サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「Getting Heated」検索結果 20件
コラム特集

「ケリーが仕掛けるヒート前の心理戦、Getting Heated第21回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきたぶん先週休みで、今週は以前登場したヴォーン・ブレイキーとマット・ウイルキンソンのディベート。ケリーの回の評判が良すぎて一回休んじゃったのかね。結局世の中いまだにケリー、というか、今なおコンペシーンを追ってる人たちが相変わらずケリー世代なんだろうなと思う。Z世代にはほかに楽しいことがたくさんあるし、ほかにいろいろ時間取られるし(笑)。今回のハイライトはそのケリーの心理戦の…

続きを読む >

コラム特集

「ケリーが登場!ロスのディベート第20回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆき今回はミックに代わってケリーが登場。ロスとは仲のいい友人同士で、序盤の何の話をしようか、のくだりで仮想通貨の話に乗ってきたあたりがケリーっぽいというか、振ったロスがさすがというか。ケリーの頭の中は投資家モードだからな。ケリーという人は理論家というか分析家というか、対戦相手としてのコンペティター分析は非常に的確で聞いていて飽きない。30年以上にわたる近代サーフィンの歴史も彼…

続きを読む >

コラム特集

「派手なガッツポーズは好き?嫌い?ミックとロスのディベート第19回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきロットネスト、明日25日に男女セミから先のファイナルデーかと思うけど、サーフィンを見てる分にはガブとカリッサが抜きんでてるように思う。あの何かひとつすごいことするとポンと跳ね上がるジャッジングだと、カリッサがジャッジをびっくりさせるような、女子なのにしっかりしたレールワークからのブローテール、みたいなことをすると、ついていける選手がいない感じ。この先の女子はあの方向に進む…

続きを読む >

コラム特集

「アメリカ代表は大丈夫なのか?!ミックのディベート第18回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきロットネストアイランドがスタートしてますが、その前のマーガレットリバーはフィリッペとタチアナ。まぁタイトルレースを面白くするためにはうってつけのリザルツ。本命と対抗ではないところでワンクッション、みたいな。なんかなぁ、ストーリー展開的に理想的過ぎて、あまりにもあまりにも。PHOTO: © WSL / Miersしかもジャッジがだいぶ見世物優先的なことになっていて、きっと現…

続きを読む >

コラム特集

「場所ごとに板は変えるべきか?ミックとロスのディベート第17回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきマーガの試合で誰が活躍しそうか、セス・モニーツ、ブロンティ・マコーレー、ロス君的中。セスは現在3馬身差ぐらいでタイトルレースをひた走るガブを破ってクオーターファイナル。ブロンティはジョアンヌ・デファイを破ってセミ。セミまで行っても驚かないって言ってたから驚いてないね(笑)。まぁ、タイトルレースとしてはこの辺でガブがコロッといってくれないと離れすぎなわけだけど、これで面白く…

続きを読む >

コラム特集

「ミックはマーガレット・リバーが嫌いだった!?ロスとのディベート第16回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきバースデーガール。すでにガールではないこの歳になると、誕生日ごとに天寿をまっとうする日に接近していく感じになるので、あまりめでたくはない。なので、普通に過ぎていく。もうGWですよ、ついこの間お正月だったのに(笑)。ウエスタンオーストラリアは波予報によるとかなりでかいスウェルに恵まれそうで、それを踏まえての今回のディベート。笑えるのはどうもミックは本当にマーガレットリバーの…

続きを読む >

コラム特集

「イタロの負けはフェア判定?ミックとロスのディベート第15回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきいやぁ、このディベートいつまで続くんでしょ。面白いからいいけど。今回はミックのケリー、アンディ、ガブ比較論、最高。ワイルドカード後、より一層現役感出たコメントだしな。なんだろうね、ロスはコメンテイターもやってるから、やっぱりちょっとトーンがWSLサイド寄りというか、え、それ言っちゃうの? みたいなのはない優等生。どちらかといえばミックのほうが本音感が強い。でもこのディベー…

続きを読む >

コラム特集

「勝つためにエアーは必須?ミックとロスのディベート第14回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきナラビーン、ミックのサーフィンは往年のものをほうふつとさせたね。スピードとキレ。40歳であれって、結構すごいかも。ラウンド3でイタロにやられたけど、エアー勝負じゃないところだったらまだまだいけそう。それと共に、イタロのエアーにあのスコアリングするなら、ワールドタイトルは当分安泰かも。いくらビーチブレイクでも出しすぎ。特に最初のやつ、あれはビッグジョークだったな。直前のヒー…

続きを読む >

コラム特集

「ワイルドカード出場のミックの強敵は?ミックとロスのディベート第13回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきミック、ディベートやってる場合ではなく、ナラビーンの試合にワイルドカード参加。今回のディベートで彼自身がそれについて語ってるのでそこは注目だけど、それよりなにより、相当マジでやってきてるな、と思う。もう顔つきが全然違うし。ツアーにいたころのミックの感じに戻ってるというか、そういう顔に絞れてる。だいぶトレーニングとサーフィンやってる顔になったと思いませんか?この人ストイック…

続きを読む >

コラム特集

「過去ベストの10点満点は?ミックとロスのディベート第11-12回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきニューキャッスルのほうは大物コケまくりのブラジル強しで着々と進み、やはり男女とも少しいつもとは違うかな、と思う。イタロとカリッサ。う~ん、個人的にはイタロよりガブのサーフィンのほうが好きなので、残念感あるかな。技術的な差を考えるとガブにもっと点出てもいいと思うし。逆にカリッサは何でもハイナイン、ってぐらい出まくりだった。でも女子の中ではカリッサひとつ頭抜けてる感じ。QFの…

続きを読む >

コラム特集

「サーフィンと怪我とメンタルの関係。ミックのディベート第10回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆき2週間の隔離を経て、めでたくオーストラリアレッグはスタートしている。シーズン2戦目のニューキャッスル。ローカルのライアン・カリナン快進撃。まぁ、思った通りの波だし、あれでもいい日を選んだほうなわけで、やっぱなぁ、あの波でCTもビミョーではある。皮肉なことにベルズではとてもいい波で、気温35度、4-5フィートのパーフェクトウエイブのイースターだと現地の友人から電話で聞いた。…

続きを読む >

コラム特集

「ケリー豪欠場はどう思う?ミックとロスのディベート第9回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきコッテコテの昭和のテレビっ子世代なので、いまだにテレビを見る。東京MXのゴジムとバラダンは欠かせない。ゴジムはちょうど犬の散歩時間だったりするので、録画すらしてしまう。MXは東京のテレビ局なんだけど、けっこう突き抜けてて面白い。ほとんどの時間はテレビショッピングだけど(笑)。東浪見あたりでもアンテナを東金の中継局ではなく、スカイツリー方面に向けるとMXが拾えるのでありがた…

続きを読む >

コラム特集

「ケリー vs JOB?ミックとロスのディベート第8回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきサーフフードの新作、サーフドロップスVol.3がVol.2から1年ぶりに発売された。江川氏、頑張るなぁ。まぁ、いつもの世界の豪華メンバーのサーフィンに、丸出だめ夫の芝居シーン。今回の芝居の舞台は宮崎のよう。まぁ、このコロナ禍の中、努力に努力を重ねて集めた総勢112名のトップサーファーのフッテージはハワイ、アフリカ、日本の各地を網羅。今回も178分と内容量たっぷりで、何度見…

続きを読む >

コラム特集

「CTにビッグウエイブを入れるべき?ミックとロスの議論第7回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆき残念ながら最終回らしいロスとミックのディベートと思ってたんだけど、結局最終回だったのは司会のデイブ・プロダンのようで、第8回はココ・ホーを司会に迎えてミックとロスのディベート。結局毎週追われるなぁww週一ではあるんだけど、私SNS人間じゃないもんで、更新とかってなんか本当にダメなのよね。しかしこのディベートが論題を変えてこの先も見れるというのは楽しいといえば楽しいわけで、…

続きを読む >

コラム特集

「現代版ケリーVSアンディは誰?ミックとロスの議論第6回」-F+(エフプラス)

Text by つのだゆきなんだかんだと毎日やることがあって、けっこう忙しく暮らしている。最後に飛行機に乗ったのは昨年2月25日から3月2日のハワイだから、丸1年時差ボケおよび極端な気温差のない生活ができていて、体調がとてもいい。今年は春が早く、庭も一気に春の雰囲気。いつもはオーストラリアで見逃しがちなしだれ梅満開やクリスマスローズ、雲南オウバイ、ボケ、リナリア、雪柳……この人たちは少し春の気配が…

続きを読む >