サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「チョープー」検索結果 31件
コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』ファイナルデイ! オーウェンが昨年のリベンジを果たした!

PHOTO: © WSL/Cestari過去最高のコンディションと言われた2014年以来のビッグスウェルに恵まれた2019年のCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』が現地時間8月28日に終了。ファイナルデイのタヒチ・チョープーは公式6-8ftレンジのパーフェクトな波でQFからファイナルまで行われ、昨年と同じくガブリエル・メディナ(BRA)、オーウェン・ライト(AUS)が最後まで残り、…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』Final DayハイライトVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』Final Dayのハイライトフッテージと、オウエン・ライトのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

<速報>CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』オーウェンライトが優勝!

PHOTO: © WSL / Cestari現地時間8月28日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』が終了。最終日は、公式6-8ftレンジで2014年以来のベストコンディション。ファイナルに進出したのは、昨年と同じく2Xワールドチャンピオンのガブリエル・メディナ(BRA)とオーウェン・ライト(AUS)。オーウェンがトータル17.07をスコアし、ディフェ…

続きを読む >

コンテスト

モンスターウェーブがタイトルレースを掻き回した! CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』3日目

モンスターウェーブが姿を現した!PHOTO: © WSL/Cestari現地時間8月27日、CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』はコンテスト3日目を迎え、予想通りの巨大なウネリがヒットしたチョープーでR3(Round of 32)から再開。2つのヒートを同時進行するオーバーラッピングヒートで一気にR4(Round of 16)まで進み、QFを戦うベスト8が決定しました!公式6-10…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』Day3ハイライトVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』Day3のハイライトフッテージと、ミシェル・ボウレズのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』Day2ハイライトVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』Day2のハイライトフッテージと、セバスチャン・ズィーツとコナー・コフィンのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』2日目 コナー・コフィンがハイエストスコア!

コナー・コフィンPHOTO: © WSL/Dunbar全11戦で争われる2019年CTもいよいよ後半戦に突入。タイトル争いに加え、今年は2020年東京オリンピックの出場権も兼ねているため、一選手だけではなく、国も絡んだ緊迫した戦い。そんな人間同士の争いに関係なく南太平洋に浮かんだ楽園タヒチは前日よりも美しい波が姿を現し、現地時間8月25日には敗者復活戦のR2(Elimination Round)が…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』Day1ハイライトVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』Day1のハイライトフッテージと、コロヘ・アンディーノのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』開幕!

五十嵐カノアPHOTO: © WSL/Dunbar現地時間8月24日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』が開幕!イベント開始前に入った巨大なスウェルが去った後、穏やかなコンディションが続いていた南太平洋諸島。ようやく入ったウネリもチョープーを本来の波に覚醒させるほどではなく、公式3-5ftレンジで、チョープーらしからぬターンを中心とした勝負に...。…

続きを読む >

コラム特集

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo’o』開幕直前インタビューVIDEO(字幕付き)- F+(エフプラス)

2019年CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』開幕直前に収録された、コロヘ・アンディーノのインタビュー映像を、F+(エフプラス)オリジナルの日本語字幕付きでお届けします。※日本語字幕付きでWSLオフィシャル映像が見られるのはF+(エフプラス)のみ!…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』終了!ブラジリアンが6連勝!

PHOTO: © WSL/Poullenot開幕戦のジュリアン・ウィルソン(AUS)以降、第2戦のベルズから全てブラジリアンが優勝している今年のワールドツアー。南アフリカ「J-bay」での第6戦『Corona Open J-Bay』ではフィリッペ・トレド(BRA)が2連覇を成し遂げ、カレントリーダーの座も獲得。文字通り、ブラジリアンに支配された流れがタヒチでの第7戦『Tahiti Pro Teah…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』3日目 ベスト8が決定!

PHOTO: © WSL/Poullenot現地時間8月16日、タヒチ・チョープーを舞台としたCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』は2日間のレイデイを経てR3から再開。公式3-5ftレンジの新しい南西ウネリが入り、一気にR4まで進行してQFを戦うベスト8が決定しました!スモールコンディションが続く今年のチョープー、この日もバレルになる波は少なく、ターン中心の勝負。ゲームに勝つための…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』2日目 五十嵐カノア、ライト兄弟がラウンドアップ!

PHOTO: © WSL/Cestari南太平洋に浮かぶ美しい島、タヒチのチョープーで開催中のCT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』現地時間8月13日に2日目を迎え、R2のH4から再開してH12まで進行。R3を戦う24名が決定しました。前日に入った南よりのウネリがピークを過ぎてしまい、公式3-5ftレンジ。風の影響もあり、バレルになる波は極端に少なく、チョープーらしからぬターンやエア…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Tahiti Pro Teahupoo』開幕! フィリッペが活躍した一方、ジュリアンが敗退!

PHOTO: © WSL/Poullenot2Xのジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、ケリー・スレーター(USA)が怪我で戦列を離れ、ブラジリアンが支配している今年のワールドツアー。全11戦中の内、6戦が終了して残るは5戦。タイトルに最も近いのはブラジル、南アフリカで優勝、5位が3度とコンスタントな成績を重ねているブラジリアンのフィリッペ・トレド。2位のジュリアン・ウィルソン(AUS)とのポイ…

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Billabong Pro Teahupoo』終了!

5度の最多優勝記録を持つケリー・スレーター(USA)が足の指の骨折のために不在、「J-bay」で素晴らしいパフォーマンスを披露して優勝したフィリッペ・トレド(BRA)が一転して最下位になるなど出端がくじかれてしまった今年のCT第7戦『Billabong Pro Teahupoo』
波の方もイベント期間中の予想が期待出来ないため、ウェイティングピリオドから僅か3日間で終了。

現地時間8月13日に迎えたファイナルデイは前日と比べて不安定なコンディション。
4名のタイトルコンテンダーを含むタヒチ・チョープーを舞台とした激しいバトルの行方は、カレントリーダーのウィルコことマット・ウィルキンソン(AUS)がR5、2位のジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、4位のオーウェン・ライト(AUS)がQFで敗退。
SFまで進んだジョーディ・スミス(ZAF)が3位から一気にトップの座に立ち、次のトラッセルズではイエロージャージを着用することになります。

続きを読む >