TOP
★救急蘇生法の実施
万が一、溺者が心肺機能停止となったら、慌てることなく敏速に救急蘇生法を施す必要がある。心停止後3〜4分が経過すると脳に障害が生じるため、少なくとも4分以内には心肺停止患者の気道を確保し、呼吸と循環を維持させる必要がある。

<<前へ