サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「加藤嵐」検索結果 11件
コラム特集

「TBS『私の翼たち』10/13夜、つのだ出演決定。その前に台風対策を」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆきTBSテレビ「私の翼たち」毎週日曜日夜放送わたくしの出番は今度の日曜日夜になりました。アスリート加藤嵐の第2回目。番組改編のシーズンにつき、オンエアの時間がちょっとずれているようで、22時48分から54分までとなっておりますので、よろしく。TBS公式サイトより加藤嵐がアスリートでなかったら……に私はなんと答えたでしょう?本当の答えはそれじゃ放送できない、ということで却下さ…

続きを読む >

コラム特集

「加藤嵐、JPSAグラチャン3連覇」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき / Photo by snowyJPSA最終戦も2度目にしてようやく終わり、スーパーコーチとしては、ひとつはタイトル確保で、よかったかな。本当は野呂玲花とダブルで男女完全制覇が美しかったんだけど、玲花10ポイント足りず。10ポイントってねぇ……前半トップシードだったらとれたって話だわね。まぁ、コンディションに恵まれずに最終戦は途中で延期になり、女子はセミから先が延期され…

続きを読む >

コンテスト

2018年JPSAショートボードのグランドチャンピオンが決定!

2018年のJPSA、最後を飾るショートボード最終戦『なみある?仙台プロ supported by やまや』が仙台新港で開催。このイベントは当初、台風の影響で中断されていた第3戦『夢屋サーフィンゲームス 田原オープン』の残りヒートも11月1日〜4日に併催される予定でしたが、仙台新港がスモールになりやすい冬型の気圧配置に重なってしまい、先に『夢屋サーフィンゲームス 田原オープン』を優先させて大野修聖…

続きを読む >

業界ニュース

グロム対象のコンテスト「OAKLEY CUP TRY OUT 2018」が、千葉・志田下で8/11(土)開催。

過去には大原洋人、五十嵐カノアなども出場し、現在のサーフ界を牽引するトッププロを数多く輩出した、オークリー主催のコンテスト「BIG DAY OUT」。若きサーファー達の活躍の場を広げ、トップ選手と交流できる場を提供することを目的とした本大会は、昨年より「OAKLEY CUP TRY OUT」と名を改めて復活。2年目の実施となる今年は、千葉・志田下にて8/11(土)に開催されます。本大会は、開催地が…

続きを読む >

コンテスト

JPSAショートボード第8戦『ブルーエコシステム presents 仙台プロ』終了!

最終戦を待たずに第7戦の千葉で加藤嵐、西元梨乃ジュリにグランドチャンピオンが決定した今年のJPSAショートボードシリーズ。
第8戦の舞台は日本有数のビーチブレイク、宮城県の仙台新港。
東日本大震災後、初の開催となる記念すべきイベントは台風21号の接近、高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリにより連日オーバーヘッドのグッドコンディション。
10月19日にプロトライアルから開幕して22日にファイナルデイを迎えました。

千葉でJPSA初優勝を決めた西3兄弟の長男、西慶司郎は早いラウンドに素晴らしいライディングを披露したものの、R5で敗退。
一方、松岡慧斗がローカルナレッジを活かしてQF進出、会場を大いに盛り上げていました。

続きを読む >

コラム特集

「JPSAはグラチャン決定。CTワールドタイトルの行方は?」F+(エフプラス)コラム

日本国内ではJPSAの男女グランドチャンピオンが、最終戦を待たずして7戦目の千葉一宮プロで決定。メンズは加藤嵐の2連覇、ウイメンズは西元ジュリの初タイトルとなった。

続きを読む >

コンテスト

JPSAショートボード第5戦『第22回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯』終了!

台風の影響で延期になっていたJPSAショートボード第5戦『第22回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯』が10月5日〜8日に茨城県の大洗で開催。
水族館前は地形が悪いために今年も南側のリーフ混じりの磯場を舞台に行われ、加藤嵐(写真最上部)&西元梨乃ジュリが優勝!

イベント前半はスモールコンディションに風の影響も入った難しい波、後半は低気圧からの大きな東よりのウネリが入り、軽く頭オーバーはあるパワフルでクセのある波で進行。
サーフボードが折れてしまうようなハードコンディション、逆にプロツアーらしい見応えある戦いになりました。

この難しい状況に番狂わせが続出、カレントリーダーの辻裕次郎、大野修聖、カリフォルニアからのスポット参戦、小林桂などが早いラウンドで敗退。

続きを読む >

コンテスト

JPSAショートボード第3戦『夢屋サーフィンゲームス 田原オープン』終了!

毎年、台風シーズンのこの時期に開催される愛知県の田原町、通称・伊良湖でのJPSAが7月27日〜30日に行われました。
ショートボード第3戦『夢屋サーフィンゲームス 田原オープン』、昨年はWSLとの共同開催でしたが、今年は通常のJPSAに戻り、小笠原近海の動きの遅い台風5号からのウネリがしっかりと続く中、見応えある戦いが繰り広げられていました。

すでに終了した2戦。バリ島での開幕戦は佐藤魁、伊豆の第2戦は西優司と共にJPSA初優勝。
ランキングでは2戦続けてファイナル進出の大澤伸幸がカレントリーダーで、2位は大野修聖、3位は田中英義。
西優司はカリフォルニア・ハンティントンビーチでの『Vans US Open of Surfing』のジュニアに出場のために欠場、こちらはすでにQF進出の嬉しいニュースが入っています。

続きを読む >

コンテスト

加藤嵐がカリフォルニアのQSで2位!

五十嵐カノア vs 仲村拓久未がファイリストに選ばれたQSのキックオフイベントからオーストラリアレッグでの橋本恋、大原洋人の優勝と今年のQSは日本人選手が大活躍していますが、今度はカリフォルニア・ハンティントンビーチで開催された1,500『Jack’s Surfboards Pro』で加藤嵐がファイナルに残り、2位に入りました!

「昨年は怪我を直すために日本のイベントだけに集中した。そして、今年ファイナルに進むことが出来て嬉しいよ。’US OPEN’の後の再シードでトップ100に入り、QSに全力を尽くせる環境が整ったことにストークしている。今日は沢山のヒートをこなして疲れたけど、今シーズンのこれからの戦いに向けて良いトレーニングになったさ。ホームブレイクでの戦いとなったブレット・シンプソンなどを倒したことは大きな自信になった。最高さ。次は自分のホームである千葉のQS6,000に参加する。もう準備万端、集中するよ」

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「ジョン様ワールドタイトル獲得」

ジョン様、ポルトガル優勝でワールドタイトルも決定。本当は地元のハワイで決定のほうが良かったのかもしれないけど。
ま、取る目標でスタートした今シーズンできっちりワールドタイトルを決めたのはさすが。ドキュメンタリー班、万々歳。

続きを読む >

コンテスト

2016年JPSAグランドチャンピオンが決定!

10月13日〜16日にJPSAショートボード最終戦『ブルーエコシステムプロ supported by 夢コーポレーション』が千葉の志田下で開催。

当初、最終戦は仙台新港で開催予定でしたが、8月末に通過した台風10号の影響で駐車場の海側が崩壊。
入口も閉鎖されて波情報さえもストップ。ローカルの努力により、現在は階段の補正工事もほぼ完工していますが、スケジュール的にJPSA開催には間に合わず、会場の変更を余儀なくされました。

期間中は台風20号が残したウネリや、高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリで十分なサイズがあったものの、風の影響が入った難しいコンディション。

続きを読む >