サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

業界ニュース

「BIGプレゼントキャンペーン2019」当選者発表!

総勢100名以上に豪華賞品が当たる「2019 BIGプレゼントキャンペーン」。今回も沢山のご応募を頂き、誠にありがとうございました。応募総数 2万人以上の中から見事当選された方は、以下の方々。各当選者様へのご連絡は既に開始しており、2020年1月22日までには全賞品の発送が終了する予定です。到着まで楽しみにお待ちください!【BIGプレゼント賞品/ご当選者様一覧】★LOSTサーフボード『『EVIL …

続きを読む >

THE SURF NEWS

「地元サーファーが町を支える」静波の“ホストタウン事業とウェーブプ...

シリーズ「地元サーファーが町を支える」全国ローカリズム事情③
サーフポイントという、自然豊かなローカルな場所だからこそ抱える、過疎化や津波などの災害対策、観光復興などの様々な課題に対して、地元のサーファー達が地域と連携し、海岸周辺の課題解決に一役買っているケースも少なくない。
しかし、地元サーファーの活躍や功績は、これまで大きく取り上げられることはなく、あまり認知されていない現状が…

続きを読む >

カラーズマガジン

【HrsTV最新動画】フリーサーファー飯田航太による2020年で最...

プロ資格を獲得する以前からcolorsmagでも注目してきたズバ抜けたサーフセンスを持つフリーサーファー飯田航太!
そんな彼が、2020年に突入してから初の湘南THE DAYに繰り広げたチューブセッションを収録した最新ショートクリップがHrsTVよりドロップされた!
冬の湘南ならではの綺麗な西ウネリがサンドバーにヒットして形成されるコンパクトなバレルを抜けまくり、隙あらば繰り出されるス…

続きを読む >

WSM

ハードコアな時代にインドネシアのバレルに魅せられたトラヴィス・ポッター

現代のサーフトリップなど海外旅行で欠かせない存在となっているスマートフォン。
スマホさえあれば、宿や航空券の予約はもとより、現地で地図アプリをカーナビ代わりに使えば初めての土地であっても迷子になることすらないですからね。
という事は、インターネットが一般的ではなかった頃のサーフトリップは今とは別物であるものの、なにも大昔と言うほど過去の話ではありません。
今回の動画は、ハードコアな過去のインドネシアトリップを体験してきたアンダーグランドサーファー、トラヴィス・ポッターのライフストーリー映像をお届けします。

続きを読む >

コラム特集

コラム『One Earth』更新! 「2019年スリランカ20周年の旅②」

旅の達人、ハルさんこと福島晴之氏から「2019年スリランカ20周年の旅」2話目が到着!前回のあらすじ。初めてスリランカに訪れてから20周年となった2019年。モルジブ経由、スリランカの旅を決行したハルさん。1話目は当時を振り返るところからスタート。30代になったばかりの頃、仲間4人と訪れたスリランカに魅了された。そこでは波だけでなく、運命的な出会いが待っていた...。マンボーとの出会い(スリランカ…

続きを読む >

業界ニュース

東京オリンピック選手選考の最終イベント 『2020 ISA World Surfing Games』の開催地が決定!

Photo: ISA / Ben Reedいよいよ今夏に開催される東京オリンピック。サーフィンが史上初の競技として採用されるため、楽しみにしているサーファーも多いのでは?会場は千葉県の釣ヶ崎海岸、通称「志田下」サーフィンの参加選手はメンズ、ウィメンズ共に20名ずつ。選手選考は4つのルートがあり。優先順位通りに並べると以下の通り。1. 2019年CTランキング/メンズ10名/ウィンメンズ8名2.『2…

続きを読む >

コンテスト

村上舜がQSハイグレードで初優勝!

PHOTO: © WSL/Hain2020年はサーフィンの新たな歴史が刻まれるオリンピックイヤーであると共にWSLの改革がまた一歩進む年。QSが従来の10,000、6,000、3,000、1,500、1,000の5グレードから変わり、一番上の10,000がチャンレジシリーズ、通称CSに分かれて8戦開催。6,000が5,000に変わり、3,000、1,500、1,000の4グレードに分かれます。つま…

続きを読む >

コンテスト

<速報>村上舜が優勝!QS5,000『Corona Open China hosted by Wanning』

現地時間1月12日、中国・海南島「日月湾」を舞台としたQS5,000『Corona Open China hosted by Wanning』が終了。今イベントには多くの日本人選手が参加。海外からもジョアン・ドゥルー(FRA)、パトリック・グダスカス(USA)、カイ・レニー(HAW)などのスター選手がクレジットされていました。期間後半はスモールコンディションが続く中、『2019 ISA World…

続きを読む >

コラム特集

「2019年スリランカ20周年の旅①」

スリランカに初のサーフショップ「A-Frame」を仲間と共に立ち上げたハルさんこと福島晴之氏。初めてスリランカに訪れてから20周年となった2019年にモルジブ経由でスリランカへと向かった旅のストーリーが届きました!今回は最高の旅だったというハルさんのメッセージも!まずはスリランカに訪れた経緯からスタートします。(スリランカ コロンボ空港)30代になったばかりの頃、僕の働くスキーショップのお客さんの…

続きを読む >

業界ニュース

『Blue.』No.81 僕の旅じたく。

2020年はどこへ行く?そして、なにを持って行く? 2020年になりました!皆さんはもう次なるトリップ先は決めましたか? 旅=サーフトリップは人生を輝かせるために欠かせないもの。波に乗るだけじゃなく、異文化に触れたり、仲間と喜怒哀楽を共にしたり、新たな出会いもあれば、乗り越えなければならない予想外のアレコレに遭遇したり。そんなひとつひとつが、自分らしさのひと葉となり、幹となり、年輪になります。とい…

続きを読む >

コラム特集

「WSM」12月の人気記事トップ10ランキング

サーフィン動画の紹介を中心に、海外サーフィンの最新情報などを独自の視点で解説・配信する「World Surf Movies」より、月毎の人気記事をランキング形式でご紹介。先月2019年12月の人気記事トップ10※各画像をクリックするとWSMサイトへリンクします。BCMサイト内のアーカイブも併せてぜひチェックしてみてください。■No.1ガブリエルのインターフェア:ルール違反でオリンピック出場権を失う…

続きを読む >

コラム特集

「日本人初のクオリファイヤー小野里美之」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy令和2年、ネズミ年、本年もよろしくちゅ~。サーフィン界としては年末年始、日本人女子初(?)のCT選手誕生で、都築有夢路祭り、大々的に開催だったわけだけど、なんか、どいつもこいつもよく調べもしないで、あまりにも初、初、ってうるさいので、水を差すわけじゃないけど、とある人の口癖を借りれば、リスペクトが足んねぇ~よ、的気分になったおばさんなのであっ…

続きを読む >

コンテスト

『THE EDDIE』にイエローアラートが発令!

Photo: Jeremiah Klein長年スポンサーを務めてきた「Quiksilver」が離脱して2018-2019シーズンにカメハメハ・スクール、ワイメア・バリーOHA(ハワイ人問題事務局)などローカルのサポートによって名称も『Eddie Aikau Big Wave Invitational』に変更して新たなスタートを切った招待制のスペシャルイベント『THE EDDIE』20ftオーバーの…

続きを読む >

コラム特集

「2019サーフシーンを振り返る。そしてケリーの今後は?」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyギリギリ押し出された都築有夢路も、カリッサの来年オフ宣言で繰り上がりクオリファイ。CT入り、おめでとう。日本人3人目。92年だか93年だかに、小野里美之がQS8位でCT入りを果たし、1年だけだけど、CT回ってるんですね。皆さん、男女通して日本人初のCTは五十嵐カノアでも都築有夢路でもなく、小野里美之ですので、そこんとこよろしく。今出てるF+0…

続きを読む >

コラム特集

都筑有夢路が日本人初のWSL CT入り!! カリッサ・ムーアが2020年の休暇を公表

情報が二転三転してきた都筑有夢路の日本人女子初のCT入り。
2019年のCTとQSが終了して1ランク届かずという結果だったが、数時間前に更新されたカリッサ・ムーアのInstagramで予想外の発表があり、事態は急転。
今シーズン、4度目のワールドタイトルを獲得したカリッサは2020年シーズンを個人的な年にするため、10年間のキャリアで初めての休暇を取り、すでにWSLとスポンサーとの…

続きを読む >