サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ホノルアベイ」検索結果 11件
コンテスト

カリッサが4度目のワールドタイトルを獲得!ウィメンズCT最終戦『lululemon Maui Pro』ファイナルデイ

PHOTO:© WSL/Cestari男女賞金同額化や、フォーマットの変更があり、2020年東京オリンピックの選手選考も兼ねていた2019年のワールドツアー。メンズよりも一足先にウィメンズの最終戦『lululemon Maui Pro』がハイシーズンのハワイ、マウイ島のホノルアベイで開催され、現地時間12月2日に終了しました!カリッサ・ムーア(HAW)、レイキー・ピーターソン(USA)、キャロライ…

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT最終戦『lululemon Maui Pro』開幕!

カリッサ・ムーアPHOTO:© WSL/Cestari現地時間12月1日、全10戦で争われるマウイ島・ホノルアベイを舞台としたウィメンズCT最終戦『lululemon Maui Pro』が開幕!ウェイティングピリオド後半になってようやく公式4-6ftレンジのウネリが入ったホノルアベイ。トレードウィンドが強く、ウネリの向きも完璧ではなかったものの、長く続いたレイデイから解放された選手は素晴らしいパフ…

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT最終戦『Beachwaver Maui Pro』はカリッサ・ムーアが優勝!

PHOTO:© WSL/Cestariヴィクトリアズ・シークレットのモデルもショーで使用するヘアアイロンブランド、「Beachwaver」が今年からメインスポンサーとなった今年のウィメンズCT最終戦『Beachwaver Maui Pro』同じマウイ島の「Pe’ahi」、通称「Jaws」を舞台としたBWT(ビッグウェーブツアー)の『Jaws Challenge』も開催されるほどの今シーズン最大の北…

続きを読む >

コンテスト

ステファニー・ギルモアがレイン・ビーチェリーに並ぶ7度目のワールドタイトルを獲得!

PHOTO:© WSL/Cestari現地時間11月26日、オアフ島・サンセットビーチを舞台としたトリプルクラウン第2戦『Vans World Cup』の素晴らしいオープニングデイから一夜明け、予報通りに今シーズン最大の北西ウネリが入ったマウイ島で2つのビッグイベントが同時開催。ホノルアベイではウィメンズCT最終戦『Beachwaver Maui Pro』、「Jaws」ではBWT『Jaws Cha…

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』はステファニーが4度目の優勝!

現地時間12月1日、前日に熾烈なタイトル争いの決着がついたウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』はファイナルデーを迎えました。
無冠の女王と言われ続けたサリー・フィッツギボンズ(AUS)、コートニー・コンローグ(USA)が今年もタイトルを逃し、タイラー・ライト(AUS)が2年連続のワールドチャンピオン。
すでに答えが出たマウイ島・ホノルアベイはピリピリとしていた雰囲気から解放されて和やかなムードで進行。

オープニングヒートとなったSFのH1ではタイラーとステファニー・ギルモア(AUS)が対戦。
序盤にプライオリティを持っていたステファニーがオープンフェイスでの美しいマニューバーで9.77をスコア。後半に追い上げてきたタイラーをかわしてファイナル進出。

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』2日目 ウィメンズのワールドタイトル確定!

現地時間11月30日、マウイ島・ホノルアベイで開催中のウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』は2日目を迎え、R4から再開。
注目のタイトル争いはR4でコートニー・コンローグ(USA)が敗退し、QFをタイラー・ライト(AUS)が勝ち上がった時点でタイラーに確定。
昨年、様々な困難を抱えながら初のワールドチャンピオンに輝いたタイラーがタイトル防衛に成功しました!

「今日は完璧な日よ。このイベントに参加したこと、そして、この地位に立てたことに興奮しているわ。どれほどの意味があるか説明出来ないくらい最高の一週間だった。誰もが驚くような素晴らしいチームに支えられたの。一年を通して成績に大きな波はなかった。でも、今こうして一番上になることが出来たわ。勝つ前も、今もハッピーよ」

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』 タイラー・ライトが5勝目を決めた!

全10戦で争われた2016年の「Women’s Samsung Galaxy Championship Tour」
マウイ島・ホノルアベイで開催されていた最終戦の『Maui Women’s Pro』が現地時間12月3日に終了。

十分なサイズでパーフェクトコンディションに恵まれた昨年と一転してスモール〜ミドルサイズでの僅かなミスも許されない緊迫した戦いを制したのはタイラー・ライト(AUS・写真上・下)でした!

「ファイナルの後半、海を見て何かが起こると思ったの。私はただ波に乗っただけ。全く問題は無かったけど、それはマイクロ(グレン・ホール)が良いポジションを教えてくれたおかげでもある。大きな助けとなったわ。あとは自分自身でチャンスを最大限に活かしただけよ」

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』2日目 ベスト8が決定!

マウイ島・ホノルアベイで開催中のウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』は現地時間11月23日に開幕してからレイデイが続いていましたが、新しい北西ウネリが入った12月2日にR3から再開してR4まで進行。
QFを戦う8名の選手が決定しました。

9日振りに入ったウネリはオアフ島よりも到達が遅れ、朝からオンホールドの末に午後になってからコンテストはスタート。
北西ウネリはホノルアベイに回り込んで入るために初日より小さな1-3ftレンジのスモール。
波数も少ないコンディションに番狂わせも...。

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』開幕!

フランスでのタイラー・ライト(AUS)の感動的なワールドタイトル獲得から1ヶ月強、マウイ島が誇る世界有数のライトのポイントブレイク、ホノルアベイでウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』が現地時間11月23日に開幕!

初日はホノルアベイとしてはスモール〜ミディアムサイズとなる3-4ftレンジ。波数は少なかったものの、世界トップのコンテストにふさわしい素晴らしいブレイクもあり、ワイルドカードを決めるトライアルからメインラウンドのR2までが一気に進行しました。

続きを読む >

コンテスト

『Target Maui Pro』終了!カリッサ3X達成!

BWT(ビッグウェーブツアー)の北米レッグ、マウイ島「Jaws」の『Pe’ahi Challenge』のイエローアラートが発令された翌日の現地時間12月2日。「Jaws」から西へ移動したホノルアベイではウィメンズCT最終戦『Target Maui Pro』がファイナルデイを迎え、パーフェクトなコンディションで熾烈なタイトル争いにもようやく決着がつきました!

今シーズンのワールドタイトルレースは開幕戦から4戦で2勝を分け合ったカリッサ・ムーア(HAW)、コートニー・コンローグ(USA)の二人が他の選手を引き離し、1勝ずつ決めたサリー・フィッツギボンズ(AUS)、タイラー・ライト(AUS)もカリッサとコートニーのコンスタントさには追い付けず。
シーズン後半はイベント毎にトップが入れ替わるシーソーゲームになっていました。

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT最終戦『Target Maui Pro』開幕!

全10戦で争われる2015年の「WSL Women’s Samsung Galaxy Championship Tour」最終戦『Target Maui Pro』が現地時間11月29日にマウイ島の北西部に位置するホノルアベイで開幕!
ウェイティングピリオドに入ってから9日目に到達した北西〜北北西ウネリとトレードウィンドによって整った公式4-7ftレンジのグッドコンディション。
レギュラーフッターなら思わずよだれが出るような素晴らしい波でR1からハイスコアが続出し、夕方までに16ヒートを消化。早くもR3が終了しました。

最終戦の注目はなんと言ってもは2Xのカリッサ・ムーア(HAW・写真最上部)と初のタイトルを狙うコートニー・コンローグ(USA)の熾烈なタイトル争い。
その差は900ポイントしかなく、1ラウンド毎に一喜一憂する展開に...。
両者共に3人ヒートのR1は1位通過でR3進出を決めたものの、R3ではカリッサが1位通過でQFに進んだ一方、コートニーはヒート後半にニッキ・ヴァン・ダイク(AUS)に逆転されてしまい、敗者復活戦のR4行きを強いられています。
 

続きを読む >