サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「都筑有夢路」検索結果 6件
コラム特集

都筑有夢路が日本人初のWSL CT入り!! カリッサ・ムーアが2020年の休暇を公表

情報が二転三転してきた都筑有夢路の日本人女子初のCT入り。
2019年のCTとQSが終了して1ランク届かずという結果だったが、数時間前に更新されたカリッサ・ムーアのInstagramで予想外の発表があり、事態は急転。
今シーズン、4度目のワールドタイトルを獲得したカリッサは2020年シーズンを個人的な年にするため、10年間のキャリアで初めての休暇を取り、すでにWSLとスポンサーとの…

続きを読む >

コンテスト

都筑有夢路が日本人初の世界一!『World Junior Championships』ファイナルデイ

PHOTO:© WSL/Dunbarアンディ・アイアンズ、ジョエル・パーキンソン、エイドリアーノ・デ・ソウザ、ジョーディ・スミス、ジャック・フリーストーン、ガブリエル・メディナ、サリー・フィッツギボンズ、など歴代チャンピオンは錚々たるメンバー。18歳以下の世界一を決める『World Junior Championships』が今年も台湾・台東の金樽漁港で開催され、現地時間11月29日に終了。速報で…

続きを読む >

コンテスト

<速報!>『World Junior Championships』で都筑有夢路が日本人初優勝!

PHOTO:© WSL/Dunbar現地時間11月29日、オセアニア、アフリカ、ハワイ・タヒチ、ヨーロッパ、アジア、北米、南米と7つのリージョナル、18歳以下の世界一を決める『World Junior Championships』が終了。会場の台湾・台東の金樽漁港は期間中、北東の季節風が吹き続いたものの、十分なサイズで見応えある戦いに。ファイナルデイはメンズR3の残りヒートから始まり、すでにベスト…

続きを読む >

コンテスト

都筑有夢路の日本人ウィメンズ初のクオリファイは?ウィメンズQS6,000『Port Stephens Toyota Pro』終了!

PHOTO:© WSL/Smith思えば五十嵐カノアが2015年にQSランキング7位になり、2016年のクオリファイを決めた時、日本中のWSLファンが盛り上がっていましたが、当時のカノアはまだ国籍がアメリカで本人もハンティントンビーチの代表としての気持ちが強かったように思われます。2018年にアメリカ国籍から日本国籍に変更した後も半分はアメリカ、半分は日本という気持ちが捨て切れず、日本で生まれ、日…

続きを読む >

コンテスト

QS10,000『ABANCA Galicia Classic Surf Pro』終了!

PHOTO: © WSL/Masurel宮崎木崎浜では『2019 ISA World Surfing Games』、NYではジョエル・チューダーが10年以上ぶりにWSLイベントに参加している『Longboard Classic New York』、スペインではQS10,000『ABANCA Galicia Classic Surf Pro』が開催とコンテストウィークとなっている今週。現地時間9月7…

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』ナット・ヤングが優勝!稲葉玲王は3位、大原洋人は5位!

PHOTO: © WSL2016年からスタートして4年目となる日本最大級のWSLイベント、QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』が2020年東京オリンピックのサーフィンの会場でもある千葉県一宮町釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開催され、5月4日に終了。期間中は5月1日〜2日が最もサイズがあり、頭オーバーのセットが入ってバレルあり、ビッグエアーありの見応えある戦いに。残念ながら後半…

続きを読む >