TOP
★呼吸・循環状態の確認
呼吸・循環状態の確認10秒以内で素早く呼吸や循環状態を確認。意識が無く呼吸停止している場合でも、気道の確保をすることで呼吸が再開し助かることが多い。気道の確保後、すぐに患者の呼吸を確認する。患者の口に耳を近づけ、胸の上下動を観察する。呼吸の音が「ゴロゴロ」や「ヒューヒュー」と聞こえる場合には舌根沈下や異物が詰まっている恐れがあるので、さらに充分な気道確保を行うこと。
呼吸、胸の動き、咳などがなんら見られない場合には、心停止している可能性がある。脈が無いと判断した場合には、すぐに心臓マッサージを行う必要がある。

※従来は、頚動脈に親指と小指を除いた3本の指をあてがって脈の確認をしていたが、慣れない人にとって拍動の確認は難しいため、目と耳とでよく観察すること。

<<前へ