TOP
★心臓マッサージ
心臓マッサージ剣状突起(肋骨の頂点)から指2本ぐらい上(頭側)に手のひらを置き、その上にもう一方の手を重ねて乗せ、両腕に均等に力が入るように膝立ち姿勢となる。肘を伸ばしたまま、1分間に100回のペースで心臓マッサージを15回行った後、人工呼吸を2回行う。
これを救助が来るまで続ける。

<<前へ