サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「O’NEILL」検索結果 21件
業界ニュース

松岡慧斗が『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』総合優勝!

via Surfline11月1日から翌年2月28日の期間にオアフ島・ノースショアで撮影されたライディング映像のトップを決める『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』ケリー・スレーター、リカルド・ドス・サントス、リーフ・マッキントッシュ、ネイザン・フローレンス、コア・ロスマン、JOB、カラニ・チャップマンなどが制してきた世界最高峰の映像コンテストで松岡慧斗が日本人として史上初の優勝…

続きを読む >

コンテスト

松岡慧斗が2年連続1月の『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』トップになった!

via You Tubeケリー・スレーター、ジェイミー・オブライエン、カラニ・チャップマン、リーフ・マッキントッシュ、リカルド・ドス・サントス、コア・ロスマン、ネイザン・フローレンスなどビッグネームが獲得してきた映像コンテストの中でも最高峰の『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』11月1日から翌年2月28日の期間にオアフ島・ノースショアで撮影されたライディング映像をポストしてジェ…

続きを読む >

業界ニュース

椎葉順が2月の『O’Neill Wave of the Winter』ベスト5に選ばれた!

2017年11月1日〜2018年2月28日の期間、オアフ島・ノースショア、主にパイプラインとバックドアのバレルライドを対象に波のサイズ、バレルの難易度、スタイル、全体的なヘビーさ。4つの基準によって審査が行われる世界最大の波情報サイト「Surfline」が主催する映像コンテスト『O’Neill Wave of the Winter』1月には『Da Hui Backdoor Shootout』の最中…

続きを読む >

業界ニュース

O’NEILLより、「Jordy Smith」ジャパンツアーのショートムービーが公開

今年11月、コンテストスケジュールの合間を縫って、急遽来日を果たした“ジョーディ・スミス”。(チーム O’NEILL)

続きを読む >

業界ニュース

ジョーディ・スミス来日プレゼントキャンペーンが開催

インスタを見ている皆様へ、ジョーディ・スミスからBIGプレゼント!現在来日中のジョーディ・スミスよりBIGなプレゼント。
なんと!ジョーディをサポートしている全ブランドの商品がもらえる、instagramのキャンペーンが開催中。

続きを読む >

業界ニュース

TEAM O’NEILLより「ジョーディ・スミス」が来日、各地でイベントが開催!

今年9月、カリフォルニア・トラッスルズで行われたWSL CT第8戦『Hurley Pro at Trestles』で見事優勝を飾ったチームオニールの「ジョーディ・スミス」が来日。東京、神奈川、千葉で開催される各イベントへの参加が決定。

続きを読む >

業界ニュース

「コールド・ウォーター・クラッシック」がWSLイベントとしてカムバック!

オニール コールド・ウォーター・クラッシック(CWC)がWSLイベント QS1500として、カリフォルニア・サンタクルーズのスティーマーレーンにカムバック!
今年は10月14日(水)〜18日(日)に開催されます。

続きを読む >

業界ニュース

ジョーディ・スミスのシグネチャーボードショーツ『JORDY FREAKOUT』

世界のサーファーをはじめ、多くのアスリートをサポートするインターナショナルブランド「O’NEILL」より、ジョディ・スミスのシグネチャーモデル『JORDY FREAKOUT』が発売中!
今年の一押しとなる

続きを読む >

お知らせ

O’NEILL 「アイコンプリント・メンズTシャツ」プレゼント実施中!

1952年にスタートした「O’NEILL」は、世界初のウエットスーツを開発し、今もなお世界中のアスリートから支持を集めるインターナショナル・ブランド。
カリフォルニア・サンタクルーズ発信のサークル・ロゴは永遠に不滅です。 今回、波情報BCMサイトでは、

続きを読む >

コンテスト

プライム『O’Neill SP Prime』終了!エアリアル合戦を制したのは?

10月に続いたポルトガルでのビッグイベントからサーフィン界の注目はすでにシーズンに入っているハワイのノースショアに移っていますが、その前にブラジル・サンパウロの東「Maresias」で今年から新たなプライムの1戦として加わった『O’Neill SP Prime』が開催。クオリファイを目指すQS上位の選手や、トップ34からもブラジリアン、リクオリファイの瀬戸際にいる選手を中心に多数出場。

現地時間11月8日に終了したファイナル。アベレージなビーチブレイクでの戦いを制したのは、ファイナルでマット・バンティング(AUS)を倒したヤングブラジリアンのフィリッペ・トレド(写真最上部・下)でした。

続きを読む >

業界ニュース

『O’NEILL Presents N/S NIGHT』が東京・青山「ル・バロン」でテイクオフ!

9月21日(土)東京・青山にて、O’NEILL主催のクラブイベント『O’NEILL Presents N/S NIGHT』が開催。
N/S NIGHTはネオ・サーファー・ナイトの略で、今から20年以上前の1991年から3年間おこなわれていたイベント。当時は渋谷から日本で初めて「サーフ、スノー、スケート、ダンス」をコンセプトにしたクラブパーティーとして人気を集めていた。

続きを読む >

コンテスト

O’NEILL presents KYUSHU OPEN 2013 開催!

ゴールデンウィークの5/3(金)4(土)、九州・宮崎県木崎浜ビーチ(予定)にてオール九州ユニオンによる大規模なサーフコンテストが開催。
当日は20カテゴリーに分かれたコンテストのほか、サーフフェスティバルも共催されるので、選手以外も楽しめるイベント。当日はオニールのチームライダー田中樹プロも来場予定。是非、足を運んでみよう!

続きを読む >

コンテスト

『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』終了!タイトルレースの行方は?

全10戦で争われる2012年ASPワールドツアー。今シーズンは例年のように一人の選手が突出した成績を収めるのでは無く、パーコことジョエル・パーキンソン(AUS)、ケリー・スレーター(USA)、ミック・ファニング(AUS)を三つ巴としてジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、エイドリアーノ・デ・スーザ(BRA)がワールドタイトルの可能性を残して後半戦に突入。

現地時間11月6日に終了した第9戦『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』では、パーコとエイドリアーノが5位。ケリーが9位。ミックとジョン・ジョンが25位となり、ASPからの最後のシチュエーションが発表。
タイトルの可能性があるのはパーコ、ケリー、ミックのみ。
最終戦のハワイ・パイプラインでパーコが優勝すれば、他の二人の成績に関係無くパーコのタイトルが決定。
もし、パーコが13位、9位、5位の場合、ケリーは5位以上が必要。
ミックは優勝が必要になります。

続きを読む >

コンテスト

<速報>『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』ファイナル終了!

現地時間11月6日、サンタクルーズ・スティーマーレーンで開催されていたASPワールドツアー第9戦『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』が終了。

前日より更に大きな北西よりのウネリが入ったスティーマーレーンはファイナルデイに相応しいコンディション。
ファイナルは今シーズンの初戦を制したタジ・バロウ(AUS)とリクオリファイのギリギリラインに停滞しているウィルコことマット・ウィルキンソン(AUS)のカード。

SFでは素晴らしいバックハンドのカービングを披露してMCブースに登場したケリー・スレーター(USA)さえも興奮させていたウィルコでしたが、ファイナルではタジに主導権を握られてしまい、後半に訪れた逆転のチャンスも活かせず...。
トータル13.10 vs 12.70でタジがこの勝負を制してイベントがフィニッシュしました。

続きを読む >

コンテスト

『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』は残り12人に絞られてきた!

パーコことジョエル・パーキンソン(AUS)が優勝してケリー・スレーター(USA)、ミック・ファニング(AUS)の結果次第では最終戦を待たずにパーコのワールドタイトルが決定する可能性があったASPワールドツアー第9戦『O’Neill Coldwater Classic Santa Cruz』ですが、ケリーがR3を勝ち上がった時点でそれは無くなり、イベント自体の興味は誰が優勝するのかに変わってきました。

現地時間11月5日にはR3のH9から始まり、R4の全てのヒートが終了。
ファイナルデイに残る12人のサーファーが決定しました。

R4は敗者無しの3人ヒート(1位がQFへ。2位と3位はR5へ)ながらファイナルデイのことを考えると誰もが1位通過を望みます。
特にタイトル争いをしているパーコ(写真下)とケリーにとっては重要なラウンドでした。

続きを読む >