サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ホノルア・ブロムフィルド」検索結果 8件
コンテスト

『Noosa Longboard Open』ファイナルデイを戦うメンバーが決定!

(ホノルア・ブロムフィルド)PHOTO:© WSL/Gleeson現地時間2月24日、オーストラリア・ヌーサで開催中の『Noosa Longboard Open』は3日目を迎え、ファイナルデイを戦うメンバーが決定。この日もメイン会場のファーストポイントはコンディションが整わず、手前のビーチブレイク、「メインビーチ」で進行。更に大雨でヒートが中断される場面もありましたが、トップシードが登場したRou…

続きを読む >

コンテスト

2019年ワールドタイトルが決定!『Taiwan Open World Longboard Champs』終了!

PHOTO:© WSL現地時間12月7日、台湾で開催されていたロングボードツアーの最終戦『Taiwan Open World Longboard Champs』が終了。2019年のツアーはデヴォン・ハワードがツアーディレクターに就任、3つの6,000グレードと一つの10,000グレードのイベント、合計4イベントでワールドタイトルを決めるなどフォーマットが一新されました。オーストラリアのヌーサ、スペ…

続きを読む >

コンテスト

ジョエル・チューダーとカニエラ・スチュワートの印象的な世代交代のシーンも! 『Longboard Classic New York』

PHOTO:© WSL/Vankirk2011年のCT以来の開催地として選ばれ、2xワールドチャンピオンのジョエル・チューダーの参加もあり、イベント前から注目されていた『Longboard Classic New York』合計4イベントでワールドタイトルを決める2019年WSLロングボードツアーの3戦目、タイトル争いも明確になってきました。会場はマンハッタンから約1時間離れたロングビーチ。期間前…

続きを読む >

コンテスト

WSLロングボードツアー開幕戦 6,000『Noosa Longboard Open』を制したのは?

PHOTO:© WSL/Barripp デヴォン・ハワードがツアーディレクターに就任、3つの6,000グレードのイベントと一つの10,000グレードのイベント、合計4イベントでワールドタイトルを決めるなどフォーマットが一新した2019年のWSLロングボードツアー。開幕戦6,000『Noosa Longboard Open』がロングボーダーの聖地、オーストラリア・ヌーサで3月7日〜10日に開催されま…

続きを読む >

コンテスト

『2018 ISA World Longboard Surfing Championship』2日目 田岡なつみがR3進出!

現地時間1月21日、中国・海南島「日月湾」で開催中の『2018 ISA World Longboard Surfing Championship』はコンテスト2日目を迎え、ウィメンズR2。
敗者復活戦のリパチャージ、メンズR1〜R3。ウィメンズのR1〜R2が進行。

続きを読む >

コンテスト

『2018 ISA World Longboard Surfing Championship』初日 浜瀬海&田岡なつみがラウンドアップ!

1988年から始まった歴史あるイベント『2018 ISA World Longboard Surfing Championship』が中国・海南島で1月19日〜25日に開催。
現地時間1月19日に開幕式が行われ、翌日の20日にコンテストがスタート。
会場の「日月湾」は長いレフトが特徴のポイントブレイク。コンテスト初日はコシ前後のスモールながら形は良く、ロングボードなら十分にサーファーブルなコンディション。
22ヶ国から集まった71名の選手による見所満載のオープニングデイでした。

続きを読む >

コンテスト

『Taiwan Open World Longboard Champs』終了! 2017年ロングボードのワールドチャンピオンはテイラー・ジェンセン!

昨年までの1イベントから2イベントでのトータルで争われることになった2017年のロングボードワールドチャンピオン。
3月にパプアニューギニアで開催された初戦『Kumul PNG World Longboard Championships』ではテイラー・ジェンセン(USA)が優勝。
そして、舞台を台湾・台東「Jinzun-Harbor」(金樽港)に移動して行われ、現地時間12月3日に終了した第2戦『Taiwan Open World Longboard Champs』ではエドゥアルド・デルペーロ(FRA)が優勝。

続きを読む >

コンテスト

今年の『Taiwan Open of Surfing』を制したのは?

今年で4年目を迎えた台湾でのWSLイベント。
台東「Jinzun-Harbor」を舞台としたQS1,500、LQS1,000のメンズ・ウィメンズ併催の『Taiwan Open of Surfing』が現地時間11月27日に終了。

今イベントはQSで最もグレードが高い10,000のシード権を獲得出来るWSLジャパンのリージョナル・チャンピオンを決める重要な一戦。
日本はもちろん、台湾、インドネシア、オーストラリア、ハワイ、フランスなどから選手が集まっていました。

イベント期間中はグッドコンディションに恵まれた日もあったものの、ファイナルデイは悪天候に風も悪く、4ftサイズの難しいコンディション。

続きを読む >