サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「NALU」検索結果 44件
業界ニュース

9/10発売『NALU』THE LEGACY

9/10発売『NALU』最新号。巻頭特集は「THE LEGACY」と題してチャンピオンの肖像、「F+」つのだゆき編集長によるサーフィンの未来、東京五輪のインサイドストーリー、「サーフィンをオリンピックに」と願っていたデューク・カハナモク、静波サーフスタジアム Perfect Swellと幅広い視点からサーフィンの遺産を紐解く。その他、人気連載『木村拓哉、海辺の時間。』、コーヒー焙煎士としてオリジナ…

続きを読む >

業界ニュース

6/10発売『NALU』THE MAGIC BOARD

6/10発売の『NALU』最新号。巻頭特集はマジックボードってなんだ?全てのサーファーが欲しいマジックボードについて様々な角度からアプローチしています。THE MAGIC BOARD / マジックボードってなんだ?『マジックボード』それは、外見上のアウトラインやロッカー、さらにデータ上の数値といったものでは計り知れないような、特別なフィーリングを伴ったサーファーとサーフボードとの一期一会の出会いで…

続きを読む >

業界ニュース

日本海トリップを特集『NALU』最新号12/10発売

12月10日発売の『NALU』最新号では、「THE FOCUS」と題した巻頭特集でサーフフォトグラファーが今年捉えた写真を紹介するほか、日本海トリップのストーリーも収録。The Gallery: SURFPHOTO OF THE YEAR『THE FOCUS / 写真家たちが捉えた、レンズ越しの2020。』2020年はどんな年だったでしょうか? 社会的な状況は困難が続きましたが、それでも我々サーフ…

続きを読む >

業界ニュース

リアルなサーファー達の声を!『NALU』最新号

巻頭特集:Feature『THE VOICE / サーフィンをとめるな』今、世界は未曾有の変革期を迎えている。Covid-19という未知なるウイルスによって誰もが経験したことのない自粛生活を強いられ、経済は停滞し、海に入ることさえ煙たがれるこの世の中を、誰が一体予測できたことだろう。これからのサーフシーンはどうなって行くのか。この大きく時代が変わるその瞬間に、サーファー達は何を想い何を願ったのか。…

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』最新号 ミッドレングス特集

3月10日発売の『NALU』最新号はミッドレングス特集。今やロングボーダーのもう一本として定着しているミッドレングスの特徴やデヴォン・ハワードとタイラー・ウォーレンのインタビュー、様々なサーファーのボード紹介、インプレッション&カタログなど。特集: 『ミッドレングス』かつて日本ではファンボードなどと呼ばれ、初心者やパドル力の弱まったオヤジ達の乗り物として偏見の眼差しで蔑まれてきたボード達の逆襲が始…

続きを読む >

業界ニュース

12月10日発売!『NALU』最新号はダクトテープ特集!

『NALU』最新号No.115が12月10日に発売!日本初上陸のダクトテープの主宰ジョエル・チューダーの華麗なハングテンが表紙です。特集: Culture 「Duct Tape」ついに日本開催を実現させたVANSダクトテープを総力取材。日本のサーフィン、そしてサーフカルチャーの歴史に強烈な足跡を残したDUCT TAPE。サーフィンの本質を突いたVANSとジョエルのアイデンティティはジョエル自身のカ…

続きを読む >

業界ニュース

9月10日発売!『NALU』 No.114

ロングボーダー達へ そして海を愛するすべての人々に送る『NALU』最新号が9月10日に発売。表紙はサーファー木村拓哉のクロスステップが目印です。Special Gallery『連載3周年特別企画:木村拓哉、海辺の時間。』巻頭には、サーファー木村拓哉を夏のハワイで撮り下ろしたフォト・ストーリーを収録。夏休みのオフタイムをナルー視点で切り取った、いつもの連載とは趣の違う特別編でお届けします。特集1『ロ…

続きを読む >

業界ニュース

サーフィンと人生に“効く”名言集『サーファーへ100の言葉』発売中。

ジェリー・ロペス、ジョエル・チューダー、ケリー・スレーターなど、名立たるサーファー達の名言を集めた『サーファーへ100の言葉』が発売中。“THE ART OF SURFING”をテーマに掲げたサーフマガジン『NALU』と、国内外のサーフトリップ情報を紹介する『Surftrip Journal』が共同で編集。サーファーによるサーファーのための100の名言が、挑む・楽しむ・調和する・敬う・表現する・学…

続きを読む >

業界ニュース

3月10日 『NALU』 No.108発売!

3月10日発売の大人のためのサーフマガジン『NALU』 No.108第一特集は2017年に亡くなったエンドレスサマーの監督・ブルース・ブラウンを追悼した企画、「永遠のエンドレスサマー」主役の一人であるマイク・ヒンソンが貴重な写真と共に当時の思い出を振り返る他、ブルースが手掛けた作品の数々、それらがサーフカルチャーに与えた影響を綴っている。2010年に 『NALU』がブルースの自宅で行った貴重なイン…

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』 No.107 豪州ロングボード・トリップ

大人のためにサーフマガジン『NALU』 No.107は「豪州ロングボード・トリップ」と題して本格的なシーズンを迎えるオーストラリア東海岸を大特集!
ロングボードの聖地、サンシャインコーストのヌーサから出発、都会と海が融合している目的地のシドニーへ南下。
約1100kmの海岸線には無数のグッドスポットがあり、サーフトリップには最高の場所。
今回は各地のサーフタウンとそこに暮らすサーファー達のライフスタイルも紹介。

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』No.106〜ロングボーダーズ・バリ〜

9月8日発売の『NALU』No.105は、世界中のサーファーが集まるサーフィンアイランド、バリ島の大特集。
近年はDEUS EX MACHINA(デウスエクスマキナ)の影響でチャングーエリアを中心にロングボーダーが増え、カルチャーも根付いており、今までショートボードに独占されていた夢の島が変わり始めています。

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』No.105〜ロングボード・コミュニティ〜

人気連載「木村拓哉、海辺の時間」が好評の『NALU』最新号は「ロングボード・コミュニティ」と題して日本のサーフシーンを牽引する湘南、千葉のロングボード第2ブームの兆しを徹底取材。

ジョエル・チューダー、アレックス・ノスト、タイラー・ウォーレン、スコッティ・スプートニクなど世界中のアイコンとされるロングボーダーがフィッシュやミッドレングスといったムーブメントを創造。
日本でもその流れでロングボードとショートボードを上手く使い分けるオルタナティブなサーファーが増えています。
波に乗ることを楽しむのに、ボードの長さに執着するのはナンセンスな時代なのでしょう。

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』No.104〜LONGBOARD STYLE AGAIN〜

リニューアルしてもうすぐ1年になる『NALU』最新号は、「LONGBOARD STYLE AGAIN」というテーマでもう一度原点に戻り、ロングボード・カルチャーや最先端のムーブメント、カリスマと呼ばれるロングボーダー達の生活や生き方、そして最新ボード事情などを総力取材。
ジョエル・チューダー、新城譲など国内外の魅力的な人物を交えた見応えある企画です。

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』No.100〜ナルー20年の軌跡〜

1995年の創刊から記念すべき100号を迎えた特別号が3月10日に発売!
NALUが辿ってきた20年間を振り返る特別特集〜ナルー20年の軌跡〜では、記憶に残る名シーン、偉大なサーファー、新しいムーブメントといったサーフィン史に残るエポックメイキングな出来事を紹介しています。

また、世界中のサーファー達のボードコレクションや、トレンドが分かるサーフギア・カタログも掲載。
世界中の個性的なサーフボードが詰まった記念号、『NALU』No.100は全国の書店、サーフショップの他、公式サイトでも購入可能!

続きを読む >

業界ニュース

『NALU』No.99〜サーフィンの教え〜

12月10日発売の『NALU』最新号。巻頭特集は〜サーフィンの教え〜と題してサーファー達の名言集を写真と共にお届けしています。
ジェリー・ロペス、トム・カレン、ジョエル・チューダー、ロブ・マチャド、ケリー・スレーター、アンディ・アイアンズetc...。

例えば、ロペス氏の「Don’t give up,KEEP PADDLING」(諦めず漕ぎ続けよ!)

彼らの言葉は短くても重みがあり、そこにはサーフィンを続けるための深い意味も隠されています。
記念すべきNo.100を前に偉大なるサーファーが残した99の言葉で表現した特別号は、人生に迷ったとき、伸び悩んでいるとき、サーフィンが上手くなりたいと思ったとき、そして自分の限界を超えたいときに、ぜひとも開いて欲しい一冊。
 

続きを読む >