サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「千葉」検索結果 9件
コラム特集

海を見ながら食事&宿泊 ハワイアンスタイルの贅沢な時間

京王マンション下近くのMAKAI KAMOGAWA RESORT。MAKAIとはハワイ語で海側という意味。その名の通り、海を見ながら食事ができ、宿泊も可能な複合施設。京王マンション下近くの

続きを読む >

業界ニュース

「2018 Taito Beach Club Classic」開催、エントリー受付スタート!

千葉・太東はもうすでに春らしい地形になってきており、グッドウェイブへの期待が高まる今日この頃。日本でも有数のクラシックポイント・太東で20年以上の歴史を持つ『太東ビーチクラブ』プロデュースによるこのコンテスト「TAITO BEACH CLUB CLASSIC 2018」が今年も開催。年々盛り上がりをみせる本大会、昨年はなんと120人を越える方々が参加。今年もJPSAと連携し、『ROAD TO JP…

続きを読む >

コラム特集

屋外の温水シャワー有り。素泊り3,100円?

過去には来日したWCT選手をはじめ、多くのサーファーに愛されるペンション ザブーン。

続きを読む >

コラム特集

[PR] SURFCO 平砂浦 レンタル・スクール随時

南房総、平砂浦のサーフショップSURFCOは、これから始める初心者の方?上級者まで安心のプロショップです。

続きを読む >

コラム特集

千倉ポイントまで館内より徒歩1分

1年中温暖な気候に恵まれる南房総千倉に建つ「千倉温泉 千倉館」

続きを読む >

業界ニュース

千葉・九十九里の会員制サーフィン・クラブハウス『Surf Club』が話題

今夏、千葉・九十九里にてリニューアルオープン。550坪の土地に床面積140坪を有する会員制のサーフィン・クラブハウス施設『Surf Club』が話題となっている。

続きを読む >

業界ニュース

サーフボード500本! 見て触って選べるサーフショップ「boardroom」(千葉・東金)

2015年4月11日、千葉・東金にオープンした『boardroom(ボードルーム)』は、敷地面積300坪/売り場面積160坪を有し、10台ほど停められる駐車場にはランページも2台完備する大型店舗。
“サーフボード500本、見て触って選べるサーフショップ” をコンセプトに掲げるこの『boardroom』では、

続きを読む >

業界ニュース

BCM特典あり。千葉一宮の賃貸リゾートハウス「MAHELE」夜の内覧会

小さいけど自分達だけの庭。しかも管理人付きだから季節毎の庭をラクに愉しめる。朝は鳥たちのせえずりと新鮮な空気に包まれた庭カフェ。
昼はパラソルを併せたリクライニングチェアで読書もいい。
夕食は夕焼けに乾杯でスタート。そして、なんといっても海まで徒歩3分。

続きを読む >

コラム特集

SFJ 千葉・茨城でサーフミーティング開催

日本全国の海岸で自然の海岸線が消失する事態が発生しています。
そのような実態を正しく認識し、どのようなアクションを起こせば良いのかを考えるミーティングを開催します。
場所は一宮と大洗です。ふるってご参加ください。

★緊急サーフミーティング★
<一宮、夷隅海岸の現状認識>
日時:5月16日(日)午後6時〜8時
場所:SurfEnglish(旧シークエンスショウルーム)
*駐車場はスペースに限りがありますので、予めご了承下さい。
内容:千葉県の海岸保全計画や最近の海岸行政についての説明。
それをふまえて地元のサーファーは何をすればいいのかの意見交換を行います。
主催:サーフライダーファウンデーション・ジャパン
*14日から16日までは岬町サーフタウンフェスタ/WQS Chiba Pro Open会場内S.F.Jブースにて海岸情報の展示を行います。こちらもお立ちより
★緊急・サーフシンポ茨城編★
日時:5月22日(土)午後6時〜9時
場所:大洗鴎松亭
東茨城郡大洗町磯浜町8179-5
2階 会議室 松風
TEL:029-266-1122
内容:阿字ヶ浦海岸の変化は茨城ローカルにとっては、大変残念なことです。また、阿字ヶ浦以外にも海岸変化の兆しはあります。茨城の海岸変化の実態はどうなのか?こらからの海岸事業に対してどのようにかかわっていけばいいのか。専門家を交えて、未来への展望を探ります。
専門家の参加(調整中)
清野聡子(東京大学大学院)
宇多高明(土木研究センター)
*なお、22日と23日はJPSA茨城プロの大会会場にもブースを出します。
ぜひ、お立ちよりください。
S.F.Jグッズの販売も行います。

続きを読む >