サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「Jベイのフォトギャラリー」

Jベイの様子や結果はもうお分かりの通り、フィリッペ・トリード優勝、2位フレデリコ・モライス。Jベイでフィジーに出場できなかったうっぷんを晴らした感じ。

続きを読む >

業界ニュース

「ISA 世界ジュニア」日本代表選手が発表。水泳の松田丈志氏がアンバサダー就任

今年、宮崎・お倉ヶ浜海岸にて、9/23(土)〜10/1(日)の日程で開催される「ISA 世界ジュニアサーフィン選手権」。ISA(国際サーフィン連盟)主催大会の日本開催としては、1990年の世界サーフィン選手権以来、ジュニアとしてはアジア初となる本大会の日本代表選手、および大会アンバサダーの発表を主とした記者会見が開催されました。

続きを読む >

カラーズマガジン

【必見動画】水中アングルを中心としたツインフィッシュマスターAsh...

Movie by Liquid Destination. Text by colorsmagyoge.かつてはショービットやエアなどのスケートライクなトリックを得意とするニュースクールなスタイルを持つフリーサーファーとして人気を博していたにも関わらず、ある日突然ツインフィッシュに目覚め、決してエアなどせず波に張り付く180度違ったスタイルに悟りを開いたオーストラリア出身のスタイルマスターAsher…

続きを読む >

WSM

ケリー・スレーターの骨折の状況:回復見込みは当初予定よりも大幅に長引く恐れも

JベイでのCTイベント三日目のレポートでお伝えした通り、フリーサーフィン中にサーフボードがヒットし、足の指を二本折ってしまった11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(45歳)。

当初の話では完治に掛かる時間は6週間ほどとケリー本人が公表していましたが、怪我の状況は思っていた以上に悪かったとのこと。

今回の記事は、ケリー・スレーターの怪我に関して、本人が公表したさらなる情報に関する内容をお届けします。

続きを読む >

コンテスト

『Corona Open J-Bay』 歴史に残るイベントを制したのは?

ジョーディ・スミス(ZAF)による「J-bay」史上初、CTでは10度目のパーフェクトヒート、合計8つの10ポイント、ケリー・スレーター(USA)の骨折、珍しいヒートのやり直し、デレク・ハインド、トム・カレンにインスパイアされたレトロツインフィンによるスペシャルヒート、2015年を思い出させるミック・ファニング(AUS)、ジュリアン・ウィルソン(AUS)の目の前に現れてヒートを中断させたサメ、セーフティボートによる目を疑うようなライディングなど多くのトピックスがあり、なにより素晴らしいコンディションに恵まれた今年の「J-bay」

続きを読む >

コラム特集

【WSMコラム】「The Cove」を使ったウェーブプールは日本でも建設されるのか?

今年5月にライディング映像などといった全容が公開されたウェイブガーデン社による最新造波装置「The Cove(ザ・コーヴ)」

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Corona Open J-Bay』ファイナル終了!

現地時間7月20日、南アフリカの「J-bay」を舞台としたCT第6戦『Corona Open J-Bay』が終了。0年以上続く長い「J-bay」のイベントでも歴史に残るような素晴らしいコンディションに恵まれた今年。

続きを読む >

コンテスト

『Corona Open J-Bay』4日目 ジョーディがパーフェクトヒート&サメ出現!?

現地時間7月18日、南アフリカの「J-bay」を舞台としたCT第6戦『Corona Open J-Bay』は4日連続でコンテストが進行。
南アフリカでアパルトヘイトと戦ったネルソン・マンデラの命日でもあったこの日に期間中最も大きなウネリが入り、R3から再開。
オフショアが強まる傾向ながら素晴らしいコンディションで4つの10ポイントがスコア。
その内の2つはジョーディ・スミス(ZAF・写真最上部)がR3の1ヒートでメイク。CT史上8度目のパーフェクトヒート。「J-bay」では初となる歴史的な一日でした。

続きを読む >

お知らせ

『BCM波情報Viewerアプリ』アップデート情報

【最新アップデート内容と過去のアップデート履歴】ユーザーの皆様からご指摘頂いたご意見・ご要望は、最大限に吸収をさせて頂き、より使い易いアプリを目指し改良を日々進めております。

続きを読む >

コンテスト

『Corona Open J-Bay』3日目 ケリーが骨折!?

素晴らしい予報に恵まれている今年の「J-bay」でのCT第6戦『Corona Open J-Bay』
R2の2ヒートだけ行われた翌日、現地時間7月17日に新しい南西〜南南西ウネリが入ったパーフェクトなコンディションでR2の残りヒートを消化。
今イベント初のパーフェクト10をマークしたフィリッペ・トレド(BRA・写真最上部)、ルーキーの活躍、あまりの波の良さに隣のピークまで乗ってしまい、ボディーボーダーにドロップインされたコロヘ・アンディーノ(USA)、そして、フリーサーフィン中に右足の中指と薬指を骨折してしまったケリー・スレーター(USA)と多くのトピックスがあったこの日。

続きを読む >

コンテスト

『Corona Open J-Bay』2日目 R2&レトロツインフィンによるスペシャルヒート

現地時間7月16日、南アフリカの「J-bay」を舞台としたCT第6戦『Corona Open J-Bay』は2日目を迎え、R2から再開。
一日を通して素晴らしいコンディションに恵まれた初日から一夜明けたこの日。たまに入るセットは「J-bay」らしい美しいラインアップだったものの、波数が少なくなってしまい、僅か2ヒートを消化した時点でオンホールド、そのままゴーサインは出されず、翌日以降に持ち越しに...。

オープニングヒートを辛くも勝ち上がったのは、ジョーディ・スミス(写真最上部)
ワイルドカードのデール・ステイプルズ(写真下)との自国同士の戦いはジョーディが先行。しかし、後半に優先権を持っていたデールがマニューバーに短いながらバレルをメイク。更にニード4.17のシチュエーションでラスト2分に乗った波でもフィニッシュまで決めてジョーディにとっては非常に厳し状況に。更に最後にジョーディが乗った波も前がクローズして潰されてしまい、スコアを伸ばすことは出来ず...。

続きを読む >

コンテスト

CT第6戦『Corona Open J-Bay』開幕!

全11戦中、5戦終了した時点で僅か600ポイント内にトップ5が拮抗している2017年のワールドツアー。
次の舞台は世界でも有数のライトのロングウォール、南アフリカの「J-bay」
ウェイティングピリオド4日目となる現地時間7月15日に『Corona Open J-Bay』が開幕してR1の全てのヒートが終了。

素晴らしい予報に恵まれた今年、初日は5-8ftレンジのオフショア。美しいラインナップ。バレルにビッグマニューバーとクラシカルな「J-bay」が姿を現し、世界最高峰のサーフィンレースにふさわしい一日でした。

続きを読む >

業界ニュース

日本国内初、エアリアルのトレーニング施設「Hurley Aerial PARK」が鎌倉・由比ガ浜にオープン

日本初、サーフィンにおけるエアリアルのトレーニングができる施設「Hurley Aerial PARK @KBP YUIGAHAMA」が、湘南鎌倉・由比ガ浜ビーチにオープン。一般公開に先駆けたプレオープンイベントが開催され、招待ライダーを交えたセッションや撮影会などが行われた。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「Jベイ開始前のセッション」

2か月ぶりにCTツアーに戻ってまいりました。最近日本人選手のコーチとかもしているので、その間JPSAだのQSだの、日本国内での試合を結構継続して見ていて、目がすっかり曇ってしまった(笑)

続きを読む >

お知らせ

アプリ(Ver1.4.1)アップデート版の公開

ご利用頂いている波情報アプリをVer1.4.1にアップデート致しました。

続きを読む >