TOP
★気道の確保
気道の確保意識が無い場合にはまず周囲の人に助けを求める(119番通報)とともに、溺者を仰向けに寝かせたまま、頭部を後方へ傾け、あごを上に突き出すようなポーズを作って気道を確保する。ただし事故で首の骨を損傷していることも考えられるので、無理やり首を後ろに曲げるようなことはしない。口の中に嘔吐物があるようならば、顔を横にして口を開き、人差し指で口腔内の異物をかき出す。

<<前へ