サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「パイプライン」検索結果 82件
コンテスト

『Volcom Pipe Pro』ファイナルデイ!新しいヒーローが誕生!

PHOTO:© WSL/Keoki2010年にJOBことジェイミー・オブライエン(HAW)が制してから今年で10回目を迎えたオアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台とした『Volcom Pipe Pro』ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)が4度、ケリー・スレーター(USA)が2度も制したQSで最大の注目を集めるイベントが現地時間2月5日に終了。ファイナルデイは公式6-8ftレンジ、フェイスで…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』3日目 シーバスがパーフェクト10!

PHOTO:© WSL/Keoki現地時間2月3日、オアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台とした『Volcom Pipe Pro』は3日目を迎え、R3の残りヒートとR4の全てのヒートを消化。いよいよあと一日でファイナルデイになります。前日に入ったフェイスで10ftの西北西ウネリは北西ウネリにシフトしながらピークを過ぎて公式4-6ftレンジ。出口が少ない難しいコンディションながらノースよりのウネ…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』2日目 西慶司郎が1位通過でR4進出!

PHOTO:© WSL/heffケリー vs ジョン・ジョンの対決や毎年グッドコンディションに恵まれて通常のQSイベントとは全く異なる盛り上がりを見せる『Volcom Pipe Pro』今年はウェイティングピリオド中の予報が悪く、初日はビーチブレイクのような最悪のコンディション。2日目となった現地時間2月3日は公式6-8ftレンジ、フェイスで10ftプラスの新しい西北西ウネリが入り、いくつかのバレ…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』開幕!

PHOTO:© WSL/Keoki今年で10周年を迎えた『Volcom Pipe Pro』がオアフ島・ノースショアで開幕!現地時間2月2日、しばらく吹き続いていた北〜北北東風からトレードウィンドに変わったタイミングでコンテストはスタートしたものの、公式3-5ftレンジ。パイプラインのバレルだけではなく、バックドアにもバレルはほとんどなく、まるでビーチブレイクのような最悪のコンディションで初日はR2…

続きを読む >

業界ニュース

今年で10周年!!『Volcom Pipe Pro』間も無く開幕!

PHOTO:© WSL/Keoki2018/2019シーズンのノースショア、パイプラインで行われる3大イベント、『Billabong Pipe Masters』、『Da Hui Backdoor Shootout』、『Volcom Pipe Pro』残り一つになった『Volcom Pipe Pro』が1月29日〜2月10日に開催。パイプラインで開催される唯一のQSイベントである『Volcom Pi…

続きを読む >

コンテスト

今年も感動をありがとう!『Da Hui Backdoor Shootout』でチームジャパンが大活躍!

PHOTO:© Masao Sakurai現地時間1月16日、オアフ島・ノースショアのバックドア/パイプラインを舞台とした『Da Hui Backdoor Shootout』が終了。「フリークスストア」という大きなスポンサーを得たチームジャパンが今年も大暴れ!出場選手は堀口真平、松岡慧斗、中村昭太、村上舜、大橋海人、脇田泰地。堀口真平は選手兼チームのまとめ役、更に2年連続となるチームジャパンのコン…

続きを読む >

コンテスト

『Da Hui Backdoor Shootout』で松岡慧斗がパーフェクト12!!

via You Tubeオアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台としたイベントと言えば、WSLの『Billabong Pipe Masters』、『Volcom Pipe Pro』が有名ですが、選手のレベルならこの2イベントに引けを取らないのが究極のローカルコンテストと呼ばれている『Da Hui Backdoor Shootout』コンテストジャージ無しのチーム戦。パーフェクトスコアが12ポイン…

続きを読む >

業界ニュース

青山弘一の半生を特集。『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版8.5号』

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版』の最新刊8.5号が1月15日に発売される。<日本版オリジナルコンテンツ>One Life to Live「青い壁、つづく道」京都の佃煮問屋の長男として生まれた青山弘一は、幼少時代、なにひとつ不自由なく佃煮問屋の跡継ぎとして育てられてきた。同志社大学の水泳部に所属し、全国でも10本の指に入る選手だった彼だが、大学1年のときに雑誌『オーシャンライフ』の小さなサーフ…

続きを読む >

業界ニュース

WSLが今後3年間のハワイのスケジュールを発表!

PHOTO:© WSL/Sloane2019年のパイプマスターズを従来の12月から1月〜2月に移動してCT開幕戦にする大幅なスケジュール変更を予定していたWSLと開催時期の変更を許可しないと言っていたハワイのホノルル市長、カーク・コールドウェルの対立によって不透明になっていたスケジュールがWSLからリリース。2018年のハワイでのWSLイベントの成功を受けて3年間の許可申請が承認。結局、パイプマス…

続きを読む >

コラム特集

「パイプマスターズの会場ビーチにて、人間観察」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき Photo by snowy考える人は考えるね。サーフボードのアメリカ。一日ギャラリーびっしりのパイプにいると、人間観察とかしちゃうわけで、ついこんな写真も撮っちゃうわけよ。いろんな人いたな。どう見てもランナー、といういでたちの白人男性、カメラ機材プロ仕様、今時あえてフィルムで撮ってたけど、クーラーボックスから納豆のパック取り出して、しょうゆもかけないで食べてた。多分か…

続きを読む >

コラム特集

「パイプマスターズ」Final Dayハイライト&インタビュー(日本語字幕付き)- F+エフプラス

2018年CT最終戦「Billabong Pipe Masters」、Final Dayのハイライト映像と、ジュリアン・ウィルソン&ガブリエル・メディーナのインタビューを、F+(エフプラス)オリジナル日本語字幕付きでお届け。2018 Billabong Pipe Masters from Tabrigade Film on Vimeo.※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エ…

続きを読む >

コンテスト

ガブリエルが2度目のワールドタイトルを獲得!『Billabong Pipe Masters』ファイナルデイ

PHOTO:© WSL/Cestari2018年はWSL改革の年。ケリー・スレーターのウェーブプール「サーフランチ」がトラッセルズの代替会場となり、バリ島・クラマスが加わり、ウィメンズサイドにもジェフリーズベイがプラス。フォーマットもR5(ウィメンズはR4)が廃止され、以前から提唱していたコンパクトなツアーを実現。来シーズンからはウィメンズの賞金がメンズと同額になると発表されたことも選手のモチベー…

続きを読む >

コラム特集

「ケリーレベルに進化していたガブちゃん。ワールドタイトル&パイプマスター独り占め」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき Photo by snowy、amiガブリエル・メディーナガブちゃんデー。ガブ、おっそろしく進化してたね。ケリーレベル。プレッシャーがかかるときほど自分のリミットを超えられる、って表彰式で言ってたけど、これね、そう簡単にできることじゃなくて、ほとんどの人は、プレッシャーがかかるときほど自分の実力の半分も出せないで負けるわけよ。そこが一流と二流の差ですかね。デカいわ、それ…

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Billabong Pipe Masters』ファイナル終了! ガブリエル・メディナが2度目のワールドタイトルを獲得!

現地時間12月17日、オアフ島・ノースショアのパイプラインで開催されていたトリプルクラウン並びにCT最終戦『Billabong Pipe Masters』が終了。注目のタイトル争いはガブリエル・メディナ(BRA)がSFを勝ち上がった時点で確定。2014年以来、2度目のワールドタイトルを獲得しました!ガブリエルが倒したジョーディ・スミス(ZAF)はジェシー・メンデス(BRA)とトリプルクラウンのタイ…

続きを読む >

コンテスト

『Billabong Pipe Masters』 キングケリーがタイトルレースに猛威を振るう!

PHOTO:© WSL/Cestari吹き荒れるトレードウィンドに翻弄されている今年の『Billabong Pipe Masters』13日間もあるウェイティングピリオドの中の僅か3日を選ぶのにも難しい日が続いていましたが、コンテスト初日から2日間のレイデイを経て現地時間12月16日にR2から再開。新しい北北西ウネリが入り、朝の時点で公式6-10ftレンジ。日中はフェイスで15-20ft、セカンド…

続きを読む >