波情報 サーフィン BCM

  • 奇抜なデザインに回帰か?ケリーの最新ボード事情(WSMコラム)

  • 「日本人初のCT選手が突然誕生」F+(エフプラス)コラム

  • 東シナ海タンカー事故での油流出、漂着について(2/9まとめ)

  • 2017 BIGプレゼントキャンペーン当選発表!

  • BCM波情報 ビューワーアプリ登場!!

  • BCMサーフィンゲームアプリ



WAVE REPORT 波情報TOPへ
■最新ビーチ画像

志田下 ▽15
02/23(金)17時

東浪見 ▽15
02/23(金)17時

和田・墓下 ▽30
02/23(金)17時

和田・Js前 ▽30
02/23(金)16時

業界ニュース
トムカレン&メイソンホー&粟田兄弟in宮崎 ~Rip Curl『The Search』シリーズ最新映像公開~
未知の波を求めて、Rip Curlのライダーが世界中を旅するThe Searchプロジェクト。そのシリーズの24作目となる『THE TYPHOON』が、遂に公開されました。

今回登場するのは、80年代のサーフシーンを牽引したトム・カレンとノースショアローカルのメイソン・ホー。Rip Curlを代表するライダーであり、世代の異なる2人が、昨年秋、台風からのうねりが直撃した宮崎に滞在。同じくRip Curlのライダーである粟田生とその兄の粟田海が、彼らをガイドをしていました。

続きを読む >

業界ニュース
クリスチャン・フレッチャーをフィーチャーしたMOUSSY×RVCAコラボアイテム発売開始!
様々なアイディアと思考の交流を行うプラットフォームを提供し消費者をインスパイアさせるユニークなプロジェクトやアーティストとのコラボレーションを行うRVCA(ルーカ)より、誰もが予期しなかったに違いないコラボレーション “MOUSSY(マウジー) x RVCA”が2月23日(金)より発売!共に2000年にブランドを創業し、各々のフィールドで成長を続け、世界的な支持を得られるまでとなった RVCA と…

続きを読む >

カラーズマガジン
【WSL】カノア五十嵐、稲葉玲王がラウンド5進出! オーストラリア...
Movie by WSL. Text by colorsmagyoge.現地時間と日本時間の2/23(金)。オーストラリアのニューキャッスルのMarewetherを会場に開催中のQS6000”Burton Automotive Pro”のコンテストDAY5が無事終了となった。オンショアのオーバーヘッドのコンディションの中、WOMENSのラウンド3の残りのヒートとMENSのラウンド3からラウンド4の…

続きを読む >

WSM
日本の台風スウェル!トム・カレンとメイソン・ホーのサーチトリップ動画
ヴァージンウェイブを求めて世界各地へとウェイブハンティングの旅に出るリップカールのサーチトリップ。

同企画として、今回白羽の矢が立ったのが日本の台風スウェル狙い。

今回の動画は、トム・カレンとメイソン・ホーが来日したサーフトリップの映像をお届けします。

続きを読む >

コンテスト
『Nudie Australian Boardriders Battle Final』 今年はライト姉弟が所属するカルバーラ・ボードライダークラブが優勝!
毎年恒例のオーストラリアのNo.1クラブチームを決定する『Nudie Australian Boardriders Battle』が2月17日〜18日に東海岸のニューキャッスルで開催。
東海上を移動したトロピカルサイクロン「GITA」からの東よりのウネリが強まる傾向の中、2016年、2017年と2年連続でワールドタイトルを獲得したタイラー・ライト、弟のマイキー・ライトが所属するカルバーラ・ボードライダーズクラブが優勝!

続きを読む >

業界ニュース
「ナホトカ号重油流出事故に学ぶ」油の回収作業とは
東シナ海で発生した石油タンカー衝突事故の現状などを調査、情報の取りまとめなどを行っている「THE SURF NEWS」サイトより、BCM協力のインタビュー記事が公開。1997年に発生した“ナホトカ号重油流出事故”より学ぶ、油の回収作業とは。ぜひご一読ください。(以下、THESURFNEWSサイトより)今回の事故と油漂着、除去作業など一連の状況を受け、波情報BCMを運営する㈱ライズシステム様の協力、…

続きを読む >

サーフィンニュース 一覧 >

ショップガイド最新レビュー ショップガイドレビュー一覧見る >
  • 食事処 どんや

    勝浦・鴨川エリア/飲食

    生姜焼き定食が美味しいとの情報を聞き食べてみましたが間違いないです
    ボリュームもありアフターサーフの腹ペコの時でも満たされます

    続きを読む >

  • 御宿ビーチサイド

    勝浦・鴨川エリア/宿泊

    素泊り3300と明記してありますが駐車場が別に1000円(驚)
    他の御宿の民宿は素泊り4000〜4500だから割安感全く無し
    オープン当初に良く利用しましたが駐車場代なんか取られなかった。
    騙された感があるので最初から明記しておいて欲しい。

    続きを読む >

  • 海鮮料理 岩沢

    飯岡・片貝エリア/飲食

    座敷も駐車場もたっぷり有るし海も近いわ!親方が独立しちゃっている倅がやってます、味付けは甘しょっぱいお婆ちゃんの味っぽい的な定食と寿司、刺身物がメインです。はまれば楽しめます!でもハイボールやサワー系は要注意です、是非頼んで下さいね!

    続きを読む >

  • みなと食堂

    小田原・湯河原エリア/飲食

    心細くなる様な細い道を抜けると、木造の店がありました!オープン時間に、それも平日にもかかわらずお客様が並んでる!
    僕には少々高い価格設定だが、せっかくだから刺し身定食を注文。出てきたら参りました!
    刺し身が新鮮で、一切れがデカく5種盛りで、追加のアジ、イワシのフライは一尾100円
    連れはしらす丼注文したのだが、更にカサゴの一匹唐揚げやイワシのフライ
    参りました…

    続きを読む >

ショップガイドレビュー一覧を見る >

海外トリップガイド最新クチコミ 海外クチコミ一覧見る >
  • グアム
    友達の新婚旅行でグアムに行ってきました!ロータスサーフってとこで日本から電話予約しましたが念のため現地着速攻ショップにいったところ予約できてませんでした!再度カタコトが通じる店員に予約して翌日ホテルまでガイドがむかえにきてくれました!ガイドはイケメンでめちゃ気さくないーやつでした!こちらのカタコトの英語にもつきあってくれて楽しかったです!波は予想どうり風が強くていまいちでしたがレンタルのボードでなんとか楽しめました!男旅だったのでホテルは安めのオーシャンビューでした!

    続きを読む >

  • 台湾東部
    成田からお昼の飛行機で高雄へ!夕方に到着し、2時間かけて佳楽水が目の前のゲストハウス着!
    1日目は移動で終了!2日目は朝イチから佳楽水!

    河口前の玉石ゴロゴロ!!

    サイズはハラムネSETカタ位!
    風はオンショア弱く面に影響なし!

    ローカル10人日本人10人位でしょうか!
    混雑は感じられず、ノンストレスでサーフィンができました!
    お昼位の時間には皆んな上がってしまい、自分ともぉ1人で、サイズアップした頭〜オーバーヘッドの形の良いメンツル貸切でした!

    次の日は3時間かけて台東の金樽Pへ!

    朝イチは正面のレギュラーメインのポイントにエントリー!頭から頭半の形の良い波がガンガン入って来てました!
    ローカルも数人、とても気さくで話しかけてくれる程でした!
    日本人は自分たちだけでローカルの人達と皆んなで乗り回しで、波も余るほどでした!
    贅沢の極みですね!

    午後は、左側にあるグーフィーのポイントへ!
    ここもカタ頭位で、マシンブレイクでした!
    ここが1番波が良かったです!!

    気になる台湾のご飯ですが、自分的には全体的に美味しかったです!
    八角のクセが苦手な人は厳しいかもですね!

    台南、台東は田舎で観光地が少なく人もとても雰囲気の良い所がたくさん!

    ゆっくりした、自由な時間が満喫できました!

    続きを読む >

  • ロンボク
    間違ってバリ島の方へ投稿してしまったので、多少の訂正をして投稿しなおしました。 10月後半からロンボク島のグルプックにあるスピアビーチハウスに宿泊しました。窓からは湾になった海が眺められます。隣にグルプックのポイントまでのボートの船着き場があり、宿のレセプションでボートを頼みました。アウトサイド、アウトサイドレフト、カメ、コドモ、インサイドの5ポイントにレベルに合わせてアクセス出来ます。各ポイントまではボートで10から15分位です。料金は2時間の入水で日本円換算で約1500円、2人で乗船したので750円ずつ払いました。サーフィン中、ボートは海上で待機してくれています。日本では1R,3から4時間程入水するんですが、波がコンスタントにあったので、本数も乗れて2時間で丁度良い感じでした。インサイドポイントでの入水が多かったんですが、メローでムネから 頭オーバーでロングライド出来る波でした。ただ、スクールやガイドを付けたビギナーヨーロピアンサーファーが多く、ドロップインも当たり前のようにしてきます。ガイドもドロップインとわかっていても、ボードをプッシュしてスクール生を波に乗せようとしてきます。海での優先順位は 1、誰もが認めるローカルサーファー、2、ガイドを付けたビジターサーファー、ローカルサーファーが同順な感じ 3、ガイド無しのビジターサーファーという感じです。ビギナーサーファーを避けれる技量が無いと、ロングライドは難しいです。サーフィンガイドについてですが、1R2時間1500円です。ボートと両方で3000円て事になりますね。良い波に数多く乗りたいのであれば、お願いした方が良いと思います。色んな情報を教えてくれるし、地元のローカルサーファーはガイドを仕事にしている人が多いのでローカルとも仲良くなる事が出来ます。ボート、ガイドの料金はグルプックのコミュニティーで決められているらしく、どこも同料金らしいです。 私はロング乗りで今回、レンタルボードを1日500円で借りられました。ボードの種類は初心者やスクール用のモールボード、エポキシの7から8フィートの板が多く取り揃えてありました。レンタルショップが 何件かあるので、見て回って、自分に合う板を探す事も出来る感じです。クオリティーは思ったほど悪くはありませんが、私が借りた9フィートのエポキシはリペアを繰り返し、水を吸っているのか、かなり重くて、慣れるまではリップに際で当てると、重さで板がスッポ抜けて、プルアウト状態に何度かなってしまいました。 他のポイントへのアクセスはガイドを頼むか原付を借りて自分で行くかって感じです。原付にボードラックが付いているものもありました。ヨーロピアンサーファーは原付を借りて自分で移動してる人が多かったです。安くポイントまでアクセスしたい方におススメですが、舗装されていない道もあるので運転に自信の無い方はちょっと危ないかもしれません。 宿はサーファー向けの安宿が多いですが、ホテル予約サイトに載っていない宿も何件かありました。繁忙期でなければ、予約無しでも泊まれると思います。サーフィンどっぷりの毎日ならグルプックに宿泊、他の楽しみも求めるならクタに宿泊をおススメします。グルプック宿泊だと車のトランスポートが必要無いので安くサーフィンする事が出来ます。ちなみに私が宿泊した宿はクタとタンジュアンビーチまでは宿泊者は無料で送迎してくれるサービスがあったのでクタに簡単に買い物や食事に行く事が出来ました。このサービスはかなり、ありがたかったです。 食事はグルプックではスピアビーチハウスの隣のグルプックサーフカフェ、オージーホームステイの裏の食堂、オンバックカフェが美味しかったです。どのお店も22時頃には閉店します。 何となく私が前もって知っていたら…的な事を書かせてもらいました。 最後にグルプックでお世話になった方々、フレンドリーローカルサーファー達のおかげで本当に楽しいトリップになりました。また、絶対に行きたいと思う、ロンボクでした。

    続きを読む >

  • バリ
    ロンボク島、グルプックのスピアビーチハウスに宿泊しました。窓からは湾になった海が眺められます。隣にグルプックのポイントまでのボートの船着き場があり、宿のレセプションでボートを頼みました。アウトサイド、アウトサイドレフト、カメ、コドモの4ポイントにレベルに合わせてアクセス出来ます。各ポイントまではボートで10?15分位です。料金は2時間の入水で日本円換算で約1500円、2人で乗船したので750円ずつ払いました。サーフィン中、ボートは海上で待機してくれています。日本では1R,3?4時間程入水するんですが、波がコンスタントにあったので、本数も乗れて2時間で丁度良い感じでした。インサイドポイントでの入水が多かったんですが、メローでムネ?頭オーバーでロングライド出来る波でした。ただ、スクールやガイドを付けたビギナーヨーロピアンサーファーが多く、ドロップインも当たり前のようにしてきます。ガイドもドロップインとわかっていてっも、ボードをプッシュしてスクール生を波に乗せようとしてきます。海での優先順位は 1、誰もが認めるローカルサーファー、2、ガイドを付けたビジターサーファー、2、ローカルサーファー、3、ガイド無しのビジターサーファーという感じです。ビギナーサーファーを避けれる技量が無いと、ロングライドは難しいです。サーフィンガイドについてですが、1R2時間1500円です。ボートと両方で3000円て事になりますね。良い波に数多く乗りたいのであれば、お願いした方が良いと思います。あと色んな情報も教えてくれるし、地元のローカルサーファーはガイドを仕事にしている人が多いのでローカルとも仲良くなる事が出来ます。ボート、ガイドの料金はグルプックのコミュニティーで決められているらしく、どこも同料金らしいです。 私はロング乗りで今回、レンタルボードを1日500円で借りられました。ボードの種類は初心者やスクール用のモールボード、エポキシの7?8フィートの板が多く取り揃えてありました。レンタルショップが 何件かあるので、見て回って、自分に合う板を探す事も出来る感じです。クオリティーは思ったほど悪くはありませんが、私が借りた9フィートのエポキシはリペアを繰り返し、水を吸っているのか、かなり重くて、慣れるまではリップに際で当てると、重さで板がスッポ抜けて、プルアウト状態に何度かなってしまいました。 宿はサーファー向けの安宿が多いですが、ホテル予約サイトに載っていない宿も何件かありました。繁忙期でなければ、予約無しでも泊まれると思います。サーフィンどっぷりの毎日ならグルプックに宿泊、他の楽しみも求めるならクタに宿泊をおススメします。グルプック宿泊だと車のトランスポートが必要無いので安くサーフィンする事が出来ます。ちなみに私が宿泊した宿はクタとタンジュアンビーチまでは宿泊者は無料で送迎してくれるサービスがあったのでクタに簡単に買い物や食事に行く事が出来ました。このサービスはかなり、ありがたかったです。 食事はグルプックではスピアビーチハウスの隣のグルプックサーフカフェ、オージーホームステイの裏の食堂、オンバックカフェが美味しかったです。どのお店も22時頃には閉店します。 何となく私が前もって知っていたら…的な事を書かせてもらいました。 最後にグルプックでお世話になった方々、フレンドリーローカルサーファー達のおかげで本当に楽しいトリップになりました。また、絶対に行きたいと思う、ロンボクでした。

    続きを読む >

海外口コミ一覧を見る >