サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

業界ニュース

五十嵐カノアが大活躍した2016年パイプマスターズの模様がNHK-BS1で放送決定!

ジョンジョン・フローレンスの初めてのワールドタイトル獲得で幕を閉じた、2016年WSLのワールドツアー。

ハワイ・パイプラインで開催された、ツアー最終戦となる『Billabong Pipe Masters』では、五十嵐カノア(カ

続きを読む >

コンテスト

今シーズン初のQSで五十嵐カノアと仲村拓久未が対戦!

カリフォルニアのハンティントンビーチで2017年のQSのキックオフイベント、1,000『Shoe City Pro』が開催され、現地時間1月15日に終了。
ワールドジュニアで2位に入ったグリフィン・コーラピント、元CT選手のブレット・シンプソンなどカリフォルニアの強豪ローカルが揃った今イベント。
唯一の現役CT選手となった五十嵐カノア(写真最上部・下)がファーストラウンドから危なげない戦いでファイナルまで進み、ダークホースの仲村拓久未と対戦。
南よりの風の影響が入ったアベレージサイズ。生まれ育ったホームの波でローカルナレッジを活かしたカノアはファイナルでもリズムを崩さずに落ち着いた試合運びで7ポイント台を2本まとめてトータル14.90をスコア。
ローグレードながらシーズン最初のイベントを制して2017年をスタートさせました。

続きを読む >

カラーズマガジン

【必見シークエンス】ビハインドピークから狙うフロントサイド・ディー...

Rider / Kaisa Kawamura. Text by colorsmagyoge.厳選されたライダーのみがそのチームに加入できるという敷居の高いHURLEYチームの一員であり、ハワイのオフ・ザ・ドアを中心に、その猛烈なチャージと秘めたるビッグウェイブ・チューブスキルにおいては日本トップレベルの実力を持つ河村海沙。現在、ハワイにあるHURLEY JAPANハウスにステイしながら、今シーズン…

続きを読む >

WSM

ボトム面にサメ除けデザインが施されたラスティのシャークアタック軽減サーフボードが誕生

サーフィンなどといった海でのアクティビティを楽しむものにとって最大の脅威の一つであるシャークアタック。

そんなシャークアタックによる悲劇を減らそうと活性化しているのが、サメ除けアイテム。最も有名なサメ除けグッズと言えば、今や大半のサーファーが知っているシャークバンズではないでしょうか。しかし、サメ除けグッズはシャークバンズのみではありません。

今回の記事は、サーフボードブランドのラスティがサメ除けグッズブランド「SMS(Shark Mitigation Systems)」と提携したとのことで、内容についてお届けします。

続きを読む >

業界ニュース

五十嵐カノア 2017年をホームのイベントで始動!

昨年末のパイプラインマスターズで素晴らしい活躍をして2位に入った五十嵐カノア。
あの一戦でCTからのリクオリファイを果たし、2017年もワールドツアーの一員として新たなシーズンを送ることが決定。
多くのCT選手は3月の開幕戦までハワイやホームでのんびりと過ごしたり、QSのオーストラリアレッグから徐々に始動するのですが、カノアはQSのファーストイベント1,000『Shoe City Pro』に出場。

会場のハンティントンビーチはカノアの生まれ育った場所であり、2014年にQSで初優勝を決めた特別な場所。
2015年には大原洋人が優勝した『Vans US Open of Surfing』で3位、同時開催のジュニアでは2位。
2016年もメインイベントで3位に入るなど相性の良い波でもあります。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「WSLのCEO退任と、五輪への布石」

行く逃げる去るで、1月2月3月はあっという間に過ぎてしまうわけですが、年始そうそう、オーストラリアでWJC、ワールドジュニアチャンピオンシップが行われ、男子はオーストラリアのエリートジュニアのイーサン・ユーイング(イゥイングなんでしょうけど、以下略(笑))、2位はグリフィン・コラピント。女子はメイシー・キャラハン(AUS)が優勝し、2位はマヒナ・マエダ(HAW)。

続きを読む >

お知らせ

2016 BIGプレゼントキャンペーン当選発表!

総勢100名以上に豪華賞品が当たる「2016 BIGプレゼントキャンペーン」。今回も沢山のご応募を頂き、誠にありがとうございました。

続きを読む >

コンテスト

『World Junior Championship』は18歳のCTルーキーが制した!

世界一のジュニアサーファーを決める『World Junior Championship』が約1週間に渡って行われ、現地時間1月9日に終了。
アフリカ、オセアニア、ヨーロッパ、日本、ハワイ、北米、南米と7つのリージョナルのトップ4。8名のWSLのワイルドカードが参加。
過去にアンディ・アイアンズ、ジョエル・パーキンソン、エイドリアーノ・デ・ソウザ、ジョーディ・スミス、ジャック・フリーストーン、ガブリエル・メディナとそうそうたるメンバーが獲得した由緒あるタイトルをかけて争っていました。

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』 No.63〜ヒーローたちのサーフボードの選び方〜

1月10日発売の2017年最初の『Blue.』はサーフボード特集。
『Blue.』の視点でチョイスした「ヒーローたちのサーフボードの選び方」というテーマでロブ・マチャド、デヴォン・ハワード、アレックス・ノスト、クレイグ・アンダーソン、宮内謙至、瀬筒雄太など国内外の憧れのスタイルマスターのマイボードを紹介。
彼らのボードはオルタナティブからミッドレングス、ロングボードまでバラエティ豊か。ボード選びのポイント、こだわりとは?

続きを読む >

カラーズマガジン

【注目動画】結婚から子宝も授かり、父親として家族の幸せを...

Movie by Keito Matsuoka. Text by colorsmagyoge.日本指折りのチューブマスターとして日本国内だけにとどまらず、ハワイ、インドネシア、タヒチなど海外のビッグウェイブまでまさにワールドレベルの波に乗らせたら日本トップレベルのスキルを発揮するcolorsmagでもお馴染みの松岡慧斗が待望の最新クリップ”Startline”をドロップ!バ…

続きを読む >

お知らせ

『第93回箱根駅伝開催』に伴う交通規制について

お正月の風物詩でもある箱根駅伝が、2017年1月2日(月)〜3日(火)に開催されます。

1月2日は大手町読売新聞東京本社新社屋前をスタートし、箱根町芦ノ湖駐車場入口まで。

続きを読む >

お知らせ

【年間特典】BCM×F+コラボ 2017年カレンダー配送開始!

もれなく貰える(ご自宅送付)年間特典で『BCM×F+コラボ 2017年カレンダー』にご応募を頂いた方への配送を開始致しました!
12月23日以降、順次お手元に届く予定です。到着まで今しばらくお待ち下さい。

続きを読む >

業界ニュース

ジョン・ジョン・フローレンスが『DAKINE』と再契約

今年2016年はTHE EDDIEを制し、WSLワールドチャンピオンに加えハワイのトリプルクラウンも獲得。サーファーの人気投票“Surfer Poll Awards”でも3年連続で1位、名実共に世界No.1サーファーであるJohn John Florence(ジョン・ジョン・フローレンス)が、世界中のサーファーより支持を集めるアクセサリーブランド『DAKINE』と再度契約を締結。

続きを読む >

コンテスト

初開催『Nazare Challenge』を制したのは?

ハワイ・オアフ島のノースショアで『Billabong Pipe Masters』が開催されている最中、世界トップのビッグウェーバーはヨーロッパのサーフィンの中心地、ポルトガルへ移動。
BWT(ビッグウェーブツアー)の北半球レッグ、初となる「ナザレ」を舞台とした『Nazaré Challenge』が現地時間12月20日に開催されました。

CTの舞台、ペニチェから数十キロ北上した場所にある「ナザレ」はポルトガルで最も古い漁業の町。断崖絶壁の頂には礼拝堂と教会があり、神秘的な伝説もある歴史ある美しい土地でもあります。

ヘッドキャップが必要なほどの冷水、35ftプラスのライト・レフト共にある巨大なピーク、『Billabong Pipe Masters』とは違う迫力だった今イベントを制したのは、オージーのジェイミー・ミッチェル(写真最上部・下)でした!

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「カノア、持ってるな。」

ミシェル・ボレーズパイプ優勝、2位カノア・イガラシ。3位ケリー、コロヘ。昨年のブラジリアンストームはすっかり影をひそめ、アメリカ勢大活躍。クオーターから先にはブラジリアンがひとりもいなかった。意外。

続きを読む >