サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ハワイ」検索結果 22件
コンテスト

『Volcom Pipe Pro』ブラジリアンが初制覇!

PHOTO:© WSL/Saguibo現地時間2月1日、11回目を迎える年初のビッグイベント『Volcom Pipe Pro』が終了。今年はウェイティングピリオド初日から3日間ノンストップでグッドコンディションが続き、特にファイナルデイの前日は一日を通して理想的な風に新しい西北西ウネリによってパイプライン、バックドアの両サイドがパーフェクト。コナー・コフィン(USA)が10ポイントを出すなど最高の…

続きを読む >

コンテスト

『Volcom Pipe Pro』3日目 安室丈がファイナルデイに残る!

セス・モニーツPHOTO:© WSL/Keokiオアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台としたQS5,000『Volcom Pipe Pro』は3日続けて進行。現地時間1月31日は新しい西北西ウネリによって公式8-10ftレンジまでサイズアップ、一日を通して理想的な風でパイプライン、バックドアの両方がパーフェクトなバレルを形成。コンテストでなければ異常なまでに混雑しそうなパーフェクトなラインナッ…

続きを読む >

コンテスト

QS5,000『Volcom Pipe Pro』クライマックス間近!

松岡慧斗PHOTO:© WSL/Heffジョン・ジョン・フローレンス(HAW)が4度、ケリー・スレーター(USA)が2度も優勝経験があり、昨年はジャック・ロビンソン(AUS)が優勝した『Volcom Pipe Pro』が今年もパイプラインで開催。現地時間1月30日にコンテスト2日目を迎え、公式6-8ftレンジのグッドコンディションでR3のH13まで進行しました。日本人選手は3名がラウンドアップ今イ…

続きを読む >

コンテスト

『THE EDDIE』にイエローアラートが発令!

Photo: Jeremiah Klein長年スポンサーを務めてきた「Quiksilver」が離脱して2018-2019シーズンにカメハメハ・スクール、ワイメア・バリーOHA(ハワイ人問題事務局)などローカルのサポートによって名称も『Eddie Aikau Big Wave Invitational』に変更して新たなスタートを切った招待制のスペシャルイベント『THE EDDIE』20ftオーバーの…

続きを読む >

コラム特集

「2019サーフシーンを振り返る。そしてケリーの今後は?」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyギリギリ押し出された都築有夢路も、カリッサの来年オフ宣言で繰り上がりクオリファイ。CT入り、おめでとう。日本人3人目。92年だか93年だかに、小野里美之がQS8位でCT入りを果たし、1年だけだけど、CT回ってるんですね。皆さん、男女通して日本人初のCTは五十嵐カノアでも都築有夢路でもなく、小野里美之ですので、そこんとこよろしく。今出てるF+0…

続きを読む >

コラム特集

「イタロ・フェレイラの毎日の地道な努力が報われた日」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyワールドタイトルは最終戦のファイナルヒートの直接対決でイタロ・フェレイラ、初のパイプマスターも。トリプルクラウンはケリー・スレーター。やっぱさぁ、毎日の地道な努力って報われるんだよ。今年、世界中のどこに行っても朝一しっかりやってたのはコロヘとイタロ。現役時代のミックの代わりのように、この二人はどんなコンディションでも朝一やってた。特にイタロ。…

続きを読む >

コラム特集

「もうノーチョイスだわね。この2日でどっちかと言えば、間違いなく明日開催」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyなんだかんだいって、ラウンド32が終了してから1週間のオフが続いている。でもその中で3、4日は暗いうちから昼まで海に縛り付けられ、半日無駄に過ごすという、なんだかなぁ、な状況なわけだけど。雨もよく降るし、虹もよく出るし。もうあの、絶対誰がどう考えても、この目の前の波と予報では、今日はできないじゃん、というオンホールドはやめてほしいなぁ。ギャラ…

続きを読む >

コラム特集

「美しい虹が出るということは、雨が降ってるということ」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy昨日より確かにサイズはダウンしてるけど、同じようにグチャグチャというか、バラバラ。もう朝一で、無理なわけだけど、売店のコーヒーは売りたいし、何ならランチも売りたいし、的なコールとしか思えない状況。7時ファーストコールの10時までオンホールド(だから朝のコーヒーとマフィン買ってね~)、で10時コールは12時までオンホールド(だからランチもここで…

続きを読む >

コラム特集

「パイプはクローズアウト、ジョーズはビリー・ケンパーが連覇」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy・WSLもうね、ぐちゃぐちゃ、デカすぎ、クローズアウト。私の宿泊先はビーチフロントで、昨日夜中、ドカドカって音で目が覚めたんだけど、表に積んである箱が風で倒れたのかと思ったら、部屋のサッシを波が直撃だった。朝、サッシ開けてびっくり。砂まみれ、ゴミまみれ。風邪ひいてるし、ちょっと寒かったので、きっちりサッシ閉めて寝たので、部屋の中は大丈夫だった…

続きを読む >

コラム特集

「パイプマスターズはダメな人とできる人に分かれちゃうコンディションとなった」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyケリー・スレーター&ジョアン・ドゥル何がなんて、今日はあのケリーの10点満点のバックドア。あれが現場で見れただけで、ハワイに来たかいがあった、って感じ。超エキサイティング。ものすごいエンターテインメント見せていただきました。あそこで姿消して、どうやって出てくるの? って感じのものすごいスピード。あれはヤバイわ。まぁ、あのサイズとコンディション…

続きを読む >

コラム特集

「パイプマスターズ メインラウンドがスタート。ガブ、堅い」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyまぁ、今日見たところではガブ、堅いところかな。やってることのレベルが違う感じ。ジョンジョンはサポーターというかキャストというかをぎちぎちにつけて試合に出たけど、100%回復でないことは確か。ま、バレル勝負でマニューバーがないならいけるんだろうな、という感じの回復具合だけど、ここで再び無理して何かあるともう選手生命終了だと思うので、次のオリンピ…

続きを読む >

コラム特集

「パイプはトライアルラウンド開催。ビリーと今井さん」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy風邪、やばい。熱はないので動けるけど、咳出始めると止まらないし、声でないし……。そういう私の都合には関係なくものごとは進んでいくわけで、本日はトライアル。午後にはもっと上がってくる予定だったんだけど、どんどん上がるという感じではなく、時折それらしいセット入る、といった感じ。まぁ、期待してたほどではなかった、というところか。ジャック・ロビンソン…

続きを読む >

コラム特集

「ハワイ到着。レジェンドシェイパーたちのトークショー」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowyわいは~。寒い日本から暖かいハワイに来たのにいきなり風邪をひいて声が出ず、けっこうキビシイコンディション。昨日のトークショーで誰かからもらったのか? 昨日はビラボン主催のパイプの歴史をシェイパー方向から見る、的なトークショー。歴代のパイプマスターパイプマスターたちの板を削ったシェイパー、エリック・アラカワ、パット・ローソン、デニス・パング、ビ…

続きを読む >

コラム特集

「ドラマ満載のCTウイメンズ最終戦、ウエイティングピリオドがスタート」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by WSLメンズの最終戦の前に、ウイメンズの最終戦のウエイティングピリオドがスタートした。マウイ、ホノルアベイ。タイトル争いはカリッサ、レイキー、キャロライン・マークス。レイキーはカリッサより一つ上、キャロラインはカリッサより二つ上の順位で、ひっくり返る。キャロラインがタイトルを取れば史上最年少の17歳のチャンピオンになる。しかも3人ともアメリカ人なので、…

続きを読む >

業界ニュース

松岡慧斗が『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』総合優勝!

via Surfline11月1日から翌年2月28日の期間にオアフ島・ノースショアで撮影されたライディング映像のトップを決める『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』ケリー・スレーター、リカルド・ドス・サントス、リーフ・マッキントッシュ、ネイザン・フローレンス、コア・ロスマン、JOB、カラニ・チャップマンなどが制してきた世界最高峰の映像コンテストで松岡慧斗が日本人として史上初の優勝…

続きを読む >