『GREENROOM FESTIVALʼ22』 が、2022年5⽉28⽇(⼟)・29⽇(⽇)に 横浜⾚レンガで開催されることが決定した。 日本でも有数のフェスに成長し、初夏の風物詩にもなった『GREENROOM FESTIVAL』だが、新型コロナウイルスの影響で2020年は開催中止を余儀なくされた。2021年は、1⽇5000⼈の入場制限や、声援…

続きを読む >

THE SURF NEWS

五輪会場「志田下」にて、地元小学生らのサーフィンコンテストが開催

▼フルムービーはこちら Photo/Movie Kenji Iida 東京2020オリンピックのサーフィン競技会場、志田下(釣ヶ崎海岸)にて、地元の小学生を中心としたサーフィンコンテスト「Sports day of Surfing」が開催された。 今回が第1回開催となる本イベントは、東浪見小学校、一宮小学校、太東小学校ら地元の子供達がエントリー費無料で参加できる、言わばサーフィンの運動会。ま…

続きを読む >

THE SURF NEWS

ISA常任理事に井本公文氏が初選出、酒井厚志氏が退任。国際サーフィ...

Photo: THE SURF NEWS 11月23日、国際サーフィン連盟(ISA)は2021年の年次総会を開催し、サーフィン競技の世界的な統括機関として、ガバナンスに関する複数の重要決定を行った。議長はカリフォルニア州ラホーヤ出身のISA会長フェルナンド・アギーレ氏が務めた。 今回は過去最多となる42名の議決権を持つISA会員と、16名の議決権を持たないISA会員が参加。初めてオンラインで…

続きを読む >

コンテスト

CS最終戦『Haleiwa Challenger』2日目 脇田紗良が1位通過!

(脇田紗良)PHOTO: © WSL/Bielmann現地時間11月29日、感謝祭明けのサイバー・マンデーにCS最終戦『Michelob ULTRA Pure Gold Haleiwa Challenger』が再開。公式4-6ftレンジの北北西ウネリが入ったハレイワは強いトレードウィンドによって難しいコンディション。メンズRound of 64の残りヒート、H9からH16まで進行した後、ウィメンズ…

続きを読む >

業界ニュース

ビッグウェーバーを生んだ葉山の系譜「ザ・サーファーズ・ジャーナル」日本版11.4号

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)最新11.4号が11月30日に発売。今号の表紙を飾るのはライアン・ヘイウッド撮影のスーパーバンクでのカイル・ウォルシュのバレルライディング。<フィーチャーストーリー>STAND BY ME OFF THE RADER自由と愛、アートと異文化が交錯するサーフタウン、葉山の海の系譜今号のフィーチャーストーリーは、湘南のなかでもサーフィン界のメインストリーム…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー

ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 和食 朱鷺(とき)

    一宮・大原エリア/飲食

    地元の野菜を使った丁寧な和食です。
    落ち着いていて、ゆっくり食事ができます。

    続きを読む >

  • グリルダイバーnut’710

    鳥取県/飲食

    オーナーもサーファーであり、食材に関しても細かなこだわりを持っておられ、特にお肉料理が美味しい!最近はテイクアウトメニューも豊富でお弁当が人気!Instagramも日々更新されており、チェックしてから行くのも良し!鳥取の名産梨の梨っこ館の施設内にあり、観光も兼ねて立ち寄りたいお店です。おススメです!

    続きを読む >

  • fato.

    一宮・大原エリア/飲食

    ヴィーガン食なので、動物性食品を控えている方におすすめです。
    味もしっかりしていてとても美味しいです。

    続きを読む >

  • ひこうせん

    徳島県/飲食

    パスタのナポリタンを注文したが出てきたのは味の薄いトマトスープパスタでナポリタンスパゲッティとは全く違った。おそらくナポリタンスパゲッティを知らないのだと思いました(^^)

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ

海外クチコミ一覧見る >
  • スリランカ

    1週間の滞在。

    宿前のメインポイントは頭〜頭半で始まり
    最終日までパワフルな胸を維持。
    ミリッサまで南下チェックも滞在中は終始モモ。
    途中のsahanaで腹胸のライトも〇でした。
    どのポイントも混雑は少なく
    朝夕に風が整うので2Rで昼間は観光も出来ます。

    ヒッカのオススメはhomegrownのカレー。
    1番通ったお店となりました。
    どのメニューもとても優しく美味しい。
    カレーに飽きたらhello burgerもオススメです。
    紅茶文化の国なので1R前に朝食がてら朝に珈琲を飲みたい方は場所が限られます。トゥクトゥクドライバーに聴いてみると連れて行ってくれます。

    治安に関してはバケーションで訪れる
    ヨーロッパの方も多いので怖い雰囲気は無いです。

    日本円に対し物価も安く
    ご飯も美味しくて海も綺麗。
    人々もフレンドリーで良い国でした

    続きを読む >

  • 台湾東部

    毎年GWに行きます。日本みたいに混雑はないけど毎年、風でなかなか良いコンディションには恵まれませんがご飯、ローカル、物価は言う事なしです。
    また行きます(^^)

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    この前の情報の追加です。
    サウスのポイントはパドルアウトして沖に向かいますが、アラモアナもダイアモンドヘッドもどちらのポイントもブレイクしてるポイントまでパドルは最低5分くらいはしないと着きません。およそ100メートルくらい?は行きも帰りもパドルしないといけないので、もし初めてサウスでサーフィンされる方は帰りのパドル体力が必要な事もお忘れずに。
    ビーチブレイクとは違い、岸までブレイクする波に乗ってきて上がるということはほぼ出来ないので自力のパドルをして帰ってこないといけないので体力は残しておいて楽しんで下さい!
    あとはレンタルボードなども便利で私は利用していますが、リーシュコードはご自身のを持っていった方がベターかと思います。
    私は以前ダイアモンドヘッドの沖でワイプアウトした際にリーシュコードが外れて、岸までボードが流され自力で100メートル以上泳いで取りに戻りましたが本当に死ぬかと思いました…。
    本当に大変なので安心できるリーシュコードをお使いいただくことをオススメします!

    続きを読む >

  • オアフ島(サウスショア・イーストサイド)

    先日10月21日〜26日の期間、ダイアモンドヘッドとアラモアナでサーフィンしてきました。
    サイズは平均で腰〜胸でたまに頭くらいのセットの日もありました。
    例年サウスはこの時期に波がないと現地の方は言ってますし現地の波情報もないと出てますが、日本人の私からすればファンサイズの波でサーフィン出来ると思います。
    パワフルなブレイクはたしかに期待出来ませんが、逆に空いていて沢山波に乗れるので練習になります。
    アラモアナは21日しか入りませんでしたが、サイズはセットで腰〜胸サイズ。パワーはあまりなかったですが、上手いサーファーはエアーなどしてましたよ。
    他の日はダイアモンドヘッドでほぼ毎日2Rしました。サイズは22〜24日までは腰〜頭まであり、パワーのある波もありました。
    かなかは

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >