サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ビード・ダービッジ」検索結果 7件
コンテスト

『Billabong Pipe Masters』 タイトル争いがヒートアップ!

現地時間12月17日、前日に再開した『Billabong Pipe Masters』は2日続けてオン。
二つのヒートが同時進行するデュアルフォーマット、別名オーバーラッピングヒートで足早にR2からR3の最終ヒートまで全24ヒートが消化。
予想されていた北西ウネリは期待外れながら、前半は風が弱く、バックドア中心にクリーンなバレルがあり、メインイベントの中ではベストコンディション。
後半は南よりのコナウィンドによってバレルが潰されてしまい、アクション勝負にシフト。

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Fiji Pro』ファイナルデイ目前!

現地時間6月14日、フィジー・タバルア島で開催中のCT第5戦『Outerknown Fiji Pro』は2日連続でヒートが進行。
朝のコールでは3-4ftレンジ。不安定なコンディションに優勝候補が次々と敗れた前日と比べるとクリーンなフェイスに恵まれたものの、波数が少なくなってしまい、R4の4ヒートだけが行われ、オンホールドの末にR5は翌日以降に持ち越しになりました。

R4は3人ヒート。1位だけがQF進出、残りの2名は敗者復活戦のR5に回ることになります。
オープニングヒートを勝ち上がったのは、昨年のファイナリスト、ウィルコことマット・ウィルキンソン(AUS・写真最上部)でした。

続きを読む >

業界ニュース

オーウェン・ライトがシーズン後半も欠場を発表

昨年の最終戦のパイプライン、フリーサーフィン中にワイプアウトで頭をリーフにヒットして脳出血という診断を受け、シーズン前半を欠場していたオーウェン・ライト(AUS)が後半も欠場を発表。

一時は海に足を入れるのでさえ恐怖を感じ、コンテストの復帰は不可能かもと言われていたオーウェン。
現在は家族を中心としたサポートの元、ロングボードでのリハビリからショートボードに乗り換えて順調に回復に向かっているそうです。

続きを読む >

業界ニュース

オーウェン・ライトがシーズン前半の欠場を発表

シーズンを棒に振ったジョーディ・スミス(ZAF)、マット・バンティング(AUS)、ステファニー・ギルモア(AUS)を始め、怪我人が多かった昨シーズン。 ジョーディは年末のトリプルクラウン、マット、ステファニーは今シーズンのQSで復帰していますが、最終戦のパイプライン、フリーサーフィン中にワイプアウトで頭をリーフにヒットして脳出血という診断を受けたオーウェン・ライト(AUS)とヒート中に骨盤2カ所を骨折して病院送りになったビード・ダービッジ(AUS)は復帰の目処が立たず...。 ビードはやっとリハビリに入ったばかりで、しばらく続いているホームでのエピックコンディションを車の中から寂しく眺めている姿が目撃されています。

続きを読む >

コラム特集

【BCM×Tabrigade Film】フリーセッション映像パート1@ポルトガル

ポルトガル・ペニシェで開催中の『Moche Rip Curl Pro Portugal』。
現地にてTabrigade Film撮影&編集、 BCMとのコラボでお届けするフリーセッション映像を、BCMのFacebookページで更新中です。

続きを読む >

コンテスト

『Quiksilver Pro France』ガブリエルが今シーズン初優勝!

フランスの首都・芸術の都パリから約800km、スペインとの国境から僅かな場所に位置するサーフタウン、ホセゴーで開催されていたヨーロッパレッグのファーストイベント、第9戦『Quiksilver Pro France』が現地時間10月15日に終了。

強烈なカレントの裏でビーチブレイクとは思えないホレホレのバレル、絵に描いたようなマシンブレイクとイベント期間中は刻々とコンディションが変化。
ファイナルデイはその変化が更に細かくなり、霧が立ち込める朝はクリーンでパーフェクト。その霧が晴れて大陽が顔を出すと今度は潮が動き、僅か数日で地形にも変化が出てクローズアウト(ダンパー)中心に...。
また、この霧で分かる通り、気温と水温の差が大きく、ヒート後は足の冷えを抑えるためにお湯をかけるような場面も。
ある意味これがフランスらしさでもあり、この自然の変化に対応する力が求められるイベントでもありました。

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Quiksilver Pro France』終了!

現地時間10月15日、タイトルレースの大きな鍵となるヨーロッパレッグのファーストイベント、CT第9戦『Quiksilver Pro France』並びにウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』が終了。

カレントリーダーのミック・ファニング(AUS)がQFで敗れた一方、2位のエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)がSF進出したものの、ガブリエル・メディナ(BRA)にファイナル進出を拒まれ、トップは変わらず。
SFで今イベント2つ目のパーフェクト10をスコアしたガブリエルの勢いはファイナルでも持続し、ビード・ダービッジ(AUS)をコンビネーションに追い込んで圧勝!
今シーズン初優勝を決めました。

続きを読む >